« 転々 | トップページ | 椿三十郎 »

2007年12月 9日 (日)

XX エクスクロス 魔境伝説

★★☆

 それにしてもやかましい映画だった。やたら大きな効果音を出せば怖がるってもんじゃないぜよ。
 エクス・クロスって一体何のことかと思ったら、あの狂女の持っていた巨大なハサミのことなの?確かにハサミを広げれば、という字になるものな。

     Scan10280

 しかしこの映画はどう評価すればいいんだ。途中まではかなりホラーだったのに、愛子があのハサミ狂女と戦い始めたところから、急にゴレンジャーやらターミネーターになっちゃった・・。
 そしてラストのドタバタと、芸のない締めくくりには、飽きれてものも言えないね。よくもこんな趣味の悪い作品を映画化したものだ。これはもうB級というよりD級だな。

     Scan10288

 ただし、時間を戻して愛子と、しよりのストーリーをパラレルに描いてゆく手法と、ハサミ狂女は観応えがあったね。もう少し真面目に創れば、あるいは傑作ホラーになり得ただけに、非常に残念でたまらない。
 ホラーなのかコメディーなのかアクションなのか。そしていろんな作品を寄せ集めてのゴッタ煮。一体深作健太監督は何を創りたかったのだろうか。ちょっと理解に苦しむ作品だよな。
 だがネットでの評価は以外と高いのだから、まさに何が評価されるか判らない時代である。たぶんこの映画のハチャメチャおバカ振りを、タランティーノに重ねて評価しているのだろうね。
 でもそれはちょっと違う気がするんだけどなぁ・・。オタクぽいところは似ているけれど、タランティーノなら、もっと残酷でエログロじゃないの。そもそも12チャンネルの温泉番組じゃあるまいし、バスタオル巻いて風呂に入ることが、おじさん的には一番気に入らないのだ。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 転々 | トップページ | 椿三十郎 »

コメント

こんばんは。
TBありがとうございました!
ホラーだと思って観に行ったので、途中から笑いが止まらなくて困りました。
だって周りの人たち全然笑ってなかったんだもの。

あぁ~バスタオルをギリギリ巻いて風呂に入るのはダメですよねー
「タオルは入れないで下さい」って温泉地多いしね。
では、また~

投稿: 小六 | 2007年12月10日 (月) 20時03分

小六さんコメントありがとう
小六さんは笑いが止まらないって言うけれど、たぶん皮肉を込めて仰っているのでしょうね。おっしゃる通り僕が見たときも誰も笑っていないし、どちらかというと「ホワイトキック」状態でしたよ。

投稿: ケント | 2007年12月10日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/9322299

この記事へのトラックバック一覧です: XX エクスクロス 魔境伝説:

» XX エクスクロス〜魔境伝説〜 66点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
アタック・ブロー・バンチ! 公式サイト 上甲宣之の小説『そのケータイはXX(エクスクロス)で』を、深作健太監督により映画化。 賞の選考からは漏れたがネット投票で二位と、あからさまに怪しすぎる出自を持つ原作は、読んでいて恥ずかしくなるほどに稚拙なダイアロー....... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 17時13分

» XX エクスクロス 魔境伝説/松下奈緒、鈴木亜美 [カノンな日々]
原作のことは全く知らなかったけど、とりあえず予告編のインパクトだけで鑑賞決定ェ。願わくば笑いと恐怖が紙一重的なホラーが観たくってちょっと楽しみにしてました。ハサミを持って暴れ回るドSな小沢真珠ちゃんにはかなり期待です(笑)。 出演はその他に、中川翔子、小....... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 17時42分

» 映画『XX(エクスクロス) ~魔境伝説~』 [うっかりはんぞう]
「カモォ~~ン♪」 レイトショー&ナイトショー観賞の三作品の2本目。 ホラー映画 [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 18時28分

» 映画 「XX エクスクロス 魔境伝説」 [ようこそMr.G]
映画 「XX エクスクロス 魔境伝説」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 18時57分

» XX エクスクロス~魔境伝説~ [欧風]
1日は映画の日で千円で、しかも土曜日と、映画を観るのには絶好の機会だったと思いますが、皆さんなんか観ましたか~? 私もせっかくの映画の日なんで、なんか観なきゃ!(貧乏性)って思ったんですが、観ようと思っていた映画はもう観たし、1日現在でやってる作品を見ても、いまいち観たいな~と思う作品が無かった。 そんな中、試写会で「XX エクスクロス~魔境伝説~」を観た知り合いが面白いと言っていた。私はホラ... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 22時23分

