« 13階段  | トップページ | チームバチスタの栄光 »

2008年2月25日 (月)

エリザべス:ゴールデン・エイジ

★★★☆
 壮大な歴史大作なのだが、スペクタクル巨編を期待すると裏切られるだろう。もちろんクライマックスには、スペイン無敵艦隊とのアルマダ海戦が用意されているが、あくまでもそれは添え物に過ぎない。
 なぜならこの映画のメインテーマは、エリザべス1世の「禁断の恋と苦悩」だからである。ただ前半は、早いテンポを追いかけるのが精一杯。ただただエリザべスの豪華絢爛なファッションショーに舌を巻くばかりだった。

       Scan10307_2

 それにしてもケイト・ブランシェットの成り切り演技には恐れ入ったね。おそらく彼女以外に、この役を見事にこなせる女優は、世界中どこを探してもいないのではないか。
 女王たる地位ゆえに、自由な恋愛も出来ないもどかしさ。そしてその威厳の高さに、誰もがかしづき本音を聞くことも叶わない。
 わずかに心を許せたのが、侍女のベスと探検家のローリーだけなのだが、この二人が知らぬ間に恋に落ちてしまう。エリザべスの怒りと絶望感は、いかばかりであったろうか。
 僕が思うには、ローリーは本当はエザべスが好きだったのだ。しかしならぬ恋を諦めて、同じ名前でエリザべスの側にいるベスを求めたのだろう。そんな彼の心を知るはずもないエリザべスは、嫉妬の炎を燃やすのだが…実に気の毒で、僕は思わず涙ぐんでしまった。

      Photo_2

             「ケントの絵手紙小屋より抜粋」

 ここまでは映画の話。さて実際のエリザべス1世は、どうして結婚しなかったのだろうか。いろいろな説があるが、結婚することにより、女王から王妃に格下げされることを避けたという説が有力である。これは彼女が権力志向だったということではなく、その背景にイングランドの政治や宗教などの思惑が渦巻いていたのだと解釈したい。
 またバージン女王と言われていたが、実際には数人の愛人が存在していたらしい。ローリーもその愛人の1人だったという。映画では成就しなかった禁断の恋も、実はちゃんと実現していたのだ。
 この映画は、9年前に同じスタッフ・キャストで上映された『エリザべス』には及ばないが、決して悪い作品ではない。ただ女性向きの映画なのだということを認識しておこう。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 13階段  | トップページ | チームバチスタの栄光 »

コメント

こんばんは♪
私もローリーはエリザベスが好きだったと思います。
けれど相手は一国の女王ですものね。
自分より身分の高い女性との恋は、男性にとっては辛いですよね。

投稿: ミチ | 2008年2月25日 (月) 21時03分

こんばんは♪
ケイトのなりきり演技すごかったですねー。
アカデミー取れなくて残念でした。。。

それよりも、、、絵手紙に目を奪われちゃいました♪
襟のあたりとか細かくていいですねー☆
うちのママも絵手紙大スキ人間なので、
今度実家帰ったときケントさんの作品見せちゃおうかと思います!

投稿: きらら | 2008年2月25日 (月) 22時19分

こんにちは。トラックバックありがとうございます。全然期待しないで観にいったので、感動もひとしお。大満足でした。

田舎に住んでいるので、公開2週目で1000円のサービス作品になっていました。(涙)

投稿: ぷくちゃん | 2008年2月25日 (月) 22時58分

ケントさま、こんにちは♪ コメント&TBをありがとうございました。
今回はTBが届いているようでよかったです。
絵手紙、素敵ですね。絵心を刺激する映画だったのでしょうか。
煌びやかでしたよね~。ケイトの熱演も見応え十分でした!
ではでは、また来ますね。

投稿: 真紅 | 2008年2月25日 (月) 23時01分

やっぱりエリザベスのことが好きだったのでしょうね。
女王と結婚なんて畏れ多いことだし、そこまで決心するには悩みぬかねばならないし・・・
アカデミー賞は残念だったけど、女性票が足りなかったのでしょうかね~

