« アイアンマン | トップページ | 通勤地獄 振替乗車だけでいいのか »

2008年10月18日 (土)

最後の初恋

★★★☆

 共に訳ありで、家族と不仲な中年の男女が、海辺のペンションで運命的な出会いを果たす。女は二人の子供の母で、親友の経営するペンションの留守番をしている。男のほうは有名な医者で、初めて手術に失敗し、この町に住む患者の家族に会うためにやって来たのだ。

     Last

偶然にハリケーンが訪れ、海は大荒れに荒れる。季節外れの客である男と、留守を預かる女は、たった二人きりのペンションに閉じ込められてしまう。
 男と女は、一緒に食事をして酒を飲む。やがてそれぞれが身の上話をする。そして嵐が酷くなり、海に面するペンションは、激しい風雨に晒されることになる。…こうした状況が続けば、心傷の二人が結ばれない訳がない。絵に描いたような展開で、当然のように恋が始まる。

 こうした展開は、どことなく『マディソン郡の橋』を髣髴させられるのだが、以下のような大きな相違点もある。
 悲恋ではあるが、本作はドロドロとした重苦しい恋ではなく、お互いに人間性を高めてゆける明るい恋である
 女性はメリル・ストリーヴもダイアン・レインも、共に魅力的で演技力も素晴らしいのだが、本作のリチャード・ギアはラブコメの帝王であり、シリアスなラブストーリーには不向きである

 いずれにせよ、判りやすい作品であり、『マディソン郡の橋』のように名作にはなり難いが、心癒される楽しい映画であった。いっそのこと、ラブコメでハッピーエンド仕立てにしたほうが良かったかもしれないね。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« アイアンマン | トップページ | 通勤地獄 振替乗車だけでいいのか »

コメント

ケントさん、こんばんは~
コメントありがとうございました。

物語の薄さは否めませんが、お二人に魅了されました。
悲恋ではあるけど、仰るとおり人間性を高められた恋だったと思います。
案外女って、それだけでも十分と言うか、有難いと思えたりもします(笑)

リンクの件、ありがとうございます。
私、勝手に、すみません(汗)
最近、ココログさまにTBが気まぐれなんですが、どうぞこれからも宜しくお願いします!

投稿: オリーブリー | 2008年10月21日 (火) 20時55分

オリーブリーさんコメントありがとう
これからもよろしくね

投稿: ケント | 2008年10月23日 (木) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/24582345

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の初恋:

» 最後の初恋 [シネマ大好き]
昨夜、試写会で「最後の初恋」を観た。 夫と別居状態のエイドリアン(ダイアン・レイン)は、子どもが夫と過ごす間、友人に頼まれて海辺のホテルの留守番にやってくる。息子は喘息もち、娘は反抗的で、若い頃の夢も愛ある生活もあきらめている彼女。そこへ患者を死なせて..... [続きを読む]

受信: 2008年10月18日 (土) 18時50分

» 嵐の夜に〜『最後の初恋』 [真紅のthinkingdays]
 NIGHTS IN RODANTHE  ノースカロライナ州ロダンテ、海辺のコテージ。生活に疲れた主婦エイドリアン (ダイアン・レイン)は、人生に行き... [続きを読む]

受信: 2008年10月18日 (土) 20時18分

» 『最後の初恋』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
やっぱり秋になると観たくなるのが、文芸ドラマとラブストーリーの映画。 ということで今日は仕事がオフなので、映画を2本はしごする予定。 まず1本目に観たのは、新宿ミラノ1で『最後の初恋』の鑑賞。リチャード・ギアとダイアン・レインのゴールデン・カップルに魅せられて... [続きを読む]

受信: 2008年10月18日 (土) 21時59分

» ★「最後の初恋」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の3本目は、リチャード・ギアとダイアン・レイン主演のロマンス系。 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 03時14分

» 最後の初恋 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年9月27日 公開 1996年に賞味期限が切れてる缶詰・・・食べようと思えば食べられるんじゃない?どぉ? 1ヶ月フリーパスポートの期限が切れましたので、ここからはお金を払って。 うんうん、これは抑制された大人のラブストーリーです! リチャード・ギア&ダイアン・レインとくれば思い出すのは『運命の女』 あちらでは夫婦役で、妻役のD・レインに不倫される夫がR・ギアでした。 あれはねぇ、もっすごい若い男性が相手だったんで、こんなことはフ... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 08時15分

