« ピアノの森 | トップページ | 通勤地獄 私鉄の急行 »

2007年7月29日 (日)

ねじの回転

 恩田陸の文章は、どことなく小麦紛とバターの香りがする。だから翻訳小説のような、お洒落な雰囲気が漂う。また2.26事件という語り尽くされた題材を扱いながらも、全く斬新さを失っていない。

ねじの回転―February moment (上) (集英社文庫) Book ねじの回転―February moment (上) (集英社文庫)

著者:恩田 陸
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 2.26事件を背景に、同じくタイムスリップするお話として、宮部みゆきの『蒲生邸事件』がある。こちらはどちらかというと、タイムスリップという手法を持いたミステリーといった趣だ。
 一方本作のほうは、ハードな部分は「シンデレラの靴」とか「懐中連絡機」とか、「不一致」とか、耳ざわりの良い言葉を使って回避しているが、ある意味ガチンコのSF小説といってよいだろう。
 また実在した人物三人を主役に据えたり、天皇に対しても触れたりと、かなり生々しい展開に終始する。ただ女性がほとんど登場しないため、ストーリーに暖かさが感じられないのがちょっと寂しい。
 そのためか、『蒲生邸事件』のように感情移入が出来ないが、SF小説としては決して悪くはない。ただストーリーの結未については、もうひと捻りして欲しかったね。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願い(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ピアノの森 | トップページ | 通勤地獄 私鉄の急行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/7316828

この記事へのトラックバック一覧です: ねじの回転:

» 「恩田陸」の感想 [読書感想トラックバックセンター]
「恩田陸(おんだりく)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *主な作品:黒と茶の幻想、チョコレートコスモス、夜のピクニック、蛇行する川のほとり、麦の海に沈む果実、光の帝国 常野物語、六番目の小夜子、ネバーランド、木曜組曲、ユージニア、蒲公..... [続きを読む]

受信: 2008年1月25日 (金) 07時30分

» 恩田陸「ねじの回転」 [ご本といえばblog]
ねじの回転―FEBRUARY MOMENTクチコミを見る 恩田陸著 「ねじの回転」を読む。 このフレーズにシビれた。  そこには正解はない。だが、彼らは試みる。彼らは新たな地平を求め、今また新たな歴史の一ページを作ることを果敢に試みるのだ。 [巷の評判]恩田陸を読むでは, 「...... [続きを読む]

受信: 2010年2月20日 (土) 11時12分

« ピアノの森 | トップページ | 通勤地獄 私鉄の急行 »