« 幸福な食卓 | トップページ | 筆子・その愛-天使のピアノ- »

2007年2月 3日 (土)

分身

分身 Book 分身

著者:東野 圭吾
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 東京と北海道で、双葉と鞠子という瓜二つの美女が現れる。だが二人は一度も逢ったことがないし、お互いの存在も知らない。

 双葉の章と鞠子の章を全15章に分割し、これを交互に差し込んで、ストーリーはパラレルに進んでゆく。初め二人は双子で、何らかの理由で別々の家庭で育てられたのだろうと思っていた。ところが、彼女達は二歳違いであり、双方とも母親に似ていないのである。では父親が浮気をして出来た異母姉妹かとも考えたのだが、父親にも全く似ていないのだ。

 それに二人は、性格は異なるものの、姿形は全く同一人物のような「そっくりさん」なんだね。あと考えられることは、一つしかない・・・。 そんなわけで出生の原理はすぐ判ったのだが、何故そうなったのかという原因が、全く不明のまま物語はどんどん進んでゆく。そして二人はいつも行き違い状況で、ナカナカ巡り逢えない。

 この『君の名は』状態に、かなりフラストレーションが溜まり、イライラさせられるのだが、「怖いもの見たさ」で夢中でページをめくってしまう。序盤は平易で素人のような文章であったが、後半の先進医学に関する記述は凄いよね。よくここまで調べあげたものだと感心するしかなかった。 

 もしかするとこの作品、映画化の話しがあるかもしれないな。たしかに映画向きの作品である。

↓どうか応援クリック、お願いしまぁ~す。m(__)m    

人気blogランキングへ

↓ブログ村もついでにクリックね(^^♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

|

« 幸福な食卓 | トップページ | 筆子・その愛-天使のピアノ- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/5192631

この記事へのトラックバック一覧です: 分身:

» 「分身」東野圭吾(著) [大峰化学株式会社〜社長ブログ]
一日一度のクリック!にご協力下さい! 私にそっくりな人がもう一人いる。あたしにそっくりな人が、もうひとり。札幌で育った女子大生・氏家鞠子。東京で育った女子大生・小林双葉。宿命の二人を祝福するのは、誰か?迫真のサスペンス長編。  読後感想はネタバレ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 06時57分

» 「どろろ2&3」決定 妻夫木&柴咲コンビ続投 [とりあえずニュースです]
「どろろ2&3」決定 妻夫木&柴咲コンビ続投  俳優、妻夫木聡(26)と女優、柴咲コウ(25)がW主演する映画「どろろ」(塩田明彦監督)の続編が製作されることが21日、分かった。 しかもパート2だけでなく、3まで一気に作るというから驚きだ。2人とも主演として続投する。 来年クランクインし、再来年以降の公開を予定している。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 14時33分

» 気の向くままに♪ [気の向くままに♪]
天気が悪い日には、部屋でのんびり映画鑑賞がいいんじゃないでしょうか(笑)その日はあまり天気が良くないから、二人でのんびり部屋でDVDでも見てのんびり過ごそうって話になりました。天気予報が、確実に雨だったので、その日はおとなしくしていようという話になりました。家を出る前に彼は傘もって無いってメールしてきたので、心配でしたが、なぜかぬれていない。あれ??って思ったんですが、彼はぬれるのが絶対いやだったらしく、しっかりタクシーできました(笑)ぬれてたら、一緒にお風呂入ってあったまっ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 17時14分

» 分身 東野圭吾 [カブシキ!]
私にそっくりな人がもう一人いる。あなたにそっくりな人がもう一人。札幌で育った女子大生と、東京で育った女子大生…。宿命の二人を祝福するのは誰か。追跡と逃走の遥かな旅が始まるサスペンス。 東野圭吾の作品です。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 22時32分

» 東野圭吾『分身』 [itchy1976の日記]
分身集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『分身』を紹介します。本書は、最初から最後まで結構楽しめる作品です。いつ氏家鞠子と小林双葉に出会うかということをポイントに読んでいけば楽しめるのではないでしょうか。あとは、育ての親(戸籍上の親)と産んでくれた親の感じ方の違い見たいな事もポイントになるでしょうか。 氏家鞠子は、母親の死をきっかけに自分探しの旅に出かける。主に、東京に上京して調査を続けることになる。その一方小林双葉は、テレビ出演がきっかけとなって、母親が死んだ。そのことによって自分... [続きを読む]

受信: 2010年5月27日 (木) 18時43分

« 幸福な食卓 | トップページ | 筆子・その愛-天使のピアノ- »