« 日本の女子は凄いね | トップページ | 大日本人 »

2008年8月24日 (日)

ダークナイト 

★★★★

 前作バットマンビギンズの続編であるが、タイトルに『バットマン』という文字が出てこない。確かに主役は、バットマンというより、凄いオーラを放っていたジョーカーと言ってもよいくらいだ。
 そのジョーカー役は、今年1月に急死したヒース・レジャーなのだが、その強烈な演技には誰もが驚愕したはずである。かつてジャック・ニコルソンが演じたジョーカーもユニークな存在だったが、どちらかといえば「狂ったピエロ」というイメージで愛嬌があった。これに対してヒース・レジャーのジョーカーは、全く妥協心を持たない超狂人であり、まるでサイコホラーの怪物という印象であった。

     Dar2

 どちらが凄いのかは、意見の分かれるところだが、僕はこの恐怖に満ち溢れたヒースジョーカーに軍配をあげたい。映画を観ているほうまでが、サイコパスにとりつかれて気分が悪くなってしまったくらいだからね。ジョーカーの風貌に恐怖感を抱く人も多いが、それよりも彼の歯止めのかからない狂った心が恐ろしかったな。

     Dark1_3 

 以前のバットマンは、コミックから飛び出したヒーローという感があったが、前作『バットマンビギンズ』からは、異様といってもよいほどシリアスな演出に徹している。またもともと夜の英雄なので、よりダークでヘヴィーな雰囲気に仕上がってしまうのだろう。

 ただあのジョーカーの強さは度を超えていないだろうか。莫大な資金や組織も持たず、マフィア達を次々に葬ったり、あれだけ多くの警官を買収したり、大規模な爆破装置をいとも簡単に仕掛けたりと、まるでスーパーマンのレックス・ルーサーだ。このあたりの展開は、全般的にシリアスなムードに水を差した感があり、僕的には気に入らないシナリオである。
 アメリカでは大ヒットを記録したため、今後もこのムードが保たれると思うが、この中途半端なシリアスさを改善しない限り、理屈ぽい日本で大ヒットすることは難しいかもしれない。それにもうヒース・レジャーは使えない訳だし、次回作の展開は一体どのように構築するのだろうか。そうした意味でも今後のバットマンの行方を、興味深く見守ってゆきたいと思っている。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 日本の女子は凄いね | トップページ | 大日本人 »

コメント

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

ジョーカーの凶悪さは確かにかなりなものでしたが、
最近のアメコミ物の中では一番ハラハラドキドキ、
楽しめて見れました。
ヒースの演技は何故か皮肉にも彼の集大成のごとく
印象強い物でしたけど、私としてはバットマンを演じる
クリスチャン・ベイルも大好きなんです。
しかし確かに続編となると、ヒースもいないし、
コレを超えるのは難しいでしょうね。

投稿: non | 2008年8月24日 (日) 14時49分

こんにちは!

コミック原作とは思えないシリアスな内容でしたね!
「善と悪」「光と闇」・・・コインの裏と表のようにそれは不安定で、、
毒を撒き散らしながら善に詰め寄り、人の理性や本音を揺るがす
幸せとは無縁の悲しいジョーカー。
そして、真のヒーローとは?!
孤独に生きる選択をしたバットマンにうるるweepとなりましたbearing

投稿: kira | 2008年8月24日 (日) 14時54分

TB&コメントありがとうございました☆

ヒースは亡くなってしまったからこそ、あの雰囲気が増したともいえるような気がしましたが、やはりあれだけ表現ができるヒースの死は残念です。

おっしゃる通り、この作品は日本向けではないでしょうね。万人受けするように路線を変えるか、質を高めたままこの路線を続けるか私も今後を楽しみにしたいと思います。

投稿: dai | 2008年8月24日 (日) 16時00分

ケントさん、こんにちは!

今回のジョーカーは観ている側をダークサイドに引きずり込んでいくような存在感がありましたね。
善悪というものを問うた脚本、それを演じたヒース・レジャーの鬼気迫る演技によってジョーカーは歴史に残るキャラクターになったような気がします。

投稿: はらやん | 2008年8月24日 (日) 16時05分

ケントさん こんにちは♪

>このあたりの展開は、全般的にシリアスなムードに水を差した感があり

仰る通りですね。
そこがコミックの映画化と言えばそうなんでしょうが、シリアスに描かれているだけに、そのへんのアンバランスさが冷静に考えるとおかしいことになってますよね。

聞くところによれば、次回作にはジョニー・デップやアンジェリーナ・ジョリーといった豪華メンバーがキャストされているとか・・・。
どうなんでしょうねぇ、キャストが豪華になりすぎるとかえって以前のような駄作にならないかと案じます(笑)

投稿: なぎさ | 2008年8月24日 (日) 16時29分

ケントさん、こんにちは^^
TBとコメントありがとうございました!

