« あなたを忘れない | トップページ | 世界最速のインディアン »

2007年2月17日 (土)

墨攻

★★★☆

 「10万の敵にたった1人で挑む」というキャッチコピーに釣られて、『HIRO(英雄)』のような超人活劇を想像してしまった。ところがこの映画には、ワイヤーを使った荒唐無稽な戦闘シーンは全く出てこない。
 もちろん城攻めシーンは、凄い迫力でありスケールも桁外れに大きい。しかしあくまでもシリアスで、現実的な戦闘が続く。また主人公は、「墨家」という当時「儒家」並ぶ歴史的思想団体の一員なのである。

            Scan10181

 「墨家」は中国諸子百家の一つで、博愛主義を説いた。墨家の教えでは、「非攻」という言葉があり、「専守防衛」つまり自衛隊同様、守るための戦いは否定しないという意味である。この「非攻」が「墨守」という言葉になり、さらにこの作品の原作者により『墨攻』という言葉が創られたようだ。
 話の骨子はしっかりしているし、戦闘シーンも見事な出来映えなのだが、肝腎の墨家についての描写が一切ないので、主人公革離の中に入ってゆけない。またラストがかなりはしょられ過ぎて、今ひとつ後味が良くない。それと事前にある程度中国の歴史や、墨家について調べておかないと、革離がなぜ一人で来たのか判り辛いし、物語の焦点もぼやけてしまうので要注意。
 それにしても、人の嫉妬とは醜いものである。だが恩義や慈愛のない者は、いずれ滅び去る運命から逃れられないのだ。

↓どうか応援クリック、お願いしまぁ~す。m(__)m 

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村もついでにクリックね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« あなたを忘れない | トップページ | 世界最速のインディアン »

コメント

ケントさん、こんばんは。

僕は以前、小説を読んだので多少なりとも知識はあったので大丈夫でしたが、はじめて墨家の考えに触れる方は入り込みにくいかもしれませんね。
孔明のように知略をもって大軍に相対すスペクタクルと思っていましたが、恋愛などが中途半端に入ってきてそのあたりちょっと削がれた感じがしました。

投稿: はらやん | 2007年2月17日 (土) 19時50分

はらやんさんコメントありがとう
確かに戦闘シーンは迫力がありましたが、なにかスパイス不足でしたね。

投稿: ケント | 2007年2月17日 (土) 20時44分

こんにちは~★
 >だが恩義や慈愛のない者は、いずれ滅び去る運命から逃れられないのだ。

そうですよね!!もうあの梁王は憎らしくて憎らしくて。
恩義を忘れたらいけません!!
アンディ・ラウの魅力満載で私は満足しちゃいました(笑)

投稿: とんちゃん | 2007年2月18日 (日) 12時25分

とんちゃんさんこんにちは
僕もあの梁王は憎らしくて、頭に来ましたね。飼い犬に手を咬まれたというのか、裏切られたというのか・・・
アンディ・ラウは良かったですね。

投稿: ケント | 2007年2月18日 (日) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/5375938

この記事へのトラックバック一覧です: 墨攻:

» 墨攻 [Akira's VOICE]
攻める手を止めてこそ,安らぎが生まれる! [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 17時24分

» 墨攻 [そーれりぽーと]
森秀樹原作の『墨攻』が映画化。 はじめに聞いたときは、あんなスケールのデカい漫画をどうやって映画化するのかと驚いたのですが、アンディ・ラウ主演の中国映画と知って納得。 思う存分予算の使える中国映画なら、きっと凄いものに成ったに違いない! 何より、ちゃんと中国語の映画に成ったのも嬉しくて、期待して観てきました。 ★★★★ 原作漫画の内、前半の粱城での篭城戦を描いている。 見た目も雰囲気も原作の主人公“革離”�... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 18時14分

» 墨攻 [ネタバレ映画館]
ヤケクソもこれ兵法の一つ也。 [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 18時17分

» 『墨攻』 [試写会帰りに]
戦乱の中国。歴史上に忽然と現れ消えた、墨家(ぼっか)という戦闘集団がいた。天才戦術家“革離”、彼の使命は、戦わずして守ること。といっても、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とするのはわかりますが、攻撃されたら攻撃仕返す訳で、敵も味方も結構な人数がバタバタ..... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 18時21分

» 「墨攻」 映画の作りまで「墨守」しなくても・・・ [はらやんの映画徒然草]
漫画「墨攻」を原作とした日中韓の合作映画です。 タイトルにある「墨」とは「墨家」 [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 18時54分

» ラブ・ロマンスは不要。『墨攻』 [水曜日のシネマ日記]
2000年前の戦乱の中国を描いた人気コミックを映画化した作品です。 [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 21時01分

