« 幸福のスイッチ | トップページ | 父親たちの星条旗 »

2006年11月 4日 (土)

16ブロック

★★★☆

 シブイ!実に渋い映画だ。『シン・シティー』でもそうだったが、最近のブルース・ウィルスは、もの悲しい刑事役が多いね。そしてそれがとても板に付いていて、自然体で無理がない。

Scan10149  この作品は、ある黒人を抹殺しようとする刑事達と、その黒人を守りながら、仲間と戦う刑事の物語である。
 ブルース・ウィルス扮する刑事ジャックは、足が悪く、頭痛持ちで、ヤル気がなく、しかもアル中という、ヨレヨレのオイボレだ。そんな彼が、疲れて帰宅しようとしたとき、無理やり上司に残業を頼まれる。
 一度は断ったものの、執拗な上司の命令を断りきれず、ある黒人を裁判所まで護送することになってしまうのだ。
 ところがこの黒人エディは、仲間の刑事達の悪事を、証言する証人だったのである。それは警察ぐるみの犯罪であり、証言を阻むために大勢の刑事達が、エディを抹殺するため動き出していた。
 ジャックは、そんな警察のやり方が気に入らない。それで縁もゆかりもないエディを、身を挺して逃そうと決心するのだった。
 『クラッシュ』もそうだが、最近のアメリカ映画には、悪事を働く刑事を描いた作品が多いよね。やはり現実も同じように悪徳刑事が多いのだろうか・・。
 結局はそれだけ治安が悪いのだろう。おとなしいお巡りさんでは、凶悪犯を捕まえることは出来ないからね。だからある程度の無謀さは仕方ないのだが、どの辺までなら許されるのかの線引きが難しい。
 途中でバスジャックなどの過激なシーンもあったが、総じて地味でリアルな映画だね。ことに貧民街が舞台となっているため、より現実感と渋味が湧いてくる。
 また一緒に逃げながら、次第に芽生えてくるジャックとエディの友情にも、ジーンと熱いものを感じるだろう。
 逃げて逃げて、逃げ回わって、緊張感が続くので、かなり疲れてしまったが、予想外のラストシーンには、「平和のありがたみ」を感じるはずである。

↓応援クリック、お願いします。順位を上げてね。 

人気blogランキングへ

|

« 幸福のスイッチ | トップページ | 父親たちの星条旗 »

コメント

 ブルース・ウィリス自身も証人の告発によって罪に問われるってところがミソでしたね。地味だけど、良い映画でした。

投稿: しんちゃん | 2006年11月 4日 (土) 23時49分

こんばんは!、ブルース・ウィリス主演の刑事もの映画、アクションたっぷりで楽しめました。来年は「ダイハード4」が劇場公開されますので、これもまた楽しみです。元気の素続行中です。頑張ってください!。

投稿: パピのママ | 2006年11月 4日 (土) 23時58分

ケントさん
TB・コメントどうもです!
私からもTBさせていただきました。
ブルース・ウィリス、頑張っていますね。
最初の登場は、かなり老け込んでいる
感じで・・・・大丈夫?と思いきや
後半は元気な姿で、良かったなんて・・・。
ダイハード4が近々公開とのこと。
楽しみですね。

投稿: mezzotint | 2006年11月 5日 (日) 00時14分

こんばんは。
トラバ&コメントありがとうございます。
スピード感あって、足を引きずりながら裁判所へ向かう姿は、
どんどん頼もしくなりましたよね。

投稿: カヌ | 2006年11月 5日 (日) 00時17分

TBありがとうございました。

>逃げて逃げて、逃げ回わって
の割には、距離は全然進んでいなかったというオチがつきますけど(笑)
ドンパチだけではない、知的なアクションがとっても良かったです!

投稿: たいむ | 2006年11月 5日 (日) 00時45分

TB&コメント、どうもありがとうございました!

ブルースおやじ、イイ枯れっぷりですよね。
『シン・シティ』も渋かったぁ~!
ブルースおやじの銃の構え方がカッコいいので、
たまらなく好きなのであります!

緊張感のあるシリアスな場面が多かった分、
ほがらかなハッピーエンドで終わっていたので、
すごく心が救われた気がしました。
モス・デフのニッコリ笑顔写真が良かった!