ジョーカーと言えばジャックニコルソン!その重圧に若いヒースがどのようにジョーカーを演じるのかと
思っていたのですが、ジャックとはまた別の怪物を
作りあげていて心底おそろしかったです。
続編ができてもヒースのジョーカーが観れないのは
悲しいです(T^T)

おっしゃるように日本人向けではないですし
万人向けではないので、日本ではアメリカのような
大ヒットは望めず、バットマンが好きな私としては
この作品が好きな私としては、残念でなりません(T.T)

投稿: ひろちゃん | 2008年8月24日 (日) 16時30分

nonさんコメントありがとう
クリスチャン・ベイルは、今回影が薄かったけれど、なかなかいい感じではあります。歴代のバットマンの中では一番好きですね。


kiraさんこんにちは
「善と悪」「光と闇」・・・コインの裏と表のようにそれは不安定で~
おっしゃる通りですね。人間の本音と建前をえぐりだそうとする心理を描く快作だと思います。
ジョーカーもバットマンも共に怪物という意味で同類の悲しみを負わなくてはならないのでしょうね。

投稿: ケント | 2008年8月24日 (日) 16時41分

daiさんコメントありがとう
ヒースに代わる俳優は、まずいないと思うので、しばらくジョーカーの登場はないのでしょうね。
せっかく独特の世界を構築したわけだし、万人受けする路線に変更するのはつまらないですね。それに米国では大ヒットしているのですから、当面同じような路線が続くと思います。ただ日本では上映劇場が減るかもしれないですね。

投稿: ケント | 2008年8月24日 (日) 16時45分

はらやんさんこんにちは
ヒース・レジャーの演技は、ホントに凄いですよね。私も完全にダークサイドに引き釣り込まれてしまいましたから・・・


なぎささんコメントありがとう
やはり、アンバランスさを感じましたか。
良い映画だっただけに、ちょこっと残念でしたが、そんなことを吹き飛ばすジョーカーの存在感でした。
 次回作は、ジョニー・デップやアンジェリーナ・ジョリーですか・・・なんとなく嫌な予感がします。できればやめて欲しいですね。

投稿: ケント | 2008年8月24日 (日) 16時50分

ひろちゃんさんも、ヒースのジョーカーが心底恐ろしかったですか。僕も逃げ出したいくらいイライラしましたね。
もうヒースのジョーカーが観られないのは本当に残念ですよね。

投稿: ケント | 2008年8月24日 (日) 16時52分

ジョーカーの強さの素は「他者の恐怖心」ですから最強でしょう。ジョーカー自身が強いのではなく、勝手に他者が思い込んでいるんです。恐怖心に抗える人間は数少ないと思います。おそらく報酬がなくても従ってしまうのでは?

私は、まだ人間らしい感情を持つレックスよりも、ジョーカーはたちが悪て、くシビアな問題な気がしました。

投稿: たいむ | 2008年8月24日 (日) 19時56分

ケントさん
こんばんは♪

コメントTBありがとう〜。
アメリカで大ヒットだけど
日本でも既にリピーターの方も多くて、評判すごくいいですね〜。
わたしもノーラン版として別なバットマンと観て楽しみました☆
続編もノーランがやるみたいですね、
ペンギン男もでてくるようなので楽しみです。

投稿: mig | 2008年8月24日 (日) 21時07分

こんばんは。

先日、2度目の鑑賞をしてきました。
一度目ではよく分からなかったところを確認したかったからです。
映画の内容もさることながら、
そのテンポのよさを再確認。
ちょっと油断しちゃうと追いていかれる。
あっという間の時間でした。

投稿: えい | 2008年8月24日 (日) 21時28分

ナイト男・色男・ホモ男・クスリ男・凶悪男・・・
いろんな役で楽しませてくれたヒース・レジャー。
残念でなりませんが、
本作の驚異的ヒットのおかげで、名声が残ったとも言えそうですね。
それは、彼のおかげでも有り、
闇に生きるヒーロー像の妙でもあったと思います。

投稿: ひらりん | 2008年8月24日 (日) 22時10分

こんばんは、お久しぶりです~。
ヒースジョーカーには圧倒されちゃいましたね。
他がかすんでしまうほどでした。
めずらしく2回観ましたよー。

投稿: ゆかりん | 2008年8月24日 (日) 22時34分

たぶん、もうノーラン版バットマンにジョーカーが登場する事はない気がします。
たぶん誰がやってもヒース・レジャーの影を払拭する事は出来ないでしょう。
噂ではジョニー・デップのリドラーやアンジェリーナ・ジョリーのキャットウーマンなども出ているようですけど、それはそれで興味深いです。

投稿: ノラネコ | 2008年8月24日 (日) 22時48分

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
アメコミということを忘れそうな程シリアスな展開でしたね~
何が起きるか分からない緊張感で、鑑賞後は少々グッタリしました。
とにかくヒースのジョーカーが凄かったですが、私はベールのブルースもアーロンのデントも良かったと思いました。
バットマンVSジョーカーというだけの構図でなく、デントを配置した事で、善と悪の境界線の脆さが際立ったと思います。

