« 記憶の棘 | トップページ | ホリデイ »

2007年4月 6日 (金)

フラガール

★★★★☆

 常磐ハワイアンセンターが出来た当時のことを覚えている。なぜ福島で常磐ハワイなのか、なぜ日本人がフラダンスを踊るのか。ダサイとしか考えられない年頃であった。
 この映画の予告編を観たときも、やはりダサイ映画という印象が先行してしまった。ところが上映されてみると、かなり評価が高いので不思議でしょうがない。

フラガールスタンダード・エディション DVD フラガールスタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 そこで早速映画館に足を運んだのだが、超満員で立見だという。それでその日は別の映画を観て、後日出直すことにした。しかし次に観に行った時、今度は電車が遅れて上映開始時間に間に合わなかった。

 それで縁のない映画と諦めて、DVD化されるのを待つことにした。その間にこの作品の評価がどんどん上昇し、とうとう「キネマ旬報べスト作品賞」「日本アカデミー賞」を受賞してしまった。
 本日待望のレンタルが実現し、やっとDVDでこの作品を鑑賞することが叶ったのである。結論から述べると、評判通り期待を裏切らない、実に素晴らしい映画であった。

 日本の炭鉱は、最盛期には800以上開かれたという。ところが石炭から石油へと燃料がシフトし、昭和30年代半ば頃から日本の炭鉱は、徐々に衰退してゆくのだ。
 この作品の舞台となった常磐炭田も、昭和40年頃に大規模なリストラに追いこまれるのである。そしてハワイアンセンターへと移行してゆく。その様子を描いたのが本作であるが、そこに日本経済や政治構造の大きなうねりを感じずにはいられなかった。
 また炭鉱で働く人々は、炭鉱労働に誇りを持ち、それ以外に働く術を知らない。ましてや命をかけた男の職場と対極をなす「フラダンス」などが、彼等に受け入れられるはずはないのだった。
 しかし人が生き残るためには、いつまでも古いものにしがみついてばかりはいられない。だから周囲の反対を押しのけても、新しい世界へチャレンジする必要があるのだ。
 そのことを認識したとき、なぜ日本人がフラダンスを踊るのかという疑問や、ダサイという感情は一気に吹き飛んでしまった。それよりも何よりも、盆踊りしか知らない少女達が、わずかな期間で立派なフラダンサーに育ってゆく姿に、誰もが心を打たれてしまうだろう。それを象徴するのが、縁を切ったはずの娘が必死に踊る姿を、目の当りにして絶句する母親の心情である。

 ある意味スポコンものなのだが、昭和40年代の時代背景、友情、師弟愛、家族愛などがびっしりと詰め込まれており、なかなか観応えのある構成であった。唯一不足していたのは恋愛ぐらいか。
 主役は今も健在なカレイナニ早川師に敬意を表して、一応松雪泰子ということになっているが、蒼井優が主役と言っても全くおかしくない。また富司純子演ずる母の存在は、とてつもなく強烈である。彼女はまさに炭鉱の女であり、女手ひとつで家族を養ってきたたくましさと、潔さを合わせ持つ女っぷりが実に印象的であった。
 この際たかがフラダンスという偏見は、投げ捨てることにした。いずれにしても窮地を抜け出すために、信念を貫き必死に努力する情熱こそ、いまの日本人に一番必要なのかもしれない。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m
 人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 記憶の棘 | トップページ | ホリデイ »

コメント

ケントさん こんにちは!
そうだったんですかぁ~、この映画観るのに大変だったんですねぇ。
2回もそういうことがあると、縁の無い映画かなって思っちゃいますよね。
「ダサイ映画」というの、私もそんな感じがしました。。。観るまでは。
タイトルがな~んかイケてない感じだし、あのポスターも古臭い感じがしますよね。
だけど観ると、かえって第一印象とのギャップが良かったかもしれません。

投稿: なぎさ | 2007年4月 7日 (土) 16時47分

こんばんは。いつもありがとうございます。
自分は10月の映画の日に朝イチで行ったのですが、やはり満席、2回目の回を観ました。
2日後、郊外のシネコンに行ったらガラガラでしたけどね(笑)
アンコール上映が始まってもその後のアカデミー賞効果で1000円でもかなり稼いだのではないでしょうかね…。

