« NEXT -ネクスト- | トップページ | 小袖日記 »

2008年5月 5日 (月)

つぐない

★★★★

 原作はイギリスの作家イアン・マキューアンの最新作『贖罪 (Atonement)』だという。この原作は未読なので、映画との違いはよく判らないが、かなり練り込まれた奥の深い作品であることは想像できる。
 第二次大戦下のイギリス。まだ上流階級と下層階級の差別が残っていた時代である。よくある話だが、お嬢さまと掃除婦の息子ロビーとの禁じられた恋を描く。

           Scan10310

 このお嬢さまセシリアには、ぴったりカンカンのキーラ・ナイトレイ。また年の離れた妹ブライオニー役にシアーシャ・ローナン。
 宣伝用ポスターでは、断然キーラ・ナイトレイが主役という趣きだが、実は妹のブライオニーが真の主役であり、この告白調の物語を書いた張本人でもある。それにしてもこの少女の天才的な演技と存在感は抜群で、キーラ・ナイトレイは完全に喰われてしまったな。

 オープニングは、カシャカシャというタイプライターの音とともに始まる。これがなんとも格調高い雰囲気を醸し出す。そのタイプライターを打っているのが、想像力が豊富で文学に秀でているブライオニーなのである。
 このブライオニーが姉とロビーの恋に嫉妬し、虚偽証言によってロビーを無実の罪に陥れてしまう。タイトルの『つぐない』には、その反省と後悔の念が込められているのだろう。そしてそのちょっとした誤解と嫉妬のお陰で、ロビーは入隊し戦場に赴くことになってしまうのだ。
 そのために、医学を学ぼうとしていたロビーの運命は大きく翻弄され、セシリアともども怒涛の人生を辿ることになるのだった。そこに戦争というドラマも絡み合ってくる。なかなか重く辛いテーマであり、映画にするには時間が足りない感があった。

 犯した罪のつぐないは、ブライオニーが何10年間も悩み続けたということで拭われたのではないだろうか。僕達も子供の頃に何気なく犯している罪があるはずだ。彼女のように一生悔いに残るような罪ではないと思うが、いまになって時々それを思い出すとぞっとすることがあるよね。でも普段は忘れているのである。ブライオニーだけに非があるとは思えない。誤解を呼ぶようなロビーの態度にも問題がなかっただろうか。
 ラストの締め方は、なかなか難しかったようだ。真実をそのまま書けば余りにも救いようがないし、かといってハッピーエンドでは余りにも軽過ぎる。そこで考えぬいた結果、ああしたエンディングにせざるを得なかったのだろう。
 さすがゴールデングローブ賞・最優秀作品賞は伊達ではない。稀にみる秀逸な作品に仕上がっていることは間違いないのだが、僕はあのエンディングには少し馴染めなかったな・・・。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« NEXT -ネクスト- | トップページ | 小袖日記 »

コメント

こんにちは^^
TBありがとうございました。
プライドと偏見もそうでしたが、キーラって
この時代の女性の役が似合いますよね^^
でも、主役はブライオニーであり
オスカーにノミネートされたシアーシャの
天才的な演技と存在感は本当にすごかったです(^^ゞ

ラストはありきたりでも幸せになって欲しかった
のですが、そう言うラストでは、タイトルに
そぐわないし重厚な作品にはならないですよね(¨;)

投稿: ひろちゃん | 2008年5月 5日 (月) 12時42分

こんにちは、ケントさん☆
TB,コメント有難うございました。
全体にブライオニー以外の人物はセリフが少ない作品でしたが、
キャストが皆そのシーンで存在感を持っていて
忘れ難い演技をしていたと思いますscissors

>なかなか重く辛いテーマであり
>映画にするには時間が足りない感があった。
そうですよね・・、ポイントのあの日、あの時の一点に絞った感があり、
その後の二人の悲劇性が高まったのは素晴しかったですweep

投稿: kira | 2008年5月 5日 (月) 12時53分

ケントさん、こんにちは。
「スワロが映画を見た」のスワローテイルです。

おっしゃる通り、オスカー受賞作品の名に恥じない素晴らしい出来でしたね。
ただの恋愛映画かと思ったらそうではなく、
いろいろな要素が混じったドラマチックな物語でした。
それにブライオニー目線というのも良かったですよね。

少女時代のブライオニーを演じたシアーシャ・ローナンの演技も素晴らしかったです。
彼女もノミネートはされていましたものね。
受賞できなかったのは残念ですが、
今後が楽しみな役者の一人です。

