« 死者は黄泉が得る | トップページ | ねじの回転 »

2007年7月28日 (土)

ピアノの森

★★★★

 久々に心から感動出来る映画を観た。アニメであることが残念だが、アニメでなければ感動を得られないことも確かである。もし無理に実写版を作れば、荒唐無稽で陳腐な映画になりかねない。それは宮崎駿の作品であっても同じことがいえるはずだ。

        Piano

 この作品は、一色まことのコミックが原作だが、テーマが音楽である事から、音のないコミックよりも、むしろアニメ向けの作品といえるだろう。
 裕福な家に生まれ、ピアニストをめざす雨宮修平少年が、田舎の小学校に転校して来る場面から始る。そして車で移動中に、森の中で誰かが奏でるピアノの旋律を聞く。
 森に捨てられたピアノを弾いていたのは、クラスメートになった一ノ瀬海だった。二人はいつの間にか親友となり、ともに全国ピアノコンクールに出場することになる。
 音楽家の家に生まれ、小さい頃からプロを目差してピアノレッスンを続けている修平は、少年とは思えない完璧な演奏技術の持主だ。一方の海は、貧乏でピアノレッスンなど受けたことがないが、奇跡的ともいえる演奏能力を持っている。
 ストーリー展開も面白いが、やはりピアノの奏でる名曲に大感動するはずだ。いつも何気に耳にしている、モーツァルト、べートべン、ショパン等のクラシック音楽。だがこうしてスクリーンを見つめながらじっくり聞いていると、自然と涙が溢れてくる。それだけ名曲には感動の魂が宿っているのだろう。
 悲しいシーンや嬉しいシーンがある訳ではない。そして無理やり或いは、巧みに感動を誘うようなシナリオでもない。それでいて自然な形で、感動という嵐が心の琴線に吹きこんでくるから不思議である。
 

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願い(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 死者は黄泉が得る | トップページ | ねじの回転 »

コメント

丁寧に作られた良い映画でしたね。
若干薄味な気もしましたが、音楽の神秘性みたいなものが良く出ていました。
原作を読みたくなりました。

投稿: ノラネコ | 2007年7月31日 (火) 00時18分

ノラネコさん、コメントありがとう
原作のコミックを読みましたが、アニメは原作の前半と全く同じでした。
従がって音楽があるぶんアニメの勝ちですね。

投稿: ケント | 2007年7月31日 (火) 09時21分

ケントさま、こんにちは。TBさせて下さい。
この映画、私も自然と涙がでました。音楽の素晴らしさを改めて感じることができました。
アニメ作品とはいえ、大人も鑑賞に耐え得るものでしたね。
原作も読んでみたくなりました。
ではでは、失礼します。

投稿: 真紅 | 2007年8月 6日 (月) 09時02分

真紅さんコメントありがとう
ホントに自然の涙ですよね。
原作読みましたが、アニメとほとんど同じですね。ただアニメの続きをコミックで見れます。

投稿: ケント | 2007年8月 6日 (月) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/7303374

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの森:

» 映画「ピアノの森」 [日々のつぶやき]
監督:小島正幸 声:上戸彩、神木隆之介、池脇千鶴、福田麻由子、宮迫博之、田中敦子、松本梨香 一色まこと原作のコミックをアニメ映画化。 原作は全巻(今のところ)持っていますし、大好きだったので、映画楽しみでした まだ連載中なので、一体どの辺りまでをまと... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 12時44分

» 『ピアノの森』 [ラムの大通り]
----この映画、評判がいいようだね? 「うん。原作が『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』でも知られる一色まこと。 現在もマンガが『モーニング』で連載中。 コミックスもバカ売れしているらしい」 ----でも、それは原作のお話でしょ? ぼくが言っているのは映画のこと。 「制作をマッドハウスが手がけているんだね。 ここは『パプリカ』や『時をかける少女』などで高い評価を得ている。 丁寧な作りで人気が高いんだ。 今回もいちばんのキーとなるピアノの演奏、 その手元を手書きで再現」 ----えっ。モーションキャ... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 14時01分

» ピアノの森 62点(100点満点中)07-190 [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
上戸彩がスラングを叫んで神木隆之介と共演する映画 公式サイト 青年向け漫画誌『週刊モーニング』に連載中の、一色まこと原作の同名漫画をアニメ映画化。原作における"小学生編"のエピソード、1〜6巻までのストーリーで構成されている。 監督は同原作者の『花田少年....... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 22時08分

» ピアノの森 [そーれりぽーと]
きっと原作通りな展開で、「なら原作読んでりゃ良いやん」なんてレビューを書く結果になるんだろうなぁと思いつつ。 でも昨年夏にスマッシュヒットを飛ばした『時かけ』のマッドハウスが、この夏を意識してぶつけてきた映画なんだし、漫画読んでるだけじゃどんな曲なのかわからない楽曲が聞こえてきたら、また違うんじゃないかな? なんて、映画館で観ようか散々迷った挙句、今晩の予定が空いたので、結局『ピアノの森』を観てきました。 ★★★★ やっぱり原作通りでした。 “茶色の小瓶”のエピソードは無かったけど。 コンクール... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 23時02分