投稿: 八ちゃん | 2007年4月 7日 (土) 22時17分

こんばんは!TB&コメ、ありがとうございました!
あたしも蒼井が主役かと思っていました、、、
にしても富司純子さん、ホント、強烈!でしたね。
大好きな映画です!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007年4月 7日 (土) 22時20分

なぎささんありがとう
なぎささんも当初は僕と同じ思いだったのですね。それにしても大変質の高い良い映画でしたね。

八ちゃんさん、こんばんは
しかし思った以上の興行成績で、製作者側もびっくりしたのではないでしょうかね。

猫姫さんこんばんは
蒼井優は「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソン同様、見事に主演を食ってしまいましたね。

投稿: ケント | 2007年4月 7日 (土) 22時34分

TBどうもでした~♪
蒼井優ちゃん、イイ演技してましたねぇ!
彼女の笑顔に癒されました。ずっと蒼井優ちゃんが主人公だと思ってたんですが、松雪さんが主人公だったの(^_^;)

投稿: はっち | 2007年4月 7日 (土) 22時48分

コメント&TBありがとうございます。こちらこらも、TBさせていただきます。

確かに、「何故、フラダンス?」とは思いますね。ハワイ旅行が夢といわれた時代、厳しい状況にある炭鉱の町の人たちは、常夏のハワイに夢を見たのでしょうか?

投稿: MANAMI | 2007年4月 7日 (土) 23時11分

はっちさんコメントありがとう
フラガールですから、当然フラガール役の蒼井優ちゃんが主役でもおかしくないのですが、カレイナニ早川さんの顔を立てたのかもしれませんね。

MANAMIさんこんばんは
そういえば当時は、ハワイ旅行が日本人の夢だったかもしれませんね。アメリカや欧州などは夢のまた夢でしたからね。

投稿: ケント | 2007年4月 7日 (土) 23時35分

こんばんは。
常磐ハワイアンセンターができてから約40年。
めぐりめぐって、あの時期の精神性というのが意味を持つ時代になってるのかもしれませんね。
この映画を観て、ずいぶん久しぶりに行ってきました。
施設はずいぶんと様変わりしましたが、昔夢中で見たフラは相変わらず素晴らしかったです。

投稿: ノラネコ | 2007年4月 8日 (日) 02時03分

TBありがとう。
僕もフラダンスというのは、相撲取りみたいな女の人が、かったるい踊りをしているかのようなイメージを持っていましたが、「失礼しました!」という感じでした。

投稿: kimion20002000 | 2007年4月 8日 (日) 03時06分

ケントさん、▼o・_・o▼コンニチワン♪

いつもTB、コメント有難うございます★
ところであらま~~2回もいく手を阻まれたら、そうですね「縁がない」と思ってしまいますね^^
私は、DVDレンタルで、返却期日に観ないで返して、何回借りてきても観れないと意地になっちゃう(笑)レンタルビデオ・ショップがそう遠くないからできる事ですが^^

今も何度も借りてきてまだ観てないものが1本あります。次は観ます(笑)

投稿: とんちゃん | 2007年4月 8日 (日) 10時02分

ノラネコさん
コメントありがとう
常磐ハワイアンセンターには行ったことがありませんが、あのフラがそのままなら、近いうちに一度行って見たいと思います。

kimionさんありがとう
僕もそうですが、フラダンスとポリネシアンダンスがごっちゃになっている人は多いですよね。映画のフラは実に美しいダンスでしたね。

投稿: ケント | 2007年4月 8日 (日) 10時09分

とんちゃんさんありがとう
縁のない映画ってありますよね。
とんちゃんさんは、DVDを観ないで返却が多そうですね。僕もたまにありますが、そういうのって、余程観たい作品でない限りもう借りないですね。
どんな映画を借りることが多いのですか?

投稿: ケント | 2007年4月 8日 (日) 10時21分

こんにちは♪
毎度TB送れなくてごめんなさい><

なかなか観れなかった作品なのですねー。
私は確かブランチ見てからソッコー近所のシネコン行ったけどよゆーでした☆郊外の強み!

