« 通勤地獄 注意されない人々 | トップページ | 奥秩父紅葉狩りの旅 »

2007年11月18日 (日)

笑の大学 

★★★☆

 原作はあの『有頂天ホテル』の三谷幸喜だという。セリフのある出演者は、役所広司とスマップの稲垣吾郎のたった二人きりだ。しかも舞台の約9割は、ガランとした取調室が中心なのである。

笑の大学 スペシャル・エディション DVD 笑の大学 スペシャル・エディション

販売元:東宝
発売日:2005/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 もともと舞台用に書かれた脚本で、以前に舞台上演されたという。舞台劇としては、かなり秀逸な出来であるが、わざわざこれを映画にする意味は乏しい。
 ましてや二人芝居なのだから、抜群の演技力を備えた二人を選ぶ必要がある。役所広司は見事にこの役をこなしたが、稲垣吾郎にはかなり荷が重かったのではないか。
 そうしたマイナス面を考慮してもなお、この作品の素晴らしさに拍手を送りたい。なぜなら二時間余の時間があっという間に経過しても、もっと見続けたいという気分が溢れてきたからである。
 また全編に流れる心和む懐かしい音楽も実にマッチしていたし、あの楽しさ一杯のエンディングクレジットも見過ごせないだろう。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 通勤地獄 注意されない人々 | トップページ | 奥秩父紅葉狩りの旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/8976373

この記事へのトラックバック一覧です: 笑の大学 :

» 笑の大学 (2004) 121分 [極私的映画論+α]
 おにくのために・・・ [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 18時27分

» 笑の大学 in国際映画祭 [メルブロ]
笑の大学 10本目 上映時間 2時間1分 監督 星護 原作 三谷幸喜  出演 役所広司 稲垣吾郎 評価 9点(10点満点) 会場 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7  見ました、笑の大学。しかも国際映画祭!なので舞台挨拶付き!場所は六本木ヒルズ。よい...... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 19時00分

» 【MOVIE】笑いの大学 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
今年のNHK大河の三谷幸喜作品。 主演は、先ごろ全米でリメイクされた「Shall We Dance?」の日本版主役の役所広司とSMAPの稲垣吾郎。 昭和15年、国民の娯楽である演劇は規制され、国から台本の検閲がなされ、許可が下りないと上映できないようになっていた。 台本の検閲....... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 23時16分

» 「笑の大学」 [ひらりん的映画ブログ]
SMAPの稲垣吾郎と役所広司が主演。 原作・脚本が三谷幸喜で面白そっ。 2004年製作のコメディ・ドラマ、121分もの。 あらすじ以下ネタバレ注意↓ (反転モード・・左クリックのままマウスを動かしてね) 戦争の足音が聞こえてきそうな昭和15年・・・ 浅草に舞台がある劇団「笑の大学」の座付き作家の椿一(つばき はじめ)。 国威高揚の妨げになる娯楽の検閲を受けるため警察へ。 そこには、一度も笑ったことがない厳格な検閲官・向坂(さきさか)がいた。 そんな向坂、お笑い一筋の作家の椿の作品を読んで・・・ な... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 01時01分

» 『笑の大学』 [京の昼寝〜♪]
■監督 星 護 ■キャスト 役所広司、稲垣吾郎、高橋昌也 ■原作・脚本 三谷幸喜 三谷幸喜作の傑作舞台が遂に映画化! 舞台は昭和15年、戦争への道を歩み始めた日本で、国民の娯楽である演劇が規制され、台本も上演前に検閲を受けていた。そんな時代に、警視庁の取調室で、二人の男が出会う。  1人は笑ったことがない男、情け容赦ない検閲官・向坂睦男(さきさかむつお)(役所広司)  1人は笑いに命をかける男、劇団・笑の大学・座付作家・椿一(つばきはじめ)(稲垣吾郎) 「笑」を排除するための検察官の要求は皮... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 08時13分

» <笑の大学>  [楽蜻庵別館]
2004年 東宝 122分 監督 星護 脚本 三谷幸喜 撮影 高瀬比呂志 音楽 本間勇輔 出演 向坂睦夫:役所広司    椿一:稲垣吾郎    警官:高橋昌也    :小松政夫  石井トミコ  長江英和    昭和15年、第二次世界大戦間近の言論統制の厳しい時代が舞台。 あまり笑いを理解しようとしない真面目な警視庁保安課検閲係の向坂睦夫は、目を通す芝居の台本を次々に一部変更や上演不許可の印を押すという堅物。 東京浅草の劇団“笑いの大学”の台本“ジュリオとロミエット”...... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 09時03分

» 『笑の大学』 [Sweet* Days** ]
三谷幸喜脚本、役所広司、稲垣吾郎主演のコメディ。 昭和15年、第二次大戦に突入し、日本が戦争一色になろうとしていた頃。表現の自由に国家から圧力がかけられるようになっていき、演劇や喜劇などの芸術に対する圧力もどんどん強くなっていった。 その、喜劇の台本の検閲をする役人が、向坂@役所広司。彼は生まれて一度もお腹から笑ったことがないと言うぐらいお堅い人間で、尚更喜劇の台本への規制を厳しくしていた。 そんな向坂の所に、ある日自分の書いた本を持ってきた若き青年喜劇作家、椿一@稲垣吾郎。彼は劇団『笑の... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 18時20分

» 笑の大学 [ネタバレ映画館]
 『ホテルビーナス』『茶の味』『NIN×NIN』『2046』(ハウルの動く城)・・・そしてこの作品。SMAPのメンバー出演映画が今年は出揃いましたね。。。えっ、一人忘れてるって? [続きを読む]

受信: 2007年11月29日 (木) 15時51分

« 通勤地獄 注意されない人々 | トップページ | 奥秩父紅葉狩りの旅 »