« バッテリー | トップページ | 記憶の棘 »

2007年3月31日 (土)

デジャヴ

★★★☆

 海兵隊員とその家族達が、続々とフェリーに乗りこんでくる。ミシシピー川で、お祭りでもやるのであろうか。女の子がデッキの上から、人形を落としてしまう。可愛そうな人形は、海の中へ吸い込まれる。
 やがてフェリーは定刻に出発し、ブラスバンドの奏でる派手なマーチと、カーステレオから流れる古い音楽が重なり合う。そしてクレセント・シティ橋に近づいたとき、突然フェリーは大爆発する。この悲惨なテロ行為により、なんと543名の命が犠牲となってしまうのだった。

デジャヴ Book デジャヴ

著者:ビル・マーシリイ,テリー・ロッシオ
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 長いオープニングである。その後、捜査員役のデンゼル・ワシントンが登場して、やっと本編が始まるのだから。
 路面電車の走る街に、渋味がかった映像。音楽も効果的だし、ストーリー展開もスピーディーで小気味良い。サイコロジカルなサスペンスが似合いそうだが、実はテクノロジカルなSFだった。
 ストーリーが急展開し、「タイム・ウィンドウ」という、102時間前の過去を写し出す装置が出現する。まるでグーグルアースのように、地図上で場所を指定して、拡大し3D表示してゆく。さらにこのシステムでは、家の中の映像まで覗き見出来てしまうのだ。
 なにか現在の衛星監視システムを思わせるようであり、かなり気味が悪い。実際に我々も、衛星で私生活を覗かれているのだろうか。
 しかしこのシステムで覗くのは、過去の映像なのである。それがリアルタイムに、まるで現在の出来事の如く写し出されてゆく。
 ところでこれは一種のタイムトラべルであり、なかなか斬新で面白いアイデアである。思わずその後の展開に期待してしまったが、メモを過去に送るところから、どこにでもあるタイムマシンに成り下がってしまったのが残念だ。
 また可視範囲が限定していることと、ゴーグルの存在には全く説得力がない。たぶんアクションシーンにこだわり、ゴーグルを使ったカーチェイスシーンを挿入するための方便だったのだろう。このサーカスまがいのカーチェイスは、全く必然性がないばかりか、ストーリー全体のバランスを崩してしまった。
 またラストの展開は、思った通り再びあの長いオープニングシーンに繋がる。まさに最初のオープニングで、デジャヴを見たと言えるだろう。
 映画を観ている途中では、なぜラストで犯人がフエリーに戻ったのかが、良く判らなかった。あの車を観て戻ったこと。逮捕されたとき、いやに落ち着いて、「運命は変えられない」とほざいていたこと。
 もしかして、犯人も別のシステムを使って、未来から跳んできたのだろうか、あるいはデジャヴ能力を持つ超人だったのかもしれない。

↓応援クリックお願いでござるm(__)m

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« バッテリー | トップページ | 記憶の棘 »

コメント

ケントさん、こんにちは。
>サイコロジカルなサスペンスが似合いそうだが、実はテクノロジカルなSFだった。
ですね~。予備知識がなかったのですっかり勘違いしてましたが、どちらでもきっと楽しかったかもw
ただ、細かい点はともかく、唸るような決着の付け方には私もニコニコです。
カーチェイスは私もアイタタタでしたね。時間の違う同じ場所という発想はよかったのですが。

投稿: たいむ | 2007年4月 1日 (日) 12時18分

ケントさん、こんにちは!
いつもTB&コメントありがとうございます。
こちらからのTBが反映されず、コメントも弾かれてしまい、申し訳ありません。
この映画は、なかなか面白かったです。疑問が沢山残ったので、DVDで確認したいと思います。

投稿: 由香 | 2007年4月 1日 (日) 15時31分

たいむさんコメントありがとう
だいたいボクとたいむさんは、同じような感想ですね。ちょっと惜しいけど良い映画でした。

由香さんこんばんは
確かに疑問はいろいろ残りましたが、面白い映画でしたよね。

投稿: ケント | 2007年4月 1日 (日) 19時13分

こんにちは☆
こういうタイプの作品はあれこれと考えてしまいますね。あまり細かいことを気にせずに観るのがいいのかもしれません。
でも面白かったほうだと思います♪

投稿: ゆかりん | 2007年4月 2日 (月) 15時45分

こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました!

