« 通勤地獄 スイカにご用心 | トップページ | 20世紀少年 »

2008年9月27日 (土)

おくりびと

★★★★☆

 本木雅弘扮するチェロの演奏家「小林大悟」は、楽団の解散に伴って、妻と一緒に古い実家のある山形に帰ってくる。そこで仕事を探していたところ、「旅のお手伝い」という広告につられて、仕事内容を良く知らないまま面接に向かう。
 結局、その会社での仕事内容は「納棺士」の補佐という職務だった。「旅のお手伝い」とは「旅立ちのお手伝い」の誤植だと誤魔化される。そして人のよい大悟は、断り切れず山崎努扮する社長に、無理やり入社を決められてしまうのだった。

          Okuribito1_2

 初仕事は自殺者の腐乱した遺体の始末。嘔吐しながらもなんとか遺体を片付けるが、初日から散々な目に遭ってしまう。この辺りまではコミカルな展開なのだが、大悟がだんだん納棺士の仕事に目覚めてゆくに従って、少しずつシリアスなタッチに変わってゆく。

           Okuribito2

 妻の美香役は、アイドルから大人になり切った広末涼子が、なかなか良い味を出していたね。また脇は、吉行和子や笹野高史などの芸達者で固められ、演出面においては文句のつけようがない。そして、心のふるさとである「山形」の落ちついた風景にも、きっと心が洗われることだろう。
 納棺士とは?この映画を観て初めて知った職業である。以前は遺族や葬儀屋が行っていた納棺までの死後処理を行う職人である。具体的には、死者の体を清め、死装束をまとわせ死化粧を施すのである。
 それにしてもモッくんの手裁きは見事だった。顔つきまでがりりしくなるから大したものだ。彼も役者としてかなり成長したよね。
 ちょっと気になったのが、納棺士に対する偏見である。山形の田舎者だけなら仕方ないが、都会育ちの妻までが別居するほど嫌がる理由が弱かったかな。しかしそのことが終盤の感動に繋がってゆくのだから、ここは一応納得しておくしかないだろう。
 とにかく終盤は涙が止まらない。ことにラストの収束は見事だった。本年度の邦画ベストワンといってもよいかもしれない。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 通勤地獄 スイカにご用心 | トップページ | 20世紀少年 »

コメント

こんにちは~

いい映画でしたね~
何度も何度も泣けました。

ケントさん今年の邦画ベスト1になりそうですか、私も上位ランクイン確実と思います。

納棺師という職業があそこまで嫌われるということが私もどうしても納得いかなかったのですが、物語の展開上その方がよしとしたのでしょうね。
でも、そこまで・・?という位の言われようでしたよね。

投稿: hito | 2008年9月27日 (土) 17時56分

こんにちは♪
そうそう、あの若い妻の暴言(?)がやけに唐突に感じました。
それでも、そんな彼女の意識を変えさせるほどの夫の仕事ぶりがまた良かったですよね。

投稿: ミチ | 2008年9月27日 (土) 19時27分

hitoさんコメントありがとう
最近邦画が不作でしたから、かなりインパクトありますよね。
納棺師が蔑視されたのは、大昔に死体処理を職業にしていた人を差別していたところから来ているのでしょうかね。
いずれにせよ。ラストは夫の仕事振りを目の当たりにして・・・というところで感動に繋がるので、起承転結の中の転の部分として構成されたのでしょうね。

投稿: ケント | 2008年9月28日 (日) 18時33分

ミチさんいつもありがとう
「あの若い妻の暴言(?)がやけに唐突に感じました。」確かにストーリー展開の中でのことといえ、ちょっと唐突だったかも。
 逆にモッ君の仕事ぶりは、素晴らしかったですね。

投稿: ケント | 2008年9月28日 (日) 18時54分

ケントさん こんにちは♪

私も今作は今年の邦画ベストワンだと思います。
余りに素敵な作品で2回観てしまいました。
この映画で納棺師というお仕事を教えてもらったし、本木さんがこんなに素晴らしい俳優さんだというのも認識できました。

いろんな映画を観ていると、こうした秀作に巡り合えるものですね!

