« 転々 (小説) | トップページ | アース »

2008年1月14日 (月)

プレステージ 

★★★☆

 一流のマジックは次の3つのパートで構成されているという。まずタネも仕掛けもないことを観客に確認させる「プレッジ」。次にパフォーマンスを展開する「ターン」、最後に予想を超えた驚きを観客に見せる「プレステージ(偉業)」と続く。

プレステージ DVD プレステージ

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2008/01/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この作品は二人の天才奇術師の復讐と名声への執着による戦いと苦悩の記録である。お互いにトリックをあばき合い、より高度なマジックをめざすアンジャーとボーデン。
 ついには二人とも「瞬間移動」を演じるのだが、アジャーはどうしてもボーデンの「瞬間移動」を見抜くことが出来ない。それで彼は天才科学者のニコラ・テスラ博士に、脅威的な機械の研究を依頼するのだった。
 キャストはアンジャーにヒュー・ジャックマン、ボーデンにはクリスチャン・ベールと、まるでXメンVSバットマンである。そのほかニコラ・テスラにはデヴィッド・ボーイ、助手のオリヴィアには、スカーレット・ヨハンソンとビッグネームが連なるのだ。
 そのうえ監督は『メメント』、『バットマン・ビギンズ』のクリストファー・ノーランとなれば、嫌でもこの映画を観ない訳にはいかない。
 マジックは観客が驚いてなんぼのものであり、種明かしをしてしまうと全く面白くないものである。この映画も同様に、結末を語ってしまうと誰も観る人がいなくなるだろう。
 ことに「瞬間移動」のトリックについては、一つは余りにも当り前であり、もう一方は荒唐無稽なので、かなり巷の評判が悪い。ことに終盤はSF映画になってしまったので、これを反則と考える人や、ストーリーの一貫性にこだわる人には向かないかもしれない。
 だが僕にとってはとても楽しい映画だったし、あのSF的展開も途中で読めてしまった。逆にもう一方の常識的なネタのほうが、全く読めずに驚かされた。まあ人それぞれだね。
 話は変るがデヴィッド・ボーイが演じた、ニコラ・テスラは実在の人物であり、交流発電などを発明し、あのエジソンよりも優秀だったらしいね。
 

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 転々 (小説) | トップページ | アース »

コメント

こんばんは♪
TBありがとうございました。
実は私も昨日レンタルでもう一度鑑賞しなおしたところです。
二人の男の人生をかけた「瞬間移動」があまりにも凄まじかったです。
あそこまでする必要があったのでしょうかねぇ?
もう引っ込みがつかなくなっちゃったのかな。
ちなみに、ウチの夫はかなりこの映画がお気に入りです(笑)

投稿: ミチ | 2008年1月14日 (月) 22時49分

ミチさんいつもありがとう
この映画は一度観ただけでは、良くわからない部分がありますよね。二度見ればよく判ったでしょう。
しかしあそこまで張り合う必要性はないですよね。そのあたりがちょっとしつこ過ぎて共感出来なかった部分かな。

投稿: ケント | 2008年1月15日 (火) 20時46分

今晩は!、いつもコメント有難うございます。
livedoorのTB反映が悪く、どうもすみません(ペコリ)
マジックとかイリュージョンとかは、観客も騙されて見ているのがいいんですよね。
この二人は、切磋琢磨のようにいがみ合い、どちらかが死ぬまで、新しいマジックをし続けたのでしょうね。
現在でも、引田テンコウが「箱の中に入って剣を刺す」イリュージョンで失敗して大怪我をしたそうです。
見ている観客は、騙されながら楽しく見ることがショーなのに、マジシャンが死んではなにもならない。

投稿: パピのママ | 2008年1月15日 (火) 22時22分

パピのママさんコメントありがとう
どうもライブドアとココログは相性が悪いようですね。
この映画、面白かったけれどちょっとやりすぎかもしれませんね。

投稿: ケント | 2008年1月16日 (水) 20時42分

見ました。時代背景は ヴィクトリア女王の晩年で 新らしき時代の変化が 訪れ始めた イギリス・・・切り裂きジャックや コナンドイルの推理小説「シャーロックホームズ」などがはやった時代と ちょうど同時期みたいですね。