投稿: 伽羅 | 2006年11月 5日 (日) 03時23分

しんちゃんコメントありがとう。仰る通り地味ですが、自分自身も罪に問われるというのが、気持ちいいですね。

パピのママさん、いつもありがとう。ダイハード4やるのですか、ブルースは耐えられるのかな・・・

mezzotintさんコメントありがとう。ブルースは、年々老け込みます。でもそれに応じた演技は素敵ですね。

カヌさんありがとう。
足が悪いのも、きっと歴戦の勇士だったのかもしれませんね。

たいむさん、そう逃げながらも、黒人と会話を続けているのは、良かったですね。

伽羅さん、こんにちは。シン・シティーは、僕も気に入っています。ブルースは老いてますます健在ですね。

投稿: ケント | 2006年11月 5日 (日) 14時45分

こんにちは。
刑事も人間。悪さする人もいるって思うと、ちょっと怖いですね~。
理想的な志を持ってる警官も実は少ないのかもと思うとなんだか廃れちゃった街「シンシティ」を思い出しました。
あっちでもこっちでも渋い刑事役のブルース。もうずっと年寄りになってもアクション俳優であり続けて欲しいです。

投稿: charlotte | 2006年11月 5日 (日) 14時48分

ケントさん こんにちは!
TBとコメントありがとうございました♪
この作品は、いつものハリウッド映画のような派手なアクションはないけれど、立派にこれもアクション映画だと思いました。

ケントさんが仰るように、最近の映画には悪徳刑事がよく描かれていますよねぇ。
実際に、こういう人がはびこっているのでしょうか?
表向きは善人ぶっていて、中身は悪党っていうのが一番怖いですね!

投稿: なぎさ | 2006年11月 5日 (日) 15時26分

charlotteさんこんにちは
ブルースは、ほんとに刑事役がぴったりの俳優になりましたね。
これからも頑張って欲しいと思います。

なぎささんこんにちは
地味な映画でしたが、映画通にはその良さがわかる作品ではないかと思いました。いま米国は、豊かさと貧しさの裏表のような国になりましたよね。

投稿: ケント | 2006年11月 5日 (日) 15時51分

 こんにちは。トラックバック、どうもサンキューでした。

 私のブログにも書きましたが、この映画はマジに「ガントレット」に似ていますね。あと、ゴミゴミとした状況下でのチェイス場面は「ジャグラー/ニューヨーク25時」にも似ていないことはないです(どっちも70年代の映画なので、トシがばれるかも ^^;)。

 リチャード・ドナー監督もそろそろ「大作路線」に戻ってきてほしいと思ったものです。

それでは今後ともヨロシクお願いします。

投稿: 元・副会長 | 2006年11月 5日 (日) 16時15分

16ブロック、ブルースウィリスのいいところが出せそうな、設定ですね。是非見に行きたいと思います。ありがとうございます。

投稿: 平賀太一 | 2006年11月 5日 (日) 17時03分

この前テレビでやっていた身代金も悪徳警官ですし、ドラマ・デッドゾーンの殺人犯も保安官助手ですし。。。でも日本映画って悪徳警官は少ないかも。
飲酒運転や痴漢などで捕まる警察官は多いのに。

投稿: よしな | 2006年11月 5日 (日) 17時23分

元・副会長さん、コメントありがとう
いろいろ昔の映画をご存知ですね。これからもよろしくお願いします。

平賀太一さんコメントありがとう
まだ観ていないのなら、是非ご覧下さい。

よしなさん、コメントありがとう
ははは、ほんとに日本の警官は、ミミッチイですね。悪徳と言うよりアホというべきでしょうか。

投稿: ケント | 2006年11月 5日 (日) 20時15分

こんばんはー☆
TB&コメントありがとうございました!

コレね、、、どうも犯人さんの声が耳についてイライライラ~だったのです><
すみません!
でもラストは良かったです。
お店開くのは想像できたけど、写真を何枚も撮っている所がよかった☆

投稿: きらら | 2006年11月 5日 (日) 21時11分

ありゃ、、、
すみません。エディは犯人じゃないですよね><
間違えました。

投稿: きらら | 2006年11月 5日 (日) 21時13分

こんにちは。

以前、悪徳刑事一覧というのを企画したことがあります。
いわゆる警察内部のに巣食う悪ですね。
最初に『ダーティハリー2』を観た時は
衝撃でしたが、
いまは当たり前のようになりましたね。

投稿: えい | 2006年11月 6日 (月) 09時29分

きららさん、コメントありがとう
そうですね。はじめエディは、うるさく感じましたよね。でも終盤はそれがよくなりましたね。
ラストシーンは、嬉しくなりました。

投稿: ケント | 2006年11月 6日 (月) 12時57分

えいさん、こんにちは
ほんとに米国は、悪徳刑事が多いのでしょうね。これだけ映画になるのだから・・・
でも余りにも頻繁に映画化されると、慣れてしまうのが怖いですね。

