« この人を見よ | トップページ | インディ・ジョーンズ4  »

2008年8月10日 (日)

小説 西の魔女が死んだ

 先日映画を観たばかりであるが、この原作を読んで、映画がいかに原作に忠実だったかがよく判った。逆に言えば、まるで脚本のような原作なのだ。

西の魔女が死んだ (新潮文庫) Book 西の魔女が死んだ (新潮文庫)

著者:梨木 香歩
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 といっても、やはり小説では「まい」の心情が手に取るようにわかる。心の動きを映像で表現するのは難しいが、自然や風景は小説より映画のほうが判り易いし、美しく表現することも出来る。つまりどちらもその持ち味を十分に発揮し合って五分と五分であった。
 それにしてもこのお話は、上手に出来上がっている。映画を観たとき以上に、その構成力の素晴らしさに舌を巻いてしまった。ことにラストが良い、というかラストに繋がってくる前半・中盤の下ごしらえの丁寧さに感心してしまうのだ。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« この人を見よ | トップページ | インディ・ジョーンズ4  »

コメント

文庫本bookの中では
1位だか2位だかの人気らしいですね。
確かに映画と本、
それぞれの良さがありますね。

おばあちゃんの教え
「自分のことは自分で決める」
そうすればどんな結果でも
後悔ないですものねup
でも大人になると
自分のことだからって
自分だけで決めるわけにはいかない、
こと多いですけどーーーー

投稿: Dora | 2008年8月11日 (月) 00時06分

Dora さんも、小説読んだのですね。
なかなか原作を超える映画は少ない中、かなり良い創り方をしていましたね。本を読んで映画の良さを再確認しました。また原作の良さも判りました。どちらも良い出来映えです。
「自分のことは自分で決める」まあ、現実にはなかなか難しいかもしれませんが、「自分のことは自分で責任を持ちましょう」という事なのではないでしょうか。
ではまた

投稿: ケント | 2008年8月11日 (月) 09時38分

原作いいですよね!
私は原作はだいぶ前に読んでいたので細かなエピソードは忘れている状態での映画鑑賞でした。
原作での印象的だったのは花や家事等のことを教えてもらって規則正しく生活していく様子、とてもいいな~と思ったものです。

映像では自然が美しく、ベリー摘みやジャムつくりやパンなどに癒されました~

投稿: hito | 2008年8月11日 (月) 12時41分

hitoさんコメントありがとう
hitoさんも、確か原作読んでいましたよね。
普通は原作を後に読んだほうが良いのですが、この映画の場合はどちらが先でも楽しめるでしょうね。

投稿: ケント | 2008年8月11日 (月) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/22896564

この記事へのトラックバック一覧です: 小説 西の魔女が死んだ:

« この人を見よ | トップページ | インディ・ジョーンズ4  »