« マルホランド・ドライブ | トップページ | ルネサンスへ飛んだ男 »

2008年3月22日 (土)

チルドレン

 子供のことをチャイルドというが、複数になると「チルドレン」になる。つまり全く別人になってしまうのだ。という例え話には、妙に説得力がある。

チルドレン (講談社文庫 (い111-1)) Book チルドレン (講談社文庫 (い111-1))

著者:伊坂 幸太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 本書は「バンク」、「チルドレン」、「レトリーバー」、「チルドレンⅡ」、「イン」の5作の短編を連ねたオム二バスである。全作に共通して登場するのが、自分を中心に宇宙が回っている陣内という豪快な男だ。
 余りにも強引で手前ミソな彼の言動に、「バンク」では少々腹が立つのだが、他の短編を読み進めてゆくうち、彼の暴言に納得してしまうから不思議だ。なんとなく憎めないキャラだし、結局いつも彼の示唆するところが、問題解決の糸口となるからである。
 この一連の短編は、時系列的に並べられてはいないが、主要な登場人物が固定的であり、5つの話が微妙にリンクしてある意味長編小説を形どっているのだ。またそれぞれの語り部を、陣内以外の常連キャラがリレー方式で努めているが、これも新しい試みかもしれない。
 5つの話はいずれも面白いのだが、僕は変った銀行強盗を描いた「バンク」と、父と息子の在り方を問う「チルドレン」を評価したい。「バンク」は陣内が学生時代に遭遇した事件、一方「チルドレン」のほうは、陣内が家裁の調査官になってからのお話であり、なんと12年間の時差があるのだ。
 ミステリーといえば、探偵や警察が登場するものと思い込んでいたが、こうした方法もあるのだなと、改めて感心してしまった。明らかに、伊坂幸太郎のアイデアと想像力の勝利だろう。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« マルホランド・ドライブ | トップページ | ルネサンスへ飛んだ男 »

コメント

ケントさん、はじめまして。トラバありがとうございます。
伊坂の「チルドレン」、いいですよね!!
伊坂の良さは、とにかくキャラが立ちまくりなところだと思います。

ところで、私はケントさんのSF愛読書ベスト5が気になって仕方ないのですが・・・

投稿: たちばな ますみ | 2008年3月22日 (土) 22時21分

たちばな ますみさんコメントありがとうございます。「チルドレン」の意外な展開に、こういう書き方もあるのかと感心しかり、一本とられました。
僕のSF愛読書ベスト5がきになりますか。
どちらかというと時間テーマものが多いです。一番読みやすいのは梶尾真治ではないでしょうか。是非図書館で借りてみて下さい。

投稿: ケント | 2008年3月22日 (土) 22時42分

実は、「夏への扉」と「リプレイ」は既読なんですよ。
梶真と広瀬正は、やっぱり気になりますねえ・・・
時間ものだと、ハインラインの「時の門」も、難解な時間ものらしいですね。

投稿: たちばな ますみ | 2008年3月22日 (土) 23時25分

たちばなさん
「夏への扉」と「リプレイ」は既読でしたか。
僕は、時間テーマものにはまっていて、約250冊収集しましたが、まだ半分も読んでいません。映画にもなりましたが、リチャード・マシスンの「ある日どこかで」もいいですよ。
マイナスゼロは、絶版なので手に入れにくいと思いますが、大きな図書館にはあると思います。

投稿: ケント | 2008年3月23日 (日) 13時49分

ケントさん、こんにちは!
伊坂さんのアイデアと想像力にはいつも驚かされますね~
色々な作品を読んでみると、時々「何かが足りないなぁ~」と思ってしまうこともありますが、それでも魅力的な作家さんであるとは確信しています。

本作では、とにかく陣内というキャラがツボでした(笑)
呆れてしまうところもありましたが、ああいうタイプの男性は好きなんです♪
一つ一つの物語に優しい空気があって心地良かったし、、、お友達に薦めたくなる1作です。