投稿: ケント | 2006年11月 6日 (月) 12時59分

こんにちは♪
悪徳刑事モノというジャンルができそうなほど、たくさんの映画がありますよね。
実はそのジャンルが好きだったりします(汗)
ブルースの年のとり方、作品の選び方はなかなか良いのではないでしょうか。

投稿: ミチ | 2006年11月 6日 (月) 19時39分

ミチさんいつもありがとう
悪徳刑事モノ好きなんですか?
悪徳ではないけど「あぶない刑事」なんてどうでしょうか?
ブルースは、良い年の取り方してますよね。

投稿: ケント | 2006年11月 6日 (月) 20時24分

こんにちは、トラコメありがとうございました。

ブルース・ウィルス最初はなんて老け込み方だーーとビックリしてましたが
段々と役作りね。とわかり一安心しました(笑)
おしやべりすぎる証人にハラハラしつつも、そのおしゃべりが最後は彼を救いウィルスを決心させて、期待していなかった分拾いものでした。

投稿: 更紗 | 2006年11月 7日 (火) 15時34分

更紗さんありがとう
正直ブルースは、だいぶ老け込みましたよね。ダイハード4はどうするのか、ちょっと心配であります。

投稿: ケント | 2006年11月 7日 (火) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/4066271

この記事へのトラックバック一覧です: 16ブロック:

» 16ブロック それは簡単な任務のはずが・・・・? [銅版画制作の日々]
先週、「16ブロック」を観た「ダイハード」でお馴染みのブルース・ウィリスと「リーサル・ウェポン」のリチャード・ドナー監督がタッグを組んだアクション・エンタテイメントわずか16ブロック(区画)先まで、証人を護送するという簡単な任務のはずだった・・・。 《ストーリー》夜勤明けの刑事ジャック・モーズリー(ブルース・ウィリス)に課せられた任務は、16ブロック(区画)先の裁判所に証人を送り届けるだけの�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 23時44分

» 16ブロック(2006) 16 BLOCKS  101分 [極私的映画論+α]
 NY市警のジャック・モーズリー刑事は、かつて捜査中の事故で足を負傷、今では酒浸りの冴えない日々を送っていた。夜勤明けのある日、彼は上司から証人エディ・バンカーを16ブロック先の裁判所まで護送してほしいと頼まれる。15分もあれば終わる仕事と説得され渋々引き受けたジャック。ところが、車で移送する途中、エディが何者かに襲われる。 映画館 ★★★★  巨匠リチャード・ドナーの久々の作品はブルース・ウィリスを主役に迎えてのちょっと�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 23時46分

» 16ブロック/ブルース・ウイリス [カノンな日々]
デートで映画を観ることにしてもし「ブラック・ダリア」とこの「16ブロック」でどちらにするか迷ったなら、私はこの「16ブロック」をオススメします。さすがはブルース・ウィリスだねぇ、手堅い、ハズさないって感じの面白さでした。意外にもジーンときちゃう場面もあったり....... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 23時51分

» 16ブロック [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
証人護送の任務を言い渡された刑事が、留置所から裁判所までのわずか16ブロックの間に過酷なトラブルに巻き込まれるアクション。監督は『リーサル・ウェポン』シリーズのヒットメイカー、リチャード・ドナー。主人公の刑事を『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリス...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 23時53分

» 「16ブロック」 [the borderland ]
ブルース・ウィリスの刑事と言えば、「ダイ・ハード」ですが、この作品でも、巻き込まれ系の刑事ジャックを演じてます。しかし、20年近くも立てば、すっかりやる気をなくし、腹もぼてっとし、酒浸りの姿が似合うんだな。「ダイ・ハード4」は大丈夫か(^^; 嵐の中、車で走ってるとバス停に、①瀕死のばあさん②親友③自分好みの女性、がいました。車には後1人しか乗せられません。さぁ、あなたなら、誰を乗せる? 護送する証人エディ(モス・デフ)がジャックに話した心理ゲームです。ジャックの答えを知りたい方は劇場へ。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 00時10分

» 『16ブロック』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
夜勤明けで署に戻った刑事ジャック・モーズリーは、上司に簡単な任務を課せられた。それはわずか16ブロック先の裁判所まで囚人エディ・バンカーを護送するというもの。嫌々任務を引き受けたジャックはエディを車に乗せて護送を始めたものの、渋滞やうるさいエディに嫌気がさ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 00時12分

