« ICHI  | トップページ | ぐるりのこと »

2008年11月 1日 (土)

私の男

 絶句!…第138回直木賞を受賞したこの小説を、どう評したらいいのだろうか。テーマが近親相関というタブーであるだけではなく、その愛情描写が異常なほど熱いエネルギーを放射しているのだ。まさに一歩間違えれば狂気の奈落の底である。ギリギリの瀬戸際で綱渡りをしているかのようだ。再度、絶句!

私の男 Book 私の男

著者:桜庭 一樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 もし、著者が男だったら、ロリコンでマザコンの変態と罵られよう。もし、時間軸を逆転させなかったら、単なるエロ小説に成り下がっていたかもしれない。もし、二つの殺人事件が挿入されていなければ、初めから結論を書いてしまったことがアダになり、ストーリー展開に対する興味が薄まってしまっただろう。 

 これら全てを見事にクリアしてしまう緻密な構成力と、唸るほど巧妙で流れるような美しい文体に、呆れてしまうほど感心し、嫉妬してしまった。これなら直木賞は当たり前、逆立ちしてもこんな作品は書けないな。
 さらに全6章の語り部が、主人公の「腐野花」、「花」の婚約者である「尾崎美郎」、私の男である「腐野淳悟」、そして再び高校生の「腐野花」、次に淳悟の恋人だった「大塩小町」、そして終章では小学生の「腐野花」と、次々と変遷してゆくので飽きることがない。

 それでもテーマがテーマだけに、そのドロドロとした禁断の男女関係に耐えられない読者もいるだろう。だから、かなり好き嫌いの評価がはっきりする作品であることは否めない。それにしてもだ、これほど巧妙に計算され尽くされた作品に巡り逢ったこともない。何度も繰り返すようだが、感動とか面白いというレべルではなく、ただただ絶句するほど凄い小説なのだ。
 桐野夏生にしても、宮部みゆきにしても、最近の女性作家たちの宇宙人的な力量は計り知れないものがあるよね。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ICHI  | トップページ | ぐるりのこと »

コメント

TBありがとうございます。

ドロドロとした濃厚なストーリーでしたね。
こういう設定自体は好まないのですが、桜庭さんの筆力なのか不思議と嫌悪感抱くことなく読めました。

花はこれから幸せになれるのでしょうか?二人の結婚の行方がとても知りたかったです。

投稿: hito | 2008年11月 1日 (土) 18時49分

こんばんは。
TBありがとうございました。
本当に読み終わって「絶句」ですよね。
過去に遡っていく構成がうまいなって思いました。

投稿: なな | 2008年11月 1日 (土) 21時44分

hitoさんコメントありがとう
直木賞ということで何の気なしに読んだのですが、非常に驚きショックを受けています。
桜庭さんて可愛い顔して、何でこんな凄いお話を書けるのでしょうかね。信じられませんね。
花は幸せになったと考えたいですね。尾崎美郎くんも良い男です。

投稿: ケント | 2008年11月 1日 (土) 21時56分

ななさんコメントありがとう
そうですね。「絶句」ですよね。
出だしの雨のシーンは、お洒落でもあり、かつ二人の心の中を映し出したようでもあり、なかなか巧みですよね。流氷のシーンは凄い迫力で胸に圧迫感を感じましたよ。
この作品では、時間軸を逆にしないとドロドロだけが残ってしまいます。よくも考えたりですよね。

投稿: ケント | 2008年11月 1日 (土) 22時08分

TBありがとうございました。

私も最初はドロドロのエロエロで、びっくりしました。
でも、読み進むほどに、ギリシア悲劇のような人間を感じさせてくれました。
ラストの淳悟のガンバリが、小気味よい読後感に変えてくれたような気がします。

投稿: 青子 | 2008年11月 2日 (日) 22時31分

TBありがとうございました♪

本当にギリギリのラインだったと思います。
私は嫌悪感なく、読後もどんよりとした気持にはなりませんでしたが、
人によっては無理でした…という感想も拝見するので、
大きく分かれそうですね^^;

投稿: 月夜 | 2008年11月 2日 (日) 23時33分

TBありがとうございました。
どろどろした関係にショックは受けましたが、嫌悪感は感じませんでした。
作者の筆力を感じた小説です。

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 21時04分

ケントさん、こんばんは。
TBありがとうございました。
すごいの一言ですよね。
本当に絶句するほどすごい本でした。

先日「荒野」も読んだのですが、こちらはかわいらしい感じで、私の男とは違った面白さがありました。

投稿: masako | 2008年11月 3日 (月) 23時37分

青子さんコメントありがとう
ドロドロのエロエロですか、確かに戸惑いますよね。でもそれでも嫌味が残らないところが「直木賞」なんでしょうね。大したモノですね。
 淳悟にしても花にしても家庭というものを知らなかったので、ああいう表現方法しか出来なかったのでしょうね。ある意味動物のようでもありました。

投稿: ケント | 2008年11月 5日 (水) 14時51分

月夜さんこんにちは
コメントありがとう
かなり嫌悪感を持ってしまった読者も多いですね。
それも判らないことはありませんが、淳悟も花も普通のひとではないので、逆にああなるのが自然の成り行きだったような気もします。
それにしてもなかなか感想を書き難い小説ではありますね。

