« ドリームガールズ  | トップページ | 通勤地獄 5ドアの電車 »

2007年3月 4日 (日)

蒼き狼 地果て海尽きるまで

★★★☆

 序盤では、モンゴル人が日本語で喋ることに違和感があったが、中盤以降は全く気にならなくなった。逆にモンゴル版大河ドラマという乗りで、返って判り易くて好かったかもしれない。

     Scan10204

 製作費30億円、全国425スクリーン確保と、いずれも邦画としては破格のスケールだ。そもそも角川映画の特徴は、小説との連動とスケールの大きさにある。そして詳細な内容とか登場人物の心情は、あえて描かない。
 「それを知りたければ、角川文庫を是非読んで欲しい」という出版社としてのビジネス戦略があるからである。 極端な話、映画の興行收益はトントンであれば良い。つまり映画を、本を売るための宣伝費と考えるのであろう。
 その意図を知らないと、ストーリー展開が雑だとか、心理描写が足りないという「批判漬け」に陥ってしまう。良し悪しは別として、あくまでもこの作品は、原作本と一対になって楽しむエンターティメント、と理解したほうが無難だろう。

 ところでこの映画、ネットでの評価はすこぶる悪く、映画館は初日にも拘らず約半分の入りだ。どうも若者たちに嫌われた感がある。
 確かに作り方は粗っぽいが、それは先に述ベた角川戦略と割り切っていたので、それほど酷い映画とは思えなかった。むしろあの圧倒的な戦闘シーンや即位式の模様、果てしなく続くモンゴル平原の自然に身悶えしたくらいだ。
 また角川戦略に乗せられ、小説も読む気にさせられ、モンゴルの歴史に興味を持つことになってしまったが、決して悪いことではないだろう。また常に一緒に戦っていたクランが、実はチンギス・ハーンの第2夫人で、彼には7人の妻が存在していたことも判った。
 主演の反町隆史が熱演していたことは認めるが、何と言っても母ホエルンを演じた若林麻由美の、演技と年令ごとのメーキャップに注目したい。さらにジャムカ役の平山祐介、ハサルの袴田吉彦、ボオルチュの野村祐人の存在感がこの映画を支えていたと言えるだろう。あと音楽が素晴らしい。
 ただ、ジェムカ・トオリル連合軍との戦いの結末と、ジュチの描き方が乱暴過ぎる。たぶん長過ぎるので、編集カットされたのだろうが、そこが不評の種なのかもしれない。  

↓どうか応援クリック、お願いしまぁ~す。m(__)m 

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村もついでにクリックね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ドリームガールズ  | トップページ | 通勤地獄 5ドアの電車 »

コメント

たしかに、映画を観た後で小説を読みたくなりました。井上靖版も森村誠一版も・・・
映画ではかなり好感の持てる人物像で、むしろチンギス・ハンと名乗るようになってからの残酷な支配者となる変貌ぶりも見たかったです。

投稿: kossy | 2007年3月 4日 (日) 18時26分

ケントさん、こんばんは。
本が売れれば・・なのですか?(笑)
私は、女性が描かれていたのはテーマとしてとても良いと思いましたけれど、それでも特別読みたいとは思わなかったなぁ。

袴田くんはいい味出してましたね。
こういう役が良く似合います。

投稿: たいむ | 2007年3月 4日 (日) 22時31分

kossyさんこんばんは
ほとんどの人が、この映画に批判的な中で数少ない理解者ですね。これはかなり勇気がいるものです。ボクも森村さんの小説を読んで見たいですね。

たいむさんコメントありがとう
そうですね。余りにも不評なので逆効果になるかも・・・(笑)
ということには、ならないと思います。映画通の方には不評ですが、おばさん達には結構好評なんですよ。
それに小説でも映画でも、大衆文化ですから、宣伝が大きければ、普通の人は余りこだわりはなく買うと思いますね。良し悪しはべつとして・・・
そうですね、確かに袴田吉彦さんはハマリ役だと思いました。