ブラッカイマー作品はいつも大味で、
アクションばかりにこだわりがあるような
印象を受けていましたが、この作品に
関してはよく出来た脚本で大変見ごたえが
ありました。

面白く観れました♪

投稿: 睦月 | 2007年4月 2日 (月) 19時26分

ケントサンへ。
初めまして。TB&コメントありがとうございます。あかねと申します。

ケントさんのレビューにあった
われわれも監視されているのだろうか…
って。わたしも、映画を観てるとき、怖いな…って思いました。本当に監視されてそうですよね(涙)

でも映画自体は私は楽しめましたょ☆デンゼルワシントンは、ほんとにかっこ良いな♪と、再認識しました(笑)

わたしも本と映画の激甘な感想をブログに書いているので、また、ケントさんのブログにも遊びにきますね。よろしくお願いします♪

投稿: あかね | 2007年4月 2日 (月) 20時03分

こんばんは♪TBありがとうございました。こちらからはTBできないようなので済みません。

> 逮捕されたとき、いやに落ち着いて、「運命は変えられない」とほざいていたこと。

確かに何か訳知りっぽい感じでしたよね、あの犯人。実は。。。なーんて展開があっても面白かったかもしれませんね。

投稿: アビ | 2007年4月 2日 (月) 21時22分

ゆかりんさんコメントありがとう
ちょっと見逃すと、よく分からなくなりがちですが、なかなか面白い映画でした。

睦月さんこんばんは
やはりアクションに拘りがありましたね。あれがなかったらずっと良かったのですが。

あかねさんこんばんは
あかねさんも本と映画がお好きのようですね。僕も時々遊びに行きますので、よろしくお願いします。

アビさんコメントありがとう
そうですね。あの犯人はなにか訳知りでしたよね。そこは藪の中。いたずらなアクションよりも、そこのところにスポットをあてて欲しかったですね。

投稿: ケント | 2007年4月 2日 (月) 21時47分

こんばんは。TBありがとうございます。

>サーカスまがいのカーチェイス

ブラッカイマ~!!って感じでした。衝動的に動き出すデンゼルに驚きです。

いろいろと謎めいた作品故、神の流域に入った犯人も含めてもう一度見てみたい映画です。

投稿: たまさん | 2007年4月 2日 (月) 22時02分

たまさんありがとう
いろいろと謎の多い作品でしたね。DVDでゆっくり観ないと、うっかりしますよね。
あの犯人が一番ミステリアスでした。

投稿: ケント | 2007年4月 3日 (火) 18時55分

こんばんは♪
あのカーチェイスシーンは絶対に監督&製作者は入れたかったのでしょうね~。
力技っぽかったと思います。
でも、なんだか面白かった(笑)
監視システムが進むとプライベートなんて全くなくなってしまい、怖いですよね。

投稿: ミチ | 2007年4月 3日 (火) 23時14分

こんばんは!、TB・コメント有難うございました。
私もタイムトラベル作品好きですね(^_^)
でも、このタイムマシーンは造が小さいし、心臓が停止して上手く手術室にタイムトラベルしたからいいもの、間違えて橋下とかに出たら、蘇生していないわけでヒヤリとしましたね(笑)
そうなんですよね、私も犯人が何故ラストにフェリーの車に戻ったのか?・・・DVDがでたら見直そうと思います。

投稿: パピのママ | 2007年4月 3日 (火) 23時35分

ミチさんこんばんは
あの監督はアクションオタクのようですね。だからどうしてもはずせなかったのでしょう。
グーグルアース見ていても、ちょっと怖くなりますよ。女性は露天風呂に気を付けましょう。