投稿: ケント | 2008年11月 5日 (水) 15時01分

花さん
こんにちは
とにかく凄いの一言でした。桜庭さんの筆力は相当なものですよね。
ストーリーの時間軸を逆にしたことが、嫌味を抜くテクニックなのでしょうね

投稿: ケント | 2008年11月 5日 (水) 15時11分

masakoさんも絶句ですか。
ほんとに・・・桜庭さん可愛い顔してよく書けますよね。顔で書くわけではないけれどね(笑)
「荒野」是非読んでみて比較したいですね。

投稿: ケント | 2008年11月 5日 (水) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/24919774

この記事へのトラックバック一覧です: 私の男 :

» 本「私の男」桜庭一樹 [日々のつぶやき]
 第138回直木賞受賞作品 「明日結婚する花と養父淳悟の間には二人が決して離れられない二人だけの過去があった。 25歳の若さで9歳の花を引き取って育ててくれた淳悟は今はうらびれた男。でも二人は親子なのだ、罪を背負った男と女」 最初が結婚式前夜、そ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 18時48分

» 「私の男」 [Sweet*Days**]
私の男(2007/10/30)桜庭 一樹商品詳細を見る 第138回直木賞受賞作品 −お父さんからは夜の匂いがした。− 9歳の頃に震災で家族を失った花を引... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 19時24分

» 「私の男」桜庭一樹 [ハイジのCINEMA&BOOK研究所]
「私の男」桜庭一樹 (Story) 北の海から、秘密を背負って逃げてきた、父と娘。 腐野花は嫁ぐ日を目の前にして、養父の淳悟との今までのことを思いめぐらす。 アルバムをさかのぼるように、二人と、二人の人生に触れた人の記憶と感情にふれるうちに、分かってくるのは全て... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 20時38分

» 「私の男」桜庭一樹 [ナナメモ]
私の男 桜庭 一樹 JUGEMテーマ:読書 私の男・腐野淳悟は、わたしの養父だ。十五年前、24歳の時に震災で家族を失った9歳の私を引き取った惇悟。それからずっと二人っきりでやってきた。八年前、東京に出てきた私達。24歳になった私は明日結婚する。 すごかった…グワンと振り回されちゃった感じ。そして昨日直木賞受賞のニュースが。1ヶ月前に図書館に予約していたんです。だけど人気があってなかなかまわってこなかった。そして手元に来た時に直木賞候補のニュースが。そして読んでる日に受賞! ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 21時42分

» 桜庭一樹の直木賞受賞作「私の男」を読んだ! [とんとん・にっき]
第138回直木賞受賞作、桜庭一樹の「私の男」を読みました。もう1週間以上も前に読み終わっていたのですが、書くきっかけがつかめずに、ずるずると過ぎてしまいました。まったくの偶然ですが、今日ジムへ行って、バイクを漕ぐときに手に取った日本経済新聞の「文化欄」に... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 22時55分

» 桜庭一樹【私の男】 [ぱんどらの本箱]
「けっこん、おめでとう。花」 「ありがとう、淳悟。……いま、傘をぬすんだでしょ」 手足の長い痩身を安物のスーツに包んだ40歳の腐野淳悟... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 23時00分

» 「私の男」桜庭一樹 [ミチの雑記帳]
{/book/}「私の男」桜庭一樹 初めて読んだ桜庭一樹さんの小説がコレとはかなり衝撃的でした。しかも、女性作家さんだったとは! 物語は6つの章から成り、語り手を変えながら、過去へと遡って行くという手法がとられています。 第一章は花と美郎の結婚が描かれています。花の父親・淳悟は登場してきた時からなにか世間から浮いているような妙な雰囲気を感じるのですが、それは花と淳悟の特殊な関係から匂ってくるものだったのでしょう。 花は北海道南西沖地震の震災孤児、淳悟は養父。ただ、この父娘は15年以上もの間近親... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 23時52分

» 私の男  桜庭一樹 [青子の本棚]
私の男/桜庭 一樹 ¥1,550 Amazon.co.jp 婚約者・尾崎美郎とレストランで待ち合わせた結婚式の前日は雨だった。腐野花はひょろりと痩せて背ばかり高くくたびれた印象なのに、どこか優雅な”私の男”・淳悟が盗んだ女物の傘を差し近づいてくるのを雨宿りをしながら見... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 22時21分

» 私の男 [Over The Moon]
私の男/桜庭 一樹 ¥1,550 Amazon.co.jp おとうさんからは夜の匂いがした。 優雅だが、どこかうらぶれた男 一見、おとなしそうな若い女 アパートの押入れから漂う、罪の異臭 家族の愛とはなにか 越えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか? この世の裂け... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 23時28分

» 本「私の男」 [<花>の本と映画の感想]
私の男 桜庭一樹 文藝春秋 2007年10月 花は9歳の時に震災で家族を亡くし、25歳の腐野淳悟(くさりのじゅんご)が養父となり二人でやってきた。24歳になった花は、明日、結婚式を迎える・・・・・・・ 直木賞をとる前から予約しておいたのに、やっと今、順... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 21時00分

» 桜庭一樹 『私の男』 [映画な日々。読書な日々。]
私の男/桜庭 一樹 ¥1,550 Amazon.co.jp 【第138回直木賞受賞作品】 ずっと離さない、離れない、逃れられない。堕ちていく幸福―― 狂気にみちた愛のもとでは善と悪の境もない。暗い北の海から逃げてきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著者の真骨頂... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 23時37分

« ICHI  | トップページ | ぐるりのこと »