» 映画『16ブロック』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
ブルース・ウィリスがリチャード・ドナー監督と組んだアクション映画の本作。久々の [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 00時39分

» 「16ブロック」みた。 [たいむのひとりごと]
どことなくシブさが増したブルース・ウィルスかな?だんだん好みの感じに・・・というのは置いておいて、やっぱり刑事役。彼らしい「最も不運な刑事」と「最も過酷な任務」というコピーだったけど・・・・不運で過酷なのか?(以下、若干のネタバレあり)2... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 00時43分

» 16ブロック [映画とはずがたり]
ブルース・ウィリス最新作、 極上のアクション・エンタテイメント! STORY:NY市警の老刑事、 ジャック(ブルース・ウィリス)に課せられたのは、 16ブロック(区画)先の裁判所に 証人を送り届けるだけのごく簡単な任務のはずだった。 ところが護送中、何者かに襲...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 00時43分

» 16ブロック [ネタバレ映画館]
頭痛薬はウィスキーでのどに流し込む。便座は上げておく。わずか16ブロック先。あ、なぞなぞの答えは便座ブロックだ! [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 01時32分

» 16ブロック(映画館) [ひるめし。]
わずか16ブロック先に証人を護送する―――。 それは簡単な任務のはずだった・・・。 製作年:2006年 製作国:アメリカ 監 督:リチャード・ドナー 出演者:ブルース・ウィリス/モス・デフ/デヴィッド・モース 時 間:101分 [感想] "なぞなぞ"の答え、ブルースのおっさんとまったく一緒だったんですけど・・・。 ブルースのおっさん老けたな〜。 おなかのたるみが気になってしょうがなかった... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 14時22分

» 16ブロック [シャーロットの涙]
夜勤明けで署に戻った刑事ジャック・モーズリーは、上司に簡単な任務を課せられた。それはわずか16ブロック先の裁判所まで囚人エディ・バンカーを護送するというもの。 嫌々任務を引き受けたジャックはエディを車に乗せて護送を始めたものの、渋滞やうるさいエディに嫌気がさし、エディを車に残したまま酒を買いに行ってしまう。 だがジャックが車に戻ってくると、そこにはエディに向けて銃を構える男がいて……。goo 映画より ブルース・ウィ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 14時49分

» 16ブロック/16 Blocks [我想一個人映画美的女人blog]
16ブロックって、北海道なら札幌駅からすすきの、 渋谷からなら原宿までの距離らしい {/cars_red/}{/kaminari/} (笑) そんな短い区間にある裁判所に、 証人を護送するという仕事を上司に突然任された刑事に、 『ダイハード』での頑張り板に付き、運のない刑事をやらせたら右に出るモノなし{/kaminari/}の ブルースウィリス。なかなか簡単に目的地に辿りつけない。 くたびれておじいさんになっち�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 15時10分

» 「16ブロック」見てきました。 [よしなしごと]
 意外に人気ないのか、近くの映画館では公開1ヶ月も経たずに終了してしまうらしい。と言うわけで急いで見に行かねば!と16ブロックを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 15時20分

» 16ブロック [UkiUkiれいんぼーデイ]
本物のブルース・ウィリスは・・・ フジTVの「爆笑そっくりものまね」に出てくるプチ・ブルースとは、当然のことながらやっぱぜんぜん違うわぁ〜!!! 重要な登場人物はこの3人。 最も「不運」で「手強い」刑事。 これが、ブルース・ウィリス演じるところのジャック・モーズリー。 この刑事ったら、朝から酒あおってベロンベロンなんだわ〜。 なのに平気で飲酒運転してるし・・・。 もう、GOTとかGPTとか彼の肝機能を示す数値はかなり上がってそうです。 ブルースさんの、あのお腹は本... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 15時26分

» 「16ブロック」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:16 Blocks)これはひょっとして「ガントレット」(77年)のパクリか? 重大事件の証人を落ちこぼれ刑事が“護送”する設定や、悪い奴が警察内にいることも一緒。御丁寧にバス強奪のエピソードまで共通している。ただし、面白さについては「ガントレット」の圧勝(ちなみに、クリント・イーストウッドの監督作で私が唯一好きな映画だ)。  本作の“証人の移送距離”は16ブロック先の裁判所までで、その短さ�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 16時10分

