« 青空のルーレット | トップページ | XX エクスクロス 魔境伝説 »

2007年12月 6日 (木)

転々

★★★★

 新宿テアトルは超満員で立見が出る勢いであった。そして館内は笑いの坩堝である。僕も久し振りに大声で笑いころげてしまった。

           Scan10272

 お話はしごく単純明快。貧乏学生のオダギリ・ジョーに張り付いていた借金とりの三浦友和が、「百万円やるから俺の散歩につきあえ!」と言い出す。金欠病のオダギリは、金欲しさにこの怪しげな申し出を受け、二人で懐かしい場所を歩き回わるのである。
 ただこれだけのことで、全くストーリーになっていないのだが、散歩途中で巡り合う人々との掛け合いが面白い。またヤクザな三浦が、百万円使ってまでオダギリと散歩する理由が、なかなかいじらしいのだ。
 後半は小泉今日子との擬似家庭シーンに、かなり時間を裂くのだが、これがこの映画のテーマだったのだろうか。虚構と知りつつも、皆が家族の役割を真剣に演じている。
 その中になんともほのぼのとした家庭風景をみた。そしてなんとなくホロリとさせられる。人は現実より虚構に生きるほうが、上手に生きられるのだろうか・・。
 前半はただバカのように笑い転げていたが、終盤になって少し考えさせられたね。こんな変わった映画も楽しいものである。ただしこの映画を観るには、多少の人生経験が必要かもしれない。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 青空のルーレット | トップページ | XX エクスクロス 魔境伝説 »

コメント

こんにちは~相変わらずTB不調なようですいません!

ただユルユルと進むどうってことないストーリーなのですが、とても温かい気持ちになり、途中の小ネタには笑いっぱなし。とっても好みな映画でした。

キョンキョンが参加してからの擬似家族は本当の家族のような何でもない会話と食卓に並ぶメニューが、本当の家族っぽくてしみじみさせられますね~

投稿: hito | 2007年12月 6日 (木) 15時12分

ケントさん、TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
いま原作を読んでいるのですが、映画も面白かったですが、原作の方も面白いですよ! 映画にはないエピソードなどもあって^^ あとはオーギョーチィ(愛亜玉子)を食べに行くのみ(笑) 無事食べれたら、報告にまた来ます~♪

投稿: cyaz | 2007年12月 6日 (木) 17時28分

こんばんは♪
三木監督の『時効警察』などが大好きなので、この映画のテイストも好みでした。
私もいっぱい笑いました~。
もっとあの二人の散歩が続くといいのになと思ってました(泣)
いきなり終わっちゃうラストもかなり印象に残りました。

投稿: ミチ | 2007年12月 6日 (木) 20時18分

コメント&TBありがとうございます。

意外と言っては失礼かもしれませんが、期待よりずっと面白い作品でした。三浦友和も岸部一徳も良かったですし...。

映画を観た後、原作を読んだのですが、原作とは、散歩の理由と擬似家族の意味合いに大幅な変更が加えられていました。原作は原作で面白かったですが、映画は映画として良い作品に仕上がっていたと想います。

投稿: MANAMI | 2007年12月 6日 (木) 20時35分

こんばんはミチさん、TB&コメありがとう
なにもない淡々としたストーリーですが、なかなか味わい深く癒されますよね。
それにしても、ひとは偽装家族のほうが落ち着くのかな・・
三丁目の夕日といい三浦友和は、なんでも出来る俳優になりましたよね。
確かにいきなり終わっちゃうラストもそれなりに良かったですね。

投稿: ケント | 2007年12月 6日 (木) 20時42分

hitoさんコメントありがとう
TBもちゃんとついていますよ。
確かにキョンキョンが参加してからのお話は、急に楽しくなりましたよね。
それにしても時計屋さんはどうやって暮らしているのでしょうか。

投稿: ケント | 2007年12月 6日 (木) 20時44分

cyaz さんコメントありがとう
原作も良かったですか。では図書館で探して見ますね。愛亜玉子はどこで食べるのですか?

投稿: ケント | 2007年12月 6日 (木) 20時45分

MANAMI さんコメントありがとう
誰が言ったのか「町で岸部一徳にあうと幸福になる」なんてなかなか洒落ていましたね。
重要なポイントが原作と違っていたのですね。是非原作を読んでみますね。

投稿: ケント | 2007年12月 6日 (木) 20時52分

おバカなやりとりの中にも愛情が感じられて、大笑い出来る一方でしみじみとそしてほっこり出来る温もりが心地いい映画でした。

花やしきで家族のように遊んで、そしてカレーライスで最後の晩餐。疑似家族なのに何だかとっても愛おしくて、彼らが離ればなれになってしまうのがちょっと寂しく思えてきちゃいました。