» 感想/墨攻(試写) [APRIL FOOLS]
アンディ・ラウ主演でコミック原作の映画『墨攻』2月3日公開。小国・梁が、大国・趙に降伏しようとしたとき墨家の革離が登場し、趙軍をみごと退ける。その後もさまざまな計略をもって城を守り切るが、やがて梁王は革離の力を恐れ、彼を追放する令を出した。 映画「墨攻」(ぼっこう)公式サイト 大陸戦国モノで、やたらと熱い。名軍師が圧倒的劣勢を跳ね返しちゃう様はいかにもマンガちっくだし、男子が好みそうな痛快な展開。スケール感あるし、いろんな知略が張り巡らされるところもけっこう楽しい。戦国時代らしい趣もなんとな... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 21時14分

» 【墨攻】 [空の「一期一会」]
★も~、アンディがカッコいい!アン・ソンギが渋い!ウー・チーロンが巧い!ファン [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 21時34分

» 墨攻 [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
戦わずにして、勝つ。日本の人気コミックを、日中合作で映画化した作品。時代背景は、中国がまだいくつかの国に分かれていた戦乱の世。趙(ちょう)の攻撃によって落城寸前の国・梁(りょう)が、墨家(ぼっか)に援軍を求めるが、やってきたのはただ1人、戦術家・革離(かくり)のみ。趙が攻勢に、知略に富んだ戦いで迎え撃つ。「10万の敵に たった1人で挑む」というキャッチコピーなものの、戦いをたった1人で挑むのではなく、1人で戦略を立てて民衆と兵を率いるというもの。日本が製作スタッフに関わっ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 22時00分

» 「墨攻」 [てんびんthe LIFE]
「墨攻」東京厚生年金会館で鑑賞 たぶん、私にとっては苦手な分野。中国の時代劇。時代背景がわかりません。でもコミックを原作としたアンディ・ラウ主演の日韓中合同製作のエンタメ系と来ればどうにかいけるだろうと思いました。アンディ・ラウとアン・ソンギが対決するわけではずすわけには行きません。知らない人は、当然アンディ・ラウがどんな役者だかも知らないだろうし、ましてアン・ソンギなんてね知らないわけで、誰が中国で誰が韓国でなんて関係ないんだろうなー、もったいない。この二人が対等に一つの画面で戦うことにとっ... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 22時39分

» 墨攻 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
10万の敵にたった1人で挑んだ男。 使命は「戦わずして、守ること」 紀元前370年頃、巷淹中(アン・ソンギ)率いる趙の10万の大軍が住民わずか4千人の梁城に攻め入ろうとしていた。梁王(ワン・チーウェン)は墨家に援軍を頼んでいたが時間切れで、降伏しようとした時....... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 00時25分

» 墨攻 [八ちゃんの日常空間]
日本人って、結構中国の史劇って好きじゃありません?司馬遼太郎とか読んだ事ある人多いと思うんだけど…。で、この映画原作は日本なんだけど、これがまた最近のアジア圏の映画じゃダントツにいい!... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 02時30分

» 墨攻 [とんとん亭]
「墨攻」 2007年 香/中/韓/日 ★★★★★ 皆様!これ、めっちゃ面白いですよ!! 原作(コミック)を観た訳でもないし、中国史にも詳しい訳でもない。 アンディ・ラウはI LOVE YOUだけど贔屓して点数を甘くした訳でもありません。 (だけどアンデ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 10時51分

» 「墨攻」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「墨攻(ぼっこう)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ・シウォン、他 *監督・脚本:ジェィコブ・チャン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・..... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 18時08分

» 墨攻&生アンディ・ラウ!! [花ごよみ]
  見たぁ〜〜!! 生アンディ・ラウ〜〜!! 感激!! 試写会に行ったらいつもと様子が違う。 いつも前の方はすいているのに、 ぎっしり詰まり、仕方なしに2階席へ…。 舞台すぐ下には体格のいい人が立っている。  カメラマンらしき人も… そしておそろいのピンクのTシャツを着た女の人達が 前の座席に並んでる。 女の人の持っているきらきらと 縁取りされたうちわを見ると アンディ・ラウの名前が…。 もしかしたらア�... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 00時09分

» 「墨攻」 A Battle Of Wits (Muk gong) [俺の明日はどっちだ]
時は紀元前370年頃の春秋戦国時代。 趙と燕の国境にある小国である梁の城に、燕へ侵攻を目指す趙の大軍が攻め込もうと近づいてくる。 そして長いものには巻かれろ的に降伏を覚悟する梁の王のもとに、守備戦術のプロ集団“墨家”から革離がやってくる。 彼は明晰な頭脳を駆使し、10万人の趙軍から城を守ろうとするが・・・・。 原作は本も漫画も一切読んでいなかったので、ってことは「七人の侍」や「荒野の七人」みたいな小が大を飲み込む血沸き肉踊る痛快ドラマになるこ�... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 00時12分

