« エディット・ピアフ~愛の讃歌~ | トップページ | ふしぎの国の安兵衛 »

2008年4月16日 (水)

パンズ・ラビリンス

★★★★☆

 少女が主役で、妖精やモンスターが登場するファンタジー映画なのだが、『ナルニア物語』とか『ライラの冒険』などの娯楽フアンタジーとは全く異なる作品である。
 というのも、この映画のファンタジー部分は、主人公の少女オフェリアが、現実逃避するために創り出した架空世界だから…。

パンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラック Music パンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2007/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 その現実とは、1944年のスペイン内戦で父を亡くし、恐ろしい独裁者の軍人と再婚してしまった母親と、嫌いな義父との共同生活。そしてフランス軍とゲリラたちとの度重なる不毛な戦い。残虐な拷問と悲惨な殺戮。
 架空世界とは、地下深くに存在する幻想的な世界で、昔そこでオフェリアは王女だったという。しかしそこに戻るためには、三つの試練をクリアしなくとはならない。
 はじめのころ、オフェリアの心は幻想と現実の狭間を交錯する。だが母の死とともに現実の全てを拒否し、幻想世界だけを求め始めるのだ。

パンズ ラビリンス/Pan’s Labyrinth パンズ ラビリンス/Pan’s Labyrinth
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

 幻想世界の入口で、門番をしている牧神パンからもらった白紙だけの本。しかし1人になって、思いを込めてこの本を見つめると、絵と文字が自然に浮かび出てくる。そしてそこには、三つの試練が記されているのだった。
 その三つの試練とは、不潔で気味が悪いもの。一歩間違えれば、怪物に捕まって食べられてしまう恐ろしいもの。そして欲望や誘惑を絶ち切り、正しい心を示さなくてはならないもの。
 この童話的な世界観は、オフェリアが現実世界でいつも読んでいたお伽話からの発想だろう。また彼女が自分自身に三つの試練を課したのは、嫌な男との結婚を引換えにした母の安易な逃避を許せなかったからに違いない。
 身重の母を心配しながらも、もう一方の心では母を怨んでいたのかもしれない。それがあの大出血シーンに繋がったともいえる。だから心は母よりも、同じように悩みを持つ使用人メルセデスのほうに傾きつつあった。
 偶然の一致だと思うが、オープニングとエンディングが、メビウスの輪のように捻れて繋がってゆくさまは、まるでマーク・フォースター監督の『ステイ』そのままである。
 重くて暗いテーマだったが、そこにオフェリアの描く幻想世界を見事合体させ、斬新なストーリーに仕上げている。映像も美しい、まさに映画の持ち味を生かし切ったという意味では、稀にみる秀逸な作品といえるだろう。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« エディット・ピアフ~愛の讃歌~ | トップページ | ふしぎの国の安兵衛 »

コメント

素晴らしい映画ですよね!音楽も映像も綺麗で~

重くてあまりにも痛々しいし、決して面白かったとか楽しいという感想はないのですが、とても忘れられない作品になると思います。

投稿: hito | 2008年4月16日 (水) 14時08分

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

ダークで辛い物語ではありましたが、完成度の高い映像とストーリーで、去年のベスト映画に挙げました。

オフェリアが、あのグロテスクなファンタジーにしか逃げられなかったという点がとても辛かったですよね。
そしてあのラスト・・・切なすぎました・・・

投稿: non | 2008年4月16日 (水) 17時11分

hitoさんこんちは~
重苦しい作品でしたが、斬新で良かったと思いました。記憶に残る一本かもしれませんね。

NONさんこんにちは
僕もかなり完成度の高い映画だと思います。
劇場で観れなかったのが残念でしたが、余りメジャーでなかったので見逃してしまいました(^_^;)
とにかく切ないですね。
しかしオフェリアは、地獄の現実から開放されて天国に行けたのだからと納得しています。