投稿: kossy | 2008年2月25日 (月) 23時15分

ケントさん こんばんはcat
TB,コメントをありがとうございました!
TBのお返しをさせていただきましたが,
今は反映されてないようです・・・(後で反映されるかも)

ところで,華麗なファッションショーといい,
恋愛を主軸に持ってきたストーリーといい
完全に女性向けの作品でしたね!smile
男性は,少し退屈するでしょうね・・・。
私も,海戦のシーン,美しかったけど,もっともっと見たかったです。

ところで,エリザベスのイラスト,素敵ですね!
ケントさんのイラストって,味があるのよねぇ~art

投稿: なな | 2008年2月25日 (月) 23時21分

ローリーの気持ちはいまひとつ分かりにくかったですね~。でも女王である彼女の孤独と哀しみは充分伝わってきたし、私も涙こぼれっぱなしでした。
この豪華絢爛さもケイトの女王っぷりも
私も描けるものなら絵に残したいです(ムリ笑)
素晴しかったですね~♪

投稿: くろねこ | 2008年2月25日 (月) 23時26分

こんばんは!
コメントありがとうございます♪

私も、ローリーはベスの涙の前までは、
エリザベスを好きだったと思います。
それだけに、可愛がってくれた女王に願い出る前に
性急に結婚したベスとローリーには憤慨しました。

全身でエリザベスになりきったケイト、素晴しかったです!!

投稿: kira | 2008年2月25日 (月) 23時50分

TB&コメントありがとうございました。
ケイト・ブランシェットはもうこの役はハマリ役ですね。
個人的にはジェフリー・ラッシュのやや控えめながらもキッチリと存在感のある芝居も良かったと思いました。

投稿: キング | 2008年2月26日 (火) 03時07分

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました。

衣装も見物だったし、何と言ってもケイトの演技が素晴らしかったですね。
女王のカリスマをそのまま感じました。

エリザベスは実際愛人が何人かいたみたいですね。
恋をしては裏切られ処罰して・・・という事もあったみたいで(^^;)
その辺はさすがに絶対君主らしいですよね。
でも、結構恋に楽しんでいたのかも・・・
そうだとしたら、羨ましくもあります(笑)

投稿: non | 2008年2月26日 (火) 08時26分

ミチさんありがとう
やはりミチさんもそう感じましたか。前半のローリーの態度を観ていればなんとなく判りますよね。
実際はエリザベスの愛人の一人だったといいますが、どの程度の愛人だったのでしょうかね。


きららさんこんにちは
ホントにアカデミー賞は残念でしたね。やはりいまひとつインパクトが足りなかったのでしょうか。
絵手紙のほうは、ママに宜しくね。

投稿: ケント | 2008年2月26日 (火) 12時58分

ぷくちゃんこんにちは
普通の日で1000円ですか?
どうしてだろう。もう上映終了なのでしょうか?


真紅さん、いつもありがとう
そう煌びやかでしたよね。だから絵に残したのです。
なかなか絵になる映画ですよね。

投稿: ケント | 2008年2月26日 (火) 13時00分

kossy さんこんにちは
そうですよね。僕だって余りにも偉い女性だと、ちょっと引いちゃいますからね。
でも実際のローリーは、エリザベス1世の愛人だったというじゃありませんか。事実は小説より奇なりでしょうかね。


ななさん、こんにちは(^^♪
TB反映されていますよ。ご安心を。
確かに男性やヤングには、ちょっとアクションシーンが不足気味でしょうね。予告編で鎧をつけたエリザベスを見たとき、ジャンヌダルクを想起しましたが、あのシーンだけでチョンは少し寂しかったです。
味のある絵手紙でしょうか?ありがとうございます。
そう言って貰えると嬉しいですね。(^^♪

