« 純喫茶磯辺 | トップページ | ときのかけら  »

2008年7月16日 (水)

大忍術映画 ワタリ

★★★

 この映画を観るのは、実に40年振りである。当時から白土三平ファンで、弟を連れてワクワクしながら三鷹にあった映画館に向かったものである。あ~懐かしくて涙が出てくるよ。

大忍術映画 ワタリ【劇場版】 DVD 大忍術映画 ワタリ【劇場版】

販売元:東映ビデオ
発売日:2004/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 何故今ごろになってこんな古い映画を観たのか…。実は来年2009年に、松山ケンイチ主演で白土三平の『カムイ外伝』実写版が上映されることに起因している。ネットで『カムイ外伝』を検索していたら、偶然この作品がDVD化されていたことを知り、懐かしさがこみあげて、もう一度この映画を観たくなったのである。
 当時白土三平氏は、この映画の出来の悪さに激高し、続編の製作は許可しなかったという。確かに主題歌はダサイし、ルーキー新一のおバカなお笑いが、この作品の個性をぶち壊している。

 だが子供向けの映画なのだし、当時の特撮レべルを考慮すれば、よく頑張ったほうかもしれない。またワタリ役の金子吉延クンは、まさに適役だったし、大友柳太郎の音羽城戸をはじめ、牧冬吉の四貫目、伊賀崎六人衆など、コミックそっくりなのには驚かされた。
 ただ四貫目や伊賀崎六人衆の実力が、十分に発揮されなかったところに不満が残る。やはりこれもワタリ中心のお子様仕様だから、と諦めるよりないのだろうか。
 いずれにせよ劇場映画の時間的な制約を考えると、一本の映画の中に収めるには、原作の内容が豊富過ぎるのである。少なくとも伊賀崎六人衆編は、第二部とすベきだったのではないだろうか。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 純喫茶磯辺 | トップページ | ときのかけら  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/22328798

この記事へのトラックバック一覧です: 大忍術映画 ワタリ:

« 純喫茶磯辺 | トップページ | ときのかけら  »