« 通勤地獄 体重制運賃 | トップページ | ユナイテッド93 »

2006年12月23日 (土)

エラゴン 遺志を継ぐ者

★★★

  ドラゴンに乗って、悪人達と戦う少年を描いた、RPG風味のファンタジー作品である。主人公の少年役は、新人のエド・スペリアースが演じている。
 
彼は18万人のオーデションから選ばれたというから、エリート中のエリートである。それにしては、余りカリスマティックさが感じられないのだ。風貌も日本人的で、何処にでも居そうなあんちゃんなんだね。


          Scan10170

  初めエラゴンいうのは、ドラゴンのことだと勘違いしていた。実はこの少年の名前だったのである。なんか紛らわしいネーミングだぞ。
 物語の展開は、どことなく『ロード・オブ・ザ・リング』や『スター・ウォーズ』と似ているが、世界感はずっと狭いな。かなりお子様ランチの味がする。
 ラストシーンを観た限りでは、さらに続編が出るのは間違いないだろう。それならば、もう少しゆっくりと少年の成長を描いたほうが良かったのではないか。
 テンポが早過ぎて、登場人物達に感情移入出来なかったのが残念だ。それにどうしても無理が生じるから、突っ込み所も増えてしまうのである。
 文句ばかりが先行してしまったが、決して悪い映画ということではない。人間と合成したドラゴンのCGは、驚くほど精緻に仕上っているし、広大な山々の風景も素晴らしい。
 またジェット機のようなスピードで、風を切って空を飛ぶドラゴンも爽快であった。ただもう少しゆったりと飛んで、空からの美しい景色を堪能させてくれるシーンも欲しかったね。
 これからの続編で、ロード・オブ・ザ・リングを超えるためには、もう少し仲間や敵を増やして、登場人物一人一人に味を持たさせることである。今後の展開に期待したい。
 

↓応援クリック、お願いしまぁ~す。m(__)m

人気blogランキングへ

※スパム防止のため、TBとコメントは承認後公開されます。

|

« 通勤地獄 体重制運賃 | トップページ | ユナイテッド93 »