投稿: 由香 | 2008年8月25日 (月) 11時21分

こんにちは、TB・コメントありがとうございました。
何よりも脚本が良くできていて、娯楽作ながらも正義とは? 真のヒーローとは? と問いかける物語は見応え十分でした。
もちろん、基本はエンターテインメントなのでアクションもたっぷり。
イギリス勢をフィーチャーした俳優陣も芸達者がそろっていて文句なしだし、アーロン・エーッカトも好演。
しかし、この素晴らしい作品の中で一際異彩を放つジョーカー。
演じたヒース・レジャーは観客から一番賞賛されるべき人のはずなのに、その言葉を送ることも受け取ってもらうこともできない現実が何よりも悲しいです。

投稿: パピのママ | 2008年8月25日 (月) 13時32分

たいむさんこんにちは
「ジョーカー自身が強いのではなく、勝手に他者が思い込んでいるんです。」確かにそれは言えていますね。
「おそらく報酬がなくても従ってしまうのでは?」それは違います。裏切った婦警が、家族のために金が必要だったと言っていましたから・・・


migさんコメントありがとう
「日本でも既にリピーターの方も多くて、評判すごくいいですね〜。」確かに評判は良いのですが、どちらかというとマニアに近い人の評価では・・・ヤフーの興行成績は余りよくないですからね。
続編もノーランだといろいろと興味深いですね。

投稿: ケント | 2008年8月25日 (月) 13時56分

えいさんも二回観たのですか。
凄いですね。DVDが出たらかなり売れそうな気がしました。
確かにテンポのよさには感心しましたね。
長時間の鑑賞もあっという間でしたからね。


ひらりんさんこんにちは
ヒース・レジャーの死は、ホントに残念です。
しかし仰るとおり、これで彼は伝説の俳優の仲間入りを果たしたわけですね。

投稿: ケント | 2008年8月25日 (月) 14時00分

ゆかりんさんも二回観たのですか。
確かにスピード感に溢れ、心理的なストーリー展開もあるので、二度観ないときちっと理解出来ないかもしれません。
 仰るとおりヒースジョーカーにオーラーを奪われてそれ以外の俳優はかすんでいましたね。


ノラネコ さんこんにちは
僕も「ノーラン版バットマンにジョーカーが登場する事はない気がします。」あれを超えることは出来ないし、死者に対する冒瀆?になりかねないですからね。
ジョニデやアンジーの登場にケチをつける気はないのですが、このまま渋味?を保って欲しい気がします。

投稿: ケント | 2008年8月25日 (月) 14時06分

由香さんコメントありがとう
さすがにイケメンのクリスチャン・ベイルは、女性に人気がありますね。
「何が起きるか分からない緊張感」まさにこの映画のツボは底にありましたね。普通のヒーローものだと安心して観ていられるのですが、今回はそれが全くなかったですから。

投稿: ケント | 2008年8月25日 (月) 14時11分

パピのママさんコメントありがとう
エンディングで、「ヒース・レジャーに捧ぐ」とありましたよね。
おもわず、スーパーマンリターンズのとき、「クリストファー・リーヴに捧ぐ」と書かれていたことを思い出してしまいました。

投稿: ケント | 2008年8月25日 (月) 14時14分

ケントさん こんばんは
コメント,TBありがとうございました。
ジョーカーの人間離れした悪行は
とにかく凄い!のひとことで「ありえねぇ」と
つっこみを入れるだけの心の余裕まで奪われてしまっておりました・・・。
しかし,ご指摘のように,ヒース亡き今,
続編をこれと同じテンションで・・・というのは
大丈夫かな~~と同じような危惧を感じずにはおれませんね。
私もいろんな意味で期待しながら待ちたいと思ってます!

投稿: なな | 2008年8月25日 (月) 23時03分

こんにちは♪
ヒース・ジョーカーはすごかったですねぇ。。。ありきたりな言葉のようですがそれしか言えないくらいすごかった。。。
それなのに日本ではあんまりヒットしてない?夏休み公開がいけなかったんじゃないのかなー?なんて思っているのですが、アメリカに比べるとあまり話題にもならないのでビックリしています。

投稿: きらら | 2008年8月26日 (火) 06時19分

こんにちは♪
二度目の鑑賞をして、さらに役者たちの演技や伏線などがチェックできました。
この世界観はすごいですね。
長年バットマンに興味が無かったのに、このシリアスでダークなムードは病みつきになりそうです。

投稿: ミチ | 2008年8月26日 (火) 09時14分

ななさんこんにちは
『とにかく凄い!のひとことで「ありえねぇ」と
つっこみを入れるだけの心の余裕まで奪われてしまっておりました・・・。』
なかなか適格なご意見ですね。まさに皆そう感じたのではないでしょうか。


きららさんこんにちは
ヤフーの興行収入ランキングでも5位ですからねぇ。
ちなみに1位は「崖の上のポニョ」ですが・・・
逆にレビュー評点はトップクラスですね。
この不思議な現象は、きっと映画マニア向けとしか考えられませんね。


