« 時生 | トップページ | 死者は黄泉が得る »

2007年7月21日 (土)

舞妓Haaaan!!!

★★★

 純日本風のおバカ映画。昔流行った「こまわり君」風味の、超ナンセンスマンガそのものである。主演の阿部サダヲって、一体何者なのだろう。もうハチャメチャで羞恥心ゼロのやたら騒々しいオタクという感じだ。

     Scan10233

 本業のカップ麺開発のあと、舞妓遊びにのめり込んだかと思うと、プロ野球の選手・格闘家・俳優・政治家と大変身の連続。そのうえパンツ一丁で街をうろつく変態ぶり。
 終映後に「面白かったね」と話していたカップルがいたが、面白いよりバカバカしいと感じるのはオジさんの証拠だろうか。ことに阿部サダヲの超ハイテンションにはついていけないし、大笑いというより苦笑しか湧いてこない。もう二度と彼を観たくないね。
 せっかく良い俳優が多く出演していたし、舞妓さんたちは美しかったのに、彼の一人よがりでぶち壊しだな。それにしても柴咲コウの役回わりに何か意味があったのか。そもそもあんな男を好きだという設定も納得出来ない。
 それでもこの映画は好評で、興行的にもかなり成功したようである。まあ奇抜なアイデアの勝利とでもいうのだろうか。それとTV育ちの若者たちには、阿部サダヲの超ハイテンション演技が受けるのかもしれない。
 唯一光っていたのが、舞妓の駒子を演じた小出早織である。その顔立ち、京都弁、優しさの中にある芯の強さは、京都の舞妓はんそのものだ。また堤真一との秘められた関係はとても切ないお話だったね。

   極端に好き嫌いの分かれる映画だが、駒子の存在に評点のを一つ追加してしまった。  ただ残念ながら、阿部サダヲ、柴咲コウ、堤真一、小出早織の四角関係の結末が中途半端なため、爽やかな感動を呼び起こさないのである。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願い(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 時生 | トップページ | 死者は黄泉が得る »

コメント

ケントさま、こんにちは。TBありがとうございました。
確かに、ラストで恋愛の顛末に決着をつけてないため、不満が残りましたね。
もしかしたらケントさまは「初・阿部サダヲ」だったのでしょうか?
彼は誰にも真似できないハイテンションですね。私は大好きです(笑)
ではでは、失礼します。

投稿: 真紅 | 2007年7月21日 (土) 21時49分

真紅さんコメントありがとう
はい確かに僕は「初・阿部サダヲ」でございます。
彼は普段は無口で暗い人間らしいですね。それと脱サラでここまで来たといいます。
それはりっぱですが、騒々しいマイペース人間は苦手であります。

投稿: ケント | 2007年7月22日 (日) 02時01分

こんにちは♪
阿部サダヲが好きなのでこの映画のハイテンションには付いていけましたよ~。
でも、ケントさんがおっしゃるように、主人公たちの四角関係がどうもスッキリしなかったのが残念でした。

投稿: ミチ | 2007年7月22日 (日) 09時31分

ミチさんも阿部サダヲが好きなのですか?
どうも女性の好みは霧の中です。トホホホホ・・・
なんで皆彼が好きなのでしょうか。おじさんが分かるように説明してもらえないかな。

投稿: ケント | 2007年7月22日 (日) 11時34分

ケントさん 言いにくいですが・・・
私も阿部サダヲ好きです。。。ウホォッ
ま、実生活ではこんな人ではないと思うのですが、コメディアンとしては良いかなぁと。

なので、この映画もかなり私には好印象でして。

少々辛いことがあっても吹っ切れる映画でした。

投稿: なぎさ | 2007年7月22日 (日) 17時18分

なぎささんコメントありがとう
なんか阿部サダヲって女性のアイドルみたいですね。もちろん本当の阿部サダヲは全然別人だと思いますが、僕はああいう騒がしいギャグが肌に合わないのかな・・・
まあ彼を観たのは初めてなので、違う映画でも観て見ますか。

投稿: ケント | 2007年7月22日 (日) 18時33分

こんにちは♪
TBありがとうございました!
ケントさんは阿部サダヲが苦手なんですね(笑)
あのテンションだから好き嫌いは分かれますよね。

小出さんはすごく似合ってましたね。
柴咲コウさんよりも舞妓らしくて素敵でした☆

投稿: こーいち | 2007年7月25日 (水) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/7225211

この記事へのトラックバック一覧です: 舞妓Haaaan!!! :