投稿: swallow tail | 2008年5月 5日 (月) 14時12分

はじめまして コメントありがとうございます。

確かに、ロビーが手紙を間違えなければ、あるいは自分でセシーリアに言いに行けば、彼とセシーリアも全く違った運命だったかもしれません。
そういう意味ではロビーも詰めが甘かったというか大失態というか・・・。

でもそれが物語、ドラマですもんね。
そこに嫉妬心が絡んでこんなになってしまった、みたいな。
人間の転機っていうのも、他人の様々な想いによってどうにでも変化するものなんだと思いました。

投稿: rose_chocolat | 2008年5月 5日 (月) 15時08分

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

確かにブライオニーだけに非があるわけではありませんね。
ロビー自身の行動もそうだし、その時代の背景も良く無いし。
しかし彼女自身は苦しみ抜いたでしょう。
姉も、ロビーも愛する人だったから。
とても切ない作品でした。

投稿: non | 2008年5月 5日 (月) 18時40分

ひろちゃん コメントありがとう
『プライドと偏見』は僕も観ましたが、ホントに彼女はこの時代が似合いますよね。
僕もラストは幸せになって欲しかったけれど、ハッピーエンドだったら、ゴールデングローブ賞は取れなかったでしょうね。


kiraさんこんばんは
確かに時間がもっと欲しいですよね。
戦争のシーンなんかはちょっと短すぎた感がありました。それに終盤も少し駆け足でしたよね。

投稿: ケント | 2008年5月 5日 (月) 20時14分

スワローテイルさんコメントありがとう
ブライオニー目線は、とても良かったですよね。少女の潔癖な心情がひしひしと伝わって来ました。
新人とは思えない存在感に驚愕の思いでした。新人でなければ、なにかを受賞していたと思います。


rose_chocolatさんこんばんは
そうなんです。ちょっとロビーは甘いですよね。それに使用人にしては、ちょっと馴れ馴れしい感じもしました。女性には人気あると思うのですが、おじさん的には余り好きになれない俳優ですね。

投稿: ケント | 2008年5月 5日 (月) 20時19分

nonさんこんばんは
昨日はカンカン照りでしたが、なんだか今日は風の強い一日でした。
ブライオニーは子供ですから、ある意味許せるのですが、大人達が今ひとつすっきりしないところがありました。時代背景でしょうかね。
とても切ないお話ですよね。

投稿: ケント | 2008年5月 5日 (月) 20時22分

本当完全にキーラナイトレイは食われてましたね。この映画の主人公は紛れもなくブライオニーだと思いました。
本当完成度の高い作品ですばらしかったと思います。
子供がついたほんの小さな嘘。それがこんなにも人生を狂わしてしまうなんて皮肉です。
タイプライターも効果的に使われてましたね。

投稿: masako | 2008年5月 5日 (月) 20時32分

masakoさんこんばんは
キーラよりあの新人の少女のほうが存在感があるのですから凄いですよね。将来が楽しみですね。
引くに引けなくなってしまった小さな嘘。あれほど重大事になるとは考えもしなかったのでしょうね。そう言う意味ではブライオニーも被害者なのではないでしょうか。

投稿: ケント | 2008年5月 5日 (月) 20時38分

トラ・コメどうもでした。
妹のほうが主人公・主演・・・といってもいいストーリーでした。
三人の女優さんのつなぎも見事でしたね。

投稿: ひらりん | 2008年5月 6日 (火) 04時05分

ケントさん☆
こんにちは

TBコメントいつもありがとです♪
わたし的にはかなり見応えある作品でした〜。
ラストもどうもっていくのかと思ったら
あんな風に。。。
ブライオニーの少女時代の過ちを認めて、
ずっと背負って生きて行くのもすごいけど
姉と恋人の運命まで変えてしまって、、、
切ないストーリー。
キーラよりブライオニー役の子、ほんと良かったです。

投稿: mig | 2008年5月 6日 (火) 10時02分

こんにちわー。
ブライオニーだけのせいであんなことになってしまったわけでないですよね。
セシリアもロビーもあとは色んなことが一緒になってしまった結果だと思うので。
だからこそブラオニーがだけが後生苦しみ続けるのは、かわいそうというかやりきれなくなってしまいました。