投稿: 由香 | 2008年7月 1日 (火) 09時47分

由香さんこんにちは
伊坂幸太郎は、「本屋大賞受賞」「山本周五郎賞」受賞と、今が旬の作家ですね。
とにかくドンデン返しのアイデアが面白いですよね。
陣内キャラはなかなか面白かったですね。僕も彼の存在が光っていたと思いました。

投稿: ケント | 2008年7月 1日 (火) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/11627348

この記事へのトラックバック一覧です: チルドレン:

» 「チルドレン」伊坂幸太郎 [たちばな屋・ミステリ分科会]
「失恋した俺のために、今、この場所は時間が止まっている」 破天荒な性格の家裁調査官の陣内、目は見えないけれど、物事の本質は誰よりも見えている永瀬、その盲導犬べスと、永瀬の彼女でありながらベスに対抗意識を燃やし、嫉妬する優子。。。 「重力ピエロ」もそうだっ..... [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 07時09分

» 本の模様 03212008 [つき指の読書日記]
 読書の醍醐味は小説にある。本がやみつきになる切っ掛けは、感動させらてた文学との出会いが大きいのではないか。  毎日、検索サイトから多くのブログを読ませてもらっているが、意外と小説をこまめに発表しているところに行き着くことがある。プロの水準というものがあるかどうかは知らないが、熱心さには感心させられることの方が多い。  プロ作家にしても前ほど売れていない。文芸雑誌の実売も極端に落ちている。本になってもベストセラーになるものは限られている。小説家として俗に食えない状態だという。素人の小説...... [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 08時32分

» 本「チルドレン」伊坂幸太郎著 [日々のつぶやき]
伊坂幸太郎さんの待望の新刊文庫です。 「僕鴨居と友人陣内は銀行で銀行強盗の人質になってしまった。そこで出会った永瀬という目の不自由な青年がその事件に不信を持ち意外な推理をする。『バンク』より」 時系列もバラバラ。語り手も変わるという変則的な連作短編... [続きを読む]

受信: 2008年3月23日 (日) 08時57分

» 「伊坂幸太郎」の感想 [読書感想トラックバックセンター]
「伊坂幸太郎」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *主な作品:重力ピエロ、チルドレン、グラスホッパー、死神の精度、オーデュボンの祈り、アヒルと鴨のコインロッカー、陽気なギャングが地球を回す、終末のフール、ラッシュライフ、砂漠、フィッシュ..... [続きを読む]

受信: 2008年3月23日 (日) 14時14分

» 伊坂幸太郎 『チルドレン』 [映画な日々。読書な日々。]
伊坂 幸太郎 チルドレン まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き…。こういう奇跡もあるんじゃないか? ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「5つの奇跡」の物語。 5つの短編集ですが、す... [続きを読む]

受信: 2008年3月23日 (日) 20時05分

» 「チルドレン」伊坂幸太郎 [Art- Mill  あーとみる]
伊坂幸太郎さんは、今、最も旬の勢いある人気作家の一人であり、彼の作品の映画化が続く。出版社は本の売り上げと作家の更なるイメージアップに全力を尽くすだろう。しかし映像ク [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 23時19分

» 【本】チルドレン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
       『チルドレン』       伊坂幸太郎       講談社文庫【comment】この作品、好きー物凄く大感動するとか、驚きの結末に感嘆するとかはないけれど、とっても心地良くって気に入っちゃった。例えていうなら、「高級素材を使ったお料理も、職人さんの技が光るお料理も、なかなかお目にかかれない珍しいお料理もいいけれど、近所の定食屋さんのオムライスの美味しさにはホッとさせられる―」って感じの好きさかな(笑)本作は5編の変則的な連作小説だ。伊坂さん自身が、『短編集のふりをした長編小説』と称して... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 17時05分

« マルホランド・ドライブ | トップページ | ルネサンスへ飛んだ男 »