» 『舞妓Haaan!!!』 [Sweet* Days**]
監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎  CAST:阿部サダヲ、柴崎コウ、堤真一 他 STORY:京都でお茶屋遊びをする事が夢の舞妓オタクの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願叶って勤め先の京都支社へ転勤となる。しかし、「一見さんお... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 20時25分

» 『舞妓Haaaan!!!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『舞妓Haaaan!!!』□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、吉行和子、小出早織、伊東四朗、生瀬勝久、北村一輝、真矢ミキ、植木等、■鑑賞日 6月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> この映画に起承転結を求めてはいけない(笑)が、アップテンポでハチャメチャで理由なく面白い、まさしくエンターテイメントな作品です 祇園や白河は京都に帰ったときに必ず通るが、実際に舞妓さんとお茶屋で... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 20時32分

» どこまでもハイテンション〜『舞妓 Haaaan!!!』 [真紅のthinkingdays]
 修学旅行で舞妓と出会い、寝ても醒めても舞妓一筋、夢は舞妓との野球拳という サラリーマン鬼塚公彦(阿部サダヲ)。京都支社へ転勤となり、念願のお茶屋デビュー が果たせると意気込む。公彦に振られた富士子(柴咲コウ)は... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 21時39分

» 舞妓 Haaaan!!! [そーれりぽーと]
阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本の、面白そうな香りがプンプンするハイテンションおバカコメディー『舞妓 Haaaan!!!』を楽しみに観てきました。 ★★★★★ おバカコメディーの枠で観るなら、★4.5個も当たり前な面白さ。 真面目に観るとキツそうだけど、俺はずっと笑いながら観てました。 勝手知ったるクドカンの脚本で、阿部サダヲが最初から最後までハイテンションのまま大暴れ。 この人は本当に36歳なのだろうか。 『妖怪大戦争』の時は危なっかしかった関西弁(今回はクドイ程の京都弁)も、あまり違和感を感じ... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 23時05分

» 舞妓 Haaaan!!! [八ちゃんの日常空間]
待望のフリーパスゲット。タダ観1本目は、楽しみにしていた「舞妓 Haaaan!!!」 やりすぎの感がする、ドタバタ・おバカ・エンタメムービーです。素直に笑い、楽しみました。面白かったです。... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 23時09分

» 舞妓Haaaan!!! [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
結構、面白かったです。 東京にある食品会社で働く平凡なサラリーマン、鬼塚公彦は、修学旅行で京都を訪れて以来、熱烈な舞妓ファンで、「お座敷で、舞妓と野球拳をする」ことを夢見ていました。そんな公彦が、ある日、舞妓のいる街、京都の支社に転勤(左遷)することが決まり... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 23時26分

» 理想を愛した男、現実を愛した女。『舞妓 Haaaan!!!』 [水曜日のシネマ日記]
舞妓しか愛せない男性が京都で巻き起こすコメディ映画です。 [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 23時59分

» ★「舞妓 Haaaan!!!」 [ひらりん的映画ブログ]
(2007/A110/S57)←今年通算110本目の鑑賞。 今週公開作は、週刊誌で★印が多かった「ゾディアック」も注目だけど・・・ 予告編見て、こりゃ面白そーーーーっ・・・て感じてたので、この作品を最初に。 この作品が初主演作の阿部サダヲとか・・・ 脚本が、宮藤官九郎とか・・・ 柴崎コウが舞妓に挑戦とか・・・ いろいろネタが詰まってそう。... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 03時11分

» 「舞妓 Haaaan!!!」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「舞妓 Haaaan!!!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ、酒井若菜、キムラ緑子、生瀬勝久、大倉孝二、山田孝之、須賀健太、北村一輝、Mr.オクレ、日村勇紀、植木等、木場勝己、真矢みき、吉..... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 05時45分

» 映画 【舞妓Haaaan !!!】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「舞妓Haaaan !!!」 クドカンこと宮藤官九郎が、ルールやしきたり満載の“舞妓”の世界を描く。監督は水田伸生。 中学の京都への修学旅行以来、熱狂的な舞妓ファンになった鬼塚公彦(阿部サダヲ)。舞妓と野球拳をする夢を持つ鬼塚は、念願の京都支店への転勤が決まる。 異常なまでに舞妓に執着する鬼塚公彦というオトコのハイテンションが見所。私は阿部サダヲのハイテンションは好きなのでなんとか最後までついて行けたけれど、あまりにバカバカしくてついていけない人もいるんじゃないかな〜って心配になった... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 09時29分

