« ライラの冒険 黄金の羅針盤 | トップページ | いつか眠りにつく前に »

2008年3月12日 (水)

ペネロピ

★★★☆

 祖父が犯した罪のため、ブタの鼻を持って産まれた女の子が、主人公のペネロピである。この呪いを解くには、名門の家に生まれた男性と結婚しなくてはならない。

           Scan10308

 それで何度もお見合いをするのだが、誰もがペネロピの顔を見たとたんに逃げ出してしまう。さあ、いつになったら彼女は白馬の王子様に出逢えるのか。
 お話はまるで現代のお伽話という設定で、コミカルタッチでサクサクと進む。ラブファンタジーが大好きな僕には、是が非でも食べてみたい料理のようだ。
 この手のお話しでハッピーエンドにならない作品はない。始めからラストシーンが手に取るように見えるが、その分安心して観ることが出来るのである。
 ただ魔法が解ける瞬間は、かなり予想外であった。そして「何も恐れることはない、ありのままの自分を愛しなさい」、というメッセージだけが僕の心に響き渡る。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ライラの冒険 黄金の羅針盤 | トップページ | いつか眠りにつく前に »

コメント

ケントさん、こんにちは♪
面白くて、可愛くて、素敵なお伽話でしたpig
最後、ホントによかった~と思えたのは、
この作品にひとつのメッセージが込められていたから♪
お伽話といえど、誰にもある弱さ、呪縛。幸せの鍵を見失いがちの私たちに
優しいメッセージが嬉しい作品でしたconfident

投稿: kira | 2008年3月13日 (木) 12時46分

kiraさんコメントありがとう
お伽噺としては、素敵でしたよね。
誰にでもよくある悩みを、判り易く描いていましたね。そして心温まるメッセージもグーでした。

投稿: ケント | 2008年3月13日 (木) 13時07分

TBありがとうございました!
可愛くて抱きしめたくなる映画でした^^
ストーリー展開は予想できたものの、
私も魔法の解け方は予想外でした(*_*)
それだけにメッセージが心に残りました^^

男性のかたはこの映画どうなんだろうと
思ったのですが、男性でもOKな作品
なんですね(^_-)-☆
TBさせていただきます^^

投稿: ひろちゃん | 2008年3月13日 (木) 14時15分

ひろちゃん、コメントありがとう
仰るとおり、この映画は女性向かもしれませんね。僕はラブファンタジーが大好きなので、男性としては変わり者なのかもしれませんね。
くじけないで、頑張っていきてゆきましょう。

投稿: ケント | 2008年3月13日 (木) 14時24分

こんばんはー☆
すっごくかわいい映画でしたね。
そして、伝わってくるメッセージがとても良かったです。
女目線で言えば、ジェームズ・マカヴォイがめちゃめちゃステキで☆それを観ているだけでも楽しかったです♪

投稿: きらら | 2008年3月14日 (金) 00時04分

きららさんコメントありがとう
女の子のための映画という感じですよね。でもおじさんも観ていました(笑)
ジェームズ・マカヴォイ君のような男の子が、女の子にはもてるんですね。

投稿: ケント | 2008年3月14日 (金) 08時56分

こんばんは!、この映画は女の子向きでしたね。
魔法の呪いにかけられて、豚の鼻と耳をつけて生れた女の子の物語。
今だったら美容整形で、直ぐに綺麗になるのに。
でも、この物語はお伽噺で、素敵な王子様と結婚して、愛を告白されれば呪いが解ける。
違ったのですね、「ありのままの自分を愛しなさい」という予想外の答えでしたね。
ラストで、お屋敷の執事が、魔法使いのおばあさんだったとは気がつきませんでしたわ(笑)

投稿: パピのママ | 2008年3月24日 (月) 22時24分

パピのママさんコメントありがとう
確かに、豚の鼻ではありましたが、それほど醜くありませんよね。何人もが窓から飛び降りるのはいささがしつこい感じがしました。
魔法が解けたときの顔もさほど綺麗じゃないし、あのスカーフしていたときが一番可愛かったですね。
映画では、根元まで豚の鼻になっていて美容整形すると死ぬと言っていましたよね。

投稿: ケント | 2008年3月25日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/11203972

この記事へのトラックバック一覧です: ペネロピ:

» ペネロピ [to Heart]
製作年度 2006年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 101分 監督 マーク・パランスキー 脚本 レスリー・ケイヴニー 出演 クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/リチャード・E・グラント/サイモン・ウッズ/リース・ウィザースプーン {/book_mov/}魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 12時31分

» ★ペネロピ(2006)★ [CinemaCollection]
PENELOPE上映時間101分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(東京テアトル=デスペラード)初公開年月2008/03/01ジャンルコメディ/ロマンス/ファンタジー好きになりたい。豚の鼻を持って生まれてきた私は夢見ていた──恋することを。【解説】先祖を巡る因縁が元で...... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 14時02分

» ペネロピ(映画館) [ひるめし。]
豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見てた――― 恋することを。 [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 14時27分

» 『ペネロピ』 [ラムの大通り]
(原題:PENELOPE) -----この人、クリスティーナ・リッチだよね。 なんで顔隠しているの? これって寒いところのお話? 「いやいや。顔というよりも正しくは“鼻”、そして“耳”かな。 実は、彼女は豚の鼻と耳を持っているんだ」 -----豚?それはまた突飛な話だニャあ。 どうしてそんなことになったの? 「彼女の先祖のひとりが 使用人のクララに手を出して妊娠させて、 でも結局は捨てて名家の娘と結婚。 哀しみのあまりクララが崖から身を投げたその夜、 クララの母親が魔女となって屋敷に姿を現す。 そ... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 20時35分

