« 通勤地獄 女性達よパンツをはきなさい | トップページ | 幸せのちから »

2007年2月 7日 (水)

頭が良いという言葉~柳沢厚労相に捧ぐ~

 「あいつは頭が良いから」とよく言うが、この「頭の良い」という言葉には、いろいろな意味が込められているから曲者だよね。
 まず一番ポピュラーなのは、学業成績が良いという意味だろう。ただ学業成績が良い人には二通りあるのではなかろうか。
 一つは記憶力と集中力に長けている人。もちろん集中力があるからよく記憶出来るわけだがね。もう一方は生まれながらの天才と呼ばれる人だ。しかし私は今だかつてこの天才という人に巡り会ったことがない。一応皆さん影では、それなりに努力しているものである。ただ広い世界には必ず天才としか言いようのない人もいると信じている。

          Beee

 世の中には、いい年をして学業成績が良い人だけを「頭が良い人」と思い込んでいる人が少なくない。高級官僚や大銀行には、そうした世間の狭い人がいる。というよりは、自分自身の価値を誇りたいのだろうか。
 しかし「天才」はともかくとして、学業成績が良い人だけを「頭が良い人」という決めつけ主義には異を唱えたい。
 もはや一般の社会では、中学程度の知識があれば生活に困ることはないはずである。微分積分や英文法が何の役に立っているというのか。少なくとも普通高校の授業などほとんど意味がない。単に大学に行くための予行演習みたいなものである。
 だからひきこもりや勉強嫌いな子供が増えてしまうのだ。もっと社会で役に立つこと、あるいは自分の好きな分野に特化した教育制度を作れないのだろうか。
 と言ってここで教育論をブツつもりは全くないし、そんな大それた知識もないので、これ以上この話を広げることはやめよう。そもそも言いたいことは、現在の教育はある種のパズルであり、たまたまこのつまらないパズルが好きな子供が、一生懸命パズルを解こうと努力するから成績が良くなるに過ぎないのだということ。
 だからもし、自分の好きなこと、役に立つことが授業に取り入れられれば、誰でも成績は良くなるのである。例えばマンガ家になりたいと思う子供に、マンガの授業を作ってやれば、思い切り楽しくそして一生懸命熱中するはずである。また英文法をやめて、外人教師との英会語を授業に組み込んでも同様であろう。なにもNOVAに儲けさせることはないのだ。
 さてでは本題に戻って、学業成績が良い人以外で「頭が良い人」とは、どういう人なのかを書いておきたい。もちろん学業成績が最悪で、いつも0点ばかりの人は論外である。
 私の考える「真に頭の良い人」とは、創造力と応用力にすぐれ、それを上手に社会に生かすことが出来る人だと思う。この価値観からすると、学業成績が良い人は、逆に頭の悪い人になってしまう場合がある。
 その最たる良い例が「女性は子を産む機械」発言で、政治家運命が風前の灯にある柳沢厚労相だ。彼の妻がいみじくも、週刊朝日で「夫は勉強は出来るけど、バカなのよ」と告白しているではないか。
 それ見た事か、学業パズルの上手な奴なんてこの程度なのだ。もういい加減に風化した学業パズル至上主義は捨ててしまおう!と大声で叫んでみたところで、腐った価値観を修復するには、時間がかかるし社会全体の協力が不可欠なんだね。まず教育制度と企業の雇用ポリシーの変革がなければならない。全てはそこから始るのだ。ところがその鍵を握っている官僚達が、現状の学業パズル崇拝主義者なので、残念ながらまず実現不可能であろう。
 しかしそんな過去のしがらみに、いつまでもしがみついていれば、やがて日本は世界の異端児となり、取り残されてしまうことは眼に見えている。見えていながら自己保身に固まって、何も反論せず、戦わず、現状維持に血眼になっている我々にも、大いなる責任があるのだ。

↓どうか応援クリック、お願いしまぁ~す。m(__)m 

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントは承認後公開されます。

↓ブログ村もついでにクリックね(^^♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 通勤地獄 女性達よパンツをはきなさい | トップページ | 幸せのちから »

コメント

柳沢大臣の奥さんがどういう意味で言ったか知らないけれど、相手の言わんとすることを理解しよう、汲み取ろうとしないで、言葉尻を捉えようとするあまり筋違いな糾弾をする人は、頭の悪い人たちなんでしょうね。「女性として許せない」って言ってる人たち。女性として許せない、なんちゃって。

投稿: 頭の悪い人 | 2007年2月 9日 (金) 23時35分

言葉尻を捕らえて、筋違いな糾弾するのも感心しませんが、ある程度社会的地位のある人ならば、こういえば言葉尻を捕らえられて大騒ぎになることを予測して発言しなくてはいけません。
その予測が出来ないと言うことは、やはり問題なんでしょうね。またそんなことは判っていてしゃべったのなら、謝らずに小泉前首相のように開き直った方が、まだ筋が通っていますよね。

投稿: ケント | 2007年2月11日 (日) 08時31分

ケントさんの意見に賛同します。
 個人名は挙げませんが、エリートと呼ばれる学歴の人が必ずしも創造性が豊かとは限らない場合があります。
 学歴に伴う(?)創造性のある人もいます。よく考えるとその学歴は専門性が高い場合が多いのに気づきました。
 要は一概に言えないのですが。
 予測できるように空気を読むにはパズルを解くより現場で場数を踏んだ方が良い。
 エリートの弱点があるとすれば最大の要因はそこに集約されると思います。
 

投稿: 龍女 | 2007年3月 2日 (金) 12時52分

龍女さんコメントありがとう
キャリア組は、鋭いし的確に指摘してきます。ただそれは与えられた仕事の中の世界でコップ世界ですよね。
コップの外の世界を想像する人は少ないですね。
そうそうキネ旬のことなぜ知ったのかは教えてもらえませんね・・・・

投稿: ケント | 2007年3月 2日 (金) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/5252394

この記事へのトラックバック一覧です: 頭が良いという言葉~柳沢厚労相に捧ぐ~:

« 通勤地獄 女性達よパンツをはきなさい | トップページ | 幸せのちから »