投稿: ななな | 2008年5月 6日 (火) 12時54分

酷ですが、私は 『ブライオニーは、一生その罪を背負って生きていきなさい』という派なんです。彼女は作家の業を背負ったわけですから。アーティストの宿命です。

とはいうものの、切ない悲しい物語でしたね。
見応えがある作品でした!
ロビー役のマカヴォイには『ペネロピ』以来、ノックアウトです^^

投稿: あん | 2008年5月 6日 (火) 20時40分

ひらりんさんこんにちは
ブライオニーの三変化も良かったけれど、あのなんともうっとおしい感じの少女が一番でした。


migさんもブライオニー役の少女が一番だと思いましたか。今後が期待できる新星ですよね。
切ないラブストーリーというか、ヒューマンドラマといったほうがいいのでしょうか。

投稿: ケント | 2008年5月 6日 (火) 21時08分

なななさんも、三人それぞれの責任と感じましたか。
男の前で下着で水に飛び込んでヌードを晒したセシリアもどうかと思いますし、だいたい変な手紙と間違えたロビーもおかしいですね。


あんさんこんばんは。
あんさんは、ブライオニーに手厳しいですね。でもそれはマカヴォイファンだからではないでしょうかね(笑)もし嫌いな男優ならそうは思わなかったのでは・・・。


投稿: ケント | 2008年5月 6日 (火) 21時14分

こんばんは☆
むーん、何も知らなかった私は最初、キーラの役がブライオニーって名前なんだろうって予告編から妄想してました。笑
だって、ロビーが「ぶらおにーーーぃ」って叫ぶシーンがあったのだもの;とってもマガヴォイ君のその叫び声には魂がこもっていたので、すっかり恋人役はブライオニーって名前かと;
その点、キーラが囁く「I LOVE YOU」はどうも軽く感じてしまって、、、彼女は最初ブライオニー役にと監督は思っていたらしいじゃないですかぁ。私もそちらの方が合う気がしたり・・・;

投稿: シャーロット | 2008年5月 7日 (水) 00時07分

シャーロットさんこんばんは
キーラは最初ブライオニー役の予定だったのですか。でも少女じゃないとあの役は通用しないですよね。それとも大人のブライオニーでしょうか。

投稿: ケント | 2008年5月 7日 (水) 21時43分

こんばんは♪TBコメントありがとうです!!
どう償うというの?と注目してただけに、
このラストは、ものすごく衝撃的でした。
「コレが償いなのぉ・・?」爆泣でした。
でも戦争の中でロビーと同じように無念の中で
死んでいった多くの人々の姿をみせつけられると
ブライオニーの夢の中だけでも幸せな人生を歩めた
2人は幸せだったのかも。と思えました。
でもやっぱみんながみんな哀しい~。

投稿: くろねこ | 2008年5月 7日 (水) 22時05分

くろねこさんコメントありがとう
ラストに爆泣でしたか、僕はほとんど泣きませんでしたよ。やはり男女の違いでしょうか。一緒に観た家内も泣いていましたよ。
とにかく切ないお話でしたよね。でもハッピーエンドに出来ない事情もあるしね・・・


投稿: ケント | 2008年5月 8日 (木) 20時55分

こんにちは!~やっとこちらでも公開です。
待ちに待ったかいがありました。
凄く良かったです、最高点つけちゃいましたもん!
タイプの音を使った音楽に導かれ、意外な真実を明かされるまでのサスペンスフルで緻密な構成に酔いしれました。
キーラの首筋が綺麗というより、映像を駆使して物語を語るジョー・ライト監督の演出に魅了させられましたね。
最近の映画は、子役が活躍する作品が多いですよね。
妹~ブライオニー役にシアーシャ・ローナンの演技が光ってました。
それにしても、ジェームズ・マカヴォイさん、大河ロマンがお似合いです。見直しましたわ(笑)

投稿: パピのママ | 2008年5月23日 (金) 16時39分

パピママさんコメントありがとう。
そちらは上映が遅いのですね。
良い映画でしたよね。
子役の演技が最高でした。キーラは喰われていたかも・・・ジェームズ・マカヴォイはそれほどと思いますが、女性には人気ありますね。

投稿: ケント | 2008年5月24日 (土) 21時39分

お久しぶりです。
遅ればせながら観てまいりました。
美しく,切なく,格調高い文芸作品でしたね。
キーラが上手いのは今に始まったことではないのですが
シアーシャやマカヴォイのうまさにびっくりしました。
彼ら二人の演技が,この作品を素晴らしいものにしていたと思います。
私も,ブライオリーは長年苦しんだことでつぐないを果たしたと思いました。

投稿: なな | 2008年7月23日 (水) 23時01分

ななさんご無沙汰です
コメントありがとう
「美しく,切なく,格調高い文芸作品」まさに仰る通りでした。時々こうした映画が見たくなるものですね。

投稿: ケント | 2008年7月26日 (土) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/20775765