投稿: ケント | 2008年4月16日 (水) 18時10分

こんばんは~
TB&コメントありがとうございます。

この作品は、こちらでは かなり遅れて公開されまして今年初映画として鑑賞しました。
あまりの内容にびっくりして、苦しくて・・・
選択を誤ったかな~~なんて思ってしまった。

私もファンタジー部分は少女の幻想だと思うのですよ。でも~あえて、本当にあの世界は存在して彼女は遂に戻れたんだ!と思うようにしました。
私も現実逃避してますよね(苦笑)

映像が本当に神秘的で、独特の美しさがありました。
ケントさんご紹介の『ステイ』公開なかったので観てませんが~興味が沸きました。

投稿: マリー | 2008年4月16日 (水) 21時23分

ケントさん
TBありがとうございました。
ラストは本当に切ないですね。
だからこそあの世界が存在していて欲しい、と思いました。

投稿: myau | 2008年4月16日 (水) 21時35分

ケントさん こんばんは

TB、コメントありがとうございました。
なぜか「大好き」な作品ではないのですが,
構成といい,テーマといい,映像といい
ものすごく完成度の高い,素晴らしい作品で
これは誰も真似できないのでは?と思いましたね!
スペイン映画,恐るべし!って,最近特に思いますね~~~punch

投稿: なな | 2008年4月16日 (水) 22時18分

TBありがとう。
オフェリアは母親のみを案じつつ、母親に対して、失望感を持っていますね。このあたりの少女の無意識の描き方が秀逸だと思います。

投稿: kimion20002000 | 2008年4月16日 (水) 22時25分

ケントさん
今晩はmoon3
重い内容でしたが、作品の完成度も高いし、
素晴らしいと思います。ラストは本当に辛かった
けど・・・・。オフェリアにとっては迷宮の国
は唯一心の救いのなったのでしょうね。確かに
この国は存在しないものだと思います。
ケントさんおっしゃるとおり、彼女の心に存在
する願望の国でしょうね。「ステイ」は残念ながら
未見ですが・・・・。

投稿: mezzotint | 2008年4月16日 (水) 22時44分

コメント&TBありがとうございます。

ラストに描かれているものはオフィリアの魂の救済なのだと解釈しました。肉体は滅んだけれど魂は復活し、"本当"の(現実の早くなくなってしまった父や義父に頼ってしまった母とは違う)両親の元に温かく迎え入れられたわけですから...。

不気味な妖精たちも不思議と美しく、長く印象に残りそうな作品でした。

投稿: MANAMI | 2008年4月16日 (水) 23時56分

こんばんは♪
TBありがとうございます!
“御伽噺”というと、なんかフワフワした感じのものを思い浮かべることが多いんですが、あまりに過酷な現実を反映しつつも、ほんの少しだけ現実から逃避できるって意味では、本作はまさに御伽噺だったと。満足の作品でした!

投稿: たお | 2008年4月17日 (木) 00時17分

ケントさんこんにちは。

そういえばステイも細かな謎解きをちりばめてあって楽しめましたよね。アレ好きでした。ちゃんと説明がつくデビットリンチみたいな映画でw

パンズ~は映画という形態において普遍の寓話性をもって語りつぐことのできるお伽話の要素をうまく取り込んでいるところがミソですね。

僕の求める映画の楽しみに完璧なまでに強力なパンチで打たれましたもんコレ。

TB,コメントありがとうございました♪

投稿: motti | 2008年4月17日 (木) 10時47分

ケントさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
TBがまた入らないようで、すみません!

