« とんかつ 本家ぽん多 | トップページ | ひとり日和 »

2007年2月25日 (日)

バブルヘGO!!~タイムマシンはドラム式~

★★★☆

 1990年のバブル崩壊を阻止するため、洗濯機型のタイムマシンに乗って、17年前の東京にタイムスリップするというSFコメディー。

           Scan10182

 バブル全盛期のディスコやワンレン・ボディコンなど懐かしい映像が楽しめるが、いささか極端な描き方をしている。ギャング達とのおマヌケなアクションには興ざめしたが、全搬的に楽しい映画だった。
 広末涼子の芸者姿は、いやに色ぽいね。もともと瓜ざね顔なので和服と日本髪が良く似合う。今後は時代劇に出演してみたらどうだろう。
 阿部寛のメイクは上出来で、17年間の顔と雰囲気の使い分けが見事だった。思わずバック・トウ・ザ・フューチャーの、父親役のメイクを思い出してしまった。邦画のメイク技術も進歩したものである。
 一番印象に残ったシーンは、ディスコシーンではなく、建造中のレインボーブリッジを見上げながらの、東京湾クルーズである。船内で踊り狂う若者達を尻目に、突然現代のステップで踊り出す広末涼子。それを見た若者達が一瞬ハッとして、全員踊るのを止めてしまうシーン。あの一瞬の気分は何とも言えなかったね。
 タイムマシンものとしては、突込み所も多いが、バブル時代のファッションや芸能人達、街の風景や流行などなど、懐か楽しい雰囲気が盛り沢山である。余り深く考えずに、バブルに戻って楽しもうじゃないか。

↓どうか応援クリック、お願いしまぁ~す。m(__)m 

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村もついでにクリックね(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« とんかつ 本家ぽん多 | トップページ | ひとり日和 »

コメント

おじゃまします
アタシもこの映画を なんとなく観に行って
笑って帰ってきました♪
この頃は まだ社会人一年生くらいだから
恩恵もコケも味わうことは あまりなかったけど
懐かしい!と連呼しながら 一つ年上の同僚と
化粧やボディコン、フジテレビの旧社屋、
なんか〜色んなものが懐かしくて笑ってた
映画中は私語は慎む アタシと同僚ですが
公開したばかりなのに ガラガラ状態だったので
ちょっと、ツボな部分では会話してました♪
あんな時代、もう来ないよな〜。。。

投稿: アッキー | 2007年2月25日 (日) 10時05分

こんにちは~。
バブル時代がどんなもんなのかよく知らなかったので、これがバブルなのか~と思いながら見ました。
難しいことは考えず、単純にスカッとできるところが好きです。

投稿: cherry | 2007年2月25日 (日) 11時37分

アッキーさんこんにちは
当時の風景やファッション、CMなどはよく描かれていましたよね。でも札束ビラビラ雨あられは、大げさですよね。
まぁホイチョイもバブルのオトシゴだから仕方ありませんね。

cherryさんありがとう
確かに難しいことは考えず、単純にスカット爽やかに楽しむのがコツでしょうね。

投稿: ケント | 2007年2月25日 (日) 13時07分

こんにちは、ケントさん♪
TB&コメントありがとうございます(^^)
バブル時代のファッションや売れる前の芸能人たちの姿は面白かったですね。笑いたい時に観るといい作品だと思います。