この記事へのトラックバック一覧です: つぐない:

» ★つぐない(2007)★ [CinemaCollection]
ATONEMENT一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 上映時間123分製作国イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/04/12ジャンルドラマ/戦争/ロマンス映倫PG-12【解説】英国を代表する作家の一人、イアン・マキュー...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 12時24分

» つぐない [to Heart]
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/シアーシャ・ローナン/ロモーラ・ガライ/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/ブレンダ・ブレシン ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化したもの。 {/... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 12時55分

» 『つぐない』 [めでぃあみっくす]
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そし....... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 13時48分

» つぐない [スワロが映画を見た]
原題:ATONEMENT 製作年度:2007年 製作国:イギリス 上映時間:123分 監督:ジョー・ライト 原作:イアン・マキューアン 脚本:クリストファ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 14時13分

» 『つぐない』 (2007) / イギリス [NiceOne!!]
原題:ATONEMENT監督:ジョー・ライト原作:イアン・マキューアン出演:キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブレンダ・ブレッシン鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜公式サイトは...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 15時04分

» 『つぐない』 [Sweet*Days**]
監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 16時48分

» 映画「つぐない」(2007年、英) [富久亭日乗]
   ★★★★☆  Ian McEwanの小説「Atonement」(2001年、『贖罪』)の映画化。 第二次世界大戦下のヨーロッパを舞台に 運命に翻弄される男女を描いた文芸作品。 原題は「Atonement」。  1930年代のイギリス、裕福なTallis家の長女Cecilia(Keira Knightley)は、 使用人の息子Robbie Turner(James McAvoy)と相思相愛の仲だ。 しかし、Ceciliaの妹Briony(Saoirse Ronan13歳、 Romola Gara... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 22時11分

» つぐない−(映画:2008年38本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブレンダ・ブレシン 評価:95点 公式サイト (ネタバレあります) 多感な少女のついた嘘が、愛し合う男女の仲...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 01時13分

» 「つぐない」 [てんびんthe LIFE]
「つぐない」シャンテシネで鑑賞 子供の何気ない一言が家族の人生を変えてしまった…。 テーマは奥深いそして悲しい。 ところどころに映し出されるイギリスの美しい風景と相対する戦争の悲惨さ。 映像にもストーリーにもどっぷりとはまりました。 キーラ・ナイトレイの上品な美しさとマカヴォイくんの繊細な美しさ。 マカヴォイくんの青いすきとおった瞳には本当に吸い込まれそうでした。 こんな風に感じたのは初めてですが、マカヴォイくん、特別私の好みというタイプではなかったなあ。(関係ないけどもっとセクシ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 01時50分

» ★「つぐない」 [ひらりん的映画ブログ]
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 04時03分

» 感想/つぐない [EDITOREAL]
ああ、まさに文学の世界! 『つぐない』4月12日公開。イングランドの政府官僚のお屋敷。帰省する兄のために戯曲を描きお芝居をしようと末娘ブライオニーは駆け回る。姉のセシーリアは、使用人の息子ロビーとささいな諍いを起こす。それは身分違いの恋だった。セシーリアとロビーの関係を目撃したブライオニーは、自らの思い込みによりあらぬ誤解をする。その夜、事件は起きた。屋敷を訪れていた従姉のローラがなにものかに暴行される。犯人を目撃したブライオニーは証言する。「犯人はロビーよ」 つぐない:4月12日(土)新宿テアト... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 09時42分

» 黒い嘘、白い嘘。『つぐない』 [水曜日のシネマ日記]
嘘をついた少女が罪の重さを背負って生きる物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 09時52分

» つぐない/ Atonement [我想一個人映画美的女人blog]
"つぐない"といえば、テレサ・テンですが、、、 って世代がバレるか{/dododo/} こちらの作品、 今年のアカデミー賞作品賞のノミネートに、ゴールデングローブ賞作品賞受賞{/hakushu/} トロント映画祭でも高評だったし、その地味なタイトルとは裏腹に、期待が高まるのは仕方ない。 予告篇、あんまりみないようにしてたけど、 "つぐない"というからには キーラ・ナイトレイ&ジェームズ・マカヴォイ二人の 単なるラブストーリーではないらしい。 キーラの妹?小娘が出ていて何かやらかすらしい? ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 09時58分

» つぐない [映画を観たよ]
壮大な悲恋は・・・ [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 12時54分