» 「ペネロピ」:小日向四丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}愛知学生会館かあ。やっぱりここの学生たちは、毎日ミソカツ食べて暮しているんだろうな。 {/hiyo_en2/}愛知の学生がみんな豚カツにミソかけて食べていると思ったら、大間違いよ。 {/kaeru_en4/}愛知の女学生の鼻はみんな豚の鼻になっているっていうのも、間違いか。 {/hiyo_en2/}ちょ、ちょっと待ってよ。そんな話、聞いたことないわよ。 {/kaeru_en4/}俺も。 {/hiyo_en2/}だったら、撤回してよ。名誉毀損で訴えるわよ。 {/kaeru_... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 22時05分

» 「ぺネロピ」 [或る日の出来事]
とても可愛らしく、ファンタジックなラブストーリーだった。 こうであってほしいと(私が)思うとおりの決着を、ほとんど迎えるといっていい... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 22時09分

» 「ペネロピ」 [てんびんthe LIFE]
「ペネロピ」試写会 テアトルタイムズスクエアで鑑賞。 全然知らなかったんですが、リーズ・ウィザースプーンが、いきなり画面に個性の強い脇役で登場したので、一体これは何事か…と思ったら、彼女プロデューサーだったんですね。 エンドロールにもシッカリ、プロデューサーでクレジットされてたし。 まあ、魔法使いに呪われた女の子ペネロピちゃんのお話、ということでこれもファンタジーのくくりなんでしょう。 呪われたペネロピちゃんはブタの鼻を持っているんです。 でもクリスティーナ・リッチーが全く醜くなくて超... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 23時22分

» 映画 『ペネロピ』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆ 先祖がかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまったヒロインが、真実の愛を見つけるために奮闘するロマンチックコメディー。大きな豚の鼻を持つ主人公を『スリーピー・ホロウ』のクリスティナ・リッチが好演。 魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年マックス(ジェームズ・マカ... [続きを読む]

受信: 2008年3月14日 (金) 00時04分

» ペネロピ [映画三昧、活字中毒]
■ テアトルタイムズスクエアにて鑑賞ペネロピ/PENELOPE 2006年/イギリス、アメリカ/101分 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティナ... [続きを読む]

受信: 2008年3月14日 (金) 00時34分

» ハッピーなおとぎ話(映画/試写会:ペネロピ) [美味!な日々]
うーん、一週間に2回もステキな映画に出会えると、うれしくなっちゃいますね〜。数日前の『ガチ☆ボーイ』に続いての試写会は『ペネロピ』。 [続きを読む]

受信: 2008年3月14日 (金) 01時18分

» ★「ペネロピ」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目。 熱烈?なペネロペ・クスルのファンのひらりんとしては、とっても気になるタイトル。 もちろん彼女とは全く関係ない作品で・・・ 怪演技が続くクリスティーナ・リッチが主演。... [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 03時09分

» ペネロピ を観ました。 [My Favorite Things]
時間がぴったりだったのと、観るのなら軽いのがいいなぁって… [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 09時24分

» 【映画】 ペネロピ   [Coffee and Cigarettes]
珍しく、新作映画の紹介です。このブログを今までご覧いただいている皆さんが、"なんで?あんた、熱でもあるんちゃう?"と思いそうな、かわい... [続きを読む]

受信: 2008年3月17日 (月) 21時58分

» ペネロピ [Alice in Wonderland]
久しぶりに映画料金1800円を出して映画鑑賞をしました。日本は映画を輸入している事になる訳だから料金が高くなるのは分るけど1800円はやっぱり高いよなぁ。。。 裕福な名家に生まれながら、先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻を持って生れてきたペネ...... [続きを読む]

受信: 2008年3月18日 (火) 13時18分

» ペネロピ を観ました。 [My Favorite Things]
時間がぴったりだったのと、観るのなら軽いのがいいなぁって… [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 23時14分

» ペネロピ [eclipse的な独り言 ]
 彼岸の墓参りのついでに観てきました。といいますより、映画のついでに墓参りに行っ [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 06時54分

» 『ペネロピ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース・ウィザースプーン■鑑賞日 3月20日(木)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> なんだかシンデレラのようなストーリーなんだけど、今ハリウッドの女優で一番豚鼻の似合うのはクリスティーナ・リッチ以... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 12時30分

» ペネロピ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
ありのままの私じゃダメなの?・・・豚の鼻を持って生れたペネロピは、街へと飛び出した。新しい自分と出会うために、そして恋をするために・・・。 社交界でも注目を浴びる裕福な名家、ウィルハーン家の一人娘として生れたペネロピ。ウィルハーン家には古くから言い伝え...... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 22時07分

» ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! [銅版画制作の日々]
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞。そういえば、レビューせず、そのままの作品 「ブラック・スネークモーン」ではS○X中毒のあばずれ女性を演じたクリスティーナ・リッチが今度はの鼻を持った女性、ペネロピを演じました。まったく違ったヒロインのようだけど、どこか共通点があるような?そんな... [続きを読む]

受信: 2008年5月10日 (土) 17時25分

» ペネロピ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年マックス(ジェームズ・マカヴォイ)が現れるが―     監督 : マーク・バランスキー【comment】        最高ぉぉぉ〜  ドキュンと胸を撃ち抜かれたぁぁぁ〜  これは、切なくも可愛らしい現代のお伽話。 きっと貴女もペ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 22時51分

« ライラの冒険 黄金の羅針盤 | トップページ | いつか眠りにつく前に »