« べオウルフ 呪われし勇者 | トップページ | 転々 (小説) »

2008年1月 9日 (水)

機械たちの時間

 映画は断然ハードSFに限るが、小説はどちらかと言えば、ソフトタッチのファンタジーのほうが好きである。しかしたまには、ハード系のSF小説も悪くはないね。

           Scan10298

 本作はタイトルからしてガチガチのハードSFのように感じるが、同じハードでもハードボイルドタッチに仕上げられているので読み易かった。
 未来の火星からやってきた主人公の邑谷武は、脳に組み込まれたTIPによって戦闘モードに変身すると、まるでターミネーターだ。そして敵の無期生命体マグザットは、マトリクッスに登場するイカ野郎のセンティネルを髣髴させられる。
 また本作では、時間軸を行ったり来たりするのだが、機械の未来は人間の過去であり、人間の未来は機械の過去だという発想がユニークである。だからこそ、著者が渇望した「未来に原因のあるSF」が完成したのであろう。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« べオウルフ 呪われし勇者 | トップページ | 転々 (小説) »

コメント

TBどうも有り難うございました。
いろんな意味で読み応えのある作品でした。結構、神林氏の作品は好きなので、ほとんど読んでいるかもしれませんが、いつも新鮮な感じを受けます。

投稿: alice-room | 2008年1月11日 (金) 21時45分

alice-roomさんコメントありがとう
神林氏の小説よく読んでいますね。
確かに彼の小説は古臭さはなく新鮮な臭いがしますよね。
これからもよろしくお願いします

投稿: ケント | 2008年1月12日 (土) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/9795286

この記事へのトラックバック一覧です: 機械たちの時間:

» 「機械たちの時間」神林 長平 早川書房 [叡智の禁書図書館<情報と書評>]
1987年に出されたんですね、この本。もう20年近く前のSFなのに、全くと言っていいほど、古さがありません。いつもながらの神林氏の描く近未来(擬似未来?)像は、的確であり、またリアルであり、繰り返しで恐縮ですが日本の誇るSF作家というのは、これを読んでも納得..... [続きを読む]

受信: 2008年1月11日 (金) 21時41分

« べオウルフ 呪われし勇者 | トップページ | 転々 (小説) »