投稿: ケント | 2008年8月26日 (火) 09時48分

ミチさんも二度観ましたか。
この世界観は大切にしたいところですね。
もともとバットマンは、闇のヒーローですから、ある意味こうした描き方が正統なのかもしれませんね。

投稿: ケント | 2008年8月26日 (火) 09時51分

こんにちわ。
コメントありがとうございました。

この映画、凄かったですね。
ニコルソン版のオチャラケジョーカーも好きですけれど、
やはり人間とは思えないほどの得たいの知れない悪という
意味ではヒース・ジョーカーに適うものはありません。

本当に素晴らしかったです。
ヒース・ジョーカーを差し引いても、その他のキャスト、
脚本、演出などなど映画として限りなく完成度の高い
1作でした。

投稿: 睦月 | 2008年8月26日 (火) 14時55分

ケントさん
TB・コメントありがとうございました。
ヒース・レジャー演じるジョーカー、確かに
狂気じみて凄いなと思いますが・・・・。
映像の中では別物という感じもしましたね。
それほど役作りに徹底していたようですが。
映画の中ではバランス的に浮いていたようにも見えます。とはいえ、全力を注いだヒースの役者としての心意気を賞賛したいと思います。ヒースの死は本当に悔やまれますが。

投稿: mezzotint | 2008年8月26日 (火) 16時06分

睦月さんこんにちは
ヒースの演技は、ニコルソン版のオチャラケジョーカーとは、全く正反対のようでしたね。
バットマンは、いつもバットマンの宿敵のほうが目立ってしまう傾向にありますが、今回はさらにスペシャルでした。


投稿: ケント | 2008年8月26日 (火) 16時16分

mezzotintさんコメントありがとう
ヒースジョーカーの狂気は、凶気と言ってもいいですよね。
メーキャップをとれば、全くの別人。単なる演技と言えない鬼気迫る精神の高揚を感じました。

投稿: ケント | 2008年8月26日 (火) 16時20分

ケントさん、こんばんは~。
コメントありがとうございましたhappy01

ヒース・レジャーが群を抜いてましたけど、アーロン・エッカートもなかなか引けはとってなかったかな、と。地味ながらも、正義の騎士から堕ちていく狂気をうまく表現してたように思いました~。いずれにしても、次作からのバットマンの敵役は影が薄くなるような気が……coldsweats01

投稿: りら | 2008年8月26日 (火) 20時08分

はじめまして。

ヒースの演技は素晴らしかったですが、
この映画が高く評価されてることが
あまり理解できないでいます。
その理由が、
>この中途半端なシリアスさ
なんだと思います。スッキリしました。
やりすぎちゃって、かえって宙ぶらりんになってしまった気がします。
次回作はあるんですかね?やっぱり。

投稿: なるは | 2008年8月26日 (火) 22時07分

りらさんコメントありがとう
アーロン・エッカートのメーキャップも凄かったですね。結局最後は墜落死したのでしょうか。はっきりしないまま終わりましたよね。全てが徒労に終わったようで、ぐったりしてしまいました。

投稿: ケント | 2008年8月27日 (水) 14時35分

なるはさんはじめまして
コメントありがとう。
ホントにこの映画は、異常なほど高評価ですよね。
なにか凄く疲れの残る映画で、僕的には満点は出せませんでした。
とにかくヒースジョーカーありきでしたね。
次回作は、同じ監督で創られるようですよ。どんな作り方にするのか楽しみにしています。

投稿: ケント | 2008年8月27日 (水) 14時39分

ケントさん、こんにちは♪
やはり此方からのTBは反映されない様でごめんなさい。

観応えありましたね~ 何といってもヒース演じるジョーカーに終始圧倒され通しでした。ニコルソンJOKERは、そうそう!仰る通り「狂ったピエロ」という感じでしたね。ヒースの渾身の演技により、両者別物の様にも思えますが、軍配をあげるなら同じく私もヒースJOKERです。
とは言うものの・・勿論主演のベール始め、脇を固める俳優陣も皆素晴らしかったです。続編はかなりハードルが高いでしょうね~

投稿: Any | 2008年8月27日 (水) 15時55分

Anyさんコメントありがとう
やはりニコルソンより、ヒースのほうが良かったですか。皆さんの意見だと、ニコルソンに敬意を表して、どちらも味があるが~というふうにぼかしていますが、このバットマンの創り方ではヒースの勝ちで良いでしょう。
そして仰る通り、脇を固めた俳優陣がなかなか良い味出していましたね。

投稿: ケント | 2008年8月27日 (水) 18時36分

はじめまして☆こんばんは

私も観たくてみたくてたまらなかったのですが、
今夜やっと観ました。

「サイコ」。

探してた的確な言葉がやっと見つかりました!
何が怖かったって、
迷いや戸惑いなく、
凶悪・極悪な言動を本能の赴くままに楽しみながら全うしてゆくピュアさ。
その純粋さが怖かったですね>ヒース・レジャーの「ジョーカー」
美しいとすら想えてしまったあの醜悪ないでたちが、
頭にこびりついて離れません。

