« 医龍  | トップページ | アポカリプト »

2007年6月26日 (火)

やみなべの陰謀

 江戸時代から現代に、千両箱を持ってやってくる、アロハシャツの大男の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』である。それにしても、このタイトルは意味不明だ。
 この話は5話の短編で構成され、それぞれ主人公が微妙に入れ替わる、一種のオムニバスである。

やみなべの陰謀 (ハヤカワ文庫JA) Book やみなべの陰謀 (ハヤカワ文庫JA)

著者:田中 哲弥
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 第1話「干両箱とアロハシャツ」は、栗原守という青年が主人公で、何やらヤーさんの抗争に巻き込まれてしまう。それから、「ドブさん」という正体不明の変なおじさんが登場し、落語のような雰囲気で話が進んでゆく。

 第2話「ラプソディー・イン・ブルー」も、栗原守が主人公だが、第1話との関連性がない。どちらかというとラブコメ風のタッチだが、文体は筒井康隆風のハチャメチャ・ナンセンス調である。大村井君という気持ちの悪い、オタク風の友人が登場するが、5話中一番面白かった。

 第3話「秘剣神隠し」は、江戸時代の悲恋物語。ここで、タイムスリップしてくるアロハシャツの正体が、寺尾俊介という巨漢武士であることが判明する。

 第4話「マイ・ブルー・へヴン」は、近未来の話。訳の判らん大阪府知事が、極端な独裁体制を敷く。余りにも非現実的で、残虐なので一番嫌いな話だ。

 第5話「干両は続くよどこまでも」は、また現代に戻った寺尾俊介が、このタイムトラベルの解明をする。しかしこの収束には不満が多い。
 小説で一番いけないのは、実は夢だった。という終わり方だ。この話が夢だった訳ではないが、結果としては似たような結末になるのである。またせっかくドブさんや大村井君というユニークなキャラを登場させたのに、彼等は正体不明のまま中途半端に切捨てられている。

 第1話から第3話までは、かなりお面白く読ませてもらったが、どうもそれ以降の話が退屈で最後の収束もいい加減な感じがする。
 この田中哲弥という作家、どうも基本的になまけもののようである。適当にストーリーをはしょるので、長編ものは書けそうも無いし、15年間で本書以外に4冊位しか書いていないのだ。たぶん本気になって小説に取り組めば、味の良い短編が書けると思うのだが・・・。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願い(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 医龍  | トップページ | アポカリプト »

コメント

ケントさん おはようございます!
この度は幣ブログをリンクしてくださってありがとうございますm(_ _)m
光栄に思います。
こちらからも喜んで貴ブログをリンクさせていただきました。
ケントさんのところは、映画のみならず多方面に渡って記事にしておられてバリエーションに富んでいますよね。
映画以外にも、いろいろ参考にさせていただきたいと思います。
特に、時々UPされるケントさんの「世相を切る」(←勝手に名前つけちゃってゴメンナサイ)
記事にはとっても興味があります♪
今後ともよろしくお願いします。

投稿: なぎさ | 2007年6月27日 (水) 09時26分

こんばんは☆
リンクの件ありがとうございました。
こちらも設定させていただきました~
今後ともどうぞよろしくお願いします♪

投稿: ゆかりん | 2007年6月28日 (木) 22時19分

なぎささんありがとう
これからも「世相を斬る」をもっと書いて行きますね。
今後ともよろしくお願いします。

ゆかりんさん、相互リンクありがとう
これからもよろしくね。

投稿: ケント | 2007年7月 1日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/6938933

この記事へのトラックバック一覧です: やみなべの陰謀:

» バーバラ [サンタが街にやってきた]
エンタテインメント グラバカ 死亡したイラクの [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 08時58分

« 医龍  | トップページ | アポカリプト »