« 椿山課長の七日間 | トップページ | プラダを着た悪魔 »

2006年11月26日 (日)

トゥモロー・ワールド

★★★

 近未来を描いた映画は、いつも暗い作品ばかりだ。それが人間社会の定めなのだろうか。

       Scan10154

 確かに私達の生活は豊かになり、過去の贅沢はもはや普通の事となってしまった。また人は我がままで自己本位となり、金を稼ぐことだけに奔走するばかりだ。
 そして社会格差が著しくなり、落ちこぼれた者は、安易に犯罪に手を染めるだろう。そんな未来の前兆が、すぐ目の前にある。

 この映画の背景は、約20年後の2027年であり、人々は環境汚染とテロ集団の横行に悩まされていた。さらにほとんどの女性が不妊症を煩い、18年間も子供が生まれない。人類は滅亡の危機を迎えていたのである。
 そんな絶望的な状況の中、不法入国した女性の一人が妊娠していることが判明する。主人公セオは、命をかけてこの子供を守ることを、決意するのだった。
 この映画では、主役級の人物達が、次々といとも簡単に死んでしまう。そしてストーリーは、無情なタッチで、まるでドキュメンタリーのように徐々に加速し始めてゆく。ただ反体制派の追跡が、しつこ過ぎて心休まらない。
 
 全般にリアルな描写が多いが、出産シーンと終盤の銃撃戦は、驚くほどリアルだ。その迫力ある映像には、皆かなり緊張することだろう。
 だがいずれ人類が滅びてしまうというのに、人間同士で戦闘ばかりに血道をあげていて良いのだろうか・・・。
 それらの疑問を覆すように、突然戦場を揺るがす小さな生命の泣き声。その瞬間、誰もが驚嘆し感動に打ち震えることだろう。ここがこの映画の最大のハイライトなのであろう。
 ただ、ラストの締め方は、いまひとつ盛り上がりに欠けるかもしれない。結局この作品の論点は、一体何だったのだろうか。第二のキリスト誕生秘話なのか。

↓応援クリック、お願いします。m(__)m

人気blogランキングへ

お詫び) 最近スパムが多くて困っています。それで、TBとコメントは、承認するまで公開されない方法に変更しました。なるべく当日の夜には承認するようにしますので、安心してTB&コメントをお願いいたします。m(__)m

|

« 椿山課長の七日間 | トップページ | プラダを着た悪魔 »

コメント

こんばんは☆
TBいっぱい送っちゃいました><ごめんなさいね~。

赤ちゃんにみんなが静かになるシーンは本当に感動でしたね。
一人の命がこんなに大切に思われるとは、、、

見ごたえのある映像もすごかったです。
とっても満足できた作品でした。

投稿: きらら | 2006年11月26日 (日) 14時47分

きららさんこんにちは
人間の命って貴重なんですよね。
ほんとに、劇場ごとシーンとしてましたよ。

投稿: ケント | 2006年11月26日 (日) 17時34分

地球の資源を使い尽くし、自然に対して無視してきたその「ツケ」みたいなものがやがてこうなってしまうのでしょうかねぇ。
今までのよくある「地球滅亡」や「人類滅亡」の話とは少し視点を変えていたように思いました。
でも最終的な結論は出ていませんでしたね。
なぜこうなったかの説明も不十分でした。
2008年のインフルエンザ・・・あれが大きな原因ってことだったのですかね。

投稿: なぎさ | 2006年11月26日 (日) 18時16分

トラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。

投稿: やわらか映画~おすすめDVD~ | 2006年11月26日 (日) 23時53分

ケントさん!!こんにちわ!
TB&コメントありがとうございます!

ところで。
睦月は、キーとその子供の未来が気になりました。
キーは量産機のようにたくさんの子供を産まされるようになるのでしょうか?それはあまりにも気の毒です(苦)。

この物語の中では、不妊の理由は女性にばかりあるような描かれ方をしていましたが・・男性側には問題はなかったってことでしょうか?
ちょっと不明な点が多い作品だったと思いましたが、問題提起の映画としては優れた描写が多くて素晴らしかったと思います♪

投稿: 睦月 | 2006年11月27日 (月) 12時03分

TBありがとうございます。

この謎の団体がラスト出てきますが、全く説明がないんで、この先この母と子供はどうなるんだろうか?って思いました。

ところで、映画と関係ないですが
お好きな本に「広瀬正: マイナス・ゼロ 」が入っていてうれしくなってしまいました。
私は広瀬さんの本を探しに図書館に行ったら、図書館の倉庫から本を出してきてくれました。
今では広瀬さんの本は本屋さんにもないですしね。図書館でも普通に棚においてないんだなあと思うと、ちょっと残念です。
文体はもう古くなって、確かに読みずらい所もあったのですが。
マイナス・ゼロはかなり捻りに捻ったタイムマシンものでしたよね。
パラドックスもなんのそのでした^^;)
こういうSFをまた読みたいと時々思います。

