« バブルヘGO!!~タイムマシンはドラム式~ | トップページ | ドリームガールズ  »

2007年2月28日 (水)

ひとり日和

 石原慎太郎と村上龍が揃って激励!という文芸春秋の吊広告に釣られてしまった。殊にいつも文句しか言わない石原慎太郎が、珍しく誉めているのが気になる。

ひとり日和 Book ひとり日和

著者:青山 七恵
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 著者の青山七恵さんは、23才のOLであるが、かなり早熟というか老成している感があった。それと心情の動きを表現する文章では、言葉の組合わせ方が驚くほど巧い。それも妙に気取らず、自然な形にコーディネートしてあるのだ。
 選考委員の山田詠美は、「日常に疲れた殿方にはお勧め、私にはいささか退屈」とシニカルな選評を書いているが、僕にはそうは感じられない。
 またこの作品の主人公に、虚無感や倦怠感を感じる選評や読者が多いようだが、僕にはそんなネガティブなイメージは感じられなかった。彼女はただ気が強く、頑固で淋しがり屋なのだ。そして独占欲が強くて感情的で、我儘なので男達は疲れてしまうんだね。

 普通のOLたちは、いかにすれば上手に男とつき合えるのかを知っていて、巧みに自分を制御している。ところが彼女はある種のナルシストで、どうしても自分を変革したくないのだろう。そして逃げられることを恐れて、もう一歩が踏み出せずにいる。恐れる位なら自分を変えれば良いのだが、それが出来ないところに不幸を見た。
 だから母親とさえ心を開いて気楽に接する事が出来ない。唯一彼女がシンクロ出来たのは、ちょっと自分に似た老女だけだったのではないだろうか。

 ところが彼女は、まだそれらのことを十分に理解していないため、男に逃げられる度に悲しみと不安を募らせるわけだ。いつか老女のようなもったりした男性と巡り合った時、彼女に本当の幸せが訪れることだろう。

 京王線のある駅前に佇む不思議な古い家。その家には、駅前から入ることは出来ない。ぐるりと回わり道をして玄関に辿りつく。そこに住むのは、遠縁の老女「吟子さん」と猫たち。
 駅からは入れないのに、縁側からは駅のホームがまる見えである。この家自体が他人の侵入を拒み、自分からは一方的に駅にいる人々を眺めるのだ。
 それはまさしく主人公が、他人の小物をこっそり盗んで、臭いを嗅いだりしている姿に似ているではないか。 
 この小説は、男に捨てられるが、フリーターからOLになって、大人へと脱皮しょうとする若い女性の淡々としたお話だ。それだけでは、どこにでも転がっている平凡な話なのだが、一緒に暮す老女とのユニークな絡み加減が際立っている。
 恐らくそこが選考委員の共感を引き込んだ最大要因であろう。今後の作品次弟では、彼女は大作家へ羽ばたいてゆくかもしれない。注目に価する新人であり、石原慎太郎と村上龍が激励した理由が判ったような気がする。

↓どうか応援クリック、お願いしまぁ~す。m(__)m 
人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

ブログ村クル天↓もついでにクリックね(^^♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

|

« バブルヘGO!!~タイムマシンはドラム式~ | トップページ | ドリームガールズ  »

コメント

はじめまして・・・
読む動機が一緒でした、あの石原さんが褒めてるからには理由を知りたくなりますね。
自分はあの『家』よりも、あの『駅』の作り方が気に入りました。
確かにこの作家は凄い作家になりそうな予感がしますね。
文章がとても上手いと思いました、非凡でした。
老成ですか、言い当ててると思います。

投稿: 雪になあれ | 2007年3月 1日 (木) 23時35分

コメントありがとうございます
石原さんは、都知事選挙を前にして、少し謙虚になったのでしょうか。
少なくとも村上龍は慧眼であると思います。
あの駅やら笹塚駅など、京王線は好きなので駅での状況は、僕も好感を持ちました。

投稿: ケント | 2007年3月 2日 (金) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/5521730

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり日和:

» ひとり日和 青山七恵 [雪になあれ]
ひとり日和 青山七恵著 河出書房新社2007年02月 辛口の石原慎太郎さんが高評価されてる知らせを聞いて、ぜひ読んでみたくなった本。 単行本ではなく、全文掲載された雑誌『文藝春秋』で読んだ。 数日前に読んだので記憶が薄くなってきてるけど感想をメモ。 文章..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 00時12分

» 『ひとり日和』 青山七恵 [猛読醉書]
第136回(2007年)芥川賞受賞作。またつまんない作品が芥川賞をとったものです。これが受賞なら絲山明子が『イッツ・オンリー・トーク』でノミネートされたとき、すんなりあげてもよかったんじゃないんでしょうか?本作品は20歳の知寿が、高校教師である母親の中国交換留...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 06時36分

» 「ひとり日和」芥川賞受賞の期待の作品を読む [soramove]
「ひとり日和」★★★★{ 青山七恵著 母の中国への転勤で 親戚のおばさんと同居し始めた主人公。 大学に行く勉強を勧める母に そんな気はないと、駅のキオスクと 夜にはコンパニオンのバイトを始める。 恋が終わり、 新しい恋が始まり、 そしてそれも終わ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 09時35分

» 青山七恵著『ひとり日和』(感想) [夕螺の読書ブログ]
人は、今を生きる。 もちろんこれまで生きてきた時間の蓄積の中に生きるし、残された未来に思いを馳せながら未来に向かって生きる。 しかし現実は今という時間である。 未来は今という時間に現れ、今という時間は過去となって流れ去る。 まるでネオンサインのよう...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 10時46分

» ひとり日和 [Akira's VOICE]
青山七恵 著 [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 17時43分

» 青山七恵の「ひとり日和」を読む! [とんとん・にっき]
文芸春秋3月号は 2月10日発売、特価780円(本体743円)です。本をお金に換算したくはありませんが、なにしろお買い得です。第136回芥川賞発表の月です。本が売れない2月、8月に掲載する芥川賞、直木賞、文芸春秋の社長だった菊池寛が創設したと言われています。その策略... [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 20時54分

« バブルヘGO!!~タイムマシンはドラム式~ | トップページ | ドリームガールズ  »