パピのママさんコメントありがとう
それにしても、最近のタイムマシンはやたらドラム式ですよね(笑)
犯人が戻るとき、あの車を見ていたでしょう。あれがデンゼル達の乗っていた車だったのでしょうか?
よく覚えていません・・・

投稿: ケント | 2007年4月 4日 (水) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/5927411

この記事へのトラックバック一覧です: デジャヴ:

» 『デジャヴ』 [試写会帰りに]
デジャヴ、そして「もし過去に戻れたら」という想い。誰もが感じた事のある、本能と繋がる不思議な感覚を、SFとアクションとサスペンスで紡ぎ上げ、ラブストーリーで味付けした、頭がグルグル系の後を引く映画、『デジャヴ』。 デジャヴ 文庫本。原作本を読んだら、映画の..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 00時16分

» デジャヴ [たにぐちまさひろWEBLOG]
“人は皆、過去を見ている。鏡の前の姿でさえ、光の速度だけ過去のものだ。” デンゼル・ワシントン主演の“デジャヴ”を観てきました。 ニューオリンズを出港したカーフェリーが大爆発を起こし、543名が犠牲になるテロが発生した。 ATF捜査官のダグは、現場近くの水辺でテロ犠牲者と見せかけて殺害された若い女性クレアを発見。 彼女の身元を探るダグは、事件の真相を追うFBIの特殊チームに迎え入れられる。 そのチームの目的は、人工衛星や監視システムの情報を解析し、現場と同じ3次元映像をスクリーン上... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 02時04分

» 試写会「デジャヴ」 [日々“是”精進!]
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「デジャヴ」の試写会に参加してきましたハリウッドのヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーのプロデュース最新作。デンゼル・ワシントンと組んだサスペンス・アクション。監督はトニー・スコット。ストーリーは・・・フェリー...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 04時52分

» 『デジャヴ』 [Sweet* Days ]
監督:トニー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン 他 STORY:2006年2月28日。海軍の水兵とその家族を乗せたフェリーが爆破し多くの犠牲者が出た。その事件の捜査に向かったAFTのダグ(デンゼル・ワシントン)は、美しい女性、クレア(ポーラ・パットン)の遺体を見て特別な何かを感じる・・・・2時間を越える上映時間、退屈せず飽きる事無く見る事が出来ました。 デンゼル・ワシントンは相変わらず素敵だし、「デジャヴ」をテーマにしたSFチックな サスペンスにハラハラドキドキ、... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 06時22分

» 「デジャヴ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「デジャヴ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デンゼル・ワシントン、ヴァル・キルマー、ポーラ・パットン、ジム・カヴィーゼル、他 *監督:トニー・スコット *プロデューサー:ジェリー・ブラッカイマー 感想・評価・批評 等、レビューを含む..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 10時43分

» デジャヴ [Akira's VOICE]
ものすっごい手間暇かけたナンパ [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 10時51分

» 映画「デジャヴ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Deja Vu 2005年8月29日フロリダを通過したハリケーン・カトリーナはメキシコ湾沿岸に再上陸、ニューオーリンズの殆どを水没させ救援遅れで街は無法地帯と化す・・ この映画は、そんな困難に打ち勝ち復興したニューオーリンズ市民に捧げられている。そして・・U Can Sa... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 12時14分

» 「デジャヴ」みた。 [たいむのひとりごと]
「デジャブ」というタイトルと、意味がイマイチ良くわからない予告編にて、勝手にオカルト的というか神秘的な物語なのだとばっかり思っていた。それはそれで好きなのだけど、ちょっとばかり嬉しい誤算。ちっとも謎めいてこないし「ただの刑事もの?」と疑問... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 12時14分

» デジャヴ [ちわわぱらだいす]
レディスディと祝日が重なったせい#90030; お目当てのナイトミュージアムもアンフェアも満席で見れませんでした。 2時間後なんて待ちたくないから、10分過ぎてたけど「デジャヴ」見ました。 #90012;チワワブログ#90012;今日もワンクリックお願いします~&a..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 13時20分