» 舞妓Haaaan!!! [Akira's VOICE]
節度と品を保って遊びましょう。 [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 10時54分

» 舞妓Haaaan!!!(映画館) [ひるめし。]
京都は日本の宝どす。 [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 14時33分

» 舞妓Haaaan!!! [UkiUkiれいんぼーデイ]
      「金払たら、なにしてもかまへんねん」(悦)   ひゃ、くぅ、え〜、ちょ、も、どんだけ、あかんって。。。 おもろすぎるやんかいさぁぁぁぁーーーーっ!!! ま、騙された思て、一回観てみて〜な。 いきなりから「つかみOK」ですから。 これはDVD欲しいくらいです。 だってね、これ観たら元気出ますもん♪ 例えば、タンスの角に足の小指を打ってしまった時とか 自転車のサドルを盗られてしまった時とか 道歩いてて、側溝にミュールのヒールが挟まった時とか お昼に... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 17時13分

» 舞妓 Haaaan!!! [ちわわぱらだいす]
面白すぎ!!! 阿部サダヲが本当は気持ち悪くて(すみません)あんまり~ 気はすすまなかったんだけど。。。 いやあ~ 面白かったです!!! 絶対オススメ!!! 大笑いしちゃいます。 まじ #90049;いつもありがとうございます。。。            ..... [続きを読む]

受信: 2007年7月24日 (火) 22時19分

» 『舞妓 Haaaan!!!』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]         2007/06/16公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】水田伸生 【脚本】宮藤官九郎 【時間】120分 【出演】 阿部サダヲ/堤真一/柴咲コウ/小出早織/京野ことみ/酒井若菜/キムラ緑子/大倉孝二/生瀬勝久/山田孝之/須賀健太/Mr.オクレ/日村勇紀/北村一輝/植木... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 18時17分

» 舞妓 Haaaan!!! [映画を観たよ]
ありえない、あなたのテンション〜♪ [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 10時49分

» 舞妓Haaaan!!!@試写会 [シュフのきまぐれシネマ]
? 舞妓Haaaan!!!  6/7(木)@よみうりホール 監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎 出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、伊東四郎、生瀬勝久、Mrオクレ、北村一輝、日村勇紀、 他 主題歌:グループ魂に柴咲コウが「お・ま・え ローテンションガール」... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 15時10分

» 映画「舞妓haaaan!!!」 [日々のつぶやき]
脚本:宮藤官九郎 監督:水田信生 出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ 「鬼塚公彦は東京で食品会社に勤める会社員。ただ・・熱狂的な舞妓オタク。修学旅行で舞妓さんに出会って以来の夢だった御茶屋遊び、念願かなって京都支社に転勤となった。しかし、一見さんお断... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 12時47分

» 舞妓Haaaan!!!工藤官九郎が舞妓の世界を描く。 [銅版画制作の日々]
鬼塚公彦の夢は舞妓はんとの野球拳 7月9日、東宝公楽にて鑑賞。熱烈な舞妓ファン鬼塚公彦を阿部サダヲが演じる。脚本は工藤官九郎、今回は「一見さん、お断り」という神秘のベールに包まれた《舞妓の世界》を描く 主演は3人の超豪華メンバーだ 工藤官九郎が率いる「大人計画」の俳優でもある阿部サダヲ、超個性派俳優で、工藤作品には欠かせない。また「グループ魂」というロックバンドでも異彩を放っている。今回は映画初主演となる。 舞妓とお... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 14時29分

» 舞妓haaaan!!! [ネタバレ映画館]
京都を堪能できる映画かと思ったら、ロケ地は近所だった・・・ [続きを読む]

受信: 2007年8月23日 (木) 23時27分

» 舞妓Haaaan!!! [いやいやえん]
ハイテンションドタバタ喜劇。阿部サダヲさんのプロモーション映画状態になってます(笑)。 舞妓との野球拳に憧れるサラリーマンの公彦が、京都に赴任して堤真一さん演じる野球選手と張り合う、という話。堤さんがこのような演技が出来る人だとは思っていなかったのでビックリ…二人の対決は、はては役者や格闘家に料理家、市長選まで。脇を固める役者陣も豪華で、なかなか良かった。真矢みきさんにミュージカルもやらせちゃうんですからね〜。 柴崎コウさんが公彦に振られて舞妓修行をするんですが、あの年齢から舞妓修行って... [続きを読む]

受信: 2011年9月21日 (水) 09時43分

« 時生 | トップページ | 死者は黄泉が得る »