» 『ヤングアニマル』は、青年コミック誌です。 [ヤングアニマル!!]
『ヤングアニマル』は、白泉社より刊行されている青年コミック誌です。「ベルセルク」など連載作品がどんどん映像化され、人気度がアップしています。 [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 23時03分

» ピアノの森 [八ちゃんの日常空間]
The Perfect World of Kai 176[MOVIX亀有/SC3/SRD] 公式サイト 『行こう、森へ。』 上戸彩、違和感なくびっくり 河童のクゥと夏休みと同じ松竹配給。こちらは時をかける少女でもお馴染みマッドハウスが指揮しているということもあって期待していました。 それに....... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 23時37分

» 「ピアノの森」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
アニメ映画「ピアノの森」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):一ノ瀬海(上戸彩)、雨宮修平(神木隆之介)、一ノ瀬怜子(池脇千鶴)、丸山誉子(福田麻由子)、阿字野壮介(宮迫博之)、雨宮奈美江(田中敦子)、金平大学(松本..... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 08時27分

» 『ピアノの森』 [唐揚げ大好き!]
? 『ピアノの森』 ? この夏あなたは、不思議なピアニストに涙する。 ? 週刊モーニングに連載中、一色まこと原作の漫画を映画化した作品。 原作は未見ですが、只今14巻発売されているらしい。 そんなに期待はしてなかったんですが、これが思いのほか面白かった。 や... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 12時52分

» 「ピアノの森」 [しんのすけの イッツマイライフ]
驚くくらいいい映画でした。   ピアノやクラシックにまったく縁のない私が言うのもなんですが、 こんなに真剣にピアノを聞いたのは初めてで、 またピアノに魅せられてしまいました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 21時12分

» ピアノの森・・・・・評価額1350円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
私は、音楽を聴くのは好きだが、演奏するほうはからっきし苦手だ。 絶対音感なんて望むべくも無く、小学校の発表会で私だけ縦笛が上手く吹けず、先生から「全体の迷惑になるから、吹くまねだけして、音を出さないでね!」と、残酷な... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 00時16分

» 「ピアノの森」 良い子版「のだめ」 [はらやんの映画徒然草]
天賦のピアノの才を持つ少年一ノ瀬海と、ピアニストの家に生まれながらも努力の天才雨 [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 21時05分

» 『ピアノの森』舞台挨拶@丸の内プラゼール [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
1ヶ月ぶりの舞台挨拶レポートは、上戸彩、神木隆之介、池脇千鶴、福田麻由子、宮迫博之が声の出演をしている、一色まこと原作のアニメ『ピアノの森』でございます(爆)会場は丸の内プラゼール。 (写真) ここってロビーが狭すぎだから、開場時とか終了後は大混雑するんだ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 22時43分

» 誰かと比べる必要なんてない。『ピアノの森』 [水曜日のシネマ日記]
森のピアノを弾くことができる少年とピアニストを夢見る少年の物語です。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 00時13分

» 鳥肌が立つピアノがある。 [ひとこと日記]
私は残念ながら、邦楽なら邦楽ばっかり。 そして洋楽なら洋楽ばっかりにハマッてしま [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 02時48分

» 「ピアノの森」映画感想 [Wilderlandwandar]
漫画が原作の、天才ピアノ少年の物語をアニメ化した映画です。これだけ聞くと「また [続きを読む]

受信: 2007年8月 5日 (日) 14時14分

» 運命と天才〜『ピアノの森』 [真紅のthinkingdays]
 The Perfect World of Kai  ピアニストの家系に生まれ、自らもピアニストになる夢を持つ少年、雨宮修平。 祖母の病気のために転校した小学校では、学校近くの森に捨てられているピアノ が怪談めかして語られてい... [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 08時59分

» 福田麻由子【子役情報】 [子役情報と子役オーディション]
以前の記事にも書きましたが、この子役さんは天才です。上手い子役、器用な子役は大勢います。可愛い子や元気な子もいっぱい居ますが。福田麻由子の演技は、役そのものになり切る力が、他の子役とはランクが違います。あと「目」です。福田麻由子はセリフを言わずとも、目...... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 16時20分

» ピアノの森試写会 [アートの片隅で]
「ピアノの森」の試写会に行って来ました。 アニメという事もあり子供連れの姿が多かったのですが、映画自体は大人も充分に楽しめる内容でした。 そもそも「モーニング」という青年漫画誌に連載されていたのですから、それも当然な訳です 昨年の「のだめカンタービレ」によって火がついたクラッシクブームに便乗しての映画化なのでしょう。 原作の漫画は現在連載中なので、今回の映画は原作の序盤部分です。 勿論ひとつのお話としては完結していますが、この先も観たくなるような終わり方ではあります。 森に捨て...... [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 15時49分

» 『ピアノの森』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:]          2007/07/21公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:] 音楽度[:かわいい:][:かわいい:][:かわいい:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】小島正幸 【脚本】蓬莱竜太 【原作】一色まこと 『ピアノの森 The perfect world of KAI』(講談社刊) 【主題歌】松下奈緒 『Moonshine〜月あかり〜』 【ピアノ】ウラディーミル・アシュケナージ/橋本健太郎/野上真梨子 【時... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 00時00分

« 死者は黄泉が得る | トップページ | ねじの回転 »