投稿: ケント | 2008年2月26日 (火) 13時07分

くろねこさんコメントありがとう
ローリーの気持ちは複雑だったのでしょうね。でもエリザベス中心で、そのあたりの描写が不足していたのは否めないところかもしれません。
豪華絢爛、確かに絵に描きたい作品でした。


kiraさんこんにちは
やはり kiraさんもそう思いましたか。
仰るとおり、エリザベス1世に成り切ったケイトの演技は大変なものですね。
思わず、拍手・拍手です

投稿: ケント | 2008年2月26日 (火) 13時12分

キングさんコメントありがとう
この役は、当分ケイト以外には出来なくなりましたね。あまりにもハマリ過ぎていました。
ジェフリー・ラッシュは控えめでしたが、影で支える男という感がありましたね。


nonさんこんにちは、ほんとにカリスマという言葉がぴったしですよね。
実際のところ愛人たちとは、どのような関係だったのか、興味が湧いてきました。

投稿: ケント | 2008年2月26日 (火) 13時16分

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました♪

絵手紙が素敵ですね~happy01
ドレスの色合いがとっても綺麗です!

映画の物語は、思ったよりも生ぬるい感じはしましたが、とにかくケイトに圧倒されました!
彼女の神々しいまでの美しさは、まるで本物の女王のようでしたね~
昨日のアカデミー賞で、主演、助演とも逃してしまい残念でした。

投稿: 由香 | 2008年2月26日 (火) 14時01分

ケントさん、こんにちは。
エリザベス1世の絵、雰囲気でてますねー。
絵の描ける人って羨ましいです!

映画はとても見応えのある作品でした。
スルーしなくて良かったです!

投稿: たいむ | 2008年2月26日 (火) 16時55分

今晩は!、コメント有難うございました。
ケイト・ブランシェットのエリザベス女王、ハマリ役でしたね。
アカデミー賞逃してしまいましたが、彼女の演技は実力があるので、きっとその内良い作品に出会って獲得するでしょう。
そうそう、エリザベスは恋多き女性で、1998年での「エリザベス」では、ロバート・ダドリー(ジョセフ・ファインズ)といつもベタベタして結婚するそぶりでしたが、ロバートに奥さんがいることが分かって一度は別れたのですが、その後また付き合ってましたね(笑)
今回の作品では、眩い豪華衣装に目を奪われそれだけで満足でした。

投稿: パピのママ | 2008年2月26日 (火) 22時02分

由香さんこんばんは
絵手紙を見て頂き嬉しいです。
さて、ケイトのアカデミー賞は残念でしたが、彼女の実力ならいつでも取れるでしょう。
全般的に、淡々とした薄味であったことは否めませんね。


たいむさんこんばんは
絵は自己流で適当に描いています。たいむさんも如何でしょうか。楽しいですよ。
豪華絢爛を絵に描いたような作品でしたよね。

パピノママさん、コメントありがとう
そういえば、ママさんは前作のエリザベスも観なおしたのでしたね。僕が観たのはもうだいぶ前ですから、細かいことは忘れました。本作のような豪華絢爛ではなかったとおもいますが、良い出来だったと記憶しています。

投稿: ケント | 2008年2月26日 (火) 23時41分

ケントさん、こんにちは~☆

エラーになったので見にきたのですが、ちゃんと
入ってました。(´▽`) ホッ

いや~、イラスト上手いですねぇ~~すっごく感じが
出ているわ。

私も、描きたい!
レビュー2個、鑑賞予定が3個、う~んいつ描こう?笑
>おそらく彼女以外に、この役を見事にこなせる女優は、世界中どこを探してもいないのではないか。

私も同感で~すめっちゃ迫力がありましたね。
なのに繊細さもあって・・・お美しいし。女惚れ
します☆

投稿: とんちゃん | 2008年3月 1日 (土) 10時06分

とんちゃんコメントありがとう
ケイトは女好きするタイプかもしれませんね。
頼りがいのある姉ごという感じがするからでしょうか。ただし僕のようなおじさんでも好きななのだから、男女世代を超えて支持される女優さんなのでしょうね。
とんちゃんもイラストが好きでしたよね。
またどんどん描いて見せて下さい。

投稿: ケント | 2008年3月 1日 (土) 10時57分

はじめまして。
素敵な絵手紙ですね!