投稿: ケント | 2007年3月 5日 (月) 22時17分

こんばんは。
僕もダメだったんですけど、これ戦略だったんですか~。
なるほどと思うのと同時に苛立ちも(苦笑)。
映画は映画だけで満足できるものにして欲しいなぁ。。

投稿: こーいち | 2007年3月 8日 (木) 00時15分

こーいちさんこんにちは
だいぶ酷評のようですね。
確かに、ジェムカ・トオリル連合軍との戦いの結末には、僕もポカンとしました。
僕は編集カットされたのだと思い込んでいます。いずれにしても、2~3時間でまとめられるテーマではないので、無理はありますね。
僕が角川戦略だと書いているのは、半分は皮肉なのですよ。
ただ角川映画には余り期待していないので、思っていたよりも面白く感じたことも確かです。

投稿: ケント | 2007年3月 8日 (木) 13時29分

こんばんは!、昨日観て来ました。
観客は、私を混ぜて7人です。大丈夫なんでしょうか?・・・30億もかけて!。
たしかに、壮大なモンゴルロケと迫力ある騎馬隊の戦闘シーンには圧倒されました。
チンギス・ハーン役には、もっと貫禄のある役者さんの方が良かった気がします。
反町さんは、信長のイメージがダブってイマイチ、チンギス・ハーンの役になれてなかった。
母親ホエルンを演じた若村麻由美さんの老け役が良かったですね。
ケントさんに応援ポチ送りますね!

投稿: パピのママ | 2007年3月 9日 (金) 02時49分

パピのママさんありがとう
「観客は、私を混ぜて7人です」えーっそりゃあ酷いですね。余りにも上映館が多すぎるのもマイナスだったのかも・・・
確かに反町さんのイメージは信長かも。余り温かみが感じられず、あれだけの大人物には見えなかったですね。ミスキャストかもしれませんね。

投稿: ケント | 2007年3月 9日 (金) 23時41分

こんにちは!いつもありがとうございます!
この原作、全く知りませんが、この映画と同じように、ジュチにスポットを当てた、我が子かどうかを疑う、今話題の、離婚後10ヶ月は前夫の子というのと同じなのであれば、、、全く興味ないですね。
書かれているように、チンギスには無数の(?)子供がいるわけですから、跡を継いだ子供を描くのなら、大河ドラマかも知れませんが、、、
やっぱり、どう考えても、日本の恥、という感じです。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007年4月 5日 (木) 09時20分

猫姫さんコメントありがとう
かなり手厳しいですね。
確かに松方などチンケな登場人物もいましたが、むきになって批判するほどの作品でもないと思います。
原作はまだ読んでいませんが、時間が経ってみるとさほど読みたいとも思わなくなりました。
角川映画なんてこんなものではないしょうか。今邦画が眩しいのは「フラガール」とか「ゆれる」とか「かもめ食堂」とか大作ではない分野の作品です。

投稿: ケント | 2007年4月 5日 (木) 21時51分

お久しぶりです。TBさせていただきmした。
よろしくお願いいたします。
若村麻由美の化けっぷりは、すばらしかったですね!
私も角川映画ならでわの、やたら多い戦闘シーンと、壮大な資金力ならではのスケールは嫌いではなかったです。
モンゴルの大地は美しかった…
まだ見渡す限り家のないような土地が、この地球上にあるっていうだけで、充分癒されました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2007年4月20日 (金) 00時49分

ノルウェーまだ~むさんコメントありがとう
この作品は、かなり評判が悪くどのブログでも散々な酷評ですね。
でも僕はそれほど酷くはないと思いました。仰るとおり大自然は美しく偉大でしたよね。同じように感じた人が現れて嬉しいです。

投稿: ケント | 2007年4月20日 (金) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/5567455

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼き狼 地果て海尽きるまで:

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで [ネタバレ映画館]
「ジャムカ、お前の勝ちやな・・・チッチキチー」 [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 18時23分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで [そーれりぽーと]
どうせ…と思っていたので観る気全く無かったのですが、他の映画の時間繋ぎで『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を観てきました。 ☆なし 想像を絶するくだらなさ。 脚本、演出、俳優(一部を除く)どれを取ってもこんなに酷い歴史スペクタクル映画は観た事が無い。 冗談じゃなく最初から最後まで、途切れる事無く二分に一度は突っ込みたい気分にさせられたんですが、これって狙い? やっぱり角川春樹は信じない。 イチイチ突っ込むポイント書いてたら上映時間以上�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 19時35分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで ワールド・プレミア [シュフのきまぐれシネマ]
蒼き狼 地果て海尽きるまで  ワールド・プレミア試写会 @国際フォーラム 念願のナマの松山ケンイチくんを観てきました~♪ って、少6の娘が大好きなので一目でいいからナマで見せてあげたかった 2F席だったから、ちょっと遠かったんで(泣) 今度こうい... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 21時25分

» 「蒼き狼~地果て海尽きるまで」みた。 [たいむのひとりごと]
「史上空前のエンタテインメント超大作」としては、最初っから期待していなかったけれど時間だけは超大作(辛) 『モンゴルの大自然は広大だわ』、という感じではあったけれど、なんともホコリっぽい壮大さだったなぁ(笑)(以下、若干ネタに触れます)... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 22時18分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで(ワールドプレミア) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  その英雄、蒼き狼の血と共にあらん   [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 23時58分

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」試写会レビュー 永く大いなる歴史 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
近ごろ純粋に映画のおもしろさの評価ができなくなってきている。この映画が現在の日本映画界に存在することそのものが偉大で、恐怖すら感じられてしまうのだ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 00時15分

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 [てんびんthe LIFE]
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」イイノホールで鑑賞 初めから終わりまでずっと違和感あり。チンギス・ハーンが誕生するまでの彼の生い立ちからほぼ一生を描いた作品。全編モンゴルロケで広大なスケールと制作費で作られた角川映画。出演もほとんど日本人。そしてすべて日本語。原作は森村誠一ってことで日本以外で作られるわけも無く戦うシーンの迫力もすごいのですが,何がこんなに引き込まれずにいたのかというとやっぱり日本語。モンゴルの歴史的英雄世界史にもその名を残すチンギス・ハーン。当然登場人物の名前が全員モンゴル名な... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 01時30分

» 映画:蒼き狼 地果て海尽きるまで 試写会 [駒吉の日記]
蒼き狼 地果て海尽きるまで(イイノホール) 「私は蒼き狼として死ねるでしょうか」 そういえば主演の反町隆史さんのドラマは見たことあるけど映画はないなあ。やたらと力の入った前宣伝と予告でした。どっちかっていうと松ケン目当て。 モンゴルを題材にした映画という... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 13時40分

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:反町隆史、菊川怜、若村麻由美、袴田吉彦、Ara、野村祐人、松山ケンイチ、平山祐介、池松壮亮、保阪尚希、榎木孝明、津川雅彦、松方弘樹、他 *制作総指揮:角川春樹 *監督:澤井..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 17時51分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで(5/10) [自分を信じて生き抜くだけ]
 初っ端のシーンから映画に入り込めない違和感。  序盤の重要性をなんと心得ているのかと問いたい。    エキストラの人数や、馬の話は聞き及んでの通り。  あのCG、VFXでない群集の迫力は是非とも大画面で堪能してほしい。  モンゴルの壮大な景色はやはり圧巻。... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 12時11分

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」映画感想 [Wilderlandwandar]
角川春樹事務所製作の超大作ですね、モンゴル建国の英雄にして世界史上最大の帝国を [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 20時29分

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
***************************** 部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長イェスゲイ・バートル(保阪尚希氏)は、メルキト部族の男の妻を略奪し自らの妻とした。やがてその妻、ホエルン(若村麻由美さん)は一人の男の子を出産する。テムジンと名付けられたその子こそ、後に「東は中国、朝鮮半島迄、西は東欧、アナトリア、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ビルマとユーラシア大陸の大部分に跨がるモンゴル帝国」の礎�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 03時06分

