« 通勤地獄 冷凍電車 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

2007年6月 2日 (土)

監督・ばんざい!

★★★

 ハチャメチャ映画とも、漫才映画ともいわれている。30年近く前に、TVでさんまと組んで大ヒットした『タケチャンマン』そのものじゃないか。
 これを映画と呼んでいいのか。全く評価し難い作品である。予告編を観た時は、かなり面白そうな雰囲気を感じたが、実際に観てみると???なのだ。これは好き嫌いがはっきりしそうな作品だね。私の場合は決して嫌いではないものの、何だか妙に寂しい気分で一杯である。

          Scan10229

 そもそもたけしが主役を張れる映画は、クールで暴力的なギャング映画しかない。ところが、もうギャング映画は撮らないと宣言してしまったのだ。彼が作った唯一のヒット作である『座頭市』も、時代劇ではあるがギャング映画そのものである。
 そのことは、彼自身が一番良く知っているはずである。しかし海外で世界のキタノとおだてられ、必死にヒット作を狙い、毎日が苦悩の連続だったのだろう。それがこの作品にそのまゝ表現されているのを、ヒシヒシと感じてしまった。
 もう彼に期待するのは酷である。少なくとも主演は辞めにしたほうがいい。どうしても映画を作りたければ、主役を降りて脇で悪役を演じるか、監督だけに専念するほうが良いだろう。
 本作品では、小津作品のパロディー、ラブストーリー、ホラー、昭和30年もの、忍者時代劇、SFものとあらゆるジャンルの短編を繰り出すが、どれもこれも中途半端。ラストの母娘サギ師の話だけが、やゝ長い話となるのだが、これは余りにもバカバカしい展開に終始するシュールな作りだ。
 ラーメン屋での、蝶野と天山のプロレスシーンには腹を抱えて笑ったが、あとのギャグは古過ぎて笑うに笑えない。もうたけし君は限界だな・・。
 ただ江守徹の怪演と、こんなおバカ映画にあれだけの役者を揃えた監督の力量は評価したいね。
 しかしあの人形は一体何だったのか。ほとんど会話のないたけしそのものを表現したのだろうか。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願い(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 通勤地獄 冷凍電車 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

コメント

ご訪問&トラックバックありがとうございます!!
僕はまだ見てないけどかなり期待していますよ。北野監督はそれぞれの作品ごとにそれぞれ違った魅了を感じるので大好きです。
また、訪問させていただきます。
また遊びに来てくださいね!!

投稿: stairs_to_the_future2005 | 2007年6月 2日 (土) 19時03分

stairsさんありがとう
北野監督のファンのようですね。
先行上映で、劇場はやや混んでいました。
ではまた

投稿: ケント | 2007年6月 2日 (土) 19時28分

TBどうもでした!
>あの人形
本当にナゾだらけでしたね。セリフのない人形に、何か別なモノを表現させたかったのでしょうか。(ぅ~ん;)

投稿: ユニ | 2007年6月 4日 (月) 21時12分

ユニさんコメントありがとう
あの人形といい、馬鹿げたギャグといい、たけしにしか表現出来ない何物かを感じますが、だからどうなんだ・・・という気もしますね。

投稿: ケント | 2007年6月 5日 (火) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/6636491

この記事へのトラックバック一覧です: 監督・ばんざい!:

» 『監督・ばんざい!』 [kuemama。のウェブリブログのへや]
2007年/東京テアトル=オフィス北野/104分 【オフィシャルサイト】 監督:北野 武 出演:ビートたけし、江守 徹、岸本加世子、鈴木 杏、吉行和子、宝田 明、藤田弓子 、内田有紀、木村佳乃、松坂慶子 ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 15時24分

» 「監督・ばんざい!」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「監督・ばんざい!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ビートたけし、江守徹、岸本加世子、鈴木杏、吉行和子、宝田明、藤田弓子、内田有紀、木村佳乃、松坂慶子、蝶野正洋、天山広吉、タケシ人形、他 *監督・脚本・編集:北野武 感想・評価・批..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 04時07分

» 『監督・ばんざい!』舞台挨拶@キタノ・タイムズスクエア [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
今月は気になる映画&舞台挨拶目白押し被ってるのもあるし、完成披露試写会が当選すればいいけど、うまくやりくりして何本行けるやら・・・今日は「そのときは彼によろしく」「大日本人」も同時公開だが、長澤まさみの同じような演技にも飽きたし、坊主頭の人の映画には全く....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 10時01分

