« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | 通勤地獄 狭い席 »

2006年11月19日 (日)

手紙 小説

映画のレビューはこちら

 映画を観て感動し、無性に原作を読みたくなったのだ。まさに映画会社と出版社の思う壺だが、それだけこの作品が素晴らしいのだろう。

手紙 Book 手紙

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 映画も原作もストーリーとテーマには、ほとんど変わりはないのだが、映画のほうに大きな問題点を見付けてしまった。
 映画のほうは、直貴が漫才師を目指していたが、原作ではロックバンドのボーカルを目指していたのである。映画を観ているときから、なぜお笑いなのか疑問を感じていたが、原作を読んでさらにその疑問が増幅してしまった。
 というのは、ボーカルになるきっかけが、ジョン・レノンの『イマジン』を歌ったことにあるからだ。そしてラストシーンでもイマジンというバンド名で『イマジン』を歌うのである。
 そしてこの作品のテーマは「差別」なのであり、『イマジン』では差別のない平等な世界を歌っているではないか。この組み合わせは、決して偶然ではない。だからこそお笑いではなく、ボーカルでなくてはならないのだ。
 あと細かい設定がいくつか違っていることも見付けたが、それは映画の限界と、好みの問題と片づけてもいいだろう。
 さて映画で納得出来ず、原作を読んで解明しようと思ったことがひとつある。それは由実子が、直貴をひたすら待ち続け、愛し続けた理由である。だが残念ながら、原作でもそこのところは、はっきりしなかった。
 現実には、由実子のような女性は稀な存在である。彼女は現代に生きるマリア様であり、著者の願望が生んだ理想の女性なのかもしれない。

注)最近スパムが一日100通以上貼り付いて、困りました。それで、TBとコメントは、承認するまで公開されない方法に変更しました。なるべく当日の夜には承認するようにしますので、安心してTB&コメントをお願いいたします。m(__)m

↓応援クリック、お願いします。僕の順位が観れますよ。

人気blogランキングへ

|

« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | 通勤地獄 狭い席 »

コメント

映画では漫才師を目指してるんですね・・。
で、ラストシーンで歌ってるっていうのはなんだか違和感があります。

「手紙」は好きな作品なので、映画になったことが、日頃避けがちなこういうことを考えるきっかけになれば・・と思います。

投稿: june | 2006年11月19日 (日) 22時33分

コンニチハ!、映画の手紙やっと見てきました。ただいま記事を構成中です。
もう少しで、トップですね!。元気の素クリック!。寒くなりました、お仕事ご苦労様です。では~また。

投稿: パピのママ | 2006年11月20日 (月) 10時01分

juneさんコメントありがとう
小説では感極まって、なかなか歌えないところで終わりましたが、このあたりが映像に向かないと判断したのでしょうかね。

こんにちは、パピママさん。
いつもありがとう
手紙の記事楽しみにしてます。

投稿: ケント | 2006年11月20日 (月) 20時37分

ごめんなさい~映画の方をTBしてしまいました。
邪魔だったら削除して下さい。

映画が先で、原作はイマイチ読む気になれなかったのですが・・・ほとぼりが冷めたら図書館でエントリーしてみます。

投稿: 駒吉 | 2006年11月21日 (火) 17時51分

駒吉さんコメントありがとう
僕も映画が先でしたが、疑問点が多かったので原作を買って読みました。
時間があれば読んでみて下さい

投稿: ケント | 2006年11月22日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/4240003

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙 小説:

» 『手紙』 東野圭吾 [猛読醉書]
武島剛志は資産家の老女の家に強盗に入る。ところが剛志に気づいた彼女をはずみで殺してしまう。剛志と直貴の兄弟は父親がなく、母親に育てられた。その母親が過労で亡くなり、剛志は高校を中退し生活費と直貴の学費を稼いでいた。だが、からだを壊し、働けなくなった。し...... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 15時03分

» 手紙 [本のある生活]
手紙 東野圭吾 これは辛すぎます。実際にある差別の象徴的なエピソードが、これでもかと積み重ねてあるので、読んでいることが辛いのです。主人公の苦しみは、痛いほどわかるのに、自分を振り返るとどうなのか・・と考えさせられました。 犯罪を犯した本人ではないのに....... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 22時29分

» 手紙 [東野圭吾] [+ ChiekoaLibrary +]
手紙東野 圭吾毎日新聞社 2003-03 両親をなくし、兄弟二人だけで生きてきた剛志と直貴の兄弟。弟を大学に入れてやりたいという一心から、兄、剛志は金を盗もうとし、さらにそのはずみで人を殺してしまいます。強盗殺人犯として服役することになった剛志。進学、恋人、就職と、普通の人ならあたりまえのように手に入れていく人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって奪われていく直貴。剛志は毎月直貴のもとへ獄中から手紙を送りますが、やがて…。 読んでいて、ものすごく苦しい小説でした。読みな... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 12時58分

» 映画 ベルリンオリンピック「民族の祭典」 [映画館(こや)の木戸はあいている]
『民族の祭典』リーフェンシュタール(女性監督) ナチス ヒトラーの時代のオリン [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 23時30分

» 映画:手紙 試写会 [駒吉の日記]
手紙 試写会@イイノホール 「兄貴ですから」 原作は未読、強盗殺人事件とその家族が描かれています。 兄・剛志は弟のために罪を犯したが服役により罰を受けていると思い、弟・直貴は自分のために罪を犯した兄を表向きは責められないまま人目をはばかって生きていくしかな... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 17時46分

» 練習スタジオを建設しましょう [ギター初心者のための奏法解説]
ロックバンド=大音量というイメージがあり、練習場所をどうしようか? っていう純粋な悩みは、メンバーの選定以上に、大事な問題なんですよね。 学生の頃なら、学校で練習も可能なんですが、社会人ともなってしまうと 練習スタジオを借りるっていうのが一般的なようです。このスタジオの練習にも 大勢の人が使用するんで、メンバーの都合に合わせ、練習スタジオを予約する とこからまず始まるわけですよね。 そうなんです。個人練習の場合は、自宅で好きなときに、好きな音量で できますが、練習スタ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 18時44分

» 『手紙』・本 [しましまシネマライフ!]
手紙 東野圭吾                   毎日新聞社 (2003年3月)357ページ  早 [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 00時22分

» 東野圭吾【手紙】 [ぱんどら日記]
山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカの出演で映画化された作品。 山田孝之はTBSが東野圭吾の【白夜行】をドラマ化したときも出演しており、めっきり東野圭吾づいている。本書を読みながら「なんか【白夜行】っぽい」と感じ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 11時03分

» 本 『手紙』 東野圭吾著 [Cold in Summer]
◇ 本 『手紙』 東野圭吾著 またまた東野圭吾さん。古本屋さんで『殺人の門』と一緒に買っていたやつです。 手持ちの文庫本がなくなったので、また仕入れに行かなくては。 ◇あらすじ 「兄・剛志」は「弟・直貴」を大学に行かせようとして必死に....... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 14時31分

» 案内文 例文 文例 手紙 書き方 案内文 [案内文 例文 文例 手紙 書き方 案内文]
こんにちは。案内文 例文 文例 手紙 書き方 案内文について触れていますよ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 09時24分

» 東野圭吾「手紙」 [Creme Tangerine]
東野圭吾の「手紙」が文庫化されたので、さっそく買って読みました。 文庫の帯にもありましたが、来月映画が公開されるんですよね。 山田孝之主演で。誰もほめる人がいなかった「変身」みたいなことに ならないといいんですが…まあ山田はうまいから大丈夫か。... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 08時50分

« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | 通勤地獄 狭い席 »