« マリア  | トップページ | 神童 »

2007年12月20日 (木)

きみにしか聞こえない

★★★★

 1時間の時差があるケータイ電話の恋。まるで韓国映画『イルマーレ』のケータイ版じゃないか。原作者は今流行りの乙一であるが、僕はまだ未読である。しかしこの映画を観て無性に読みたくなってしまった。
 話すことが嫌いで孤独な少女と、話したくとも言葉を持たない聾唖の青年のラブストーリーなのである。それをとり持つのが、捨てられていた不思議な携帯電話。
 この電話は心で話す事で通じるのだ。だから聾唖者でも会話が出来る。そのうえ電話器がなくとも大丈夫なのだ。それではなぜ携帯電話など拾う必要があったのかと言いたくなるが、たぶんこれはイメージなのだと考えるしかない。

きみにしか聞こえない DVD きみにしか聞こえない

販売元:メディアファクトリー
発売日:2007/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この映画の見所は二つ。一つは壊れたものを丁寧に修理して、大切に使う聾唖青年の優しい心象風景。
 そしてもう一つは、終盤のタイムパラドックスへの挑戦である。1時間の時差が、ここで本領発揮するのだ。
 またもう一人のケータイ友達である「原田」の正体も同時に明かされる。その手際良さは実に見事な職人芸である。
 もしかすると始めに終わりありきで、終盤の数十分のために創られた作品なのだろうか。このあたりの感覚は『いま、会いにゆきます』とも重なってくる。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« マリア  | トップページ | 神童 »

コメント

こんばんは。
TBありがとうございました。
最後は感動しましたね。
今年観た作品の中では上位でした。

投稿: MIYAUCHI | 2007年12月20日 (木) 20時15分

MIYAUCHIさんコメントありがとう
タイムトラベルものが好きなので、ちょっとハマリました。
終盤の展開にはドキドキさせられましたよ。

投稿: ケント | 2007年12月20日 (木) 20時22分

こんばんは。
映画館で見て、この間DVDも買いました。
私は原作を読んでから見に行ったので、
映画の良さに驚きました。
逆に、映画を観てから原作を読むと
すごく物足りないと思います・・・。

投稿: cherry | 2007年12月20日 (木) 21時20分

これのすぐ前に「神童」を見てて、頭がごちゃごちしてしまいました。
結構似たシチュエーションだったので。
タイムラグの使い方がうまかったですねえ。
そう来たかあ!のやられた感が心地よかったです。

投稿: sakurai | 2007年12月20日 (木) 22時41分

cherryさんコメントありがとう
この映画は、乙一の原作を超えていましたか。
いま図書館で予約していますので、読んで見ますが、映画が原作を超えるのは珍しいですよね。
乙一の本をだいぶ読まれているようですが、一番のお勧めはどのタイトルですか?

投稿: ケント | 2007年12月21日 (金) 09時51分

sakurai さんコメントありがとう
僕も最近DVDで神童みましたよ。
成海璃子は、似たような雰囲気でしたね。
そうラストのタイムラグの使い方は、実に見事でしたよね。

投稿: ケント | 2007年12月21日 (金) 10時03分

こんにちは、TBありがとうございます。こちらからが相変わらず不調のようですいません。

いい映画でしたね~主題歌もピッタリで印象的な映画です。原作も好きでしたが、これは映画化大正解だったと思います!この小出恵介さん、今まで見た中で一番素敵でした。

投稿: hito | 2007年12月21日 (金) 10時03分

hitoさんコメントありがとう
hitoさんも原作を読んでいたのですね。映画のほうが原作を超えているという声もありますが、 hitoさんはどう思いましたか。
 小出恵介は優しく温かい感じがしましたね。八千草薫さんと息がぴったりという感じでした。

投稿: ケント | 2007年12月21日 (金) 16時00分

TBありがとうございます。
はっきり言えますが、これはもう原作をこえています。あの原作からここまで情感豊かな映画が生まれるとは思いませんでした。時差のトリックは、トリックのためのトリックのようで原作でも映画でもちょっと気にはなりましたが。

投稿: ジョー | 2007年12月21日 (金) 22時28分

こんにちは♪
一時間のタイムパラドックスというのがキモでしたよね。
上手くそれが使われていました。
成海璃子ちゃんは今年の春~夏にかけて3本の主演作がありましたが、中でもこれが一番好みでした☆