» 監督・ばんざい! [Akira's VOICE]
自身の作品と,今の邦画界を冷静に見つめて, 蹴りを入れるバラエティムービー。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 14時50分

» 『監督・ばんざい!』を観た [+鑑賞キロクと平和な日記+]
ジ 監督・ばんざい! (2007/日本/監督・北野武) [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 21時13分

» 真・映画日記(2)『監督・ばんざい!』 [          ]
(1からのつづき) 「シネマサンシャイン」を出て西口の「シネマロサ」へ移動。 北野武最新作『監督・ばんざい!』を見る。 思ってたほど壊れてない。 致命的な所でさえ確信的に見える。 要はやる気がない映画だ。 監督キタノタケシ(ビートたけし)は 「ギャング映画は二度と撮らない!」と宣言してしまった。 このため、いままでやらなかった小津風やラブストーリー、 ホラーや忍者、 流行りの昭和ノスタルジー風の作品に取り掛かるが、 どれも途中で挫折してしまう……。 意外にも前... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 21時28分

» 北野武監督『監督・バンザイ!』 [日刊ゴーヤ!起死回生のガチンコ日記]
2007年6月5日(火)18:45~(104分)シネセゾン渋谷 まあ、価値を見いだそうとしても、無駄ですよ(苦笑)! 豪華絢爛な出演者に身を委ねて、ガハハハハと笑うに限ります! 7つの映画を撮影したことになってますが、 『コールタールの力道山』は、面白かった..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 23時38分

» 監督・ばんざい! [ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!]
”Glory to the Film-maker”監督・脚本・編集=北野武。音楽=池辺晋一郎。撮影=柳島克己。美術=磯田典宏。☆☆☆ [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 12時30分

» 監督・ばんざい!(6/2公開) [第八芸術鑑賞日記]
 6/1、キタノ・タイムズスクエアにて鑑賞。5.5点。  はじめに自分の立ち位置を述べておくと、俺は北野映画が好きだ。どのくらい好きかというと、たとえば「映画史上の偉大な監督を十人挙げよ」と問われたら、メリエス、グリフィス、エイゼンシュテイン、チャップリン、フォード、ヒッチコック、ゴダール、キューブリック、スピルバーグ……と並べてきて、90年代の代表として北野武の名を挙げたいくらいに好きである。いや、それはちょっと言い過ぎたかもしれないが、ともかく、90年代に彼が撮ったいくつかのフィルムは世界映画史... [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 18時22分

» 監督・ばんざい!(映画館) [ひるめし。]
映画を愛する全人類に捧ぐ [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 12時16分

» 【2007-78】監督・ばんざい!(GLORY TO THE FILMMAKER!) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
映画を愛する全人類に捧ぐ ウルトラ・バラエティ・ムービー [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 19時45分

» 映画「監督・ばんざい!」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
赤トンボの羽を取ったらアブラ虫、ギャング映画を封印したらギャグ映画、あのコマネチは見せなかったけど、これはもう十分、北野武の本領発揮だよね・・ 前半は、自分でボケて自分でツッコミいれるという、あきれてしまうようなパターンで、少々忍耐が必要だったが... [続きを読む]

受信: 2007年6月17日 (日) 01時06分

» 「監督・ばんざい!」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2007年・オフィス北野/監督:北野 武) 北野武の監督作品は、衝撃的なデビュー作「その男、凶暴につき」以来、すべてリアルタイムで観ているし、大好きな作家である。 個人的には、... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 02時49分

» 「監督・ばんざい!」 感じるのは北野監督の苛立ち [はらやんの映画徒然草]
この映画を観終わって、映画を見た時に感じたことを反芻してみて、出てきた言葉は「苛 [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 10時20分

» 監督・ばんざい! [シネクリシェ]
 冒頭に放映された掌編映画の中で上映されている作品が、北野武自身の作品のなかでも抜きんでた大傑作『キッズ・リターン』というのは、なにかの皮肉でしょうか。  あれほど凄みのある作品を創ることができる作家... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 10時33分

» こんな世界があったんですね・・・ [トクする!!学問のススメ☆]
主婦の方へ「知らない」って、もはや罪・・・。そんな気がしました。毎日のカンタン片手間で一時間半のパソコン作業の結果が・・・なんと、毎月¥300万なんです!その衝撃の証拠画像は、コチラになります。「でもメルマガアフィリエイトなんて難し...... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 19時50分

« 通勤地獄 冷凍電車 | トップページ | 神はサイコロを振らない »