映画の王道といってしまえばそうなんですけど
とにかくダンスすごかったし感動してしまいました。ほんっといい作品でしたねー

投稿: きらら | 2007年4月 8日 (日) 15時37分

きららさんありがとう
僕も二度目は郊外のシネコンに行ったのですが、なにせそのときは電車が遅れてしまって・・・
ラストのダンスシーンは、お約束どおり圧巻でしたね。

投稿: ケント | 2007年4月 8日 (日) 16時29分

ケント さん こんばんわ~☆
TBありがとうございます!
私も最初、全く興味がわきませんでした~(^^;)
でも今は、見に行けて良かった☆と思っています!
良い映画でしたね*
爽やかでした~!

投稿: non | 2007年4月 8日 (日) 18時25分

いつもどうもでーーす。
この映画、ひらりん的映画ブログでトラックバックが200件超えそうな勢い。
200件越えると、プログ内で殿堂入り!!!するんですけど、
まさに、日本映画らしい良い映画でした。
ところで最近のトヨエツ・・・
日本沈没とか、このフラガールとか・・・
おとなしい役より、大げさな演技のほうが、
ひらりん的には気に入っています。

投稿: ひらりん | 2007年4月 9日 (月) 00時12分

TB有難うございます。

見たくても何故か見れない映画ってあり
ますよね。
僕は「ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還」かな、おかげでまだ僕の中では完結
してません。
DVDでも見れますが、何とか映画館で見たいと考えています。

さて、「フラガール」ですが、僕も予告編など見た感じでは、そんなに期待はしませんでしたが、周りの影響もあり、見てみると、
やられました。見事に号泣状態でした。
日本アカデミーも当然かと。
蒼井優ちゃんも良かったけど、僕的には
静ちゃん、最高でした。

また、宜しくお願いします。

投稿: yamasan | 2007年4月 9日 (月) 03時52分

ケントさん、達也です。
コメ&トラバアリガトです。
ボクもレイトショーでやっと観れた
のですが、やはり当初は?の先入観がありました。
監督の李相日も?でしたし。
でも、嬉しい大間違でした。
日本映画の好調にドライブをかけた
エポックな映画です。

投稿: TATSUYA | 2007年4月 9日 (月) 08時07分

こんにちは♪
>唯一不足していたのは恋愛くらいか
恋愛が含まれていなくて助かりました。
これ以上てんこ盛りだと感動が薄れそうで(笑)
蒼井優ちゃんはやっぱりこれからの邦画を担う女優さんとして目が離せませんね。

投稿: ミチ | 2007年4月11日 (水) 13時24分

こんにちは。
TB&コメントありがとうございました!
この作品は去年の方がの代表作と言っても過言じゃないですよね~。
時代を乗り越えるフラガールのパワーに圧倒されました。
蒼井優ちゃんはほぼ主役でしたよね。
存在感はやっぱりすごいですw

投稿: こーいち | 2007年4月11日 (水) 17時38分

nonさんこんばんは
やはりあの予告編はダサイですよね。でも永遠に残る名作で良かったですね。

ひらりんさんこんばんは
トラックバックが200って凄いですね。僕なんて100さえいったことないですからねぇ。一体どうすればカウントが上がるのでしょうか。

yamasanさんこんばんは
「ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還」ですか、やはりこの映画は大スクリーンで観たいですよね。
ほんとに日本アカデミーは当然でした。永遠の名作になりそうです。

投稿: ケント | 2007年4月12日 (木) 22時08分

TATSUYAさん
コメントありがとう
やはり皆さん最初は、戸惑いを感じたようですね。しかしあの予告編はどうしてダサイのでしょうか。でも本当に嬉しい誤算でしたよね。

