« 2007年映画ベストシネマ10 | トップページ | べオウルフ 呪われし勇者 »

2008年1月 5日 (土)

マリと子犬の物語

★★★★

 涙には悲しくて流す冷たい涙と、嬉しくて流す熱い涙がある。僕は身近な人が死んで流すだけの、悲しい涙を誘うような作品は好きではない。
 だが辛く悲しく冷たい涙を、燃えるような熱い涙に変えてゆくような作品は大好きである。本作はそんな熱い涙で、汚れた心を清らかに洗い流してくれるだろう。

         Scan10292

 ストーリーはベタで誰にでも判りやすいので、家族連れで観るには絶好の作品だと思う。子供向けの作品かもしれないが、大人もピュアな気持ちになれば十分楽しめるはずだ。

 全搬的に評判の良い作品だが、たまに素直になれない人や映画通をきどって、この作品をこき降ろしている輩をみかける。ひどいものになると、あれだけ犬に演技させるには、どれだけムチを打ったかなどと皮肉をとばすおじさんもいた。そのくせ皆、泣くだけは泣けたと書いているのだ。
 またお涙ちょうだい風に作っているから嫌だという人に言いたい。そもそも映画とは創作であり、涙に限らず、笑いであろうと、ドキドキ感であろうと、全てそうさせようとして創られたものではないのか。創作が嫌ならドキュメンタリーを観るしかないだろう。
 また誰にでも判り易い作品をけなす人にも言いたい。映画の目的はより多くの人に感動を与え、かつ多くの興行収益をあげるためにある。どうしても特定の人にしか判らないような難解な作品を観たければ、商業べースの映画など観ないで、アングラな映画や演劇だけを観たほうがよい。

 作品の良し悪しは、決して難解であるか否かで決めるわけではない。逆に判り易い作品の良さを評価出来ない者には、 難解な作品の評価が出来るわけがないのだ。抽象画で有名なピカソだって、生き生きとした人物画や静物画も沢山描いているじゃあないの。
 いまや伝説的なマンガ家である「つげ義春」の厭世感漂う作風を、芸術として持ち上げ難解な芸術論をぶっていた評論家にしてもしかり。つげ義春本人いわく、単に夢に見た事を描いただけだと正直に告白している。あれこれきどって評価するのは勝手だが、結局その真意は本人にしか判らないのだ。
 話がこんがらかってしまったが、とどのつまり「熱い涙を流せた」のなら、つべこベ小うるさいことを言わなくても良いじゃないか。素直に感動しようよ。それが人間の温かい気持ちなんだよ。

 犬の演技もたいしたものだが、とにかく子役の女の子の演技が抜群に凄い、凄すぎるのだ。それに犬を使っているものの、この映画のテーマは「家族の絆と母の愛」だと思う。映画館では子供も大人も若い人も皆が泣いていた。熱い涙を流したい人は、是非この映画を観ようね。

 最後になりましたが、中越地震の被災者の方々にお悔やみ申し上げ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 2007年映画ベストシネマ10 | トップページ | べオウルフ 呪われし勇者 »

コメント

こんにちは!
良かったですよね~感動しました、泣かされました!

単純なテーマでストーリーかもしれないし、ベタな展開で泣かせようという意図もわかり易いかもしれないけれど、私もこれいいと思います。
こういうわかり易いストーリーで温かい気持ちになれて感動の涙を流せる、素直に向き合って見るのって大切ですね~。

投稿: hito | 2008年1月 5日 (土) 19時06分

こんばんは。
TB・コメントありがとうございました。
私は女の子役の佐々木麻緒ちゃんのファンですが、この映画の演技も素晴らしかったですね。
地震の怖さも伝わってきました。
自然災害は予防というのがなかなかできないだけに恐ろしいですね。

投稿: MIYAUCHI | 2008年1月 5日 (土) 19時08分

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ということで、四の五のいわずに素直に感動しに行く!というスタンスでない人はいかない方がいいですよね。
ただ、おばちゃん(私もその部類ですが・・)たちが、一回ずつ、感想を述べたり、でっかい相槌を打ったり、大きな嘆息をもらしたりするのには辟易しました。ほとんどTVの前の乗りでしたから。
映画を見に来てるんだとというモードが欲しかったのですが、その辺の境界線も吹っ飛ぶくらいの涙だったのかもです。