そうそう、絵手紙見させていただきました。映画の絵手紙は特徴をつかんでてそっくりで、ナチョ・リブレなんかは笑ってしまいました。これからの作品も楽しみにしてま~す。

投稿: りら | 2007年2月25日 (日) 13時56分

ケントさん、こんにちは。

阿部寛さんのメイク、なんとなく前首相ぽかったですよね。
広末さんは単純にかわいいなーと思ってしまいました。
一児の母とは思えないデス。

投稿: はらやん | 2007年2月25日 (日) 14時54分

ケントさん、こんにちは。
深い意味を考えないで楽しむコメディですね、これは。

レインボープジッジはなかったんだっけ?
今やあって当たり前の建造物がないと奇妙な感じですよねw

投稿: たいむ | 2007年2月25日 (日) 16時35分

りらさんありがとう
深く考えずに愉しんで見れれば良いですよね。
絵手紙を見て頂いてありがとう。これからも映画の絵手紙を描く張り合いが出来ました。

投稿: ケント | 2007年2月25日 (日) 18時34分

はらやんさんコメントありがとう
阿部寛さんのメイクは、小泉さんに似ていましたよね。
広末涼子は、和服姿が色っぽくなりました。

たいむさんありがとう
深く考えずに、とば~っと楽しむしかないですね。
しかし17年で随分変わるものですね。

投稿: ケント | 2007年2月25日 (日) 20時00分

こんばんは~TBあつもありがとうございます!
基本的にヒロスエ、ダメな自分ですが、キュートだなぁ~、と魅入ってしまいました。あまり「時間跳躍」のしがらみを考えず娯楽作品に徹した事がかえって楽しい映画に出来たと思っています。満足度は高かったです~

投稿: 八ちゃん | 2007年2月25日 (日) 21時17分

ケントさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
ストーリーよりもバブル全盛の90年の風俗文化の方が楽しめましたね。
またバブルと泡とをかけて、洗濯機をタイムマシンにしたのも面白かったです。
広末のあの踊りは(がんばってる感じがしたけど)どうなんでしょうね・・。。^^;

投稿: nyanco | 2007年2月25日 (日) 22時59分

最近ヤンママ主演の邦画が頑張ってますね。
ヒロスエはヤング・ママ・・って感じだけど・・・
昨日見た「さくらん」の土屋アンナはヤンキー・ママ・・・
とも呼べそうです。

投稿: ひらりん | 2007年2月25日 (日) 23時37分

突っ込みどころ満載ながら、最初から最後まで楽しめる娯楽作品になっていたと思います。(日本の借金800兆円と言われたら、笑ってばかりもいられないのですが...)

最初、スルーするつもりだったのですが、観てよかったです。

投稿: MANAMI | 2007年2月26日 (月) 00時20分

 ども、たましょくです♪

 たましょくも広末のあのダンス?シーン
大好きです♪体をクネクネさせるあたり、
今までにない彼女の「色気」を感じまし
たw

 タイムパラドックスの辻褄を合わせる
とゆーよりは、「逆手に取った」とゆー
感じでしたね。ノリは良かったです。

投稿: たましょく | 2007年2月26日 (月) 10時37分

ケントさん、TB・コメント有難うございました。
バブル全盛期、結構楽しい思いをした私には懐かしくもあり、泡と消えた束の間の出来事のような思い出です(^_-)-☆
あの当時を再現してるかのような、しかしちょっと違うぞ?・・・なんて所もあって楽しめました。

投稿: パピのママ | 2007年2月26日 (月) 12時08分

こんばんは。
今までヒロスエが苦手だったのですが
この映画で苦手意識克服した感じです。
とても可愛く生き生きとしてましたね!
東京のバブルはやはりスゴイ・・・
まぁ、今から思えば異常ですよね。。。

投稿: 未来 | 2007年2月26日 (月) 21時32分

ケントさん こんにちは!
広末涼子の芸者姿、けっこうイケてました!
結局、下河路と真弓って親子だったでしょ~。
あの時、もしなんかあったら大変なことになってましたよね!

投稿: なぎさ | 2007年2月27日 (火) 08時51分

こんにちは♪
懐かしい気分に浸れる映画でした。
堅いこと言いっこナシですよね(笑)
老けメイクはよく出来ていましたが、一方、女優さん達は17年前の若い頃に戻すのが大変だったのではないかしら?