ミチさんいつもありがとう
恋愛が含まれていなくて助かりましたか(笑)確かにトヨエツとの恋愛では必然性がないしね。

こーいちさんいつもありがとう
フラガールパワーには、僕も圧倒感激しましました。蒼井優ちゃんが主役といっても間違いないでしょう。

投稿: ケント | 2007年4月12日 (木) 22時13分

 トラックバック、コメント、ありがとうございます。本来なら、ミニシアター系だったけど、東宝が全国公開してくれてありがたい?という作品でした。こういう映画もあるんだと・・・ミーハーファンにも知っていただいた感じです。大手映画会社を抑え、アカデミーまで獲るなんて、できすぎの観もありますが、よく選んでくれてありがとう・・・番組を観ながら、そうも思いました。
 読ませていただき、ありがとうございました。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2007年4月16日 (月) 22時23分

冨田弘嗣さんお久しぶりです
ほんと出来すぎかもしれませんね。
それにしても邦画は頑張っています。「かもめ食堂」「ゆれる」皆良い映画でした。今年も良い作品が出ることを期待しています。

投稿: ケント | 2007年4月17日 (火) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/6000528

この記事へのトラックバック一覧です: フラガール:

» フラガール [Akira's VOICE]
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い! [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 10時29分

» フラガール [UkiUkiれいんぼーデイ]
今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。 とにかく蒼井優ちゃん、巧すぎるぅ! さすが『アニー』で1万人から選ばれた実力はありますねぇ。 福島の方言を交えたセリフがとても自然なリズムで聞こえてきます。 若手女優の中では、彼女がダントツじゃないでしょうか。 そして何と言っても、ソ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 16時43分

» フラガール [欧風]
さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、 [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 21時16分

» フラガール/感想 [映画★特典付き前売り券情報局]
2006年09月23日公開の映画「フラガール」を見ました。 泣きましたね〜。ベタな泣かせ演出ではありますが、実話を基にしているので素直に感動できます。(狙い過ぎと思った先生と生徒の駅のシーンが実話とのこと。な... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 21時44分

» 『フラガール』 [Sweet* Days ]
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計画が持ち上がり、東京からフラダンスの講師としてダンサーの平山まどか(松雪泰子)が招かれる・・・・ この作品、見に行くつもりはなかったのですが、またおすぎに釣られてしまいました・・・ 「今年最高よ!」と叫んでたので、つい。特におすぎの評価に頼っ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 22時03分

» 【劇場映画】 フラガール [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンスのショー。早速、本場ハワイでフラダンスを学び、松竹歌劇団で踊っていたという平山まどかを東京から招き、地元の娘たちのダンス特訓を始める。しかし数世代も前から山で生きてきた住民は、閉山して“ハワイ”を作る計画に大反対。まどかや娘たちへの風当たりも強く…。(go... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 22時06分

» 映画『フラガール』 [コラムニスト宣言]
 これは、まさに「躍る=踊る」フィルムだ。  歴史的役割を終えつつある炭坑に見切りをつけ、女たちが躍り出る。男を支える、という役回りからも舞い降りる。教師のダンスを初めて間近に見た女たちの胸は躍り、フラダンスに自分たちの夢を託す。女たちは、愛を囁くように希望を語るように、フラダンスを踊る。  時代は変わるが、人はそう簡単には変わらないし、変われない。だからこそ、人が変わっていく姿、成長を遂げていく有り様を見事に描いてくれれば、そこに映画としての感銘が生まれる。  決して混ざり合うことは... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 22時20分

» フラガール [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネルギー源が石油に置き換えられていき、炭鉱が次々と閉鎖されていきます... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 23時09分

» フラガール [ぷち てんてん]
フラガール見てきちゃいました。見てきたというよりも、泣いてきたというのが正しいのかも(笑)泣かせるのがうまいんだもの^^)☆フラガール☆(2006)李相日監督松雪泰子・・・・・・・平山まどか豊川悦司・・・・・・・谷川洋二朗蒼井優・・・・・・・・谷川紀美子山...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 23時14分

» [ フラガール ]南の国からの贈り物 [アロハ坊主の日がな一日]
[ フラガール ]@渋谷で鑑賞 心振るわされたエンターテイメントムービー。 本州最大の常盤炭鉱が、時代の流れとともに閉山を迫られ る中、町の復興を目指して誕生した常磐ハワイアンセンタ ー(現:スパリゾートハワイアンズ)。本作は、この一大プ ロジェクトを支えた人々の奇跡の実話をベースにし作品。 どこかで観たことがあるような画であるが、間違いなく感 動する! ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 23時37分