» 「デジャブ」の試写会に行ってきました。 [かなやす日記]
15日に地元テレビ局主催の「デジャブ」の試写会に行ってきました。 内容は、フェリーの爆発事故での捜査に向かった捜査官が浜辺に打ち上げられた女性の死体を見て、捜査官がハッとして、その後に死体となった女性の家に行ったら、捜査官の指紋などがきっちり残っていて、彼女を何とか救おうと過去に戻って助けに行くストーリーです。 感想はといいますと、変えようにも変えてはいけない過去を時間の工夫さえすれば変えられるのだなと実感しましたし、なんかSFチックな内容の中にも彼女やフェリーの犠牲者を救おうとする捜査官の..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 13時48分

» デジャヴ [タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌]
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 127分 監督 トニー・スコット 製作 ジェリー・ブラッカイマー 製作総指揮 テッド・エリオット 、チャド・オマン 、 テリー・ロッシオ 、マイク・ステンソン 、バリー・ウォルドマン 脚本 テリー・ロッシオ 、ビル...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 14時40分

» デジャヴ [ぷち てんてん]
今日から公開のデンゼル・ワシントン主演のこの映画、見てきました^^)結構お客さんが入っていたよ。春休みに入って、にぎやかになってきたなあという感じですね。☆デジャヴ☆(2006)トニー・スコット監督デンゼル・ワシントン・・・・・・・・・・・・・・ダグ・カー...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 17時13分

» *デジャヴ* [Cartouche]
{{{   ***STORY***             2006年   アメリカ 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を捜査し、爆発がテロだった事を証明。さらに爆発現場の近くで発見された女性の死体も、鋭い観察力で殺人によるものだと見抜いた。と同時に、ダグはその死体の女性・クレアに奇妙なデジャヴを感じる。爆破事件とクレアの殺人が関係あると見たダグは、彼女の部屋の捜索へと向かった。するとそこにあったのは…。        ..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 18時06分

» デジャヴ [りらの感想日記♪]
【デジャヴ】 ★★★★ 2007/03/17 ストーリー 543名もの犠牲者を出した、凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグ(デンゼル・ワシント [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 19時03分

» デジャヴ [SmallTalk]
『デジャヴ』(2006年/米国 原題:DejaVu)を見た。500名以上の死者を出したフェリー爆破事件の捜査に当たる特別捜査官のダグ(デンゼル・ワシントン)は、事件の手がかりを握る被害者の女性クレア(ポール・パットン)を見たとき、「彼女を知っている」という既視感=デ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 19時40分

» デジャヴ [とんとん亭]
「デジャヴ」 2007年 米 ★★★★ デンゼル・ワシントンが痩せた分、ヴァル・キルマーが肥えたんやない? うん!良かった。 最初は「面白いのかなぁ??」と正直かなり不安でした。 私だけではなく、皆さん、同じ気持ちだと思いますが、映画を暇つぶ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 21時07分

» 感想/デジャヴ(試写) [APRIL FOOLS]
デジャヴ現象の新解釈?な『デジャヴ』3月17日公開。船上パーティが行われていたフェリーが、爆破された。駆けつけた捜査官ダグは、ある女性の死体を見つけ、なぜか既視感を覚える。捜査の中、ダグは政府が極秘開発したシステムにより"4日と6時間前を再生し続ける"監視映像を見ることに。そこには、事件前、まだ生きている例の女性が映っていた…。 デジャヴ デジャヴをSF還元するんかい! って感じで、これぞハリウッド大作。船の爆発とかアクションとか、ならではの派手さで娯楽性は高い。超SF的監視システムの登場と... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 21時14分

» デジャヴ [映画君の毎日]
久しぶりの映画館での映画鑑賞。 デンゼルのファンとしては情けないほど遅いけど。 題名の通りの内容…じゃない?と気付いて、 [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 21時23分

» デジャヴ [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年3月17日 配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン,ヴァル・キルマー,ジム・カヴィーゼル 鑑賞日:2007年3月17日 MOVIX三郷 シアター8(座席数185) ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 21時44分