» 映画〜16ブロック [きららのきらきら生活]
  「16ブロック」公式サイトブルース・ウィルス、久々に見ましたー。ニューヨーク市警の刑事ジャック・モーズリー(ブルース・ウィルス)に課せられた任務は16ブロック先の裁判所に証人エディ・バンカー(モス・デフ)を送り届けるだけのごく簡単なもの。だが護送中何者かに襲撃される2人。警察内部の不正を目撃していた承認を抹殺するため、元同僚の刑事たちが次々とジャックとエディに襲いかかる。法... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 21時08分

» 16ブロック 16 Blocks [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ブルース・ウィルス、モス・デフ、デビッド・モース主演 2006/6/13 DVD Release R-1 午前8時 ニューヨーク市警刑事のジャックは定年間近 夜勤を終え 飲み物を買い早く家に帰りたい それだけでした そんなジャックに 簡単な仕事だから引き受けたくれと上司に言われます その仕事とは 警察署から16ブロック離れた裁判所に 軽犯罪で捕まったエディを10時までに送り届ける事です エディは裁判所で重要な証言をするらしいのです エディはお喋りで 将来はケーキ屋を営む事が夢らしい ジ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 00時25分

» 『16ブロック』 [ラムの大通り]
----『スーパーマン』が話題になっているけど、 これはその前シリーズでメガホンを取った リチャード・ドナーの新作だね。 主演がブルース・ウィリスというのも興味深いニャあ。 「ブルース・ウィリスといえば、『ダイ・ハード』のマクレーン。 いわゆる<殺しても死なないタフな刑事>がその代名詞ともなっている。 でもここで彼が演じているのはアル中の上に足を痛め まともに歩くことさえできない中年のよれよれ刑事ジャッ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 09時30分

» 『16ブロック』試写会に行って来ました [夫婦でデート]
中野サンプラザでの試写会に夫婦で行って来ました。2人とも最近寝不足でなおかつ仕 [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 10時56分

» 映画「16ブロック」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「16ブロック」 証人護送の任務を言い渡された刑事が、留置所から裁判所までのわずか16ブロックの間に過酷なトラブルに巻き込まれるアクション。 冒頭に登場したブルース・ウィリス演じる刑事ジャックの風貌にまず驚く。眼つきもどんよりと、足元もおぼつかなく、アルコール中毒丸出しの雰囲気。頭髪の具合もすごいM字のごま塩・・。なぜ彼がそんなダメ刑事なのか疑問に持ちつつも、ドラマはジャックが渋々護送を引き受ける朝8:00〜裁判が... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 19時37分

» 16プロック [cinema village]
コメントなきTBは承認致しません。 16ブロック (出演 ブルース・ウィリス) 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 出演/ブルース・ウィルス デヴィット・モース モス・デフ あらすじ/ 夜明けまでの張り込み明けで署に戻ったジャックは 上司から囚人の..... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 15時27分

» ★「16ブロック」 [ひらりん的映画ブログ]
本日2本目の作品。 「シックスティーン・ブロック」と読むので、一応カテゴリーは「映画(さ行)」です。 主演はブルース・ウィリス。 [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 03時15分

» 「16ブロック」ヨレしょぼのブルースがかっこいい [クレオパトラの夢]
NY市警を敵にまわした最も「不運」で「手強い」刑事このキャッチフレーズそのままにブルース・ウィリスが孤軍奮闘する刑事ものです。「不運」で「手強かった」といえば思い出しますよね、「ダイ・ハード」のマクレーン刑事。今回はブルースも年齢を重ねて「ダイハード」と...... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 22時26分

» 『16ブロック』・劇場 [しましまシネマライフ!]
今日は『16ブロック』を観てきた。 《私のお気に入り度:★☆☆☆☆》 今日は座席数206の劇場で鑑賞 [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 00時28分

» 16ブロック [映画鑑賞★日記・・・]
『16 BLOCKS』公開:2006/10/14製作国:アメリカ監督:リチャード・ドナー出演:ブルース・ウィリス、モス・デフ、デヴィッド・モース、ジェナ・スターンちょっと落ちぶれかかったダイハード男。お腹はつくりもん? ← 落ちぶれたブルース・ウィリスでもいいんじゃーと思う方...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 13時04分

» 16ブロック [映画、言いたい放題!]
車で移動すればたった15分の裁判所へ証人を護送すること、 その間に何かが起こる! なんて、なんて面白そうなんでしょう! DVDで鑑賞。 夜勤明けで署に戻ったニューヨーク市警の刑事・ジャック・モーズリーは、 帰る所を上司に呼び止められ、16ブロック先の裁判所に 今日... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 23時02分

« 幸福のスイッチ | トップページ | 父親たちの星条旗 »