>バージン女王と言われていたが、実際には数人の愛人が存在していたらしい。

私もこの点が不思議でした。
しかも、愛人の存在は殆ど公認のような感じであったらしいのに、どうして「バージン・クィーン」と崇められたのだろう!?と。
まあでも、バージンであろうとなかろうと
国家に生涯を捧げたことは確かなのですものね…

TBさせて頂きますね。

投稿: zooey | 2008年3月 8日 (土) 15時36分

zooeyさんTB&コメントありがとうございました。
「バージン・クィーン」と呼ばれたのは、たぶん結婚しなかったからではないでしょうかね。
衣装は豪華絢爛。ケイトにしか着こなせないでしょうね。

投稿: ケント | 2008年3月 8日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/10754602

この記事へのトラックバック一覧です: エリザべス:ゴールデン・エイジ:

» 映画 【エリザベス ゴールデン・エイジ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「エリザベス ゴールデン・エイジ」 1998年の映画『エリザベス』の続編。 おはなし:1585年、イングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)は、いまだ気の休められぬ日々を送っていた。国内にはカトリックの強大な勢力があり、国外にはスペインをはじめとして列強が虎視眈々とこの国を狙っていた。そんなときエリザベスは、野性味あふれる探険家で詩人のウォルター・ローリー(クライヴ・オーウェン)と出会う。 歴史上の同一人物を描く続編というのは珍しいのではないでしょうか。しかも同じ監督、同... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 21時01分

» 映画 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作。当時ヨーロッパの最強国だったスペインとの宗教対立を軸に、君主として生きる女性の苦悩を画面に焼き付ける。1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に、新世界から戻... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 22時16分

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [Sweet*Days**]
監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 22時46分

» ケイトの黄金時代〜『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [真紅のthinkingdays]
 ELIZABETH:THE GOLDEN AGE  16世紀後半のイングランド。プロテスタントの「ヴァージン・クィーン」として国 を統治するエリザベス(ケイト・... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 22時50分

» エリザベス ゴールデンエイジ [eclipse的な独り言 ]
 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 22時58分

» エリザベス ゴールデン・エイジ [ネタバレ映画館]
私の名前はエリザベスよ!と言ったのは山田花子・・・ [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 23時12分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [虎猫の気まぐれシネマ日記]
『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、今回は女王の“黄金時代”を描いた歴史大作。主演はもちろん前作に続いて、エリザベス一世を演じるために生まれてきたかのようなケイト・ブランシェット。その他にジェフリー・ラッシュやアビー・コーニッシュ、クライヴ・オーウェン、サマンサ・モートン、リス・エヴァンス・... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 23時14分

» エリザベス・ゴールデン・エイジ [★Shaberiba ★]
永遠の伝説になった女エリザベス。女王としての孤独が胸に突き刺さる。 [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 23時14分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [映画のメモ帳+α]
エリザベス:ゴールデン・エイジ (2007 イギリス・フランス) 原題   ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 監督   シェカール・カプール    脚本   ウィリアム・ニコルソン マイケル・ハースト       撮影   レミ・アデファラシン                  音楽   クレイグ・アームストロング アル・ラーマン               出演   ケイト・ブランシェット  ジェフリー・ラッシュ       クライヴ・オーウェン リス・エヴァ... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 23時46分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [to Heart]
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト 音楽 クレイグ・アームストロング/アル・ラーマン 出演 ケイト・ブランシェット/ジェフリー・ラッシュ /クライヴ・オーウェン/リス・エヴァンス/ジョルディ・モリャ/アビー・コーニッシュ/サマンサ・モートン/トム・ホランダー {/book_mov/}1585年、エリザ... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 23時50分

» 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」公式サイトエリザベス「黄金時代」の映画なので政治的な話に 重きが置かれてるのかと思ってましたが・・女王の「女」の部分に 焦点あててます。<以下少々ネタバレです>女王であるがゆえに自由にならないこ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 23時54分