» フラガール 〜楽園は人の心の中にある〜 [映画のメモ帳+α]
フラガール#8194;(2006 日本) 監督   李相日        脚本   李相日 羽原大介    撮影   山本英夫       音楽   ジェイク・シマブクロ    出演   松雪泰子 豊川悦司 蒼井優  昔ながらの、そして今もおそらく変わらないであろう娯楽映画の王道と言える快作だ! この作品の舞台は昭和40年。石炭から石油へのエネルギー転換が急速に進み、本州最大の常盤炭鉱でも大幅な人員削減を強いられていた。そこで新しくレジャー施設常盤ハワ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 00時25分

» 『フラガール』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のため、友のため そして自分の人生のために 少女たちはフラダンスに挑む 感動の映画化! (T_T)ハンド タオル必需品〜! 炭鉱の危機に立ち上がれ! 愛と勇気のエンタテインメントショー 制作国:... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 00時53分

» フラガール・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 01時41分

» 試写会『フラガール』 ★★★★ [時流を聴く]
『フラガール』の試写会で有楽町のよみうりホールへ。 -人生には降りられない舞台がある 出演:松雪泰子、蒼井優、徳永えり、岸部一徳、富司純子、豊川悦司、山崎静代 常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾー... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 02時30分

» フラガール [とんとん亭]
「フラガール」 2006年 日 ★★★★★ めちゃめちゃ感動します! 昭和40年福島県いわき市。炭鉱の町だったが、時代が炭鉱を必要と しなくなり、閉鎖の危機にあった。会社は破格な金を投じて東北の片 田舎に レジャー設備“常磐ハワイアンセンター”...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 08時50分

» フラガール [オタクの魂forビギナーズ]
少し前に『バックダンサーズ』を観て、邦画でダンス映画って珍しい!なんて書いたのですが、コレもダンス映画になるんですかね『フラガール』。 あらゆる部分で、かなり丁寧に撮ったと思えるイイ映画でしたが、蒼井優さんの超熱演ソロダンスシーンのおかげで更にワンランク上がった感じがします。 踊りの経験はあったのでしょうか。 後半にはタダモノではナイ腰つきになってましたよ。 数週前の「情熱大陸」で蒼井優さんの回がありまして、蒼井さんに関わった2人の監督のコメントが「天才だ!」ってコト‥‥‥あ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 13時23分

» 106.フラガール [レザボアCATs]
もう、この作品、まず第一に舞台設定が最高だ!!常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアン)と聞いて、なんだか知らないがアツイものがこみあげてくる自分がいるんですよ。... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 15時40分

» 『 フラガール 』 [王様の耳はロバの耳]
 期間限定で再上映してたので  アカデミー賞もとった事だし  『 ドリーム・ガールズ 』 の予定を変更して  急遽見に行ってきました。  『 フラガール 』  福島県いわき市にある  スパリゾートハワイアンズの  ( 旧 : 常磐ハワイアンセンター ) ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 18時15分

» フラガール [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  私、生粋の東北人です・・・   [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 02時33分

» フラガール~静ちゃん、最高! [Osaka-cinema-cafe]
この映画を見た人から殆ど、「良かった」、 「泣いた」とか聞いていたので、 見たくて見たくて仕方なかったのです。 で、ようやく見て来ました。 いや~、めちゃめちゃ泣いてしまいましたね。 実話を元にした、映画「フラガール」 昭和40年代、福島県いわき市の炭鉱町。 石炭から石油へ世の中が変わりつつある。 炭鉱町もかっての賑わいはなく、炭鉱仕事の 先も見えはじめていた時、炭鉱会社は この町を救おうと、一つの企画を進めていた。 レジャー施設“常磐ハワイアンセンターを作り、 炭鉱... [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 03時47分

» 蒼井 優の『フラガール』を観てきた。 [TATSUYAのシネマコンプレックス]
人生には、降りられない舞台がある。 フラガールサントラ、ナレオ 他 (2006/08/23)ソニーミュージックエンタテインメント この商品の詳細を見る いやー、えがったんでないの。皆も見てくんちゃい! と、思わず福... [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 08時08分