愛玉子は中華料理屋さんなどにあると思いますけど、杏仁豆腐やタピオカなど中華系のデザートなどと並んでスーパーにもあったりしますよ。私はお気に入りです。

投稿: かのん | 2007年12月 9日 (日) 18時00分

かのんさんコメントありがとう
ほんと大笑いした割には、暖かい温もりを感じましたよね。
最後の別れは、なんとなく寂しかったですね。
愛玉子、中華屋さんに聞いてみますね。

投稿: ケント | 2007年12月10日 (月) 11時41分

今晩は!~今年初投稿です。
実は昨年暮れに観たのですが、年越しの準備で忙しく昨日やっとアップしました。
三木監督作品は、前に「イン・ザ・プール」をDVDで見たのですが、とっても変な笑いというかそんな感じがする作品でした。
今回は、なんかホッとする温かな「疑似家族」でも本当の家族より、思いやりと温かさが感じられました。

投稿: パピのママ | 2008年1月 4日 (金) 22時02分

パピのママさんこんばんは
なかなかユニークで面白い映画でしたよね。
淡々と散歩していたけれど、実は妻殺人事件だったんですからねえ。
いま原作を読んでいるところですが、こちらもなかなか面白いですよ。

投稿: ケント | 2008年1月 4日 (金) 23時49分

こんにちは。
この作品はおもいっきりツボにはまりました。大好きです。
小説は未読なので、今度読んでみますね。

投稿: masako | 2008年1月13日 (日) 15時11分

masakoさんコメントありがとう
是非図書館で小説借りてみてください。
読んだら感想おしえいくださいね。

投稿: ケント | 2008年1月14日 (月) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/9274796

この記事へのトラックバック一覧です: 転々:

» 転々 87点(100点満点中)07-340 [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
帰る家なし 親もなし 公式サイト 藤田宜永の同名小説を原作とした、『図鑑に載ってない虫』に続く三木聡監督の最新作。 一応は原作のストーリーや設定をベースとしてはいるが、三木聡が原作そのままに作るわけがない事は言うまでもなく、相変わらずな小ネタ満載の脱力...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 13時54分

» 『転々』 [Sweet*Days**]
監督、脚本:三木聡 CAST:オダギリジョー、三浦友和 他 大学8年生の竹村文哉(オダギリジョー)は親から捨てられ孤独に生きる男。借金も80万あり、借金取りの福原(三... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 14時26分

» 映画「転々」 [日々のつぶやき]
監督:三木聡 出演:三浦友和、オダギリジョー、小泉今日子、岸部一徳 「80万の借金のある文哉のもとに借金取りが現われた。次の日その借金取りの福原愛一郎は100万やるから俺に付き合えと、二人で東京散歩をする提案を持ちかける。終点は霞ヶ関、期間は福原の気が済む... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 15時02分

» 転々/オダギリジョー、三浦友和 [カノンな日々]
私にとっての11月の大本命映画といえば「三丁目の夕日」よりもこの「転々」。以前からとても待ち遠しかったんですが、混みそうな最初の3日はあえて避けてみました。実はチネチッタでも2週間遅れで公開されるんだけど、さすがにそこまでは待ちきれなくてアミューズCQNへゴー...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 15時30分

» 転々(映画館) [ひるめし。]
歩けばわかる やさしくなれる [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 15時40分

» 【映画】転々 [快投乱打な雑記帳]
 時効警察の三木聡監督とオダギリジョーが組んだ映画作品。ってことでその雰囲気はわざわざ説明するまでもないか?(笑)  「時効警察」はもちろん、「亀は意外と速く泳ぐ」もかなり面白かったので、観に行ってきました。... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 16時30分

» 『転々』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「転々」□監督・脚本 三木聡 □原作 藤田宜永(「転々」新潮文庫刊) □キャスト オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子、岩松了、ふせえり、松重豊、笹野高史■鑑賞日 11月25日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> これは三浦友和の真骨頂とも言えるべき作品です。 アクマ先生もビックリな(笑) “町で岸部一徳を見かけたらいいことが起こる”町で見かけたわけではないですが、一徳もシローも見かけたけど、プ... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 17時17分

» ワタシも岸部一徳に会いたい!【転々】 [犬も歩けばBohにあたる!]
テレビ朝日で放送されていた『時効警察』のオダギリジョー主演で監督が三木聡とくりゃ [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 17時20分

» 映画 【転々】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「転々」 藤田宜永の同名小説を三木聡監督が映画化。 おはなし:幼いころに両親に捨てられた孤独な大学8年生の竹村文哉(オダギリジョー)はいつの間にか84万円の借金をこしらえていた。返済期限まであと3日。ところが、その期限の前日、借金取りの福原(三浦友和)がやってきて吉祥寺から霞が関までの散歩に付き合えばその報酬として100万年をやると提案される。 妻を殺した借金取りと借金まみれの大学8年生。妻を殺したり理由や、妻が死んでいることの真偽、借金が84万円もある理由などは一切語られないまま... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 20時16分