投稿: ミチ | 2007年2月27日 (火) 09時21分

八ちゃんさんありがとう
仰るとおり余りタイムものという気がしませんでした。
どちらかというと、バブル祭りを楽しむ風情でしょうか。

nyancoさん、ありがとう。
洗濯機とバブルをかけたのですか。気がつきませんでした。確かにその通りですよね。

ひらりんさんこんにちは
確かに土屋アンナはヤンキー・ママですね。
それにちょっと怖い感じがします。

投稿: ケント | 2007年2月27日 (火) 13時05分

MANAMIさんこんにちは
突っ込みどころは、嫌というほどありますが、まぁ仕方ないか・・・という気にさせるのがホイチョイの魔力なのでしょうか。

たましょくさんこんにちは
やはりあのダンスが気になりましたか。
同じく僕もあれには驚きました。彼女もなかなかやりますよね。

パピのママさんコメントありがとう
ちょっと大げさに描いていたので、なんとなくバブル時代の夢を見ていたような感じがしました。

投稿: ケント | 2007年2月27日 (火) 13時15分

未来さんありがとう
僕も広末はあんまりの口でしたが、「秘密」を観たときに、色っぽいなと感じました。今回も芸者姿が良かったです。
バブルの思い出さえも泡と消えた感じですが、当時のCMなんかは懐かしかったですね。

なぎささんありがとう
あのとき何かあったら、どういう未来世界が待っていたのかは興味があります。
しかしそうならないところが、ドラマなんでしょうね。

ミチさんありがとう
そうですね。男性はなんとかごまかせるけど、女性達は年取って綺麗になった人もいるので難しいですよネ。


投稿: ケント | 2007年2月27日 (火) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/5481591

この記事へのトラックバック一覧です: バブルヘGO!!~タイムマシンはドラム式~:

» 「バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜」バブルで時が止まってしまった人達が作った夢をもう1度物語 [オールマイティにコメンテート]
「バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜」は2007年時点で日本の借金が800兆円の破産寸前の日本を止める為にバブル絶頂期の1990年に洗濯機型のタイムマシンでタイムスリップしバブル崩壊を食い止めようとするコメディタッチのストーリーである。1990年当時...... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 12時24分

» 近くて遠い昔!?『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』(2007年4本目) [ON THE ROAD]
キレイでした〜!!吹石一恵!! ソバージュヘアーと80年代メイク似合いすぎ{/ee_2/} オレのようにこの時代をリアルタイムに経験した人なら、 広末より、この吹石一恵の80年代メイクに参ったのではないだろうか? もともと眉が太い女優だけど、この時代のメイクは本当に彼女に似合う! 普段の彼女には何も感じないけど、これには本当にビックリ{/face_heart/} もう一人のボディコンギャル役の伊藤裕子も19... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 12時30分

» 「バブルへGO !! タイムマシンはドラム式」 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
タイムマシンにお願い ! 助けてバブルマン〜。ホイチョイプロダクションズ8年ぶりの新作「バブルへGO !! タイムマシンはドラム式」(監督・馬場康夫)。物語・2007年日本の財政破綻の危機を救うため財... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 12時43分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [Kinetic Vision]
テレビであろうと映画であろうと、誰が監督であろうと作品の出来がどうであろうと、阿部寛の出演しているコメディはいつも楽しい。現代日本経済の不況に苦悩する、暗い表情をした財務省の役人と、バブル時代、女遊びに浮かれ... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 12時45分

» 映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
誰もが思う過去の修復、なかなか面白いね、17年の時を遡った結果は、1本だったはずのレインボーブリッジがなんと3本に、それぐらい劇的に楽しい物語・・ 日立製作所家電研究所に勤める田中真理子(薬師丸ひろ子)の偽装葬式から物語は始まり、財務省大臣官房経済政策課... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 13時09分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(映画館) [ひるめし。]
戦国よりも幕末よりもハイテンションなあの時代へ――― [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 13時17分

» 和製バック・トゥ・ザ・フューチャー。『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』 [水曜日のシネマ日記]
バブルを知らないヒロインがタイムマシンに乗って1990年に戻り、 バブル崩壊を食い止めるために奔走するタイムスリップ・コメディです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 13時42分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 [りらの感想日記♪]
【バブルへGO!!タイムマシンはドラム式】 ★★★☆ 2007/01/29 試写会(1) ストーリー 2007年、現代。800兆円の借金をか [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 13時47分

» 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 ホイチョイはあの時代に戻りたい? [はらやんの映画徒然草]
まさにバブル真っ盛りし時にヒットした映画「私をスキーに連れてって」を世に送り出し [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 14時46分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式・・・・・評価額1400円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
なんともベタなタイトルだが、バブルが弾けて今年で16年目。 つい昨日の事の様にも思えるが、ずいぶんと世界は変わったのかもしれない。 当時は列島中が後にバブルと呼ばれる好景気に浸りイケイケの雰囲気で、贅沢は美徳とされ... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 15時57分

