« 姫川温泉 国富翠泉閣 | トップページ | クローズド・ノート »

2007年9月30日 (日)

犬神 

 体の中から強力な刃物が飛び出して、人間をバサッバサッと切リ刻んでゆく犬(実は狼)たち。媒体は狼が中心となっているが、この展開は岩明均の『寄生獣』と似ている、というより『寄生獣』そのものである。
 さらにクラスメートの女の子との関係までも似ているよね。だからと言って、『寄生獣』のパクリとは言わないが、かなり影響を受けていることは確かだろう。

犬神 (7) (講談社漫画文庫) Book 犬神 (7) (講談社漫画文庫)

著者:外薗 昌也
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 もちろん狼との友情とか、日本神話の世界観を絡めた展開など、『寄生獣』よりは論理的な展開が深くなっていることも見逃せない。また全14巻という構成も長過ぎず短か過ぎずでちょうど良いね。
 ただ由梨子が巨大化してゆく辺りから、急にストーリーのテンポが狂ってしまったような気がする。また人間が簡単に死に過ぎるし、登場人物が限定的である。
 もしかすると私のレべルが低過ぎて、急展開について行けなくなったのかもしれない。しかしながら絵は綺麗だし、全搬的にとても楽しく読ませてもらったと思う。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願い(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 姫川温泉 国富翠泉閣 | トップページ | クローズド・ノート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/8176084

この記事へのトラックバック一覧です: 犬神 :

« 姫川温泉 国富翠泉閣 | トップページ | クローズド・ノート »