« 手紙 小説 | トップページ | 椿山課長の七日間 »

2006年11月22日 (水)

通勤地獄 狭い席

     45020060109011614673

 電車の席は7人掛けなのですが、大相撲の桝席同様、戦前の小さな人達を基準に作ってあるような気がします。
 だから、男ばかり6人連続して腰かけると、もうあと僅かの小さなスペースしか残りません。大抵の人は、「座りたいけど、ちょっと無理かな・・・」と考えて、大きな駅での大量降車後の『席の再構築』を待ちます。
 ところがあとから乗って来る図体のでかい男ほど、この小さなスペースに無理やり割り込んでくるので溜まりません。
 それも「すみません」の一言もなく、いきなりでかい尻をドスンと落し、グイグイと大きな体を捻り込んで、隣に座っている人を押しのけるのです。そして「俺は生まれたときからこの席に座っているんだ!」と言わんばかりにふんずり返って大股を広げます。
 こんな男が隣の狭い席に近づかないよう、出来れば細い女性が座ってくれるように心の中で祈るのですが・・・
 あゝ今日も運悪く、リュックを背負った肥満体のオタクっぽい男が、私の隣の狭いスペースめがけて走り込んで来ました。

注)最近スパムが一日100通以上貼り付いて、困りました。それで、TBとコメントは、承認するまで公開されない方法に変更しました。なるべく当日の夜には承認するようにしますので、安心してTB&コメントをお願いいたします。m(__)m

↓応援クリック、お願いします。僕の順位が観れますよ。

人気blogランキングへ 

|

« 手紙 小説 | トップページ | 椿山課長の七日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/4280504

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤地獄 狭い席:

« 手紙 小説 | トップページ | 椿山課長の七日間 »