» ★「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 [ひらりん的映画ブログ]
やったー?!?!。二度目のプライベート・シアター鑑賞だよーーーっ。 (一度目は「プロヴァンスの贈りもの」)。 PM11:30〜のレイトショウで、お客がひらりんだけっ。 しかも、TOHOシネマズご自慢のヘルニアスクリーン・・・いや、プレミアスクリーン。 もちろん通常料金の設定なんだけど。 ちなみにひらりん、「VIT」(ヴァーさんの粋な企み)で座席予約はしてません。 まあ、当日は昼まっから春一番が吹き荒れる強風で・・・ 夜は急に冷え込んでたから、客足は鈍かったんだろうけど。... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 02時12分

» No.016 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007年 英/仏 114分 ビスタ) [MOVIE KINGDOM ?]
監督 シェカール・カプール 出演 ケイト・ブランシェット     ジェフリー・ラッシュ     クライヴ・オーウェン 久々の早い回のレイトショーでの鑑賞です。 ここしばらくは22時以降の深夜の上映が多いので、21時台ってのはホント久しぶりです。 場所はアポロシネマ8というシネコンですが、さすがこの時間はまだまだ人が多いですね。 本日から封切りの「エリザベス」の続編「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を鑑賞するんですが、さすが初日ってことでそこそこ人はいますね。 結構女性が目立ってます・・... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 02時58分

» 劇場鑑賞「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 [日々“是”精進!]
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を鑑賞してきました主演のケイト・ブランシェットを一躍スターに押し上げた1998年の歴史ドラマ「エリザベス」。そのラストで戴冠式に臨んだエリザベスが、その後に迎える黄金時代の幕開けを描いた続編。本作では、イングランドが当...... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 06時22分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ♪ [Salon de Piano]
ブログネタ:アカデミー賞ノミネート★『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を語ろう♪ 参加中 16日公開の「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を見てまいりました。           HP→☆☆☆ 前作の「エリザベス」から長年の歳月が経ち「エリザベス:ゴー... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 10時15分

» 「エリザベス ゴールデン・エイジ」 [首都クロム]
 毅然と。燦然と。しかし、心の奥には不安という密偵と、女という強敵が隠れ潜んでいて、目に見える敵以上に懸念せざるを得ないものだったのかも知れない。そう思ったら、人の上に立ち・彼らを制し・君臨し続けることはどんなに孤独なことだろうと切なくなってきます。英国の歴史を語る中で、女王の内面を精緻に描いた壮大な絵巻になっているのが素晴らしい。前作は観ていませんが、どうも自らヴァージン・クイーンになる道を選んだようなので、愛する人が居ても侍女に自分を投影するしか出来ず、自分が動くか頼まない限りくちづけさえ得られ... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 13時01分

» エリザベス/ゴールデン・エイジ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家ローリー卿(クライヴ・オーウ... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 13時54分

» エリザベス/ゴールデン・エイジ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家ローリー卿(クライヴ・オーウ... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 13時59分

» 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、トム・ホランダー、エディ・レッドメイン、ジョルディ・モリャ、サマン..... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 15時24分

» 「エリザベス ゴールデン・エイジ」みた。 [たいむのひとりごと]
前作『エリザベス』は未見。そのままスルーするつもりで公開記念ナビ番組を見たら、本編が見たくなってしまい鑑賞(実際、相関関係など、ネタバレというよりは”予備知識”として役立ったナビ番組だった)。やはり、... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 16時51分

» *エリザベス:ゴールデン・エイジ* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** 25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙っており、スペイン国王フェリペ2世はことあるごとに圧力をかけてきた。さらにカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアートの存在も火種となっていた。                                     gooより..... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 21時29分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
強い信念で近世イギリスを黄金時代へと導く、エリザベス一世が辿った険しい道のり。恋や人情による葛藤、無敵艦隊との対決を描く。 1587年、イングランド。エリザベス1世としてイングランド女王の座を手にしてからも、彼女の奮闘は続いていた。というのも、宮中では依然....... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 22時04分