「稀に見る秀逸な作品」全く同感です。大傑作だと思っています。
重層的で斬新な物語、美しい映像と美術、どれをとっても非常に完成度が高いですね。
子守唄の旋律も印象的でした。
思い出して考えると、また新たな解釈が生まれてくるような映画・・。凄いです。
ではでは、また来ますね。

投稿: 真紅 | 2008年4月17日 (木) 10時59分

マリーさんコメントありがとう
普通の冒険ファンタジーを期待して観たらびっくりしますよね。あのチラシだけではそう見えますからね。死というものこそ真実の世界だと考えれば、少女の死は哀しくありません。やっと真実の世界に行けたのだと・・・監督もそう考えて作ったのかもしれません。


myauさんこんばんは
マリーさんと同じですね。何度も言いますが、誰も死後の世界を知りません。僕はあれが天国という死後の世界なのだという世界観を持って観ました。

投稿: ケント | 2008年4月17日 (木) 20時46分

ななさんこんばんは
ハリウッド映画でない映画は、だいたい秀作が多いですよね。そうでないと外国で上映されませんからね。
内容については好き嫌いが判れる作品ですが、映画としての完成度はかなり高いと思いました。


kimionさん
おっしゃる通り、母の安易な選択に対する失望感がありましたね。
また母を義父に奪われた悔しさもあったのでしょうね。そういう意味で可愛そうな少女でした。

投稿: ケント | 2008年4月17日 (木) 20時55分

ケントさん☆こんばんは、コメントTBありがとう。

この映画、好きですよ〜
もうちょっとあの不思議な、ファンタジックな世界を観ていたかったです、1つ目の化け物よかったです☆
それにしても、切ないラストでした、、、、sweat02

投稿: mig | 2008年4月17日 (木) 20時59分

mezzotintさんコメントありがとう
現実に対する失望から生まれた願望の世界だったのでしょうね。
ステイは、現代ものですが、ストーリーの流れが似ていました。時間があればDVDで観てください。


MANAMIさんこんばんは
あの世界の両親が登場したシーンは、何を意味していたのでしょうかね。僕にはいまひとつ解析出来ていません。
ちらっとしか登場しなかったので実の父母なのか、地下世界の王と妃だったのか・・・はっきり見えませんでした。

投稿: ケント | 2008年4月17日 (木) 21時00分

たおさんコメントありがとう
あの過酷な現実とファンタジーのアンバランスがとても斬新に感じました。
僕はハッピーエンドだと解釈しています。


motti さんこんばんは
ステイ観たのですか。ホントちょっとリンチの世界に似ていましたよね。ラストはちょっと反則ぎみな感じがしないでもありませんが・・・
本作は映画の極限に挑戦したような秀逸な作品でしたね。

投稿: ケント | 2008年4月17日 (木) 21時05分

真紅 さんコメントありがとう
大作ではありませんが、こういうのを珠玉の名作と言うのでしょうね。
ハリウッド作品にはない素晴らしさがありますね。
確かに子守唄の旋律も良かったですね。

投稿: ケント | 2008年4月17日 (木) 21時08分

migさんコメントありがとう
切ないファンタジーでしたね。
しかしこういう作品が好きです。
一つ目の化け物は、CGではないですよね。着ぐるみにしては良く出来ていましたね。

投稿: ケント | 2008年4月17日 (木) 21時13分

ケントさん、こんばんは☆
私もオフェリアの想像の世界は願望とか妄想のものだと思いました。
それもまた悲しい出来事なんだけど、、、
こんなにつらいファンタジーは初めてでした。
でもホント!まれに見る秀作、、、私も同感です!!

投稿: きらら | 2008年4月17日 (木) 22時30分

トラ・コメどうもです。
非情な現実世界に生きる少女の妄想にしては、悲しすぎる結末でした。

投稿: ひらりん | 2008年4月17日 (木) 23時53分

こんばんは!、コメントありがとう。
この作品は、オフェリアの幻想世界での試練の物語と、現実のスペイン内戦の悲劇とを並行して描いている事ですね。
この構成の巧みなところは、ダーク・ファンタジーのダーク(暗黒、残酷)な部分を現実の戦争の場面に集中して描く事によって、少女のイニシェーションの物語をお伽噺的な純粋さの中で保つ事が出来たのでしょう。
昨年鑑賞しましたが、ベスト10の3位だったと思います。
物語としても、映像と音楽も全般的に良かったです。