こんなジョーカーを超えられる役者さんはもういないと想うので、
バットマンシリーズはここで打ち止めにして欲して欲しいなぁ。。。

投稿: lotta | 2008年9月 2日 (火) 22時58分

lottaさんコメントありがとう
「迷いや戸惑いなく、凶悪・極悪な言動を本能の赴くままに楽しみながら全うしてゆくピュアさ。」
まさにおっしゃる通り、的確な表現ですね。
この恐怖感は堪らなかったですよね。
次のシリーズはいろいろ難しいでしょうね。

投稿: ケント | 2008年9月 3日 (水) 20時11分

こんばんは!
この作品、あまりにも重いし暗すぎる・・・という声もよく聞くのですが、私はぜんぜんOKでした。
よくアメリカで大ヒットしたなあと思うくらいのダークさではありましたが・・・。
ヒースがいなくなった後の次作、真価が問われるんでしょうね。

投稿: カオリ | 2008年9月 6日 (土) 01時46分

カオリさんコメントありがとう
そういえば、根アカのヤンキーたちに良く受けましたよね。
次回作は、いろいろ難しいと思いますが、それだからこそ期待してしまいますよね。

投稿: ケント | 2008年9月 6日 (土) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/23210167

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイト :

» ダークナイト [Akira's VOICE]
なんですか,このテンションの高さは!!!   [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 13時58分

» 『ダークナイト』 [Sweet*Days**]
監督:クリストファー・ノーラン  CAST:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート 他 犯罪都市ゴッサムシテ... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 14時32分

» ダークナイト [to Heart]
試される、正義― 原題 THE DARK KNIGHT 製作年度 2008年 上映時間 152分 監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ヒース・レジャー/ゲイリー・オールドマン/アーロン・エッカート/マギー・ギレンホール/モーガン・フリーマン 映画『バットマン ビギンズ』の続編で、バットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作。監督は前作から続投のクリストファー・ノーラン... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 14時41分

» 「ダークナイト」 悪意の増殖 [はらやんの映画徒然草]
この物語には対立的な概念が繰り返し現れてきます。 善と悪。 光と闇。 表と裏。 [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 15時37分

» 劇場鑑賞「ダークナイト」 [日々“是”精進!]
「ダークナイト」を鑑賞してきました新生バットマン・シリーズ「バットマン・ビギンズ」の続編。もちろん監督は引き続き、クリストファー・ノーラン。バットマンと、最凶の悪党ジョーカーとの攻防を描く。今年1月に休止したヒース・レジャーが新たに作り上げた、狂気のジ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 15時37分

» 『ダークナイト』 [ラムの大通り]
(原題:The Dark Knight) ----これって『バットマン ビギンズ』の続編と考えていいの? 「うん。いいと思うよ。 バットマンことブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、 レイチェル(マギー・ギレンホール)と一緒になるためにも 早くこの“闇の守護者”役を降りたがっている。 そしてそのことがこの映画の一つのキーワードとなっていくんだ」 ----えっ、バットマンって あんなにカッコいいのに…。 「そう簡単にはいかないところが この映画の持つ複雑さ。 バットマンがやっていることはい... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 15時53分

» ★ダークナイト(2008)<プレミア試写会>パート2★ [CinemaCollection]
THEDARKKNIGHTおまえが私を殺すか。わたしがお前を殺すか。最凶の敵が、来る映時間152分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/08/09ジャンルアクション/サスペンス/アドベンチャー【解説】「メメント」「インソムニア」のクリストファー・ノーラン監...... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 16時16分

» ダークナイト [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年8月9日 公開 悲しいほどの執念 観てきました。 なんかねぇ、スクリーンからスパークする火花が飛び出してくるみたいな、そのくらいの衝撃でズンズンと何かを感じました。 何も語れないですね、ここまで完璧だと。 人間の心の闇や複雑な部分を描いている今作。 前作『バットマン ビギンズ』からに引き続きクリストファー・ノーラン監督による本作は、コミックの枠を大きく飛び越えて、独自の映像世界を作り出していま... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 16時22分

» ダークナイト [花ごよみ]
『バットマン ビギンズ』の続編。 今回は悪徳非道のジョーカーが登場。 ゴッサムシティが危機に陥る。 バットマンとジョーカーの壮絶な争い。 監督は前作と同じく、 クリストファー・ノーラン。 バットマンを演じる主人公も 前作同様、クリスチャン・ベイル。 凶悪なジョーカーを演じる、 ヒース・レジャーは とても残念なことに、 2008年1月に没しました。 若干28歳です。 肩に力が入って 疲労感を感じる重厚な展開。 バットマン対ジョーカー。 ヒーロー、バットマンと、 表裏をなす非道なジ... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 16時48分