投稿: ミチ | 2007年12月22日 (土) 09時38分

ジョーさんこんにちは、コメントありがとう
ジョーさんも原作読んだのですね。結構読んでいる人が多いので驚いています。
いずれにして詩のような美しい映画でしたね。

投稿: ケント | 2007年12月22日 (土) 12時43分

ミチ さんいつもコメントありがとう
タイムトラベルものが大好きな僕にとって、本作は珠玉の一品でした。
それにしても成海璃子は良く出ていますね。ちょっと老成しているようで可愛さには欠けますが、ひとつにはピアノが弾けるということが、彼女の武器ですよね。

投稿: ケント | 2007年12月22日 (土) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/9490962

この記事へのトラックバック一覧です: きみにしか聞こえない:

» 映画「きみにしか聞こえない」を観ました!!(2007-15) [馬球1964]
映画「きみにしか聞こえない」を観ました!!2007年の第15作目です。 [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 20時12分

» ★ 『きみにしか聞こえない』 [映画の感想文日記]
2007年。StudioSwan/フューチャー・プラネット/インディペンデント・フィルム・ファンド。   荻島達也監督。乙一原作。DreamComeTrue主題歌。 成海璃子、小出恵介、その... [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 20時20分

» きみにしか聞えない [ネタバレ映画館]
私の頭の中の携帯?消しゴムじゃないのか・・・“ケ”繋がりで、私の頭の中の毛虫でもいいんじゃないか・・・ [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 22時26分

» きみにしか聞こえない [お萌えば遠くに来たもんだ!]
最終日に観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督: 荻島達也 原作: 乙一 『Calling You』 脚本: 金杉弘子 ケータイを持っていない女子高生、相原リョウ。コミュニケーションが苦手で、かける友達がいないから。高校からの帰り道、誰もいない公園でオモチャのケータイを見つけたリョウは、思わずソレを持ち帰ってしまう。翌朝、何故かそのケータイが鳴り出した・・・。 キレイな映画でした。キレイすぎるくらい。 登場人物も、長野の風景も、鎌倉の景色も、みんなステキでした。 成海璃子チ... [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 22時38分

» 『きみにしか聞こえない』 [ラムの大通り]
----これって乙一の原作だよね。 これまでがこれまでだけに、 ちょっと心配だニャあ。 「そうだよね。 乙一が映画化されるたびに、 ぼくがクドいほど言っている叙述トリック。 これって映像でやるのは至難の業。 しかも今回は頭の中の携帯だからね。 実際に口に出しては喋らない上に、 心の中の言葉を一人演技で表現しなくてはならない」 ----今回のヒロインを演じているのは 『あしたの私のつくり方』の成海璃子だっけ。 「うん。これが意外に 乙一のヒロインとしてハマっていた。 『暗いところで待ち合わせ』の田中麗... [続きを読む]

受信: 2007年12月21日 (金) 00時03分

» 映画「きみにしか聞こえない」 [日々のつぶやき]
監督:荻島達也 出演:成海璃子、小出恵介、八千草薫 「たぶんクラスでただ一人携帯を持っていない高校生のリョウ。傷つきやすく、人と距離を置いていて、友だちがいない。ある日公園で拾ったおもちゃの携帯が突然鳴り出した、でもその着信音はほかの人には聞こえな... [続きを読む]

受信: 2007年12月21日 (金) 10時01分

» 「きみにしか聞こえない」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「きみにしか聞こえない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:成海璃子、小出恵介、他 *監督:荻島達也 *原作:乙一 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^... [続きを読む]

受信: 2007年12月21日 (金) 10時57分

» 「きみにしか聞こえない」:木場二丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}こんな高速道路の脇に住んで、車の騒音がうるさくないのかしら。 {/kaeru_en4/}俺は昔、JRの線路のすぐ隣のアパートに住んでいたけど、全然気にならなかったぜ。 {/hiyo_en2/}鈍感なだけじゃないの? {/kaeru_en4/}慣れだよ、慣れ。ずっとそこにいれば気にならなくなるの。騒音なんて案外、たまに来る人にしか聞こえないもんなんだ。 {/hiyo_en2/}たまに来る、きみにしか聞こえない、ってこと? {/kaeru_en4/}きみにしか聞こえない・・・?... [続きを読む]

