« 6時間後に君は死ぬ | トップページ | プラネット・テラー »

2008年4月 6日 (日)

ルノワール+ルノワール展

 渋谷文化村のザ・ミュージアムで開催されているこの妙なタイトルの展覧会、実は画家の父と映画監督の息子の合同展覧会だったのだ。ご存知の通り、父の名はピエール=オーギュスト・ルノワールであり、息子はジャン・ルノワールである。

     Scan10342

 父の絵では、やはり人物画が一番好きだ。それもポッチャリした女性の絵が良い。当時の女性は皆んな太めだったのか、それとも父の好みだったのか。だから父の絵は、温かく柔らかく明るい輝きを放つのであろうか。
 一方息子の映画には、父の絵画をオマージュにした映像が多いという。この映像と絵画を並べて、改めて二つの作品を見比べてみよう~という試みがこの展覧会の目的である。
 「ブランコ」と『ピク二ック』、「陽光のなかの裸婦」と『草の上の昼食』など数点の作品をみて驚かされた。確かに息子の映像の中には、父の絵を思わせるシーンが数多く登場するのである。
 絵画と映画を並ベて展示・投影した展覧会、しかもそれが父と息子の仕事なのだ。果たしてこんな偉大なる偶然があってよいものだろうか。
 

 ↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 6時間後に君は死ぬ | トップページ | プラネット・テラー »

コメント

こんにちは。
とても素敵でしたよね♪
息子さんがお父様のことを、
尊敬している気持ちが、
ひしひしと伝わってくる、
とても素敵な関係だなと思いました★

投稿: Nogawa | 2008年4月 6日 (日) 21時05分

Nogawaさんコメントありがとう
単なる展示会ではなく、映画と絵画を並べた企画は凄いですね。それも父と息子という奇跡なのです。
息子の父を尊敬する気持ちが、ヒシヒシと伝わってきましたね。

投稿: ケント | 2008年4月 6日 (日) 21時22分

はじめまして♪
TBありがとうございました。

この展覧会は普通の美術展と違って面白い試みでしたよね。
画家ルノワールがこのように家庭を大切にしていたということに驚きもありました。
ジャンの映画は観た事がないので、機会をみつけてゆっくり観賞したいと思います。

こちらからもTBさせていただきますね。

投稿: choro | 2008年4月 7日 (月) 11時40分

choroさんコメントありがとう
展覧会にはよく行かれるのですか?
それにしても、僕にしては偶然でしたが、とても面白い企画でしたね。
映画と絵が好きな僕にとってはとても楽しい展覧会でした。
これからもよろしく。時々遊びに行きますね。

投稿: ケント | 2008年4月 7日 (月) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/12365812

この記事へのトラックバック一覧です: ルノワール+ルノワール展:

» 【ルノワール+ルノワール展】Bunkamuraザ・ミュージアム [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
2月から開催され、いつ行こうか楽しみにしていた展覧会にやっと足を運ぶ事ができました。 今回の展覧会は、印象派を代表する画家ピエール=オーギュスト・ルノワールと、その息子で偉大な映画監督であるジャン・ルノワールのコラボ展ということで、そのめずらしい形にも注目しておりました。 父親の絵画と息子の映画を同時に紹介するというスタイルは2005年にパリで開催され大きな反響を呼んだそうですが、こういうスタイルの美術展は初めてで、興味深い試みだったと思います。 ルノワールの絵は小さい頃から画集な..... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 11時40分

« 6時間後に君は死ぬ | トップページ | プラネット・テラー »