« 通勤地獄 振替乗車だけでいいのか | トップページ | 通勤地獄 車内でのケータイ通話 »

2008年10月25日 (土)

アキレスと亀

★★☆

 前作の『監督ばんざい』を観て、もう2度と北野武の映画は観ないと決意したのに、タイトルと共演の樋口可南子に惹かれて、またまた劇場に足を運んでしまった。どうして僕は、こうも意志薄弱なのだろうか。自己嫌悪、自己嫌悪…。
 『アキレスと亀』とは、古代ギリシャの哲学者ゼノンの考えたパラドックスで、いくら足の速いアキレスでも、先に出発した亀を追い越せないことを、屁理屈を用いて論証している。まさに北野がいくらもがいても、いつも同じ発想から、全く脱却出来ないことを論証しているようなものだ。

      Akiresu

 この作品は、主人公の画家の少年時代、青年時代、中年時代の三部構成になっている。少年時代編と青年時代編を観た限りでは、タケシもやっと人並みの映画を創れるようになったな、と少し嬉しくなりながら鑑賞していたのだが…。
 それなのに、タケシ自身が主人公になった中年編に突入した途端に、全てがぶち壊されてしまった。どうしてこの男は何十年も同じシナリオと演技しか出来ないのか。そして『残虐』という、かびの生えたシチュエーションしか頭にないのだろうか。

 この男の頭の中をかち割ってみれば、きっと暴力と自已愛と残虐非道さだけが渦巻いているに違いない。妻に寝ることも許さず労働を強いたり、絵を描くためにプロボクサーにボコボコに殴らせたり、挙句の果ては、娘に売春させた金で絵の具を買う。
 こんなのは、芸術家でも何でもない。ただ女を利用するだけのチンピラ暴力団員そのものではないか。また本人はギャグのつもりで挿入している小話シーンも、いつも同じパターンで退屈の極みだ。無理に笑いをねだっている落ちぶれ芸人のようで、ただただ苦笑するしかない。

 いずれにせよ、この男の作品は処女作『その男、凶暴につき』の一作で終っている。あとは全てが、その亜流に過ぎず、その主張するところもその演技ぶりも、単に自分自身を地のまま描いているだけじゃないの…。

 百歩譲って、監督としては優れた資質を持っていると譲歩したとしても、役者としては超三流以下である。頼むから、今後は監督だけに専念し、決して主役としてシャシャリ出ないで欲しい。出演したとしても、ヒチコックのように、チョイ役でちらりと顔を出す程度にして欲しいものである。
 せっかく頑張っていた子役や、麻生久美子、樋口可南子、それに中尾彬、大杉漣などの脇役陣に申し訳けないと思わないのだろうか。いつもながらのことだが、この男には愛というものが全く感じられない。まさに身勝手、自己中の権化のような男だね。ただそのことを一番良く判っているのは北野武本人かもしれない。だからこそこの映画を、苦悩する自分自身の鏡として創り上げたと考えられないだろうか。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 通勤地獄 振替乗車だけでいいのか | トップページ | 通勤地獄 車内でのケータイ通話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/24741841

この記事へのトラックバック一覧です: アキレスと亀:

» 2008-70『アキレスと亀』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-70『アキレスと亀』(更新:2008/09/23) 評価:★★☆☆☆ ヴェネチアであまり評価されなかったがやっぱりよく判らない映画でした。 冒頭でのパラドックスの話で「アキレスと亀」の話がフジテ..... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 22時05分

» 「アキレスと亀」:亀戸駅前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}ロケット館? {/kaeru_en4/}トイレなんじゃないのか? {/hiyo_en2/}トイレの芸術的表現ってこと? {/kaeru_en4/}よくわからないものなんだ、芸術は。 {/hiyo_en2/}ある意味、あきれる。 {/kaeru_en4/}亀戸であきれる。アキレル、亀戸・・・アキレルと亀・・・アキレスと亀。 {/hiyo_en2/}うーん、そーとー苦しい。 {/kaeru_en4/}そうだ、芸術は苦しいものなんだ。「アキレスの亀」の主人公は絵を描くことに一生を... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 22時38分

» アキレスと亀 [読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)]
 芸術家と暮らすってどういうことなのか…ちょっと考えてしまう映画だった。 以下ネタばれあり!  真知寿(吉岡澪皇)は大金持ちのお坊ちゃまだった。好きな絵をほめられ、画家からベレー帽をもらう。そのときから、将来は画家になるのだと思う。学校でも特別... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 23時25分

» 映画「アキレスと亀」を鑑賞 [masalaの辛口映画館]
 23日「アキレスと亀」@TOHOシネマズ川崎 スクリーン3 映画の話 絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は、自宅を訪れた画家に自分が描いた絵をほめられて、赤いベレー帽をもらう。真知寿は、その日から画家になることを夢見て毎日のように絵を描くよ...... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 00時49分

» アキレスと亀 [だらだら無気力ブログ]
画家になることを夢見るものの一向に売れない画家とその夫に献身的に 支える妻との歩みを描いたドラマ。少年・真知寿は、自宅に来た画家に絵を褒められ、ベレー帽をもらう。 依頼、真知寿は画家になることを夢みて、絵以外のことには興味をもたなく なってしまう。実家が破産..... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 06時15分

» 『アキレスと亀』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アキレスと亀」 □監督・脚本・編集 北野武 □キャスト ビートたけし、樋口可南子、柳憂怜、麻生久美子、中尾彬、伊武雅刀、大杉漣、円城寺あや、吉岡澪皇、徳永えり、大森南朋■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  絵を描くのが大好きだった真知寿という人間の人生を、少年時代、青年時代、中年時代の三代にわたり描いた作品。 倉持真知寿 中年時代(ビートたけし)、青年時代(柳憂怜)、少年時代(吉岡澪皇) 倉持... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 11時04分

« 通勤地獄 振替乗車だけでいいのか | トップページ | 通勤地獄 車内でのケータイ通話 »