» 暗黒の騎士〜『ダークナイト』 [真紅のthinkingdays]
 THE DARK KNIGHT  マフィアによる腐敗と暴力がはびこる街、ゴッサム・シティ。ジョーカー(ヒース ・レジャー)によって更なる凶悪事件... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 17時16分

» ダークナイト(2008年) [勝手に映画評]
映画撮影直後にジョーカーを演じたヒース・レジャーが急死した事で、話題性が増したクリスチャン・ベールのバットマン第二段。ゴッサムシティーに、平和は来るんでしょうか? 確かにヒース・レジャーの死によって本作品に対する注目が増した事は否定しませんが、そうでなくても、ヒース・レジャーのジョーカーは、鬼気迫る演技です。嘗て、ジャック・ニコルソンもジョーカーを演じた事があり、彼のジョーカーも秀逸と言われましたが、ヒースのジョーカーもかなりキテます。撮影直後の死と言う悲劇性ともあいまって、非常に怖いジョーカーに... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 17時46分

» ダークナイト を観た [ヤジャの奇妙な独り言]
上映初日初回で 「ダークナイト」を観てきました シリーズ最高作品に シリーズ最凶の怪人が登 [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 18時26分

» 「ダークナイト」みた。 [たいむのひとりごと]
「最強」と「最狂」と「最凶」とは、なんて上手い表現だろう。ポスターにはそれぞれ「バットマン」と「デント」と「ジョーカー」が配されているけれど、角度を変えると3人ともどれにでも当てはまるんだよね。『バッ... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 19時48分

» 映画『ダークナイト』 [オタマ・レベルアップ]
映画『ダークナイト』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 152分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2008/08/09 ジャンル アクション/サスペンス/アドベンチャー 解説・・・ 「メメント」「プレステージ」の...... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 20時11分

» ヒーローを超えた男。『ダークナイト』 [水曜日のシネマ日記]
映画『バットマン ビギンズ』の続編です。 [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 20時19分

» ダークナイト [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
あなたは息をのみ、そして言葉を失う__これほどまでにイカレた<悪>と出会ってしまったら。 理由もなく、理屈もなく、退屈を紛らわすために、極悪非道な犯罪で遊び狂う男。 平和を蔑み、愛を嘲笑い、破滅してゆく世界をみることだけに唯一の悦びを感じる男。 __奴...... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 20時31分

» 真相は闇に溶けて [MESCALINE DRIVE]
「ダークナイト」を観たんだな。思ったけど、ジョーカーはドラゴンボール最強伝説の持ち主であるアックマンなんだな。アクマイト光線を浴びると悪心がどんどん膨らんでゆく。パーン!メタボリック!... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 20時34分

» ダークナイト/THE DARK KNIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
          好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら 「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/} 『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリストファー・ノーラン監督がメガホン。 ヒース・レジャーの遺作としても注目度が高まってる。 18日から全米で公開、初登場No1大ヒット中{/ee_3/} 映画版『バットマン』の1&2作目の監督はティムバートンで バー... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 21時05分

» 「ダークナイト」 [或る日の出来事]
今年の1月22日、ヒース・レジャーは複数の薬物摂取による急性中毒で亡くなった。28歳の若すぎる死。 その後「ダークナイト」の予告編で... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 21時28分

» ダークナイト [映画鑑賞★日記・・・]
【THE DARK KNIGHT】2008/08/09公開(08/02先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン ....... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 22時30分

» 「ダークナイト」 [てんびんthe LIFE]
「ダークナイト」TOHOシネマ六本木ヒルズで鑑賞 原作がアメコミ…なんてバカにしちゃあいけない超大作。 今までのどのバットマンよりもクリスチャン・ベイルってスマートでセクシーで素敵だと思うのですが、そういう意味ではジョージ・クルーニーよりもポイント高そう。 そもそもあのときに何故ジョージ・クルーニーがバットマンをやったのかが一番疑問。 その、クリスチャン・ベイルが一般人の時はアルマーニのスーツだってかっこよく着こなして完璧なのに、マスク被ったときの口の動きと声のトーンがもやもやしてるって... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 23時38分

» 評判通りの傑作!!☆『ダークナイト / THE DARK KNIGHT』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
アメコミ映画好きの私だけど、大分昔に観た『バットマン』に出てきたペンギンマンが気持ち悪くて、それ以来苦手意識が出ちゃって観てなかった。 でもヒースは突然死んでしまうし、その後すぐに公開された本作でのジョーカーは評判が良いしで、結局、同じクリストファー・ノ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 00時01分

» THE DARK KNIGHT★★ [銅版画制作の日々]
   ヒース・レジャー、これが本当に最後の作品に・・・・・。 8月11日、MOVX京都にて鑑賞。昨日も映画館は多くの人でした。「ダーク・ナイト」もお客さん多いです。いい席はゲットできず・・・・。端っこの前の方でした。まあいいか主役のバットマンは前作に引き続き、クリスチャン・ベールです。なにやら、ベールは事件を引き起こしてちょいと警察ざたになったらしい?その後どうなったのかは知りませんが。 今回はバットマンの宿敵はジョーカーという得体の知れない人物、そのジョーカー役があのヒース・レジャーというこ... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 01時46分

