« 箱根仙石原への小旅行 | トップページ | パプリカ »

2006年12月11日 (月)

通勤地獄 泣いてろ、小僧

 いやに疲れた通勤帰りだった。車内はやけに混んでいたが、運良く座ることが出来てホットしたのもつかの間だった。
 次の駅で、5~6才の少年と、その祖母らしき女性が乗ってきたのだ。「まずい、僕のそばには、来るな来るな」と祈っていたのに、少年は混んでいる車内の人ごみの中、大人達の足の間を潜り抜けて、とうとう僕の座っている足元迄、滑り込んできたのだ。

Kc240138  そして、そこにゴロっと寝ころんでしまった。祖母が注意しても、一向に言うことを聞かないで、人の足にまとわりついてくる。邪魔なので、だんだん腹が立ってきた。そのうち少年は寝ころびながら、大声で泣き始めた。祖母がまた少年を叱りつけ、少年は床に寝ころんで、混雑する車内で足をバタバタさせて更に泣き叫ぶ。
 祖母が、「だから早く帰ろうと言っただろ」とまた怒鳴りつける。
 僕は、しょうがないな席を譲ろうかと決心し始めたが・・・とその時、少年が「座わりたいよう。座りたいよう」と言いながら、ずる賢しこそうな瞳で、ちらっと僕を盗み見た瞬間に僕の気持ちは急速に冷えてしまった。
 「絶対譲るものか、こんな混んだ電車に乗ってくるお前が悪いんだ!俺は働いて疲れているんだ!」と心の中で叫んだ。小僧、そうしていつまでも泣いてろ!

↓応援クリック、お願いします。m(__)m

人気blogランキングへ

|

« 箱根仙石原への小旅行 | トップページ | パプリカ »

コメント

その行動に賛成です。

投稿: もっきぃ | 2006年12月12日 (火) 02時03分

もっきぃさん、ご同意頂きありがとうございます。

投稿: ケント | 2006年12月12日 (火) 20時22分

お早うございます!。毎日の通勤地獄大変ですね。元気の素を上げますね!。
ケントさんの前で居座られちゃ~ね(苦笑)。こんな子供多いですよ最近は。
あ~ぁ、昔(古い)の子供たち、私の親は躾が厳しかった事を思い出します。

投稿: パピのママ | 2006年12月13日 (水) 09時02分

パピのママさんありがとう
最近の子供は、勉強さえしていれば、甘やかされ放題で、本来の躾がないのでしょうね。
寂しい時代になりましたね。

投稿: ケント | 2006年12月13日 (水) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/4508730

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤地獄 泣いてろ、小僧:

» 犬しつけかた [犬しつけかた]
もしあなたが愛犬のしつけでお悩みなら今すぐにあなたの愛犬にあった失敗しない「しつけ法」をテレビで話題のカリスマトレーナーが直接あなたにお教えしますが・・・ [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 20時46分

« 箱根仙石原への小旅行 | トップページ | パプリカ »