投稿: パピのママ | 2008年4月18日 (金) 01時10分

ギレルモ・デル・トロの最高傑作でした。
ファンタジー部分は、私は必ずしも妄想とは思いませんでした。
何というかこの映画のファンタジーはもう少し観念的、抽象的な意味合いがある気がします。
死の象徴なのはその通りだと思いますが、死が生を侵食し、混沌を形作っているのと同時に、幻想もまた現実を侵食しているように思います。
はたして悪夢の様な現実と、どちらが現実感があるかと考えると、もはや幻想と現実の分化はこの映画の終盤では不可能になっていたのではないでしょうか。

投稿: ノラネコ | 2008年4月18日 (金) 23時01分

きららさんこんばんは
つらいファンタジーでしたか。
そうですね。オフェリアは悲しい少女でしたね。
あの時代、あの国では多くの子供が犠牲者だったのかもしれませんね。


ひらりんさんコメントありがとう
結末は考えようかもしれません。僕は救われたのかと思いましたが・・・


投稿: ケント | 2008年4月19日 (土) 00時28分

パピのママさんこんにちは
そうですね。現実も非現実もともにダークでしたね。
輝いていたのは死後の世界だけでした。
昨年、皆さんの評価が高かったので、DVDで借りてみましたが、期待通りの名品でした。


ノラネコさんこんばんは、プチお久ですね。
「死が生を侵食し、混沌を形作っているのと同時に、幻想もまた現実を侵食しているように思います。」
なかなか鋭い指摘ですね。
おっしゃる通りですが、平たく言えば「死後の世界が本当の世界で現実は虚無の世界というような・・・」人の世界なんてそんなものかもしれません。

投稿: ケント | 2008年4月19日 (土) 00時35分

ケントさん、こんにちは!

>身重の母を心配しながらも、もう一方の心では母を怨んでいたのかもしれない
そうかもしれないですね。
母親にとっても厳しい現実ですが、彼女は大人になるうちに現実と折り合いをつけていく術を学んだのでしょう(人は誰しもそうですが)。
オフェリアは母親のようにまだ現実世界との折り合いなどつけられるわけでもなく、自分だけで現実を納得してしまっている母親を恨みつつ、幻想世界に逃げ込んでしまったのかもしれません。

投稿: はらやん | 2008年4月20日 (日) 14時45分

はらやんさんコメントありがとう
そうですね。この物語の一番の骨子は、母に対する恨みなのかもしれませんね。またそう考えると全ての出来事がスッキリと納得出来るのですよね。

投稿: ケント | 2008年4月22日 (火) 12時47分

番の骨子は、母に対する恨みなのかもしれませんね。またそう考えると全ての出来事がスッキリと納得出来るのですよね。

投稿: mr bean games | 2014年4月25日 (金) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/20285810

この記事へのトラックバック一覧です: パンズ・ラビリンス:

» パンズ・ラビリンス [そーれりぽーと]
今年のアカデミー賞中継を見ていて、ひときわ目を引いたのが、この『パンズ・ラビリンス』。 何が面白そうって、独特な造形が目立つファンタジーの世界。 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督作なんて代名詞が付くこの映画、この監督に鬼才なんていつから付いたんだろう? 半年経ってようやく公開されたので、早速観てきました。 ★★★★★ 内戦終結直後のスペインを舞台に、余りに過酷で狂気に満ちた現実世界と、少女にしか見えないファンタジーの世界が、彼女の目を通して交錯していく。 三つの試練に対し、命を賭して二つの世界を冒険... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 13時24分

» 映画「パンズ・ラビリンス」 [日々のつぶやき]
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ 予告で見た限りだと、間違いなく子供向けのファンタジーだと思っていました。が、たくさんのブログで高評価されていて、気になっ... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 14時06分

