« ボトルネック | トップページ | 新・家族狩り »

2008年8月 5日 (火)

カルメン故郷に帰る

★★★☆

 邦画史上初めての天然映画であり、木下恵介監督の代表作の一つでもある。
 家出して東京でストリッパーになったおきん(リリィ・カルメン)が、仲間のストリッパーを連れて故郷の浅間村に帰ってくる。そこで彼女達が起こす非常識な行動に、素朴で静かな村は大騒ぎになってしまうのだ。

カルメン故郷に帰る DVD カルメン故郷に帰る

販売元:松竹ホームビデオ
発売日:2008/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 彼女は芸術家きどりで、故郷に錦を飾るつもりで凱旋帰国したのだが、田舎の人々にはなんとも奇妙な異物にしか写らない。だがそのギャップが埋まらないまま、ストーリーはどんどん進展してゆくのである。
 なんといっても、浅間山の風景が美しく、山麓にひっそりと佇む小学校の校庭でのフォークダンスが、実に懐かしくのどかであった。そしてあたり前のことだが、主演の高峰秀子や佐野周二の若々しいこと。
 また校長役の笠智衆さん、相変わらずのひょうひょう振りだね。それに父親役の坂本武の実直な演技も微笑ましい。丸十の旦那も最後には改心するし、皆んな良い人ばかりで悪人が一人もいない。

 戦後の自由で軽薄な風潮を風刺した、当時としては新しく意欲的な喜劇ということだが、今観てみるとそれでも昔の映画は判り易いねという感じがある。
  映画は勧善懲悪で、ハッピーエンドに限る。世の中はそんなに甘くはないが、せめて映画を観たあとくらい癒されてもいいだろう。やれ芸術だ鬼才だとちやほやされて、小難しく暗い映画を作ってみても観客は救われないのだ。
 そういう意味でも、こうした清々しい昔の名作を観て、たまには心の洗濯をするのもよいだろう。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ボトルネック | トップページ | 新・家族狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/22804462

この記事へのトラックバック一覧です: カルメン故郷に帰る:

« ボトルネック | トップページ | 新・家族狩り »