« カンフーパンダ | トップページ | 小説 西の魔女が死んだ »

2008年8月10日 (日)

この人を見よ

 神経質でユングに傾倒する神秘主義者のカール・グロガウアーは、イエス・キリストの生涯に異常な執着心を持っていた。ある日偶然にタイムマシン製作者と知り合い、人体実験でタイムマシンに搭乗することになる。

           Scan10367_2

 彼はキリストの処刑を見届けようと、西暦29年のエルサレムに跳んだ。だがそこで出会ったイエスは、およそ救世主とは見えないとんでもない人間であった。
 そして知らぬ間に、大きな時のうねりと歴史とが、彼を不思議な運命へと導き始める。やがて彼自身がイエス・キリストを演じることになってしまい、ゴルゴダの丘へと向かうのだった。
 大変なストーリーであり、キリスト教徒たちが読んだら「神への冒涜だ」と、この小説を罵倒するに違いない。しかし、イエス・キリストの正確な生涯など、誰も知り得ないのだ。もしかして、信じられない驚くべき真実が隠されているのかもしれない。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« カンフーパンダ | トップページ | 小説 西の魔女が死んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/22896404

この記事へのトラックバック一覧です: この人を見よ:

« カンフーパンダ | トップページ | 小説 西の魔女が死んだ »