投稿: なぎさ | 2008年9月29日 (月) 09時05分

なぎささんもベストワンですか。
それに二回も観たのですね。
私も納棺士という職業を初めて知りました。
もっ君も41歳。俳優としても、油が乗ってきましたね。私も改めて実感しました。

投稿: ケント | 2008年9月29日 (月) 11時48分

こんにちは
TBだけ先に送って失礼しました。
私もこの作品は,感動したり,感心したりするところが
多々ありました。
もっくん41歳にもなるのですかー?
ヒロスエと夫婦でも違和感がない若さでしたね。

投稿: なな | 2008年9月30日 (火) 20時28分

ななさんコメントありがとう
いい映画でしたよね。
おっしゃるとおりもっくんは若く見えますね。
小さいけど、筋肉りゅうりゅうでしたね。(^^♪

投稿: ケント | 2008年9月30日 (火) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/24067102

この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

» 【おくりびと】 [日々のつぶやき]
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、山崎努、広末涼子、笹野高史、余貴美子、吉行和子 「オーケストラが解散され無職となったチェロの演奏者だった大悟は妻の美香と故郷に帰った。就職活動をして採用されたのはNKエージェント、納棺師としてだった。 最初は嫌々だ... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 17時53分

» 『おくりびと』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪れた小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から...... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 18時03分

» いってらっしゃい [MESCALINE DRIVE]
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 19時15分

» 映画 【おくりびと】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「おくりびと」 滝田洋二郎監督作品。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。 おはなし:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事だった。 “納棺師”の仕事を初めて見ました。 遺族が見守る中、淡々と、流れるように、心を込めて、清め、死装束に着替えさせ、死に化粧を施す。そこにある張り詰めた空気に思わずこちらまで緊張してしまいます。納棺師の手... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 19時26分

» たそがれブログ [たそがれブログ]
思ったこととか、いろいろ。 [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 21時18分

» 『おくりびと』 [Sweet*Days**]
監督:滝田洋二郎 CAST:本木雅弘、広末涼子、山崎努 他 モントリオール国際映画祭 グランプリ受賞 チェロ奏者だった大悟(本木雅... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 16時15分

» おくりびと [ももママの心のblog]
友人のおかげで試写会に行くことができました。前評判が良いし、テーマが変わっていて興味があったのでお誘いに喜んでいましたが、観て感激。お勧めできます。その後モントリール世界映画祭でグランプリを取ったと知ってますます作品の質の高さに納得です。 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 16時52分

» おくりびと [ふぴことママのたわ言]
久々の試写会で鑑賞です。 試写会が当たらなくても、観たかった作品。 期待した以上によくて、今年の邦画ベスト1かも{/atten/} キャストは、みんな安心してみていられる実力派。 そして、それぞれの役にぴったりでした。 上手くても浮いてる場合もあるのに、全員がぴたりとハマっていました。{/good/} 前半はコメディだったの?と思うほど、くすっと思わす笑いがこぼれました。 モッくんがいろいろな表情を見せてくれて、素晴らしかったのです。 チェロの音色も落ち着いていて、心にしみじみと沁みていきます。... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 16時59分

» 偏見とは愚かな思い込みなのかも・・・。『おくりびと』 [水曜日のシネマ日記]
遺体を棺に納める仕事をする納棺師になったひとりの男性の物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 19時15分

» 「おくりびと」みた。 [たいむのひとりごと]
全てをナチュラルなものとして捉えたい、そんな作品だから言葉にするとひどく嘘っぽく聞こえてしまいそうで、蘊蓄はあまり語りたくないし、聞きたくない。きっと誰もが観るだけで心に沁み入るものがあると思う。素晴... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 19時20分

» おくりびと [to Heart]
キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉本哲太/峰岸徹 一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽快なタッチでつづる人間ドラマ。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎。人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦している。 {/book_mov/}楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 20時24分