» 【2007-174】XX(エクスクロス)〜魔境伝説〜 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 温泉のある古びた村 ただの旅行のはずだった 『早くそこから逃げろ! 足を切り落とされるぞ!!』 この村は 本当の地獄 心臓が飛び跳ねる ジェットコースタースリラー ... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 22時53分

» エクスクロス~魔境伝説~☆独り言 [黒猫のうたた寝]
予告観たときには、まさか観にいくとは思ってなかったけど試写会で観た方からとんでも作品という情報があって感想読んだら、俄然行く気満々になってしまったのは・・・『エクスクロス~魔境伝説~』でした。これねー観てて『ジェイソンX』に似た匂いがするんだわ(笑)一応... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 23時36分

» 「XX(エクスクロス)〜魔境伝説〜」絶体絶命の恐怖の中ケータイ2.0が繋いだ左足の強い絆 [オールマイティにコメンテート]
「XX(エクスクロス)〜魔境伝説〜」(PG-12指定)は第1回「このミステリーがすごい!」大賞で話題となった上甲宣之の小説「そのケータイはXX(エクスクロス)で」を映画化した作品で、温泉地・阿鹿里村へやってきた2人の女子大生が村人に復習の女に襲われ、ケータイを頼りに脱...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 23時39分

» XX(エクスクロス)〜秘境伝説〜(55点) [おっさんノングラータ]
グラインド・ハウスまであと一歩 公式サイト 深作健太の不幸は偉大な父親を映画監督に持ち、何かにつけて比較されてしまうことだと思うが、これまでの作品(『バトル・ロワイアルII』『同じ月を見ている』『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』)はそれ以前の問題──比較対象にするのもこがましいものだった。しかし『スケバン刑事』では馬鹿映画監督としての萌芽が見られ、本作『XX(エクスクロス)〜秘境伝説〜』で開花してしまった感がある。 原作は第一回『このミステリーがすごい!』大賞の特別賞受賞作。「ミステリー」... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 09時43分

» 「XXエクスクロス~魔境伝説~」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「XXエクスクロス~魔境伝説~」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松下奈緒、鈴木亜美、中川翔子、森下能幸、神威杏次、仁科貴、岩根あゆこ、小山力也、岩尾望、小沢真珠、池内博之、他 *監督:深作健太 *原作:甲宣之『そのケータイはXXで』 ..... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 15時01分

» エクスクロス 魔境伝説 [小六のB級A画館]
■エクスクロス 魔境伝説 2007年・日 ■監督 深作健太 ■製作 千葉龍平、樫野孝人 ■原作 上甲宣之「そのケータイはXXで」 ■脚本 大石哲也 ■音楽 池頼広 ■キャスト 松下奈緒 (水野しより) 鈴木亜美 (火請愛子) 中川翔子 (橘弥生) 小沢真珠 (レイカ) 池内博之 (朝宮圭一) 岩根あゆこ (物部静) 岩尾望 (物部昭) 小山力也 (声の出演・物部昭) <あらすじ> 火請愛子に誘われ、秘湯「阿鹿里(あしかり)村」へ旅行に来た水野しより... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 20時01分

» エクスクロス 魔境伝説 [ネタバレ映画館]
“阿鹿里(あしかり)村”が舞台となっていたけど、車は足刈ナンバーだった・・・ [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土) 15時15分

» 「エクスクロス~魔境伝説」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2007年・東映/監督:深作 健太) 宝島社選定『第1回・このミステリーがすごい!大賞』“隠し玉賞”に選ばれた、上甲宣之のホラー小説「そのケータイはXX(エクスクロス)で」を、「... [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 21時15分

» XX エクスクロス -魔境伝説- [ともやの映画大好きっ!]
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★☆) 第1回『このミステリーがすごい』で大賞に選ばれた上甲宣之原作のサスペンス・ホラー「そのケータイはXXで」を映像化したお馬鹿アクション映画(あれ、ジャンルが変わってる?)。 人里離れた温泉地の阿鹿里(あしかり)村にやって来た2人の女子大生、水野しより(松下奈緒)と火請愛子(鈴木亜美)。浮気が原因で恋人の朝宮圭一(池内博之)と別れたしよりを元気づけようと、親友の愛子が温泉旅行に誘ったのだ。村に到着はしたものの、村人はすべて片足を引きずっており、どことな... [続きを読む]

受信: 2007年12月24日 (月) 00時48分

« 転々 | トップページ | 椿三十郎 »