« パフューム ある人殺しの物語 | トップページ | ゆれる  »

2007年3月15日 (木)

松ヶ根乱射事件

★★★☆

 タイトルと予告編を観た限りでは、田舎町に勃発した殺人事件を、駐在所の巡査がオロオロしながら捜査する映画のように感じる。ところがちょっと違うんだなあ。
 異様なオープニングである。雪の中で大の字になっている若い女性の死体。その死体を小学生が眺めている。そして男の子は、死体の胸を、さらにスカートの中を、まさぐり始めるではないか。

           Scan10197_1

 そんな演技を子供にさせて良いのかなぁ・・・などと考えているうちに、今度はその死体がスッポンポンで警察の検死台に横たわっている。しかも映像は、女のアンダーへアーを、余すところ無く、はっきりと写し出しているのだった。
 これで終わりではない。実は女は死んでいたのではなく、失神していただけだったのだ。これが「世界一不謹慎な死体」と呼ばれる所以である。
 この失神女を激演したのが川越美和。彼女は昔、日本レコード大賞新人賞を受賞したアイドルだったという。過去の栄光をかなぐり捨て、恥毛まる出しの女優根性には脱帽する。しかもふてぶてしく嫌味な演技も、決して捨てたものじゃない。
 その恋人で獰猛な男の役を、これもまたあの木村祐一が見事に演じている。『花よりもなほ』の痴呆役とは対極をなすシリアスな役柄であり、彼の器用さには感心するばかりだ。
 この二人の凶暴さと図々しさは、圧倒的な存在感を示し、本流である鈴木家のドラマを食いつくしてしまう。そしてのどかだった松ヶ根町は、二人の登場で一気にバランスが崩れ、狂気に支配され始める。
 この危険なアンバランスさが、本作独自のテイストを醸し出す。ただわざとボタンをかけ違えた様な意味不明さに、だんだんむかついてくるのも確かだ。
 鈴木家という田舎町の畜産農家が、コアになっていることは先に述ベたが、その家族にはどこか異様な雰囲気が漂う。別居中の父親は無責任な女たらし、祖父は助平なボケ老人、双子の兄は社会不適応、母は陰鬱で、姉はヒステリーという具合だ。
 一番まっとうなのが、この町で巡査をしている双子の弟なのだが、彼にもイライラが募り始め、カタルシスが得られない。やがて彼も、次第に狂気の渦に巻き込まれてゆく。
 ひと皮剥いた人間の本音と独善。それを絶妙のタッチで、「ブラックコメディー」に仕立てた山下敦弘監督の感性は評価したい。
 ただ前半の過激さに比ベて、後半はかなりおとなしく納まり、結局何も変わらない日常へと環流してしまうのだ。それがこの作品の風味かもしれないが、かなり消化不良感が残ったことは否めない。  

↓応援クリックお願いでござる 

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« パフューム ある人殺しの物語 | トップページ | ゆれる  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/5701784

この記事へのトラックバック一覧です: 松ヶ根乱射事件:

» 『松ヶ根乱射事件』 [ラムの大通り]
※このポスターは『松ヶ根乱射事件』ではありません。  ではなぜ?その答(?)は本文で……。 ----今日は映画の日。 フォーンは、ほんとうは『墨攻』か 『さくらん』に行きたかったんだけどニャあ。 「でも結果的にオモシロかったからいいでしょ」 ----でも、そもそもなんでこの映画ニャのよ? 「いやあ。記録的な不入りと聞いていたからね。 本当かどうか、 初日の最初の回にゼロだった劇場もあったとか…。 そう聞く... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 22時45分

» 『松ヶ根乱射事件』 [試写会帰りに]
「事件という程の事件は起こりません」とエクスキューズしながら、この映画の中で描かれる人間たちの風景は、大した事件です。日常の中に潜む、人間の愚かだけれどとても本質的なもの、人間としての本能をヒリヒリとあぶり出されるような映画。『松ヶ根乱射事件』 閉塞され..... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 23時28分