さて、お互いの いざこざが エゴに凝り固まった対決でした。 まさにプレステージならぬ "オレ"ステージ 
"自分だけの舞台"

天才マジシャンふたりのライバル対決も "電気"が関わってるだけに"熱い火花"を散らしています。デビッド・ボウイのテスラ役も驚きました
 
 ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベイル それぞれが演じた ライバル同士の天才マジシャン二人が
"あいつには負けたくねえオレが勝つ"の 対決姿勢は

  実際にあった"エジソンVSテスラ"の電流対決とまったく同じである。

最後に 漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦さんが 映画「プレステージ」でも 上映時に荒木氏の書下ろしイラスト入りステッカー」が5万枚限定で配布されたそうです  荒木氏の「プレステージ」イラストのリンク先です

http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/c/a/ca2214c0.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/3/3/3388963f.jpg

投稿: zebra | 2012年11月18日 (日) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/9886251

この記事へのトラックバック一覧です: プレステージ :

» プレステージ [そーれりぽーと]
ウルヴァリン対バットマン?ではなくて、二人のマジシャン(ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベール)がマジシャンとしてのアイデンティティーをかけてかけて騙しあう『プレステージ』を観てきました。 ★★★★ 肝心の“誰にも言ってはいけないクライマックス”については、観ているうちに読めてくる作りになっているので、あまり注目し過ぎる点ではない。 煽り過ぎて裏目に出てしまう宣伝は辞めておくべきでしょう。 注目するべき点はそこではなく、二人の思いが必ずしも同じ方向に向いていない点であったり、史実を下敷きにし... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 21時20分

» プレステージ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
私は悩んでいた―自分の中で築きあげた『いい男ピラミッド』の上位に位置する二人が、ライバル同士として出演する映画があると知った瞬間から―           どっちに肩入れして観ればいいのよー【story】19世紀のロンドン。人気のマジシャン、グレート・ダントンことアンジャー(ヒュー・ジャックマン)が、ライバルのマジシャン、THEプロフェッサーことボーデン(クリスチャン・ベール)の目の前で壮絶な死を迎えた―かつては同士だった2人だが、ステージで起こった1つの悲劇が彼等を憎しみ合う関係へと駆り立てていた... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 21時32分

» プレステージ / THE PRESTIGE [我想一個人映画美的女人blog]
本格的なマジシャンが主演の映画ってありそうでなかったんじゃないかなー? 世の映画ファンの間では海賊映画で盛り上がってる中、、、、試写で観てきました★ 『インソムニア』はわたしはダメダメだったけど、『メメント』『バットマンビギンズ』 どちらも好きだったので楽しみにしてた♪クリストファー・ノーラン監督最新作{/ee_3/} 原作は、世界幻想文学大賞を受賞したベストセラー、クリストファー・プリーストの「奇術師」。 脚本は『メメント』のジョナサン・ノーラン。 アカデミー賞 美術賞&撮影賞ノミネート作... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 22時23分

» アブラカダブラ〜〜と呟くのは?!プレステージ [銅版画制作の日々]
ヒュー・ジャックマンクリスチャン・ベイル 二人のマジシャンの確執が悲劇をもたらす「X-MEN」でお馴染みのヒュー・ジャックマンがマジシャンで登場。おイメージ一新って感じで新鮮そして迎え撃つライバルマジシャンはクリスチャン・ベイル、よく見ると、結構強面な感じ。いまだあの「マシニスト」の365日眠れない男役が重なる。「バッドマン」より、インパクトがあるかも・・・・。 ということで、6月12日に、MOVX京都で鑑賞して来た。時間が経ったので、ちょっと記憶が薄らいでいるが。タイトルにもした“アブラカダブ... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 22時27分

» プレステージ [ネタバレ映画館]
Mr.マリックと松尾幻燈斎と栗間太澄は同一人物だ!  [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 22時44分

» 「プレステージ」みた。 [たいむのひとりごと]
イリュージョンバトルは、単なる骨肉の争いかぁ・・・。『結末は絶対に誰にも言わないでください。』のメッセージが冒頭に登場する事でもあり、ネタバレするような無粋なことをするつもりはないけれど、かつての『シ... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 23時22分