» 蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜 [Akira's VOICE]
突っ込んだらアカン,ツッコんだらあかん! [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 17時04分

» 『蒼き狼 地果て海尽きるまで』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]          2007/03/03公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 壮大さ[:富士山:][:富士山:] 満足度[:星:][:星:]   【監督】澤井信一郎 【脚本】中島丈博 【原作】森村誠一 『地果て海尽きるまで 小説チンギス汗』 【時間】136分 【出演】 反町隆史/菊川怜/若村麻由美/Ara/袴田吉彦/松山ケンイチ/野村祐人/平山祐介/池松壮亮/保阪尚希/苅谷俊介/今井和子/唐渡亮/神保悟志/永澤俊矢/榎木孝明/津川雅彦/松方... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 00時11分

» 映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」反町隆史ほか舞台挨拶付 [いもロックフェスティバル]
反町隆史さん、若村麻由美さん、角川春樹さんらの舞台挨拶付き試写会に行ってきまし [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 17時57分

» 『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を見ました! [団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)]
―壮大なモンゴルと親子愛に感動はしたが…― きのう(4日)、亀さんは夫婦でワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園に話題の『蒼き狼地果て海尽きるまで』を見に行きました。二人とも、若い頃、井上靖の小説を読み、映画『蒼き狼』(多分、市川染五郎の主演だった?)を見て感動した記憶があって、公開前から見に行くことを決めていた。2つのスクリーンを使い、1日7回も上映されているので、公開直後の日曜日だったが、すぐに... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 19時12分

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
先日公開した「蒼き狼 地果て海尽きるまで」を観て来ました。 モンゴル帝国を統一した、 英雄チンギス・ハーンの生涯を描いた歴史超大作。 角川春樹製作指揮のもと総制作費30億円をかけて オールモンゴルロケを敢行。 チンギス・ハーン役には「男たちの大和/YAMATO」の 反町..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 00時57分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
史上最大の帝国を築いた男、チンギス・ハーン!人は彼を“蒼き狼”と呼んだ_ モンゴル部族の長であるイェスゲイ(保阪尚希)と妻ホエルン(若村麻由美)の間に、男の子が生まれテムジンと名づけられた。後にチンギス・ハーン(反町隆史)となるその子どもは、鋭い眼差し...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 02時50分

» *蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜* [Cartouche]
{{{   ***STORY***          2006年  日本=モンゴル 部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長の妻ホエルンが出産。テムジンと名付けられたその子こそ、後のチンギス・ハーンである。14歳になったテムジン。父親を対立する部族に殺害されると、母親が敵から略奪された身である事を理由に、部下たちから見捨てられてしまう。やがて青年に成長したテムジンはリーダーとしてのカリスマ性を発揮。そしてホルテを妻に迎え、次第に勢力を拡大するのだった。          ..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 14時40分

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 大味な作り、ある意味誰でも観やすいともいえる [はらやんの映画徒然草]
いわゆる日本の大作映画という感じですね。 オールモンゴルロケということで、それこ [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 14時04分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで(映画館) [ひるめし。]
私は、あなたの息子として死ねるでしょうか? [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 15時48分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで [Diarydiary! ]
《蒼き狼 地果て海尽きるまで》 2006年 日本/モンゴル映画 多部族での争い [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 20時06分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで [カフェビショップ]
蒼き狼 地果て海尽きるまで なぜ今モンゴルなのか、チンギス・ハーンなのかという疑問は、さておき見てまいりました。 モンゴル建国800年だかららしいけど、 ポイズン主演でチンギスハン映画を作る意味はよくわからんのだが。 まあ、これぞ角川映画だよなあってかんじ..... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 21時25分