» おくりびと [虎猫の気まぐれシネマ日記]
満員の場内は半数以上が年配のひとだった・・・。 あらすじ: 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 20時43分

» 『おくりびと』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 普段、遺体を棺に納める“納棺師”という言葉すら、耳にすることは少ない。 この映画は東京で楽団解散をきっかけにチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰って来た小林大悟(本木雅弘)がある求人広告を見つけ、何が因果か再就職... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 22時17分

» おくりびと (試写会にて) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか? 物語:「あぁこの広告、誤植だな。”旅のお手伝い”ではなくて、安らかな”旅立ちのお手伝い”。」―...... [続きを読む]

受信: 2008年9月28日 (日) 23時34分

» 『おくりびと』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。美人だと思ったら... [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 00時52分

» 【2008-212】おくりびと [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。 [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 01時16分

» おくりびと [ネタバレ映画館]
何気にカレンダーの印が気になった。 [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 02時47分

» おくりびと [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 いってらっしゃい  また、逢いましょう 1ヶ月フリーパスポートで7本目 もっ最高っでした!!! とにかくすごい!素晴らしい!完璧です! ちょっと意外だったのは、この作品ってもっと地味で重い映画かと思っていたら・・・ いやいやいや、想像以上に爆笑シーンが多くて、すっごい笑えたことでした! 世の中には人が嫌がる仕事がある。 でも、そんな仕事ほど人間にはなくてはならない大事なものだった... [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 09時01分

» 「おくりびと」心と気持ちが、優しくなれる映画。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 “モントリオール世界映画祭グランプリ受賞”「おくりびと」(松竹)。とても地味なテーマを描いた映画です。でも、素朴でとても優しい気持ちになれる映画です。  チェリストの大悟(本木雅弘)は、所属していたオーケストラが突然解散し、失業してしまう。己の能力の限界を感じ、音楽をあきらめた大悟は、妻・美香(広末涼子)と共に故郷の山形へ帰り、亡き母が残した家で暮らし始める。職探しを始めた大悟は「年齢問わず、高給保証!実質労働時間わずか。旅のお手伝い。NKエージェント!!』と書かれた広告を見つけ、その住... [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 19時44分

» おくりびと [虎猫の気まぐれシネマ日記]
満員の場内は半数以上が年配のひとだった・・・。 あらすじ: 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の... [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 22時23分

» 『おくりびと』 [ラングランド "WaiWai"ブログ]
「死」をテーマにしながらも、ユーモアたっぷりで感動あり笑いあり。 「戦争」映画ながらも、その名の通り人生の美しさ、希望を見事に描いた 『ライフ・イズ・ビューティフル』の名を出して比較するのは、度が過ぎるでしょうか。 個人的には、イギリスやイタリア映画....... [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 00時05分

» おくりびと(映画館) [ひるめし。]
キレイになって、逝ってらっしゃい。 [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 09時36分

» おくりびと [象のロケット]
楽団の解散でチェロ演奏家の道をあきらめ、故郷・山形へ戻った大悟。 「年齢問わず、高給保証」という求人広告に魅かれ応募するが、それは何と遺体を棺に納める納棺の仕事だった! 慌てふためきながらも新人納棺師としての日々が始まった。 妻には冠婚葬祭関係の仕事とだけ話していたのだが…。 笑いと涙、異色の納棺師ヒューマン・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 11時06分

» おくりびと [花ごよみ]
監督は『壬生義士伝』の滝田洋二郎。 納棺師…こういう仕事はあまり 今まで聞いたことがありません。 この作品はモントリオール世界映画祭で グランプリに輝いたということです。 米アカデミー賞の、 外国語映画賞部門の日本代表にも 決まりました。 チェロ奏者だった主人公。 なのにオーケストラが解散の憂き目に。 大悟(本木雅弘)は、ふるさと山形へ。 山形の風景が美しく、 雪を戴いた山並、 絵の中の風景のようです。 チェロが奏でる、 メロディーのすばらしさ。 妻の美香を広末涼子が、 可愛... [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 22時10分