» ダークナイト [映画を見に行きましょう!! ]
            ダークナイトゴッサム・シティーに現れた最悪の犯罪者ジョーカー彼は、マフィアたちに成り代わってバットマンを追い込む“ゲーム”を開始。それは「バットマンが正体を明かさなければ、毎日市民を殺す」という卑劣なルールで、戦いの中ゴードン警...... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 04時01分

» 【映画感想】ダークナイト [映画+小説+家族=MyLife]
【鑑賞映画】  ダークナイト [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 07時50分

» 「ダークナイト」 [かいコ。の気ままに生活]
バットマンの宿敵ジョーカーと死闘を繰り広げるアクション大作。「ダークナイト」公式サイトなんとも凄まじい映画でしたー2時間半、飽きるどころか肩に力入りっぱなし。ありがちな勧善懲悪でなく、バットマンはヒーローでもない。善悪の境界線があいまいな上に、新しく現...... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 09時51分

» ダークナイト [★YUKAの気ままな有閑日記★]
昔のバットマン映画は暗くてあまり好きじゃーなかったけれど、前作の『バットマン ビギンズ』で大好きなクリスチャン・ベールがバットマンになってから、豪華キャストも手伝ってかスッカリ魅せられてしまった。今作は、今年1月に急逝したヒース・レジャーのジョーカーも物凄く気になって・・・楽しみにしていた―【story】悪の蔓延るゴッサムシティを舞台に、ジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベール)は街で起こる犯罪撲滅... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 10時47分

» ダークナイト [そーれりぽーと]
故ヒース・レジャーの形見は、バットマン、バットマン…あれ?タイトル変えたのね、と思ってから約半年。 ようやく公開になる『ダークナイト』、タイトルの意味も気にしつつ先行で観てきました。 ★★★★ 前作『バットマン ビギンズ』で、完全リニューアルした新シリーズの第2作目に当たるのがこの『ダークナイト』。 厳密に言えば、前作との間を繋ぐストーリーを描いたアニメもあるのだそうですが、かったるくてノーチェックです。 前回、リアリティー重視に変更された訳ですが、今回はさらに踏み込み、『バットマン』を見て育っ... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 13時02分

» ダークナイト [虎猫の気まぐれシネマ日記]
先行上映をご覧になったブロガーさんたちが,こぞって高評価のこの作品。今日,公開と当時に鑑賞してきたが,確かに桁外れの完成度の高さ。アクションのスケールといい,テーマの奥深さといい,キャラ立ちの素晴らしさといい,観客を茫然とさせる圧倒的な余韻といい… ・・・・これは,もはやアメコミの範疇を軽く越えてい... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 22時47分

» 映画 『ダークナイト』 [きららのきらきら生活]
 ☆公式サイト☆映画『バットマン ビギンズ』の続編で、バットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作。監督は前作から続投のクリストファー・ノーラン。悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再... [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 06時16分

» 映画 【ダークナイト】 [ミチの雑記帳]
先行上映にて「ダークナイト」 『バットマン ビギンズ』の続編。監督はクリストファー・ノーランが続投。 おはなし:悪のはびこるゴッサムシティ。ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。 バットマンシリーズは、ティム・バートン監督による1987年の「バットマン」1992年の... [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 09時12分

» 【ダークナイト】 [日々のつぶやき]
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、マギー・ギレンホール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート 「バットマンのお陰でゴッサム・シティは犯罪が少なくなってきてい... [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 18時25分

» ダークナイト [ぷち てんてん]
先行上映ですね。見てきました。今年映画館で観た映画で最高に満足した映画になりました。また見に行こうかな〜〜。☆ダークナイト☆(2008)クリストファー・ノーラン監督クリスチャン・ベイルヒース・レジャーマイケル・ケイんゲイリー・オールドマンアーロン・エッカー...... [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 18時59分

» ダークナイト(先行上映) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  光当たらぬ孤独な正義   [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 19時07分

» ダークナイト [りらの感想日記♪]
【ダークナイト】 ★★★★ 試写会(19) 2008/07/28ストーリー ゴッサムシティでは、バットマン(クリスチャン・ベール)とゴードン [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 20時02分

» 映画「ダークナイト」の脚本全文 [_lilacstone(ライラックストーン) クリエイターがオススメ情報からくだらないネタまでを厳選して紹介するブログ]
THE DARK KNIGHT script! 映画「ダークナイト(THE DA... [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 21時54分