» 墨攻&生アンディ・ラウ!! [花ごよみ]
  見たぁ〜〜!! 生アンディ・ラウ〜〜!! 感激!! 試写会に行ったらいつもと様子が違う。 いつも前の方はすいているのに、 ぎっしり詰まり、仕方なしに2階席へ…。 舞台すぐ下には体格のいい人が立っている。  カメラマンらしき人も… そしておそろいのピンクのTシャツを着た女の人達が 前の座席に並んでる。 女の人の持っているきらきらと 縁取りされたうちわを見ると アンディ・ラウの名前が…。 もしかしたらア�... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 00時13分

» 「墨攻」崇高な理念も理解されない不毛な戦国時代 [soramove]
「墨攻」★★★ アンディ・ラウ主演 馬上の戦士達の群れが 砂埃をあげて荒涼たる山野を走る、 遥かに連なる山々をバックに かなり壮大な物語が始まる。 そして主人公の登場、 城を囲まれ降伏寸前の窮地を彼の策略が 見事に救い出す。 このあたりから物語は...... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 01時15分

» ★「墨攻」 [ひらりん的映画ブログ]
今週のナイトショウは・・・ 日・中・韓の合作?映画。 原作が日本の漫画で、舞台は中国、音楽関係は日本人が担当してるみたい。 主演は、アンディ・ラウ。 [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 03時34分

» 韓国映画レビュー その180 「墨攻」 [なめ犬のとことん韓国映画]
中国、日本、香港、韓国の合作作品。中国の春秋戦国時代を舞台にしたもので、墨子の思想をもつ戦闘集団「墨家」のひとり革離を主人公に描いている。単にアン・ソンギが出演しているからといって俳優目当てで鑑賞すると痛い目をみる。ちゃんと当時の中国の時代背景や孔子や墨子の思想を理解したうえで鑑賞すると登場人物の考え方の違いがみえてくるのでおもしろい。ボクは、ある程度の予備知識を入れてから鑑賞したのと歴史ものが好みだから満足できた。 墨攻 制作年:2006年 監督:ジェィコブ・チャン 出演:アンディ・ラ... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 19時54分

» 墨攻 07050 [猫姫じゃ]
墨攻 2006年   ジェイコブ・C・L・チャン 監督  川井憲次 音楽  酒見賢一 原作アンディー・ラウ 劉徳華 アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン・ピンピン チェ・シウォン 日・中・韓 合作なのね。 原作知らないし、人気コミックというのも読んでないし....... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 01時59分

» 墨攻 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  男が望み挑んだ・・・無血の戦い   [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 08時30分

» 墨攻−(映画:2007年29本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジェイコブ・C・L・チャン 原作:酒見賢一 出演:アンディー・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ピンピン、チェ・シウォン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) 大企業で女性総合職が採用され始めたのはバブルのちょっと前くらい....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 11時05分

» 「墨攻」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
中国では紀元前403年に晋が韓・魏・趙の三国に分裂して以降、紀元前221年に秦の始皇帝が国土統一を果たす迄の183年間を戦国時代と称されている。そんな戦国時代の世に、思想家の墨子が率いた集団が在った。「博愛主義」、「反戦」を掲げるその思想家集団は「墨家」と呼ばれた。 ***************************** 中国の戦国時代、戦国七雄と呼ばれる「秦、韓、魏、趙、楚、斉、燕」の七ヶ国が、国土統一を目指して果て無き戦いを繰り広げていた。 時は紀元前37... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 01時41分

» ただ、平和を願い苦悩するひと。~「墨攻」~ [ペパーミントの魔術師]
キャ~~。ラウちゃんカッコイイ~~~~。 コホン。 すいません、いつもの悪い癖ですので気にしないでね。 びっくりしたのはアン・ソンギ。 ファーストコンタクトが「デュエリスト」という、 最悪の出会い(笑)でしたので、どないなるかと思いきや これがまたえらい渋かった..... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 18時13分

» 墨攻 [シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記]
 「墨攻」という映画を観ました。 レントラックジャパン The Making of 墨攻  春秋戦国時代。趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていました。10万の趙軍に対し、梁城の全住民はわずか4000人。梁王は墨家に救援部隊を求めていました... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 18時23分

» 墨攻 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】2000年前の戦乱の中国を描いた日本の同名コミックス(作・森秀樹)の映画化―10万の敵兵に囲まれた落城寸前の小国にやってきた『墨家』の革離(アンディ・ラウ)。彼は平和のために戦うという目的を胸に、たった一人で助っ人にきた―     監督 : ジェイコブ・チャン    〜日・中・韓合作〜【comment】 中国史がイマイチ苦手で・・・『墨家』といわれても残念ながらピンとこない。それでチョチョイと調べてみた。(例によってWikipedia) *『墨家』ー中国戦国時代に墨子に... [続きを読む]

受信: 2007年11月21日 (水) 17時52分

» 10万の敵にたった1人で挑む。「墨攻」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 10時32分

« あなたを忘れない | トップページ | 世界最速のインディアン »