« 通勤地獄 怖い女 | トップページ | 茶々 »

2007年12月24日 (月)

おもいでエマノン 

 ノーネーム(名無し)の逆さ綴り「EMANON」を通称とする少女「エマノン」。彼女は太古の時代からの記憶を持ち続けている。
 だがその記憶は、子供を産むと、その子に引き継がれ、自分自身の記憶からは消去されてしまうのだ。そして記憶を引き継いだ娘がエマノンとなり、全国放浪の旅に出る。

おもいでエマノン (徳間デュアル文庫) Book おもいでエマノン (徳間デュアル文庫)

著者:梶尾 真治
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 なかなか斬新なアイデアである。このエスパー少女を主人公にして、オムニバススタイルのショートストーリーが連なっている。本書にはタイトルの「おもいでエマノン」ほか全8作のストーリーが詰め込まれている。
 著者の梶尾真治は、初めの「おもいでエマノン」だけで完結にするつもりだったらしい。そのあと好評を得たため、何となくエマノンを登場させているうちにシリーズとなってしまったようだ。
 本作以外にも『さすらいエマノン』、『かりそめエマノン』、『まろうどエマノン』と、たて続けに出版されている。そして今も継続中である。小説のほうは無理の引き延ばしている感があり少し食傷気味だな。
 だが鶴田謙二が描くカバーイラストがとてもいいね。亜麻色の長髪をなびかせた大きな瞳の少女は、エマノンのイメージぴったりだ。このイラストに惹かれてこの本を手にする人も多いことだろう。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 通勤地獄 怖い女 | トップページ | 茶々 »

コメント

こんばんは。TBありがとうございます^^

昔読んだある漫画の中でこの作品に触れているのがあって、存在は知っていのですが・・・本屋で見かけた時はやっぱり鶴田さんのイラストで一気に惹き付けられました。
作中のイメージとぴったりですよね^^

投稿: 黒猫 | 2007年12月24日 (月) 23時22分

黒猫さんコメントありがとう
鶴田さんのイラストいいですよね。

投稿: ケント | 2007年12月25日 (火) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/9552320

この記事へのトラックバック一覧です: おもいでエマノン :

» 本「黄泉がえり」梶尾真治 [日々のつぶやき]
   ☆本プロからの移行☆ 映画を先にみてからの原作。 映画が思いがけず良かったので、原作はちょっと期待しすぎた感あり。 映像のイメージが強すぎたのかな~。 熊本で死者が死んだ時のままの年齢で黄泉がえる現象が起こる。 愛する人たちに会え本人も周りも喜... [続きを読む]

受信: 2007年12月25日 (火) 09時28分

« 通勤地獄 怖い女 | トップページ | 茶々 »