投稿: sakurai | 2008年1月 5日 (土) 20時09分

hitoさんこんばんは。
ベタな展開でも何でも、熱い涙が流せれば良いですよね。思い切り泣きました。


MIYAUCHIさん、女の子の名前良く知っていますね。
佐々木麻緒ちゃんというのですか。僕もファンになりそうです。


sakuraiさんコメントありがとう
おばちゃんたちですか・・・ははは笑えますね。
まぁそれだけ興奮したのでしょうかね。
許してあげてください。(^^♪

投稿: ケント | 2008年1月 5日 (土) 20時31分

こんばんは。
本当この映画は、子役2人佐々木麻緒ちゃんと広田亮平君、そして犬の演技がすばらしかったですよね。
嘘のない家族の絆がとてもよかったです。

投稿: masako | 2008年1月 5日 (土) 23時56分

masako さんおはよう
いつも大根の宇津井健も、なかなかいい味出していましたね。家族の愛と絆が見事に描かれていましたね。
犬を使っていますが、テーマは母親の強い愛だと思います。

投稿: ケント | 2008年1月 6日 (日) 09時27分

いいわぁ~ケントさん!!!
(*^▽^)人 パチパチ 私も言いたかったことをケントさんが全て書いてくださってました!!!
ほんと、そうなんですよねぇ。
なんか映画通ぶってこういう作品をけなしたりするのって、私は好きじゃないです。
ちなみに私は本作を昨年のベスト5に入れたくらいですから。
佐々木麻緒ちゃんって『涙そうそう』でも子役で出てましたね。
彼女、素晴らしいです!

今年も、素直に感動したままの感想を書いていきたいと思っております。

・・・にしても高嶋さんの走りには笑わせてもらいました。

投稿: なぎさ | 2008年1月 6日 (日) 18時01分

なぎささんコメントありがとう
佐々木麻緒ちゃんって『涙そうそう』でも出ていましたか。どうも余り記憶が無いですねぇ。この映画ほどインパクトはなかったのでしょうか。
映画でも本でもマンガでも良いものは良い。悪いものは悪い・・・ですよね。

投稿: ケント | 2008年1月 6日 (日) 19時44分

脚本も結構上手くできていましたよね。
別れや再会の核となる部分以外でも、自衛隊ヘリが避難所から飛び立つときのシーンなんかが好きでした。
死んでしまった身内よりも生きている犬に希望を託すなんてなかなかできるもんじゃありませんよね(ここで評価点数もアップしました)。

投稿: kossy | 2008年1月 6日 (日) 20時39分

kossyさんコメントサンキューです
今回はかなり自衛隊の協力を得たのでしょうね。
ただ高嶋さんの走り方は、ちょっと×ですよ。
「生きている犬に希望を託す」なかなか明言ですね。
またよろしくお願いします

投稿: ケント | 2008年1月 7日 (月) 12時54分

こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!

こき降ろしている方もいたんですね~。。
好みはそれぞれですけど素直に観ればいい作品ですよね。

佐々木麻緒ちゃんって『涙そうそう』の子なんですね!
演技が凄くて印象に残ってます!
この歳であの演技なんて末恐ろしいですね~。

投稿: こーいち | 2008年1月 7日 (月) 15時38分

こーいちさんコメントありがとう
佐々木麻緒ちゃんが『涙そうそう』に出ていたのは、気付きませんでした。
おしゃまだけど可愛い子ですよね。

投稿: ケント | 2008年1月 7日 (月) 20時34分

ケントさん、こんばんは♪
早速、コメントとTBありがとうございました。
改めて、今年も宜しくお願いします。

私もこの映画観たのですが、まだレビュー書いていないです。。^^;
本当に、犬の演技も良かったですが、子役の女の子が抜群に上手かったですね。
私もこの映画を観て、お涙頂戴風の作品だとは思わなかったです。
母親への喪失感を埋めるために、余計に子供たちが犬へ愛情を注いだように思えて、自然と泣けてくる良い映画でした。

投稿: nyanco | 2008年1月18日 (金) 17時28分

nyancoさんコメントありがとう
子役の女の子は演技というか、感性が素晴らしいですね。将来が楽しみです。
母への愛と母の愛をヒシヒシと感じました。お涙頂戴としか感じられない人は、可愛そうな人なのかもしれませんね。

投稿: ケント | 2008年1月18日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/9731831

この記事へのトラックバック一覧です: マリと子犬の物語:

» 映画「マリと子犬の物語」を観ました!!(2007-27) [馬球1964]
映画「マリと子犬の物語」を観ました!!2007年の27作目です。感動する作品でした!! [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 19時04分