» 『おくりびと』鑑賞 [◆小耳書房◆]
-ネタバレあり- 今年7月にオープンした新宿ピカデリーにて鑑賞。 6回観ると1回ただになるらしい。10スクリーンあるらしい。 10もあるのに、チケット売り場からの入り口はひとつ。開始10分前まで入れない。 チケット売り場のところにフードコーナーやその他もあって、椅子も用意されているけどちょっと辛いよね。 【あらすじ】 本木雅弘演じる小林はオーケストラでチェロ演奏をしていたが、いきなりの解散で職を失ってしまう。 田舎へ帰ることに賛同してくれた妻(広末涼子)とともに山形へ帰って仕事を探... [続きを読む]

受信: 2008年10月 2日 (木) 00時21分

» おくりびと 2008-55 [観たよ〜ん〜]
「おくりびと」を観てきました〜♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。社長の佐々木(山崎努)に即採用された大悟、仕事内容を聞くと遺体を納棺する仕事だった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、納棺師におくってもらえるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ JUGEMテー... [続きを読む]

受信: 2008年10月 2日 (木) 07時12分

» 【おくりびと】 [+++ Candy Cinema +++]
【監督】 滝田洋二郎  【脚本】 小山薫堂   【音楽】 久世譲   【公開】 2008/09/13  【上映時間】 2時間10分  【配給】 松竹 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月 2日 (木) 14時04分

» 「おくりびと」さよならをするために [soramove]
「おくりびと」★★★★☆オススメ 本木雅弘 、広末涼子 、山崎努 主演 滝田洋二郎 監督、2008年、130分 高校生のときにボランティアで 老人ホームへお手伝いをしに行っていて、 誰も尋ねてこないおばあさんが急に亡くなった時、 知らせを受けて駆けつけてき...... [続きを読む]

受信: 2008年10月 2日 (木) 23時31分

» 『おくりびと』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪れた小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から...... [続きを読む]

受信: 2008年10月 3日 (金) 02時09分

» 「おくりびと」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年・松竹/監督:滝田 洋二郎) “納棺師”という珍しい職業を題材に、人間の喜び、悲しみを丁寧に描いて心温まる、本年屈指の感動の傑作。 チェロ奏者の大悟(本木雅弘)は、所属 [続きを読む]

受信: 2008年10月 3日 (金) 09時56分

» おくりびと [エリ好み★]
命は巡る…死に向き合う映画を観て、 また新しい命を授かりたくなりました。 [続きを読む]

受信: 2008年10月 3日 (金) 13時11分

» 『おくりびと』@ワーナーマイカル [たーくん'sシネマカフェ]
以前、紹介したシネコン月1回1年間無料鑑賞カード。今月は「パンダフルライフ」にしよう!と思っていたら終了してました。。ということで「ウルトラマン」も捨て難いのですが時間が合わず「おくりびと」に。一度試写(朝日ホール)で観ているのですが2ヶ月近く前(8/2)とい...... [続きを読む]

受信: 2008年10月11日 (土) 13時59分

» おくりびと [音次郎の夏炉冬扇]
私の弟は葬儀会社に勤務しておりまして、1級葬祭ディレクターという厚労省認定資格ホルダーでもあります。だからこの映画、「笑って泣ける」と大評判になる前から気になってはいたものの、なかなか観に行く時間がありませんでした。 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 12時05分

» 映画[ おくりびと ]職業に貴賤なし [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ おくりびと ]を丸の内ルーブルで鑑賞。 久しぶりに、古き良き日本が味わえる、いい映画です。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作。監督は[ バッテリー ]の滝田洋二郎。脚本には、放送作家の小山薫堂。これが初の映画脚本とは、驚きである。 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月16日 (木) 08時08分

» おくりびと(日本) [映画でココロの筋トレ]
なぎささんが2回も鑑賞!  そんなにいいの? と気になった「おくりびと」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史 上映時間:130分  楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰... [続きを読む]

受信: 2008年10月24日 (金) 15時42分

« 通勤地獄 スイカにご用心 | トップページ | 20世紀少年 »