» 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」みた。 [たいむのひとりごと]
「タイムマシンがドラム型洗濯機」という、突飛もない発想が実にイイ。実際、あの回転をみればと何となくありえそーな気になってくる(ないってw)。 17年前といえばまだまだ”ドラム式”はマイナーであり、家庭用としてはアメリカなどで使用されている... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 16時36分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式/阿部寛、広末涼子 [カノンな日々]
この映画、ワタシ的にはかなりヤバイです、ヤバ過ぎ!(笑) とりあえず描かれていた当時のカルチャーは全て掌握できちゃいました。そこかしこに、知ってる知ってる、行ったことあるヨってとこばっかしなんだもん。ハマらないほうがウソになっちゃいます。でもこの映画、ホン....... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 18時50分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [ネタバレ映画館]
有り得なくない? [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 18時50分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [花ごよみ]
バブルの崩壊を阻止するために “洗濯機型タイムマシン”で、 1990年のバブル絶頂期へとタイムトラベル。 さぁ〜て、バブルの崩壊は止められるのか? 日本の将来はどうなっているのか? 最期まで目が離せない。 ドキドキ感も味わえます。  主演は阿部寛と広末涼子。  お母さんを救出するため  洗濯機タイムマシンに入って タイムトラベルする広末涼子。  母親を演じるのは薬師丸ひろ子。 ゲストに来ていたMCの久保田コ�... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 19時53分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [八ちゃんの日常空間]
GO TO THE BUBBLE!! [TOHOシネマズ錦糸町/SC7/前売り観賞券] 公式サイト 『戦国よりも幕末よりもハイテンションな、あの時代へ― ニッポンを救う! タイムスリップ・ラブコメディ!!』 何気に内心今週一番の期待作だったりします。たまにはおバカ映画もいいんじゃないの...... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 21時15分

» 『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
2007年、現代。800兆円の借金をかかえ破綻の危機に瀕した日本を救うため、財務省大臣官房経済政策課の下川路は、ある計画を進めていた。それは1990年にタイムスリップし、“バブル崩壊”を止め、歴史を作り変えるという仰天プラン!その極秘プロジェクトが白羽の矢を立てたの... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 21時27分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [夫婦でシネマ]
この映画はコメディですが、日本の借金が800兆円とか、日本経済が破綻の危機にあるという設定は、あながちフィクションとは思えず、リアルに受け止めて観てしまいました。 [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 22時53分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 [映画鑑賞★日記・・・]
『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』公開:2007/02/10(02/11)製作国:日本監督:馬場康夫製作:亀山千広出演:阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子、吹石一恵、伊藤裕子、劇団ひとり、小木茂光、森口博子、伊武雅刀ヒロスエが過去から現代にやってきて撮影したのかと思って...... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 23時24分

» ★「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 [ひらりん的映画ブログ]
あり得ない発想・・って、ひらりん好きです。 どこのメーカーの洗濯機かと、興味津々ですっ。 [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 23時34分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
いや~っ、面白かったです。 母親の真理子に死なれ、元彼の借金を背負わされた真弓の元に、財務省官僚の下川路がやってきて、「真理子の死」にまつわる真相が明かされます。実は、真理子は、バブルの崩壊を阻止すべく、自身で発明したタイムマシンで1990年に行ったのだとか。連... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 00時21分

» 「バブルへGO! タイムマシンはドラム式」 Go to the Bubble [俺の明日はどっちだ]
近未来ならぬ、17年前という近過去の六本木を中心に繰り広げられるタイムスリップ・SF・ドタバタコメディといったこの作品、まさにバブル絶頂期のあの頃に漫画に映画にと活躍の場を広げていたホイチョイ・プロダクションズらしい作りで、当時の風俗を振り返るといった意味ではそれなりに楽しいことは楽しい。 今でもタクシーの運転手さんから「千葉経由で横浜」(!!)とか、いかにバブルの頃は凄かったかということを時�... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 01時02分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 [Thanksgiving Day]
夕方ちょっと時間が空いたので、映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」を観てきましたー!! この映画は面白そうだなぁと思ってたので、かなり観たい度が高かったんですよ〜。 あ、こんなあらすじの映画です。。。 ↓↓↓ 『国の借金が800兆円に膨らみ破綻寸前の...... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 01時19分