» 「マリと子犬の物語」孤立した山古志村で懸命に生き抜いたマリと3匹の子犬は復興への象徴となった [オールマイティにコメンテート]
「マリと子犬の物語」は2004年10月23日に発生した新潟中越地震で全壊した山古志村の家族が飼っていた一匹の母親犬と3匹の子犬の生きた実話を題材にしたストーリーである。地元新潟での出来事であり、忘れられない大地震だったけれど、その中でも数多くの奇跡がここ...... [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 19時21分

» 『マリと子犬の物語』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マリと子犬の物語」□監督 猪股隆一□脚本 山田耕太、清本由紀、高橋亜子 □原作 桑原眞二、大野一興(「山古志村のマリと三匹の子犬」文藝春秋刊)□キャスト 広田亮平、佐々木麻緒、船越英一郎、宇津井健、松本明子、高嶋政伸、小野武彦、、徳井優、小林麻央■鑑賞日 12月16 日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 新潟県中越地震で実際にあったトゥルー・ストーリー。 様々な人間模様、そして犬と人間の係わり合... [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 19時23分

» マリと子犬の物語 [迷宮映画館]
泣く子と地頭・・もとい・・犬には勝てない・・・。 [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 20時04分

» 今年の1作目は マリと子犬の物語 でした。 [よしなしごと]
 2008年1本目はマリと子犬の物語を観てきました。子供向け(と言うか、子供にも見てもらいたい映画)なのでしょうか、レイトショーがないので会社が始まると見に行けないので、なんとしても正月休みに観なければ。。。... [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 23時33分

» 『マリと子犬の物語』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
新潟県山古志村に住む仲良し兄妹、亮太と彩。母親は病気で亡くなり、父親と祖父の4人家族だった。ある日、彩は原っぱで捨て犬を拾う。父親が犬嫌いのため、一度は諦めようとするが、彩はひとりぼっちの子犬を見捨てる事ができない。父親も彩の優しい心に負け、一家で飼う事に... [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 23時53分

» 「マリと子犬の物語」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「マリと子犬の物語」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:船越英一郎、松本明子、広田亮平、佐々木麻緒、高嶋政伸、小林麻央、小野武彦、宇津井健、他 *監督:猪股隆一 *音楽:久石譲 *原作:桑原眞二、大野一興『山古志村のマリと三匹の子犬』 感..... [続きを読む]

受信: 2008年1月 6日 (日) 08時14分

» マリと子犬の物語 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 犬は「3日飼ったら恩を忘れない」と言いますなぁ。 今日はお見舞いに来てくれてありがとう・・・ ・・・・・・・んっぐぅぅぅ(−゛゛−) 「マリ死んじゃうよぉ・・・死ぬのいやだよぉ」 ・・・・・・・ぐがぁぁぁ(つへ`。)ゞ 「マァ〜リィィィィ!!!」 ・・・・・・・どぉぐぁぁ〜*△#□※&$。゜゜(;´□`;)゜:。 もぉもぉもぉ、いちいち涙出ますねんコレ(ノ_;) 隣の主婦二人連れ ... [続きを読む]

受信: 2008年1月 6日 (日) 17時53分

» 『マリと子犬の物語』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]          2007/12/08公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】猪股隆一 【脚本】山田耕大/清本由紀/高橋亜子 【原作】桑原眞二 『山古志村のマリと三匹の子犬』(文藝春秋刊) 【主題歌】平原綾香 『今、風の中で』 【時間】12... [続きを読む]

受信: 2008年1月 7日 (月) 15時34分

» 「マリと子犬の物語」「アイ・アム・レジェンド」 [聖なるブログ 闘いうどんを啜れ]
遊就館の切符を貰ったので、新年は靖国神社へ初詣。黄金のウンコのお守りとか売ってたよ。 [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 08時15分

» 映画『マリと子犬の物語』 [いんどあかめさん日記]
予告編を見たときから泣きそうでしたけど…きょうは「思いっきり泣くぞ!」と思って映 [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 20時03分

» 084)マリと子犬の物語 [「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」]
「マリと子犬の物語」で子犬の名前ではないのは次のうちどれ? 1)ぐー 2)ちょき 3)ぱー 4)あいこ 正解は次号にて。。 by織田 拳 RANKING ←応援お願いしま~す! [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 21時23分

« 2007年映画ベストシネマ10 | トップページ | べオウルフ 呪われし勇者 »