« ホステル | トップページ | デス・プルーフ »

2008年4月13日 (日)

秋の牢獄 

 この本には三つのお話が詰め込まれている。タイトルの『秋の牢獄』のほか、神家没落』、『幻は夜に成長する』の三篇である。
 著者の恒川光太郎は2005年に『夜市』で第12回日本ホラー小説大賞を受賞し、いきなり直木賞候補となった脅威の新人である。そのじっとりした美しい文体から繰り出す、ノスタルジックな世界観はやみつきになりそうだ。

 秋の牢獄 秋の牢獄
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 さて三つの話は、全く関連性のない別の話である。しかし全ての作品には、「監禁される」というテーマが根底に流れている。
 『秋の牢獄』は、映画の『恋はデジャ・ブ』北村薫の『ターン』と同様に、同じ毎日が繰り返されてしまう話である。ただこの奇妙な世界に迷い込んだのは、主人公1人だけではなかった。
 そこには同じ状態の漂流者が何人も存在し、彼等はグループを形成していた、という設定が前述の映画や小説と異なる展開である。11月7日から翌日に行けないということから、ある意味11月7日の中に監禁されていると考えることができるだろう。
 『神家没落』に登場する古い家は、誰かが残らない限り、一度入ると絶体に外に出られない。そして代々誰かが犠牲になって、この家を守ってきた。外の人々は、その住人を神と呼ぶ。もちろん、これこそ監禁以外の何物でもないよね。
 『幻は夜に成長する』は、三作の中では一番もの悲しい作品だ。祖母から超能力を与えられた少女が、ある宗教団体の生き神様として、監禁されて生きるようになった過程を描く。きっと読者たちには、少女の不安と孤独と絶望感がひしひしと伝わってくるはずである。
 それにしても、本書の著者である恒川光太郎の力量は計り知れない。既存の作家にはない独特の感性とパワーバランスに酔いしれてしまった。1973年生まれと、まだ若いのでこれからが楽しみな作家である。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ホステル | トップページ | デス・プルーフ »

コメント

トラックバックありがとうございました。
恒川さんの描き出す「世界」はとても魅力的だと思います。
もっと良いものがいっぱい書ける人だと期待しています。
また、なにかありましたらよろしくお願いします。

投稿: t-saito | 2008年4月14日 (月) 16時08分

t-saitoさんコメント有難うございました。
恒川 光太郎という脅威の新人にカンパイ!
これから注目したいですよね。
こちらこそよろしくお願いします。

投稿: ケント | 2008年4月14日 (月) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/20196460

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の牢獄 :

» 『秋の牢獄』 恒川光太郎 [ぐらんぼん]
赤と黄に彩られたカバーをめくると、柿色の表紙が目に飛び込む。花布は渋い緑、しおりはこげ茶。和の色でまとめ上げられた装丁は、秋のイメ... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 21時56分

» 秋の牢獄 恒川光太郎 [きつねの感想日記]
十一月七日、水曜日。女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。毎日同じ [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 23時43分

» 秋の牢獄 恒川光太郎 [きつねの感想日記]
秋の牢獄価格:¥ 1,470(税込)発売日:2007-11 十一月七日、水曜日。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 22時03分

« ホステル | トップページ | デス・プルーフ »