» フラガール [ジャスの部屋 -映画とゲーム-]
映画「フラガール」の感想です [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 10時26分

» DVD『フラガール』 [夫婦でデート]
う~う~(T T) 涙が止まりませんでした~ こういう話、弱いんですよね~(笑 [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 16時05分

» 映画:フラガール 試写会 [駒吉の日記]
フラガール 試写会@九段会館 「てれすけー」 西日本、しかも海を隔てているのもあり、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)ってこちら(関東)に来るまで知りませんでした。こちらの人にとっては「伊東に行くならハ・ト・ヤ~♪」くらいメジャーなスポ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 18時09分

» フラガール [まぁず、なにやってんだか]
公開一週間でとても評判がいいようなので、「フラガール」を観に行ってきました。 評判どおり、とてもいい映画で、見終わったあとの満足感もあり、あたたかい気持ちになれて、泣けて笑えて大満足でした。 出演者の啖呵のかっこいいこと。平山まどか(松雪泰子)のぶちきれた時の啖呵、常磐ハワイアンセンターの吉本部長(岸部一徳)の方言で意味がわからないけど立て板に水のような啖呵、紀美子の母(富司純子)の頼りがいのある啖呵、紀美子(蒼井優)のかわいい啖呵、みんな素敵でした。 フラガールのみなさんの踊りも素晴... [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 23時43分

» 【 フラガール 】 [+++ Candy Cinema +++]
◆監 督   ・・・ 李相日 ◆脚 本   ・・・ 李相日/羽原大介 ◆音 楽   ・・・ ジェイク・シマブクロ ◆CAST   ・・・ 松雪泰子/蒼井優/豊川悦司/岸辺一徳/富司純子/山崎静代/            池津祥子/... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 09時45分

» 映画「フラガール」 [いもロックフェスティバル]
映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映 [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 22時28分

» 『フラガール』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]    2006/09/23公開  (公式サイト) (公式ブログ) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】李相日 【脚本】李相日/羽原大介 【出演】 松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/池津祥子/徳永え... [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 17時34分

» 映画『フラガール』 [健康への長い道]
大阪梅田のシネ・リーブルで#63704;映画『フラガール』を観てまいりました。客席は老若男女のお客さんでほぼ満員。 昭和40年。福島県いわき市。石炭から石油へのエネルギー革命により、本州最大の常磐炭鉱も高度成長から取り残され、閉山の危機が迫る。 炭鉱会社..... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 00時06分

» 映画「フラガール」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋めに構想された... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 11時21分

» フラガール [活動写真評論家人生]
動物園前シネフェスタ  『しこみ』または『しこむ』という言葉がある。映画業界の『しこみ』とは、撮影 [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 22時19分

» スパリゾートハワイアンズ情報サイト [スパリゾートハワイアンズ情報サイト]
TBで失礼します。当サイトでは、あのフラガールで話題となったスパリゾートハワイアンズの情報をお届けします。GWなどに行かれる予定のある方はぜひチェックしてみて下さいね。 [続きを読む]

受信: 2007年4月22日 (日) 00時21分

» 京都府のフラダンススクール・教室一覧 [フラダンススクール情報♪]
京都府のフラダンススクール・教室一覧 インターネットで掲載されているフラダンススクール・教室を個人で集めまてみましたヽ(*・∀・*)ノミ|Ю スクールの詳細・お問い合わせは各スクールのHPよりお願いいたします。・*:..。o○☆*゚(・ェ・人) ・*:..。o○☆*゚ゴメンЙЁ!!.:♪*:・... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 01時53分

» フラガール [★YUKAの気ままな有閑日記★]
WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスのショー。早速東京からプロのダンサー平山まどか(松雪泰子)を招き、地元の娘たち(蒼井優、山崎静代等)の特訓を始めるが―       監督 : 李相日  『69 sixty nine』【comment】邦画はあまり観ないんだけど、評判がいいので観... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 09時52分

« 記憶の棘 | トップページ | ホリデイ »