» 転々 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
大学8年生の文哉は、家族もなく、天涯孤独の身の上。自堕落な生活の中で、いつの間に、84万円の借金を抱えていました。その借金の取立てにやってきたのが福原。3日後までに全額返せと迫ります。その後、再び、文哉のもとにやって来た福原は、吉祥寺から霞ヶ関までの散歩&quo... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 20時37分

» 転々 [メルブロ]
転々 188本目 上映時間 1時間41分 監督 三木聡 出演 オダギリジョー 三浦友和 小泉今日子 吉高由里子 岩松了 ふせえり 松重豊 鷲尾真知子 石原良純 岸部一徳 評価 9点(10点満点) 会場 テアトル新宿    「時効警察」でおなじみの三木聡監督とオダ...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 7日 (金) 00時21分

» 【2007-175】転々 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 歩けばわかる、やさしくなれる 目的地 霞ヶ関 期限 無し ひとりぼっちの男ふたりの、 心ほどけるとぼとぼストーリー [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 20時56分

» オーギョーチィ(愛玉子) [京の昼寝〜♪]
オーギョーチィ(愛玉子) 12月9日(日)   HP 「愛玉子(オーギョーチィ)」   先日観た映画『転々』 その中の1シーンに三浦友和とオダギリジョーが愛玉子を食べるシーンがありました。 今、原作を読んでいる最中なので何だかオーバーラップして楽しいです 原作では谷中界隈の描写も出てくるんですねぇ。  一度近くまで来ていたので、JRの鶯谷駅からの方が近いことは知っていたのですが、ここは駅前が結構ラブホ街なので、別にラブホを利用するわ... [続きを読む]

受信: 2007年12月12日 (水) 12時46分

» 転々 [future world]
監督があの「時効警察」の三木聡、そしてオダジョー・ふせえり・岩松了・・・ こりゃぁ、観なきゃ! ってなカンジだったけど‘時効警察的面白さ’だけじゃないんだよね。 じんわりくる切なさ、セリフの所どころに引き込まれるんだなぁ。 オダギリジョー演じる文哉は....... [続きを読む]

受信: 2007年12月22日 (土) 01時02分

» 映画[ 転々 ]異端児、三木聡監督 [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ 転々 ]を渋谷CQNで鑑賞。 裏切られた〜!! [続きを読む]

受信: 2007年12月27日 (木) 01時21分

» 『転々』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]           2007/11/10公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 切なさ[:悲しい:][:悲しい:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】三木聡 【脚本】三木聡 【原作】藤田宜永 『転々』(新潮社刊) 【時間】101分 【出演】 オダギリジョー/三浦友和/小泉今日子/吉高由里子/岩松了/ふせえり/松重豊/広田レオナ/津村鷹志/宮田早苗/石井苗子/横山あきお/平岩紙/ブラボー小松/末広ゆい... [続きを読む]

受信: 2007年12月29日 (土) 01時01分

» 転々 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
歩けばちゃんと前に進むのです!!__脱力系と言われる三木聡監督の新境地と言われる本作。真骨頂というほうが適当かもしれない。 ひとりぼっちの男が2人、東京の街を歩くロードムービー! 大学8年生の文哉は、家族もなく、孤独で自堕落な生活を送っていた。 いつの....... [続きを読む]

受信: 2008年1月 4日 (金) 22時24分

» 『転々』 @テアトルタイムズスクエア [映画な日々。読書な日々。]
大学8年生の文哉は、家族もなく、孤独で自堕落な生活を送っていた。いつの間にか作った借金は84万円。返済期限まで残すところ3日という時に、借金取りの男、福原がやってきて、吉祥寺から霞ヶ関まで歩くのに付き合ったら、借金をチャラにすると提案される。返すあてのない文... [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 15時03分

» 転々♪オダジョー&三浦友和のコラボは最高! [銅版画制作の日々]
  三浦友和のロングヘアーがなかなかいい いよいよ「転々」のレビュー、書きますいやあ〜ようやくここまでこぎつけましたよ。12月7日、京都シネマで鑑賞しました。この日は、「タロットカード殺人事件」とこの作品を連続で鑑賞。まったく違うジャンルの違う作品でしたが、私は「転々」の方がいいですね お馴染み三木聡監督のゆる〜い作品なので、あまり好みじゃないかな?なんて思っていたのですが、いいです!この作品は凄く良かった三浦友和のロングヘアーも最高でした。演技... [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木) 00時23分

» 切ない東京散歩〜『転々』 [真紅のthinkingdays]
 大学8年生の文哉(オダギリジョー)はある秋の日、借金取りの福原(三浦友和) から「散歩に付き合ったら100万やる」と持ち掛けられ、男二... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 21時32分

« 青空のルーレット | トップページ | XX エクスクロス 魔境伝説 »