» バブルへGo !! タイムマシンはドラム式 /Go to the Bubble !! [我想一個人映画美的女人blog]
バブルへGO!してきました〜{/roket/} 前にも書きましたが、 ホイチョイ・プロダクションズに数年間いたからといってレビューだって容赦はしません{/goo/} 正直をモットーに生きてますから{/heart_pink/} (笑) それに、そのために試写で観ずこの日を待って早速初日に観てきたのだ☆ なんて思ってたけど単純に、ふつうに楽しめちゃいました♪ わたしがいた時はちょうど前作『メッセンジャー』の頃で わたし�... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 01時32分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 [to Heart]
たまたま上映時間が合ったのと、同行の友人が乗ってくれたので観てきました。 予想通りのホイチョイ的軽さでしたが、楽しかったです♪ 出演:阿部寛/広末涼子/吹石一恵/伊藤裕子/劇団ひとり/小木茂光/薬師丸ひろ子 2007年。着実に回復していると思われた日本の景気だが、その実態はさらに深刻な危機にさらされていた。バブル崩壊後の景気対策のために増えた国債は800兆円にのぼり、国家崩壊は時間の問題だった。この最悪のシナリオ�... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 09時12分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
戦国よりも幕末よりも、ハイテンションなあの時代へ__ニッポンを救う!タイムスリップ・ラブコメディ!! 国の借金が800兆円に膨らみ破綻寸前の2007年、元カレの借金を背負わされ、母・真理子まで突然亡くして八方塞がりの真弓を、財務省官僚の下川路が訪ねる。実は真....... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 12時09分

» 映画:バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 完成披露試写会 [駒吉の日記]
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 完成披露試写会(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「眉太っ!」 本日は完成披露試写会ということで監督とキャストによる舞台挨拶がありました。ヒルズのシートはふかふかで頭のとこまであっていいなあ~ ■舞台挨拶 馬場監督、阿部... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 13時56分

» バブルへGO!~タイムマシンはドラム式~☆独り言 [黒猫のうたた寝]
1990年・・・う、なつかしいと言い切る猫はあのとき、いくつだったのでしょう(遠い目)(爆)『バブルへGO!~タイムマシンはドラム式~』洗濯機がタイムマシンなんて・・・面白いじゃーーん♪しかもトラベルするときは、洗剤入れちゃうんだもん(かなり、おかしすぎる・・・)ちな... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 19時53分

» バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [future world]
1990年、このころ自分は〜〜 もうとっくに結婚していて普通の主婦、確かに景気は良く、あまりお金の心配はした記憶もない。。 東京はやはりあんなに凄かったのか・・?特に大企業、不動産関連、投資家なんて笑いが止まらなかったみたいだし。 私自身のことでは、さ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 21時32分

» バブルへGO!! [UkiUkiれいんぼーデイ]
誰です?あの頃 「バルブがはじけちゃって」なんて言ってた人。。。 「阿部ちゃんってサイコー!」だわ〜♪ 真顔で「洗濯機式のタイムマシ−ンだ。」・・・て、ムフフ♪ 思えばあの頃、ホイチョイとフジテレビもバブルだったよねぇ。 でね、この17年前っていう微妙な過去がけっこう笑えるんだなぁ。 私はこの当時、長時間労働で体も精神的にもまいってて最悪だった。 結局、退職して、対人恐怖症みたいになって暗い時代だった。 あの当時、日本の偉い人たちも経済の崩壊や、少子化、人... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 08時51分

» 映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」 ホイチョイ・プロダクションズ製作のタイムスリップ・コメディ。 2007年、回復していると思われた日本の景気の実態は、深刻な危機に晒されていた。日本の借金はなんと800兆円。日本経済崩壊の日まであと二年!この問題を解決するために財務省特別緊急対策室の下川路功(阿部寛)は田中真弓(広末涼子)をタイムマシンで1990年に送る。 見所はバブルの絶頂期の風俗文化。バブル期に青春を過ごした人�... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 09時17分