» パンズ・ラビリンス■悪意に満ちたダーク・ファンタジー [映画と出会う・世界が変わる]
「美少女とスペイン戦争」といえば神秘的なまでに優れた作品になるようだ。「パンズ・ラビリンス」を見ながら思い出したのは「ミツバチのささやき」だ。主人公の美少女をめぐる現実ともうひとつの世界。どちらもスペイン戦争がフランコの勝利に終った後の時代。もうひとつ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 14時09分

» 『パンズ・ラビリンス』 [Sweet*Days**]
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 19... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 17時07分

» 映画「パンズ・ラビリンス」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Pan's Labyrinth この映画でのPG-12の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的お伽噺・・ オフェリア(イバナ・バケロ)は、身重の母カルメン(アリアドナ・ヒル)に連れられ... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 17時49分

» パンズ・ラビリンス [なんちゃかんちゃ]
欧州各国で絶賛され、アカデミー賞で美術賞など3部門を獲得したダーク・ファンタジー。残酷な現実と恐怖の幻想世界を行き来する少女の心の闇を、圧倒的な映像美で描き出す。 [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 19時48分

» 『パンズ・ラビリンス』 [purebreath★マリーの映画館]
          だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。『パンズ・ラビリンス』監督・脚本・・・ギレルモ・デル・トロ製作・・・アルフォンソ・キュアロン出演・・・イバナ・バケロ、ダグ・ジョーンズ、セルジ・ロペス、アリア...... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 21時27分

» 【劇場映画】 パンズ・ラビリンス [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。そこではパン(牧神)が王女の帰還を待っていた。オフェリアは魔法の王国に戻るために3つの試練を与えられるのだった。(goo映画より) すごく楽しみにしていた映画をやっと観てきました。 いい意味でも... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 21時36分

» パンズ・ラビリンス [虎猫の気まぐれシネマ日記]
2008年初の私の劇場鑑賞映画。隣県のミニシアターで公開されているとの情報を得て,行ってまいりました,山越えて1時間かけて。(←執念)世間で絶賛されている作品,という知識だけを頼りに,いつのものように,何の予備知識も仕入れずに,いきなり観てきました。 物語は,1944年のスペイン。フランコ将軍の圧政... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 22時13分

» パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 [銅版画制作の日々]
ファンタジーの中に、現実を見る 10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会うさまざまな怪物は不気味な雰囲気で、リアルさも感じる。まるで本当に存在するかのように思える。そして観客もその不思議な世界「パンズ・ラビリンス」に一緒に旅に出かけていくような気がしてならない。怖いけど、見てみたいって気持ちでドキドキハラハラする... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 22時29分

» パンズ・ラビリンス [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
無垢で孤独な魂は、地獄に天国を見出そうとして、闇の悪魔を光の天使へと反転する。 哀しい瞳をした少女の前に現れたのはパン(牧神)。いたずら好きの彼は戸惑う少女にこう囁いた。「あなたは、長い間捜し続けていた魔法の王国のプリンセスに違いない。それを....... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 23時35分

» パンズ・ラビリンス [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ダークでビターな大人向けのファンタジーです。 舞台は、1944年、内戦終結後のスペイン。父をなくしたオフェリアは、母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地で、ビダル大尉の子どもを身ごもった母のカルメンと暮らしています。オフェリアは、体調の悪い母を心配しながらも... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 23時49分

» パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚だし..... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 00時19分

» パンズ・ラビリンス [ネタバレ映画館]
恐怖の口裂け男! [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 02時07分

» 「パンズ・ラビリンス」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「パンズ・ラビリンス」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:セルジ・ロペス、イバナ・バケロ、アリアドナ・ヒル、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、他 *監督:ギレルモ・デル・トロ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからの..... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 04時15分

» パンズ・ラビリンス [小部屋日記]
Laberinto del fauno, El/Pan's Labyrinth(2006/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ /アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 異色といってもいいファンタジーとヒューマンドラマが合体した映画。 PG12、お子さま向きではないです。海外ではもっと年齢制限が高いとか。 目をそむけてしまうグロいシーンがバンバン出... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 12時43分