» ダーク・ナイト 2008-45 [観たよ〜ん〜]
「ダーク・ナイト」を観てきました〜♪ 犯罪が蔓延るゴッサムシティ、バットマン(クリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲーリー・オールドマン)と地方検事ハーベイ・デント(アーロン・エッカート)との協力により、犯罪組織の壊滅に明るい兆しが見えてきていた。そんな時最強最悪のジョーカー(ヒース・レジャー)となるの犯罪者が現れ、街は再び暗黒の世界に戻っていく・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、鬼気迫る演技が観られるかも!? Blog人気ランキングに参加してます... [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 22時40分

» 【2008-185】ダークナイト [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 最凶の敵が、来る [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 00時06分

» ダークナイト [ネタバレ映画館]
ランボルギーニが地味ですかぁ・・・ [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 09時56分

» ダークナイト [スワロが映画を見た]
原題:THE DARK KNIGHT 製作年度:2008年 製作国:アメリカ 上映時間:152分 監督:クリストファー・ノーラン 原作:―― 脚本:ジョナサン・ノ... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 12時27分

» 「ダーク・ナイト」笑い顔に裂けた口は何を見て笑う [soramove]
「ダーク・ナイト」★★★★オススメ クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー主演 クリストファー・ノーラン 監督、アメリカ、2008年、152分 狂気はもしかしたら、誰もが心の奥底に 持っているものかもしれない。 それは実は理由などなく、ただただ目の前の ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 14時40分

» バットマン ダークナイト [バットマン ダークナイト ]
バットマン ダークナイト について調べてみました [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 19時03分

» 『ダークナイト』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ダークナイト』を観ましたバットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作第2弾です>>『ダークナイト』関連原題:THEDARKKNIGHTジャンル:アクション/サスペンス/アドベ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 22時15分

» 『ダークナイト』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
 理由もなく、理屈もなく、退屈を紛らわすために、「極悪非道な犯罪」をおもちゃに遊び狂う男。平和を蔑み、愛を嘲笑い、破滅してゆく世界を見ることだけに唯一の悦びを感じる男。――奴の名は、ジョーカー。白塗りの顔に耳まで裂けた赤い口、魂をえぐるように鋭く突き刺さる眼差しは、一度見たら生まれ変わっても忘れられない。そんな、かつてないほどにイカれた悪党が、「バットマン」シリーズ最新作『ダークナイト』に登場するバットマン最凶の敵なのだ。  監督のクリストファー・ノーランは、「ジョーカーは映画史上で究極...... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 23時33分

» ダークナイト [シェイクで乾杯!]
実写版バットマンの6作目で、クリストファー・ノーラン監督作「バットマン ビギンズ」の続編。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 00時55分

» 『ダークナイト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト」□監督・原案・脚本 クリストファー・ノーラン □原案 デヴィッド・S・ゴイヤー □キャスト クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、エリック・ロバーツ、アーロン・エッカート、ネスター・カーボネル■鑑賞日 8月31日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> アメコミの中でも最メジャーな作品であるバットマン。 『バットマン... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 21時47分

» ダークナイト(08・米) [no movie no life]
ヒーローの苦悩。人間の苦悩。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 01時40分

» 『ダークナイト』 (2008) / アメリカ [NiceOne!!]
原題:THEDARKKNIGHT監督・脚本:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン公式サイトはこちら。<Story>ゴッサム・...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 07時20分

» 「ダークナイト」観賞 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
バットマンの黒い影は彼自身をも包み込んでいる。ヒーローではあっても英雄にはなれない闇が彼をゴッサム・シティの人々から遠ざける。悪と対峙しながら、自らも市民の憎悪の対象となっていく。太陽の下に、彼は姿を晒す事はない。一方、市民の希望の星”光の騎士”と呼ば...... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 16時28分

» ダークナイト(2回目)★★★★☆+劇場64本目:素晴らしい作品... [kaoritalyたる所以]
ちょうど1ヶ月前に見た『ダークナイト』をまた観てきました。やはりこの映画の見所はヒース・レジャー演じるジョーカーでしょう。今年の1月に亡くなったことが悔やまれてなりません。彼ほどの狂気をもったジョーカーを、次に誰が演じるというのか‥。何と言うかもう、彼...... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 00時48分

» ダークナイト−(映画:2008年50本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン 評価:96点 恐ろしいまでの完成度。 2時間30分が瞬く間に過ぎて...... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 23時44分

» ダークナイト 観てきました。 [よしなしごと]
 映画を観るペースが週に1度に激減。さらに観たいと思う映画が上映されてからすぐに観ることもできずにいつも終わりに近づいて駆け込みで。。。映画ブログを名乗る資格がないんじゃないかと思うような今日この頃、今回も駆け込みでダークナイトを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 13時52分

» 『ダークナイト』 [・*・ etoile ・*・]
'08.09.14 『ダークナイト』@サロンパスルーブル丸の内 これは気になった。ヒース・レジャーがジョーカーを演じて、その演技が絶賛されていること、そして本作が彼の遺作になってしまったことが理由。特別ファンではなかったけれど、演技派俳優の最期の演技を劇場で見て...... [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 01時49分

« 日本の女子は凄いね | トップページ | 大日本人 »