» ★「プレステージ」 [ひらりん的映画ブログ]
(2007/A106/S55)←今年55本目の劇場鑑賞。 「X−MEN」のヒュー・ジャックマンと「バットマン」のクリスチャン・ベールの共演。 この作品って最初、「イリュージョンVS」って邦題じゃなかったっけ??? いつの間にやら、原題と同じタイトルにしてた・・・って事?? ひらりんの勘違いかなっ??... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 00時38分

» ★ 『プレステージ』 [映画の感想文日記]
2006年。TouchStone/WarnerBros. THE PRESTIGE. クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作。クリストファー・プリースト原作。 クリスチャン・ベール、ヒュー・ジャック... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 01時25分

» 映画〜プレステージ [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆クリストファー・プリーストの人気小説を、『メメント』のクリストファー・ノーラン監督が映画化した壮大な人間ドラマ。かつて友人同士だった男たちが、奇術によって運命を狂わせていく様をスリリングにみせる。若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる。その後、彼らは一流のマジシャンとして名声を得るが、その争いは次第に激し... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 06時26分

» プレステージ [UkiUkiれいんぼーデイ]
子供の頃、マジックと言えばこの人でした! ゼンジー北京さ〜ん♪ 「はい、ちょとゴソゴソするあるよ。」不自然なカタコトが師匠の芸風でもありましたねぇ。 本編で金魚鉢出してたのゼンジー北京さんじゃなかったですか(笑) 予告を観て興味津々で鑑賞に行ったあるよ〜。 「結末は決して誰にも言わないで下さい」とノーラン監督から冒頭にクギを刺されまして・・・結末もさることながら、この映画に関しては           「ちょっと、ちょっとちょっと!!!」             ... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 08時43分

» プレステージ (The Prestige) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2006年 アメリカ映画 130分 サスペンス 採点★★★★ なんであれ壁にぶち当たってしまった時は、下手に難しく考えずにシンプルな方法をとった方が上手くいくことが多かったりも。物事は見た目通りとは限らないけど..... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 12時23分

» 映画「プレステージ」 [日々のつぶやき]
監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソン 「19世紀のロンドン、アンジャーとボーデン二人の天才マジシャンがいた。彼らはアシスタント時代からお互いの才能を認め合うライバルであった・・その日... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 12時48分

» プレステージ [小部屋日記]
The Prestige(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督・脚本:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン/クリスチャン・ベール/スカーレット・ヨハンソン/マイケル・ケイン/デヴィッド・ボウイ 一流のマジックは3つのパートからなる。 最初はプレッジ(確認)。観客にタネも仕掛けもないことを確認させる。 次はターン(展開)。巧みなトリックで観客を魅了させる。 最後に驚愕なパフォーマンスで度肝を抜く。 それはプレステージ(偉業)と呼ばれる・・・ 19世紀末のロンドン。 互いの技... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 12時55分

» プレステージ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
天才vs奇才 世紀のイリュージョンバトル!! 130分すべてを疑え!二人のマジシャンが命を懸けたトリックバトル!! 「メメント」のC・ノーラン監督による奇想天外なミステリー。ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールが演じる2人の人気マジシャンが、難解なトリ...... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 22時14分

» 【プレステージ】 [+++ Candy Cinema +++]
【THE PRESTIGE】 監督    ≪ クリストファー・ノーラン 脚本    ≪ クリストファー・ノーラン / ジョナサン・ノーラン 製作年度 ≪ 200... [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 18時58分

» プレステージ(映画館) [ひるめし。]
運命さえトリック [続きを読む]

受信: 2008年1月17日 (木) 12時09分

» 運命さえトリック「プレステージ」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2012年7月29日 (日) 13時20分

» プレステージ [銀幕大帝α]
運命さえトリック −感想− ははぁん、そうかぁ。 こうしてブルース・ウェインとアルフレッドによる最強タッグが生まれて、バットマンへと繋がっていったんだな!←って違ーうww これ脚本が秀逸だよね。 てか先読み不可能だから、どう話が転んでいくのか見当もつかない...... [続きを読む]

受信: 2013年1月31日 (木) 01時52分

« 転々 (小説) | トップページ | アース »