« イントゥ・ザ・ワイルド | トップページ | アイアンマン »

2008年10月14日 (火)

通勤地獄 粋なおじさん

 俺はこれだけ足が長いのだぞ、と言わんばかりに大股を広げて、二人分の座席を占領している若者。前に人が立っているのも我感ぜずと、足を組んで座っている若者。
 もちろん若者だって、年寄りに席を譲る優しい若者もいる。別段若者の悪口を言うために書いている訳ではない。たまたまそうした若者が私の隣に座っていたのだ。そしてその若者の前にあるおじさんが立った。車内はそれほど混んではいなかったし、周囲にはいくらでも立つ場所があったのにである。

    Ueno_2

そのおじさんは角刈で、渋い紺色の着流しに草履を履いていた。まるで高倉健の世界じゃないか。

 それでもタヌキ寝入りの若者は、相変わらず足を大きく組んだままである。おじさんの足元をみると、あきらかに若者の靴先が着物の裾を汚しているではないか。若者は小柄なおじさんの二倍くらいある大男である。

 おじさんは無言だ。黙ったまま暫くはじっと若者を見下ろしていた。しかし若者は足をどけようとしない。それどころか、その足はさらに伸びて、おじさんの膝にぶつかっているじゃないか。

 とうとうおじさんが動いた。膝にぶつかっている若者の足を自分の足に絡め、ゆっくりと半円を描き、組まれた若者の足をはずしてしまったのだ。一言も発せず、怒った様子も見せず、堂々とそしてゆったりとしている。

 その途端に若者がはっとして、おじさんを睨みつけた。だがおじさんは微動だにせず、何もなかったかのように、相変わらず無言で若者を見つめている。

 すると若者は急に立ち上がり、「申し訳けありませんでした!」と、頭を下げておじさんに謝ったのだ。

 おじさんはニャッと笑い、小さく手を横に振ると、あとは知らんぷり。恐縮した若者は、小さく座り直してうつむいている。

 やった~!私は思わず快哉し、この着流しおじさんに「サインしてください」と叫びたくなってしまった。暫くして電車が次の駅で止まると、くだんのおじさんは、ゆっくりとした足どりで電車を降りていった。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« イントゥ・ザ・ワイルド | トップページ | アイアンマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/24501932

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤地獄 粋なおじさん:

» 通勤のこと [WEBの情報缶!]
楽天から検索された商品楽天ランキング入賞1泊荷物もOK!大容量収納でマザーズバッグにも大人気♪丸いフォルムでたくさん入…¥ 4,980オススメ度:★★★★丸みのある優しいラインを描くフォルム。とても使い心地のいいバッグ!収納がとにかくたっぷり!イントレチャートが大人...... [続きを読む]

受信: 2008年10月15日 (水) 22時11分

« イントゥ・ザ・ワイルド | トップページ | アイアンマン »