» つぐない [サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画]
[[attached(1,center)]] 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹、ブライオニー(シーアシャ・ローナン)のついた「嘘」が、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまうはめに・・。 {{{: 『つぐない』  2007  Atonement  監督: ジョ..... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 13時41分

» 少女の嘘がもたらしたもの…「つぐない」 [Zooey's Diary]
中々見応えのある作品でした。 ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。 第65回ゴールデングローブ賞作品賞と第61回英国アカデミー賞作品賞受賞。 第80回アカデミー賞では作品賞を始めとする7部門にノミネートされ、作曲賞を受賞。 ”幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。(Yahoo!映画より)” 1930年代イギリスの上流家庭を舞台に、... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 17時43分

» つぐない/Atonement [描きたいアレコレ・やや甘口]
壮大なメロドラマを観ているよう。しかし、ありきたりのメロドラマでなく、最後に作家として名を成した77歳のブライオニー(バネッサ・レッド... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 20時43分

» 【劇場映画】 つぐない [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。(goo映画より) 『ペネロピ』でファンになってしまったジェームズ・マカヴォイが出ている、ということ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 20時54分

» 『つぐない』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」□脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・ブレシン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、パトリック・ケネディ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュノ・テンプル■鑑賞日 4月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感想>  桜の花を追い求めて、... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 22時08分

» つぐない [シャーロットの涙]
息苦しさと切なさとやるせなさと… [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水) 00時08分

» つぐない [★Shaberiba ★]
これは、「償い」といえるのか・・。哀しき運命の恋人達に涙。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水) 22時10分

» つぐない [SmallTalk]
『つぐない』(2007年/英国原題:Atonement)を観た。イアン・マキューアン著『贖罪』が原作。舞台は1935年の英国田園都市。13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、自作の戯曲で久しぶりに帰郷する兄を迎えようと従姉のローラやその双子の弟たちと練習をしていた...... [続きを読む]

受信: 2008年5月11日 (日) 17時39分

» キーラ・ナイトレイの「つぐない」を観た! [とんとん・にっき]
なんと言っても映画「つぐない」は、キーラ・ナイトレイありきの作品です。どう考えても「つぐない」のヒロインは、キーラ・ナイトレイ以外は考えられません。キーラの美しさを前面に打ち出した、哀しくも切ないヒロインですから。スカーレット・ヨハンソンに置き換えて... [続きを読む]

受信: 2008年5月12日 (月) 05時59分

» 【2008-110】つぐない [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。 [続きを読む]

受信: 2008年5月14日 (水) 00時08分

» つぐない [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた。あなたを愛しています!私のもとに帰ってきて・・・。 壮大なスケールで描く、切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン! 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライ...... [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 23時59分

» 「つぐない」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「つぐない」 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・ブレシン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、パトリック・ケネディ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュノ・テンプル 1930年代、第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。 政府官僚の末娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーとの噴水の前での諍いを目撃。 姉のセシーリアとロビーは、心の底ではお... [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 23時31分

» 映画感想≪つぐない≫ [キネマ徒然草]
これ程素晴らしい映画が、何故愛知県では一か所でしか上映されないのか理解できません。。 シネコンも10前後のスクリーンを有しているのなら、一スクリーンぐらいは、こういう映画を上映してもらいたい! ≪つぐない≫★★★★☆ 監督:ジョー・ライト 脚本:クリストファー・ハンプトン 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン b★の数は4つ半にしましたが、五つにしても問題ないぐらい素晴らしい映画/bでした。これほど..... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 02時48分

» つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!! [銅版画制作の日々]
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。 5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです。キーラ・ナイトレイ、やっぱり美しいですよね。スレンダーな体にグリーンのドレスがよくお似合いです。彼女の相手役ロビーには、「ペネロピ」でお馴染みのジェームス・マカヴォイです。「ペネロピ」のマカヴォイだとはまったく気づかず・・・・・。役者さん... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 09時34分

» つぐない [Diarydiary! ]
《つぐない》 2007年 イギリス映画 - 原題 - ATONEMENT 政府官 [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 20時01分

» つぐない [夫婦でシネマ]
これはwanco的に2008年のベスト1になるかもしれない映画です! [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 13時54分

» つぐない [とんとん亭]
「つぐない」 2008年 英 ★★★★★ 償えるものなら、私も創作した本を書こう。 うっとりするような映像と、カメラ・ワーク。 そして、タイプライターを打つ音が効果的。少女の心情を現したかのようなタイプや音楽 の調べ。 1930年代イングラン...... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 21時35分

« NEXT -ネクスト- | トップページ | 小袖日記 »