» 『最後の初恋』を観たよ。 [【待宵夜話】++徒然夢想++]
 この映画を観て感動する人は多いと思うけど、「共感」できるのは、子供のいる人だけじゃないかな。 『最後の初恋』 "NIGHTS IN RODANTHE" 2008年... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 08時19分

» 最後の初恋 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『きみに読む物語』の原作者、ニコラス・スパークスの恋愛小説の映画化だし、リチャード・ギアは大好きだし、、、ちょっと楽しみにしていた映画―【story】身勝手な夫や思春期の娘との関係を考え直すため、ノースカロライナ州のロダンテという海辺の小さな街にある友人の宿を手伝いにきたエイドリアン(ダイアン・レイン)だが、大きな嵐が来るという予報を聞く。そこへ宿の唯一の客となるドクター・ポール(リチャード・ギア)が到着するが、彼もまた心に問題を抱えていた―     監督 : ジョージ・C・ウルフ【comment】... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 09時32分

» 『最後の初恋』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「最後の初恋」□監督 ジョージ・C・ウルフ □原作 ニコラス・スパークス□キャスト リチャード・ギア、ダイアン・レイン、ジェームズ・フランコ、スコット・グレン、クリストファー・メローニ、ヴィオラ・デイヴィス■鑑賞日 9月28日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 嵐が近づくノースカロライナ州の海辺の街を舞台に、中年の男女出会いを描く作品を、今回で『コットンクラブ』『運命の女』に続き3度目の共演となるリチャード・ギ... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 11時19分

» 『最後の初恋』@新宿ミラノ座 [映画な日々。読書な日々。]
別居中の夫と週末を過ごす娘と息子を送り出し、親友ジーンに代わって海辺の小さなホテルを5日間だけ切り盛りするため田舎町ロダンテにやって来たエイドリアン。季節外れのリゾートに客はたった1人、無愛想なポールという男性だけだ。折りから大型ハリケーンが近づく荒れ模... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 17時30分

» 最後の初恋 [愛猫レオンとシネマな毎日]
「きみに読む物語」の原作者、ニコラス・スパークスの恋愛小説の映画化です。 リチャード・ギアおじさまと、ダイアン・レインおばさまの2人が織りなすラブストーリー。 予告編で見た美しい2人のままに・・・ そして、見る前から、だいたい想像がつくようなストー...... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 00時00分

» 【最後の初恋】 [日々のつぶやき]
監督:ジョージ・C・ウルフ 出演:リチャード・ギラ、ダイアン・レイン、スコット・グレン、クリストファー・メローニ、ビオラ・デイビス、ジェームズ・フランコ 「夫は浮気の末出て行き、娘は反抗期、人生に疲れていたエイドリアンは親友の頼みで海辺の小さなホテル... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 11時16分

» 最後の初恋 [心のままに映画の風景]
エイドリアン(ダイアン・レイン)は別居中の夫と過ごす子供たちを送り出し、 親友ジーンに代わって海辺の小さなホテルを5日間だけ切り盛り... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 19時11分

» 最後の初恋 [読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)]
 予告編を見て、面白そうだと思い、見に行ってみたのだけれど、思っていたよりヘビーな映画だったかな…。  夫(クリストファー・メローニ)の不義により離婚し、2人の子供を育てているエイドリアン(ダイアン・レイン)。友人(ビオラ・デイビス)の持つ海辺のホテルの手伝... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 23時26分

» 映画「最後の初恋」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Nights in Rodanthe 思い出のロダンテの夜、それは夢のような物語だけど、人生の峠を越えた束の間の恋の物語だけど、登場人物さえも次々と涙を流す~これは感動の物語~ 母として主婦として疲れ果てたエイドリアン(ダイアン・レイン)、夫は他の女性に走り、思春... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 21時11分

« アイアンマン | トップページ | 通勤地獄 振替乗車だけでいいのか »