» 『蒼き狼』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『蒼き狼』鑑賞レビュー! 地果て海尽きるまで モンゴル建国800年記念作品 角川春樹事務所創立10周年記念作品 蒼き狼の末裔チンギス・ハーン 歴史に秘められた英雄の素顔が、今解き明かされる! ハーンが抱いた野望の根源に迫ろうとする 人間味たっぷりの偉人伝 ★review★ 本作は、モンゴルを統一した 王チンギス・ハーンという一人の男の 生き様を総製作費30億円でつづった 驚くべきスケールにド肝抜かれる 男のロマンが詰まった作品 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 09時43分

» ちょっと荷が重かった?~「蒼き狼 地果て海尽きるまで」~ [ペパーミントの魔術師]
1日3本強行軍ですので 後日またゆっくりUPしなおすとして とりあえず感想を。 Akira's VOICEのAKIRAさんとこで 「俺は何者なのだ」 日本人やないかい! はい,スッキリ。w って書き込んでたのがもう思いっきりウケてしまって 同じツッコミをしたくて行ったような..... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 17時58分

» 【2007-34】蒼き狼 地果て海尽きるまで [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
地上最大の帝国を築いた男、チンギス・ハーン 人は彼を、”蒼き狼”と呼んだ 今、初めて明かされる歴史に隠された英雄の素顔と苦悩 壮絶な戦いの果てに、男が見たものとは・・・ ... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 20時12分

» 映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」感想 [自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪]
映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」見に行ってきましたヽ(´ー`)ノ 続きから感想ドウゾ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 21時42分

» ★「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 [ひらりん的映画ブログ]
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは2本目で、「川崎チネチッタ」に移動。 いやー、2時間半の映画を続けて2本は、きついなーーーっ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 23時19分

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで (2007) [シネマテーク]
【コメント】★★★★☆☆☆☆☆☆ 大規模な合戦シーンは、昨今の映画には珍しく人... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 18時09分

» 映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 [日々のつぶやき]
監督:澤井信一郎 出演:反町隆史、菊川怜、若村真由美、袴田吉彦、保阪尚希 日本・モンゴル合作映画、総モンゴルロケ、チンギス・ハーンの物語 前日から風邪気味で体調そんなによくなかったのですが・・約束していたもので行ってきました。 「モンゴルの草原で... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 12時33分

» 蒼き狼地果て海尽きるまで(ネタバレあり) [エミの気紛れ日記]
『角川映画』(正確には『角川春樹が関連した映画』)を観るにはそれなりに心構えがいる。 それを知ってるかどうかで評価も分かれるのが『角川映画』。 実はこの作品ハズレてもいいようにレディースデーに1000円で『龍が如く』と一緒に観たんですよ。 心構えできて....... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 03時15分

» ≪蒼き狼 & アルゼンチンババア & ステップ・アップ≫ [局の独り言。]
毎月1日は映画の日 1本1000円 こんな割引デーを逃さず3本(笑) 蒼き狼 地果て海尽きるまで  ?- http://www.aoki-ookami.com/ Yahoo!ブログ - 蒼き狼 地果て海尽きるまで  ?- http://blogs.yahoo.co.jp/aokiookami2007/ Yahoo!映画 - 蒼き狼 地果て海尽きるまで... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 21時42分

» 《映画》 蒼き狼 地果て海尽きるまで [古谷千秋の食い倒れ日記]
今さらながらという感じだが『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を見てきた。あまり評判は良くないが、モンゴルの広大な平原での撮影ということで、映画館で観ておくべき作品だと思ってのこと。... [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 18時47分

» 蒼き狼 07077 [猫姫じゃ]
蒼き狼 地果て海尽きるまで 2007年   澤井信一郎 監督  原田徹 セカンドユニット監督  角川春樹 制作総指揮  森村誠一 原作反町隆史 菊川怜 若村麻由美 袴田吉彦 松山ケンイチ Ara 野村祐人 保阪尚希 榎木孝明 津川雅彦 松方弘樹 コーエー(光...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 14時43分

« ドリームガールズ  | トップページ | 通勤地獄 5ドアの電車 »