» エリザベス ゴールデン・エイジ [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年2月16日 公開 そうです私、カツラですけど・・・・・・何か? やっぱりね! 最初からおもちゃ屋よりも女王を観るべきでした(ノ〜^*) 圧倒的なケイト・ブランシェットの美しさと凛々しさに魅了された!!! でもね、メアリー・スチュアート役のサマンサ・モートンも圧巻でしたよ!!! 「裏切られた!」と叫び崩れ落ちるあのシーンと 静かに断頭台にうつ伏せになるあのシーン... [続きを読む]

受信: 2008年2月27日 (水) 16時23分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [Diarydiary! ]
《エリザベス:ゴールデン・エイジ》 2007年 イギリス/フランス映画 - 原 [続きを読む]

受信: 2008年2月27日 (水) 20時31分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [とんとん亭]
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 2008年 英/仏 ★★★★★ 来週から毎週と言っていい程、観たい映画が続々と来るので、昨日の夜大慌てで観て きました。 いや~、ケイト・ブランシェットの凄みのあるクイーンっぷりに圧倒されますね。 女として...... [続きを読む]

受信: 2008年2月28日 (木) 20時22分

» 【試写会】 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (2007) / イ... [NiceOne!!]
原題:ELIZABETH:THEGOLDENAGE監督:シェカール・カプール出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン公式サイトはこちら。<Story>25歳でイングランド女王に即位したエリザベス(ケイト...... [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金) 14時15分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ−(映画:2008年20本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットの存在感や演技力ばかりが目に付いた....... [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金) 23時53分

» 「エリザベス・ゴールデン・エイジ」 [Zooey's Diary]
前作の「エリザベス」の公開は1998年ですから、もう10年近く前なのですね。 あの時は悩める娘であったエリザベスが、ラストシーンで顔を真っ白に塗りたくって、自分は国家と結婚するのだと宣言したところが印象的でした。 そしてあれから経験と齢を重ねて、暗殺未遂やスペインの急襲を乗り越え、 大英帝国の黄金時代(golden age)を築くまでが今回のお話です。 本年度のアカデミー衣装デザイン賞を取っただけあって、そりゃあ豪華絢爛な衣装です。 ケイト・ブランシェットの迫力ある演技も、鬼気迫るようです。... [続きを読む]

受信: 2008年3月 8日 (土) 15時39分

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー]
もう1本観たのが、ケイト・ブランシェット主演の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』。もう、この映画の世界観を存分に楽しんできました。イングランドをその威厳で統治を続けるエリザベス1世だが、無敵艦隊を擁するスペインや王位継承権を主張するスコットランド女王のメ...... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 23時57分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [k.onoderaの日記]
冒頭、物語とほぼ関係が無く「イワン雷帝」の名が突然出てくるが、それは、この2部作自体がロシアのセルゲイ・エイゼンシュテイン監督による、『イワン雷帝』の2部作をなぞったものになったからだろう。 奇しくも、1部は「即位」... [続きを読む]

受信: 2008年3月21日 (金) 00時51分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [いやいやえん]
一作目よりもだいぶ間があいてしまいましたが、主演は変わらずケイト・ブランシェットさんです。相変わらずの存在感。 後半ではスペインの無敵艦隊との戦争が待っていますが、正直ストーリーとしてはぶつ切り感が否めない。恋愛部分としては、侍女ベスとローリー卿を自分の姿に重ねて恋の喜びを味わっていたものの、二人の間に子供が出来たと知った時のエリザベスの取り乱しようはやはり生身の女性なんだなと思わせられる部分でした。また前半部のメインであるスコットランド女王メアリー・スチュワートとの確執も、すっと終わってしま... [続きを読む]

受信: 2011年7月22日 (金) 14時44分

« 13階段  | トップページ | チームバチスタの栄光 »