« 母べえ | トップページ | プライマー »

2008年2月 3日 (日)

フローズン・タイム

★★★☆

 東京では、渋谷QーAXシネマだけの単館上映である。この映画館は、2006年にオープンしたばかりで、カフェスタイルの飲食店が同居し、2つのスクリーンを持つユニークな映画館だ。
 ただ駅からやや遠いこと、周囲にラブホテルが多いことなどが難点かもしれない。しかし小綺麗でお洒落な雰囲気と、音響・映像においては最高水準のTHXを採用していることは評価したい。
 264席ある館内は、ほぼ満席であった。これはこの作品に対する注目度なのか、映画デーの特別割引のお陰なのかは不明である。

           Scan10303

 この作品は、2006年のアカデミー短編実写賞にノミネートされた18分の短編作品だった。それを商業べースで上映するために、102分に引き伸ばして再製作したという。
 当初の短編映画を観ていないので、比較は出来ないものの、やはり多少違和感を感じてしまった。
 おそらくスーパーの店員たちの「おふざけドラマ」や「少年時代の回想」などが追加シーンなのであろう。「少年時代の回想」はともかくとして、店員たちのドタバタシーンがなければ、この映画はもっと芸術的かつ幻想的な作品に仕上がっていたはずである。
 失恋のショックで不眠症に陥り、時間の概念にひずみが生じる。そしてあるとき、スーパーマーケットの中で、自分以外の時間が止まってしまう。
 そこまではとても秀逸な発想であり、時間が静止したときの映像も、二次元世界のようで幻想的だ。フォトグラファーである監督の手腕が、十分に発揮されたシーンであった。
 そして、最初はレジのおばさんにしか見えなかったシャロンが、だんだん美しくなってゆく。主人公の心の動きと、観客の視線を同調させたテクニックも見事である。
 だが、ファンタジーを、エロティックコメディーへとチェンジしてしまった感性だけはいただけない。ところどころで少数の人が、大声で笑うのだが、観客のほとんどはしらけ切っている。
 ラストになって、今度はロマンチックなラブストーリー仕立てに軌道修正し、そこで観客の冷めた気持ちを温めて、ジ・エンドとなる。
 なんだか狐につままれた気分だが、「良い映画だったな」と満足して帰路につく観客たち・・・。だが冷静に考えると、やはりなにか歯車が絡み合わない。まるで、小さなワイングラスの中で輝いていた宝石を、砂利の詰まったバケツの中に投げ込んでしまったような気がするのである。 

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 母べえ | トップページ | プライマー »

コメント

こんにちわ。

私はこの作品、かなり好きですよ。
幻想的で美しい一面を持ちながら、決して気取ったり
することのない『はちゃけた感じ』がこの作品の魅力
だと感じています。

瞬間の美学だけ延々と108分も映されたら、
私なら逆に飽きてしまいそうだなあと思います。

魅せるところは魅せながら、映画としていろんな
表情を見せてくれたこの作品は、なかなかの
良作だと感じました♪

まあ・・でも好き嫌いははっきり分かれそうな感じは
しますね(苦笑)。

投稿: 睦月 | 2008年2月 4日 (月) 15時43分

睦月さんこんにちは、コメントありがとう
瞬間の美学だけ延々と102分も映されたら、誰だって飽きてしまいますよ(笑)
僕が言いたいのは、簡単に言えばもう少しシリアスタッチで創って欲しかったということなんです。
結局のところ、本当に時間が止まったわけではなく、彼の深層心理の中でのお話だったはずだと、僕は解釈したいですね。

投稿: ケント | 2008年2月 4日 (月) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/10235869

この記事へのトラックバック一覧です: フローズン・タイム:

» 「フローズン・タイム」CASHBACK 感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
不眠症になっちゃって、その眠れない時間をもんもんと過ごす位なら、深夜のスーパーでバイトしようという、その設定に惹かれて見ました。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 21時46分

» 「フローズンタイム(CASHBACK )」映画感想 [Wilderlandwandar]
失恋の痛手から不眠症になり、何故か時間が操れるようになってし [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 21時58分

» 「フローズン・タイム」 [古今東西座]
上のチラシ(ポスターも同じデザイン)を見て、まさかこの映画がラブコメだと予想できた人がいったいどのくらいいるのだろうか。ちょっとアート系の風変わりなドラマをイメージして観に行ったのだが、全くそんな敷居の高さはなく、ちょっと変わってはいるが可愛らしいラブストーリーで、結構気に入ってしまった。 美術大学に通うベンは彼女に振られたショックで不眠症になってしまった。どうせ眠れないなら時間を有効に使おうと、スーパーで夜間のバイトを始める。威圧的ではあるがどこか憎めない店長、悪戯ばかりしている店員二人組、カン... [続きを読む]

受信: 2008年2月 4日 (月) 00時22分

» 『シネトレ』公認!映画ブロガー募集のおしらせ [映画情報なら「シネトレ」…リニューアル期間限定ブログ]
シネトレのスタッフよりも、映画を熱く語れる方、大募集です。 いつも映画情報+試写会プレゼント『シネトレ』をご覧いただき、ありがとうございます。 『シネトレ』公認!映画ブロガーを募集します。 応募に関する条件は、 その1:『シネトレ』のスタッフよりも映画... [続きを読む]

受信: 2008年2月 4日 (月) 17時02分

» 『フローズン・タイム』 Cashback [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
おいしいデザートのよう。 ガールフレンドにふられて不眠症になった美大生のベンは、夜中にスーパーマーケットのアルバイトをすることにした。スタイリッシュな予告の映像がとーっても気に入ったのだった。予告映像というのは、観客に興味を抱かせる名シーンばかりを使うのが常なので、それだけで期待し過ぎるのは禁物なんだけど、期待に違わないイメージ通りの小粋な映画だったよ。監督はフォトグラファーとして活躍するショーン・エリス。元は短編作品だったものが長編に生まれ変わったらしい。村上春樹小説のごとく?、その映像世界... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 00時27分

» 【映画】フローズン・タイム [新!やさぐれ日記]
■動機 予告編をみて気に入った為 ■感想 「アートな感じ」 ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 美大に通っているベン(ショーン・ビガースタッフ)はガールフレンドのスージー(エミリア・フォックス)と別れてはみたものの、未練がましく「やり直したい」と申し出る。しかし、スージーにすでに新しい恋人がいるという事実を告げられベンはショックで不眠症になってしまう。 ■コメント 予告編で観た「どうやって撮っているのか皆目検討のつかない映像」に惹かれて鑑賞。 とても「アートな感じ... [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 21時52分

» 映画「フローズン・タイム」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Cashback いわば男のひとつの夢の世界、透明人間かフローズンタイム、でもその条件が涙で枕を濡らすことなら、それはとても辛いことで、もうそれは遠慮願いたい・・・ 大抵の人に一度や二度の経験はあるだろう、その理由はともあれ失恋はその後の人生を狂わしてしま... [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日) 19時07分

» フローズン・タイム [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:フローズン・タイム 制作:2006年・イギリス 監督:ショーン・エリス 出演:ショーン・ビガースタッフ、エミリア・フォックス、ショーン・エヴァンス、ミシェル・ライアン あらすじ:失恋のショックで不眠症になったアーティストのベン。眠れないため、深夜のスーパーマーケットでのアルバイトをはじめる。不眠症がエスカレートして、ついには自分以外の時間が止まってしまう。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 01時59分

« 母べえ | トップページ | プライマー »