» パンズ・ラビリンス /EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH [我想一個人映画美的女人blog]
ずっと気になってた作品だったので、初日に観てきました〜{/kirakira/} アカデミー賞では 撮影賞、美術賞、メイクアップ賞の3部門で受賞{/hakushu/} 脚本賞や外国語映画賞は逃してしまったけど、、、、、 監督/脚本は、宮崎駿作品など日本のアニメやマンガにも造詣が深く、 『ミミック』でデビュー後、2としては面白かった『ブレイド2』や『ヘルボーイ』などのアメコミを監督し 独特の世界観にファンを掴んだスペインのギレルモ・デル・トロ。 2006年、カンヌやトロント映画祭などでも大絶賛{/... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 20時57分

» 映画〜パンズ・ラビリンス [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、昆虫に姿を変えた妖精に導かれ、謎めいた迷宮へと足を踏み入れる。すると迷宮の守護神パンが現われ、オフェリアこそが魔法の王国のプリンセスに違いないと告げる。彼女は王国に帰るための3つの試練を受けることになり……。 "ファンタジー映... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 22時28分

» 映画 【パンズ・ラビリンス】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「パンズ・ラビリンス」 ギレルモ・デル・トロ監督による、アカデミー賞3部門受賞のダーク・ファンタジー。 おはなし:1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい義父から逃れたいと願う。オフェリアが屋敷の近くに不思議な迷宮を見つけ出して足を踏み入れると、迷宮の守護神が現われ彼女に危険な試練を与える。 昨年公開され、多くの映画ブロガーさんたちが年間ランキングにランクインさせていた作品をようやく見ることが... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 23時20分

» ★「パンズ・ラビリンス」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 23時54分

» 「パンズ・ラビリンス」 不透明な時代のファンタジー [はらやんの映画徒然草]
先日、いつもお世話になっているブロガーさん方とお食事をした時に、みなさんが高評価 [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 08時28分

» パンズ・ラビリンス [シュフのきまぐれシネマ]
パンズ・ラビリンス 10月6日(土)チネチッタ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ、ダグ・ジョーンズ、セルジ・ロペス、アリアドナ・ヒル 他 配給:CKエンタテイメント とっても良かった。 地底の迷宮には見た目はお世辞にもかわい... [続きを読む]

受信: 2008年4月25日 (金) 16時53分

» パンズ・ラビリンス ~新作DVD~ [利用価値のない日々の雑学]
公開以前からオスカーを賑し話題になっていた作品であるが、日本公開後も一段と世間の話題をさらったという印象がある。第79回(2006年)アカデミー賞では、メキシコ/スペイン/アメリカ合作ながら、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞。この勢いで外国語映画賞も獲得するのかと思われたが、これは「善き人のためのソナタ」が受賞した。オスカーに何からの形で絡んだ作品の中では、作品賞をとった「ディパーテッド」よりも、賛美両論を浴びたのではないかと思うほどである。公開中にレビューを書けなかったので、新作(といっても、... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 18時00分

» 『パンズ・ラビリンス』 [私の研究日記(映画編)]
 去年、公開時に見逃してしまった『パンズ・ラビリンス』。とうとう観ました。  物語の舞台は、1944年のスペイン。この頃のスペインは、フランコの独裁政権と反対派との、止めどのない内戦を引きずっているという時期です。  ピカソが『ゲルニカ』を描いたのが、映画の時代設定よりもほんの少し前の時期です。絵に秘められたピカソの怒りがスペイン人の怒りを代弁したものだったとすれば、当時のスペイン国内の対立が、いかに激しいものだったかが容易に想像できます。  また、物語の主人公「オフェリア」という少女の名前は... [続きを読む]

受信: 2008年11月11日 (火) 01時22分

» パンズ・ラビリンス [RISING STEEL]
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 1日 (水) 10時53分

« エディット・ピアフ~愛の讃歌~ | トップページ | ふしぎの国の安兵衛 »