受信: 2007年12月21日 (金) 22時00分

» 映画 【きみにしか聞こえない】 [ミチの雑記帳]
試写会にて「きみにしか聞こえない」 乙一の同名小説の映画化。監督は新人の荻島達也。 子供の頃のある出来事のトラウマから人と話すのが苦手な高校生のリョウ(成海璃子)はある日公園でおもちゃのケータイを拾う。数日後、リョウには着信音が聞こえ、若い男性シンヤ(小出恵介)とテレパシーで通話できるようになり、二人の不思議な交流が始まる。 全然見に行く計画がない作品だったのだけど、思いがけず試写会に当たり思った以上に良い作品だったので、儲けたな〜という気分デス。なるべくネタバレしないように書きましたが、この... [続きを読む]

受信: 2007年12月22日 (土) 09時37分

» きみにしか聞こえない [夫婦でシネマ]
スローなテンポが心地よい、せつなくて泣けるラブストーリーでした。 [続きを読む]

受信: 2007年12月22日 (土) 11時57分

» きみにしか聞こえない [たりらーんとタワゴト]
<あらすじ> 傷つきやすく内気な女子高生リョウ。 友達のいない彼女はケータイも持っていない。 でもある日、公園で拾ったおもちゃのケータイから着信音が・・・。 それは、見知らぬ青年シンヤからの電話だった。 このときから、リョウとシンヤは空想の電話でつながった。 横浜と長野にそれぞれ暮らす、孤独だったふたりは、 いろいろな話をするうちに少しずつ心の距離を近づけていく。 そして、語り合うことでお互いの心強い味方になっていくのだった。 シンヤの励ましをうけたリョウは、 少しづつ周囲にも心を開いていくようにな... [続きを読む]

受信: 2007年12月23日 (日) 08時04分

» きみにしか聞こえない [キューピーヘアーのたらたら日記]
誰か、璃子ちゃんのために、まともな脚本書いてやれよー! あるいは、まともな監督、紹介してやってくれよー! みたいな。 チョー退屈系なつまんない映画。 くーっだらねーの。 あんまりつまんないんで おじさん、DVDの途中で2回もタバコ休憩入れちゃいました。 そーなんですよ、復活しちゃったんです。 ナニを。 つまり、それを。 たらたら日記、愛読者の方ならもうお分かりでしょう。 タバコですよ、タバコ。 結局、禁煙は半年しか続きませんでした。 もう、こうなったら一生お付き合いする... [続きを読む]

受信: 2007年12月23日 (日) 20時29分

» きみにしか聞こえない☆独り言 [黒猫のうたた寝]
あれは2005年のこと(笑)偶然図書館で、友人が好きだという乙一の本を発見。たまたま、んじゃこれかな?って借りた2冊『GOTH』と『失はれる物語』今日観た映画『きみにしか聞こえない』の原作が、『失はれた物語』に収録された短編のひとつだったわけでタイトルは『Call... [続きを読む]

受信: 2007年12月26日 (水) 00時42分

» きみにしか聞こえない [Good job M]
公開日 2007/6/16監督:荻島達也出演:成海璃子/小出恵介/片瀬那奈/高田延彦/中野英雄/古手川祐子/岩城滉一/八千草薫 他【あらすじ】相原リョウは、横浜に住む女子高校生。内気で傷つきやすく、友達のいない彼女はケイタイも持っていない。ある日、公園で拾ったおもちゃ...... [続きを読む]

受信: 2007年12月29日 (土) 11時22分

» ≪きみにしか聞こえない≫ [ミーガと映画と… -Have a good movie-]
きみにしか聞こえない ¥3,651 Amazon.co.jp (DVDレンタル@2007/12/25) 製作年度2007年 製作国日本 上映時間107分 監督荻島達也出演成海璃子、小出恵介、片瀬那奈、石川伸一郎、高田延彦、羽田実加、坂田梨香子、中野英雄、古手川祐子、岩城滉一、八千草... [続きを読む]

受信: 2008年1月11日 (金) 11時56分

» 映画『きみにしか聞こえない』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
運命は変えられない、変えることなどできない、たとえそれが1時間前に分かっていたとしても、何度繰り返したとしても・・そんな、哀しく切ない愛の物語・・・ 港ヨコハマの女子高生、相原リョウ(成海璃子)は友達もなく携帯電話も持たない孤独な学校生活、ある日の帰り道、... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 18時32分

« マリア  | トップページ | 神童 »