» 『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』鑑賞レビュー! あの頃は、この時が永遠に続くと信じてた 戦国よりも幕末よりも ハイテンションなあの時代へタイムスリップ! ★review★ 本作のコピーにあるように 戦国よりも幕末よりもハイテンションな バブルへGO!!タイムスリップ!ムービー たかが17年前、されど17年前ですた〜!^^ 鷲尾いさ子"鉄骨娘"のCMを劇場で見れるとはネ (-人-)ありがたやありがたや。。。。 鑑賞者は自分の過去... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 13時00分

» 今度のバブルは上海だ! [龍女の道楽記]
 ケントのたそがれ劇場。  またもや中年の小父さんのサイト。  映画評が素晴らしいので、お邪魔させてもらった。  ブログランキングでも上位だった。  一度キネマ旬報の読者の映画評に投稿し、第一次選考まで通ったものの掲載まで至らなかった。  どういう書き方....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 15時02分

» バブルへGO! タイムマシンはドラム式 [ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!]
原作=ホイチョイ・プロダクションズ。脚本=君塚良一。音楽=ホンマ勇輔。監督=馬場康夫。危機的経済状況の2007年からバブル期の1990年へタイムスリップしてバブルの崩壊を食い止めようとするプロジェクト。その方法は、ドラム式洗濯機を使ったタイムマシーン。☆☆☆★★ [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 12時11分

» 「バブルへGO! タイムマシンはドラム式」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2006年・フジテレビ=東宝/監督:馬場 康夫) 1980年代後半、「私をスキーにつれてって」、「彼女が水着にきがえたら」などの軽快でファッショナブルな青春映画を連発して一世を [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 21時40分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ4> 監督:馬場康夫 製作:亀山千広 原作:ホイチョイ・プロダクションズ 脚本:君塚良一 2007年、800兆円の借金を抱える日本。財務省の役人・下川路功は、1990年にタイムスリップしてバブル崩壊をくい止める計画を極秘に進めていた。タイムマシンの開発者・田中真理子が90年3月に言ったまま行方不明となり、計画は中止せざるを得ないかと思われたのだが・・・。;"> ひと�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 15時04分

» 【2007-22】バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
2007年 日本経済 崩壊の危機! ニッポンを救う!タイムスリップ・ラブコメディ!! [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 22時50分

» バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
17年前、日本が陽気で浮かれていたバブリーな時代を 体験した年齢層の方々にお勧めの映画となっております終始、笑いながら そして懐かしみながらご覧頂けるでせう。今回もコレ以下 かなり大きくネタバレしてます んで 要注意でござる偶然にして物凄い発明品を何個...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 00時38分

» 映画 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 [ゼロから]
広末涼子が、主演の映画は「WASABI」以来です。全然違和感が、無いくらい役に合っていました。 [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 21時19分

» 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」 [Tokyo Sea Side]
宣伝を観た時点できっとくだらないんだろうなぁとは正直思っていましたが(笑)、期待以上におもしろかったです。中途半端じゃなくて、ホントにぶっ飛んでて良い☆ いわゆる80年代、きっと懐かしいと感じる人も多いハズ。私はこの時代を知らないので、ホントにこんなカンジなのかなぁ〜と思いながら観ていました。実際どうなのでしょう?想像がつきません。ストーリーは分かりやすいし笑えるし、ラストもスカっとしてて良いです。 たまにはこんな娯楽映画も良いなぁと思いました☆... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 01時58分

» 未来の日本人がかわいそう。 [気になる情報・最新ニュース発信中!]
「国の借金」は832兆円=昨年末、過去最大を更新-1人当たり651万円に http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000108-jij-pol 財務省は23日、国債や借入金などを合計した「国の借金」が 2006年末時点で832兆2631億円に達したと発表した。前回公表 した同年9月末に比べて 4兆3465億円増加し、過去...... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 18時13分

« とんかつ 本家ぽん多 | トップページ | ひとり日和 »