» 松ヶ根乱射事件/新井浩文、山中崇 [カノンな日々]
「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が本来の作風に戻ったらしいブラックコメディな作品です。昨年の東京国際映画祭で上映されたときになかなか好評だったらしいんですよね。私も観たかったけどチケットとれなくてこの一般公開を楽しみにしてましたァ。 出演はその他....... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 23時50分

» [ 松ヶ根乱射事件 ]オレも約束守るから、お前もちゃんと守れ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 松ヶ根乱射事件 ]を渋谷で鑑賞。 山下敦弘をたんなる長江健次似のゆるい癒し系の監督と思ったらやけどします。本作[ 松ヶ根乱射事件 ]を観ればそれが一目瞭然。人間の情けなさや腹黒さという、山下監督が本来描いてきた“心の闇”をこれでもか、これでもかと描いている。もちろん、彼お得意の演出、決して大声では笑えないコミカルさも健在。さあ、どうぞ山下ワールドご堪能あれ。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 01時28分

» 『松ヶ根乱射事件』 [となりのケイコさん]
昨日公開です!寒い中今日観に行きました〜  松ヶ根乱射事件 1990年代の半ば−松ヶ根− 鈴木光太郎は派出所に勤める警官。 双子の兄・光は、ある日ひき逃げ事件を起こしてしまうが内緒にしていた。 しかし被害者のみゆきと喫茶店で偶然出くわしてしまい、 その日からみゆきの恋人・西岡に恐喝される。 光は金を工面する為に会社の金を盗み、祖父の使っていない家に 西岡達を勝手に住まわせてしまう。次第に光太郎も怪しいと感づく。 �... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 10時04分

» #38.松ケ根乱射事件 [レザボアCATs]
そもそも私が見ようと思ったのは、西川美和が、「面白い。こういうの作ってみたいなんて考えてしまうけど、自分は山下みたいには絶対面白く出来ないので、作ってみたいなどとは考えないようにしている。」なんていう、気の利いたコメントをしていたためで・・・... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 22時41分

» 松ケ根乱射事件 [ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!]
”The Matsugane Potshot Affair”監督・脚本=山下敦弘。脚本=向井康介・佐藤久美子。撮影=蔦井孝洋。音楽=パスカルズ。エンディング曲=ボアダムス「モレシコ」。 平穏な田舎町・松ケ根へ東京からバブルの欠片が持ち込まれたのをキッカケに、小さな町が微妙に崩れ始め・・・。☆☆☆☆★★... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 12時53分

» カエルが降らないマグノリア? [スムーズ]
●松ヶ根乱射事件/山下敦弘監督(2007)(1)山下監督作品はみんな好き。(2 [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 23時31分

» 木村祐一 [話題の男性芸能人]
木村祐一 プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 20時04分

» 映画 松ヶ根乱射事件 [話題のエンターテイメント]
映画 松ヶ根乱射事件 プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 20時18分

» 松ヶ根乱射事件 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  奇妙に切り出されたリアルな人間の姿     [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 09時01分

» 松ケ根乱射事件 [It's a Wonderful Life]
「リンダリンダリンダ」の山本敦弘監督最新作。 正直、こういうテイストの映画は凄く苦手です。 とても苦手なんだけど、「リンダリンダリンダ」に続いて この監督スゴイなぁとまたまた強く思わされる作品でした。 「作者の見聞きした実話である事をあらかじめ ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 20時25分

» 「松ヶ根乱射事件」:浜松町駅バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}浜松町の長距離バスターミナルって、信州に行くバスも出ているのかな。 {/kaeru_en4/}いや、信州へ行くバスは、新宿から出るほうが多いはずだ。 {/hiyo_en2/}松ヶ根乱射事件て、あのあたりの田舎町が舞台の映画でしょ。 {/kaeru_en4/}雪が中途半端に残る田舎町な。 {/hiyo_en2/}そこで変な人々が起こす中途半端な事件の数々。 {/kaeru_en4/}お、殺人�... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 11時09分

« パフューム ある人殺しの物語 | トップページ | ゆれる  »