» デジャヴ(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
楽しみにしていた「デジャヴ」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:デンゼル・ワシントン 、ポーラ・パットン 、ヴァル・キルマー 、ジム・カヴィーゼル 上映時間:127分  乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生。 現場で発見され... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 22時36分

» デジャヴ [映画鑑賞★日記・・・]
『DEJAVU』公開:2007/03/17(03/17)製作国:アメリカ監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼルその時彼は強烈な“デジャヴ”に襲われたというが、私にはただの一目惚れにしか思えなかった。そうじゃなきゃ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 15時28分

» 映画「デジャヴ」 [<花>の本と映画の感想]
デジャヴ 監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン  ポーラ・パットン  ヴァル・キルマー  ジム・カヴィーゼル  アダム・ゴールドバーグ  エルデン・ヘンソン 2006年 フェリー爆発により、乗客543人が死亡する惨事がおきる。ATF捜査官のダ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 19時35分

» 映画『デジャヴ』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
傑作『クリムゾン・タイド』(95)の黄金コンビが再び結集。ジェリー・ブラッカイマ [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 21時51分

» デジャヴ [BLACK&WHITE]
【DEJA VU】2006年/アメリカ 監督:トニー・スコット 製作:ジェリー・ブラッカイマー  出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー ジム・カヴィーゼル、アダム・ゴールドバーグ、エルデン・... [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 21時53分

» デジャブ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「初めて会った人なのに、なぜか見覚えがある。初めての場所なのに、どこか懐かしさを感じる。」私達の日常の中で、不意に現れる数々の“デジャブ”現象。 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を捜査...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 01時40分

» デジャヴ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  デジャヴりながら過去に追いつけ!   [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 09時10分

» 『デジャヴ』in茨木 [☆えみたんの日記帳☆]
土曜日夜映画観て来たって日記に書いたけど、その映画をご紹介#63899; その映画は「デジャヴ」っていう映画だよぉ~#63893; うちは違う映画を観たかったんだけど、その映画の上映がなくなっちゃって友達と話した結果 「デジャヴ」を観ることに#63899; スト..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 23時45分

» 「デジャヴ」(DEJA VU)映画感想 [Wilderlandwandar]
デンゼル・ワシントン主演のサスペンス「デジャヴ」(原題DEJA VU)を見て来ま [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 22時31分

» 映画「デジャヴ」 [日々のつぶやき]
? 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン 見たくて見たくて早く行こうと思いつつ行けなかった「デジャヴ」やっと行ってきました!! 面白かったです!!ただ・・予告を見て自分で想像していたストーリーとは全然違いましたけど・・。... [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 10時00分

» 「デジャヴ」見てきました。 [よしなしごと]
 昔はよくデジャヴを感じましたが、最近はあんまり感じないんですよね。。。と言うことで、デジャヴを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 02時01分

» 「デジャヴ」 疲れるくらい作品に巻き込まれた [はらやんの映画徒然草]
見終わって、ふぅ疲れたーというのが、最初の感想でした。 タイムパラドックスものと [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 19時04分

» デジャヴ (Deja Vu) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2006年 アメリカ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「あれ?ここ、前に来たことがあるような…?」とか「あれ?この人、前に会ってる気が?」っていう経験をすることの多い私ですが、まぁ得てして私の物忘れの激しさがそ..... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 20時36分

» 『デ・ジャヴ』 [浮浪雲のように]
[[attached(1,left)]] {{{: 543名もの犠牲者を出したフェリー爆破事件を捜査するダグは、FBI捜査官から特別捜査班の一員として、政府が極秘に開発した「タイム・ウィンドウ」と呼ばれる映像装置を使った犯人割り出しの捜査協力を依頼される。 その装置は、7つの衛星からのデータを使い、現在時間から4日と6時間前の映像をどんなアングルからでも自由に見ることができる、驚異的な監視システムだった ダグは持ち前の分析力で、有用なアドバイスを行っていくが、次第にある疑問が頭をもたげて..... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 20時58分

« バッテリー | トップページ | 記憶の棘 »