投稿: ぷちてん | 2006年11月28日 (火) 00時21分

なぎささん、こんにちは
「2008年のインフルエンザ」には気がつきませんでした。さすがによく観ていますね。人類滅亡を救う神の子誕生を示唆しているのですかね。

やわらか映画さん、これからもよろしく。

投稿: ケント | 2006年11月28日 (火) 12時46分

睦月さんこんにちは、コメントありがとう
確かに、何故女性だけが不妊症なのかの説明がなかったですね。テーマはよかったけど、ストーリーは、やや中途半端でしたね。

ぷちてんさん、ありがとう
マイナス・ゼロは、最近読み返しましたが、いまだ陳腐化していないのでホットしました。舞台が僕が育った町なので、余計に思い入れが強くなります。

投稿: ケント | 2006年11月28日 (火) 12時53分

この作品の論点

・出かけるときは忘れずに靴をはくこと。
・懇願されてもイギリス人の指は引っ張らないこと。

うーん、どっちも違うな(笑)。

多くを語らず、むしろ観客に語らせようとしているかのような映画でしたね。

てなわけで、TBありがとうございました。

投稿: にら | 2006年12月 1日 (金) 17時04分

こんばんは~!!
TB&コメント、ありがとうございました!!
あのようなせっぱ詰まった状況であっても、
人間は争うことを止めないんですよね~。
当然の末路かな~、なんて思って観ていました。
今の日本における少子化も問題ですが、
子供を安心して育てられる環境ではないというのも現実なんですよね。
教育問題しかり、財政問題しかり。
先が思いやられます・・・。

投稿: 伽羅 | 2006年12月 1日 (金) 23時57分

にらさん、ユーモアのある楽しいコメントありがとう。また宜しくね。

伽羅さんこんばんは、余り未来を考えたくない時代になってしまいましたね。それで今、昭和のレトロブームなのでしょうか。

投稿: ケント | 2006年12月 2日 (土) 01時10分

ケントさん

こんばんは。
コメントありがとうございました。

この映画の最後が気になってしまったうさぎです。
この親子は幸せになったんでしょうか~。。。


最近、暗い映画ばっかり見ているようなきがします。
なんか、楽しい映画みたいな~

投稿: うさぎ | 2006年12月18日 (月) 01時23分

うさぎさんコメントありがとう
確かにラストが曖昧で、はっきりしないですね。あれだけ大勢の犠牲が無駄にならないといいのですが。

投稿: ケント | 2006年12月18日 (月) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/4318132

この記事へのトラックバック一覧です: トゥモロー・ワールド:

» トゥモロー・ワールド [ネタバレ映画館]
トモロヲ・ワールドってどんな所かな〜 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 13時51分

» 『トゥモロー・ワールド』 [Cinema雑感]
『トゥモロー・ワールド』 ★★★☆ (2006年 アメリカ/イギリス 109分) 監督:アルフォンソ・キュアロン キャスト:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 14時32分

» トゥモロー・ワールド(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 15時01分

» トゥモロー・ワールド [Diarydiary! ]
《トゥモロー・ワールド》 2006年 アメリカ/イギリス映画 - 原題 -CH [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 15時44分

» トゥモロー・ワールド (2006) CHILDREN OF MEN 109分 [極私的映画論+α]
 101匹もいませんが(笑)・・・それでもほとんどのシーンでたくさんの犬が出てきます。日本では「多産・安産」の象徴でもある犬ですが、イギリスもそうなのでしょうか?(笑)  珍しいことに、イギリスでは9月から公開されていますが、アメリはではアカデミー賞狙いってことで12月25日に公開されるそうです。... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時01分

» トゥモロー・ワールド(2006年) [勝手に映画評]
タイトル トゥモロー・ワールド ---感想--- 人類が生殖能力を失ってから18年経った世界。舞台はイギリスです。 いまの”テロとの戦い”をそのまま推し進めていくと、こうなってしまうのか?と思わず思ってしまいます。テロはまだ続いており、世界は平和になるどころか、テロが蔓延しています。イギリスが舞台なので、他の国は出てきませんが、イギリス以外はかなり悲惨なことになっているようですね。ロンドンの街中... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時02分

» トゥモロー・ワールド(映画館) [ひるめし。]
「唯一の希望を失えば、人類に明日はない。」 製作年:2006年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/キウェテル・イジョフォー 時 間:109分 [感想] ジュリアン・ムーアの扱いはあれでよかったのでしょうか? あまりにも可愛そすぎ・・・。 出産シーンと長回しの戦闘シーンは見ごたえあった... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時23分

» 『トゥモロー・ワールド』 [ラムの大通り]
(原題:Children of men) ----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。 彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね 「うん。今度は近未来SFだしね。 しかも赤ちゃんが生まれなくなって ついに人類に明日への希望がなくなった世界」 ---でも、そういうのって安っぽくなりそう。 「いや、ところがね。 実にリアルなんだ。 町の風景もきている服も今の時代とそう変わりはしないし、 差別もあればゲリラ�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時31分

» トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時58分

» トゥモロー・ワールド [eclipse的な独り言 ]
 昔、「エグゼクティブ・デシジョン」というカート・ラッセルとスティーブン・セガ [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 17時25分

» トゥモローワールド [Akira's VOICE]
一人の男が達成する明日への架け橋。 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 17時55分

» トゥモロー・ワールド [UkiUkiれいんぼーデイ]
母よ あなたは    なんと偉大な         大きなチカラを持っているのか 人類はとうとう子孫繁栄ができなくなってしまう。 そして滅亡へとカウントダウンされていく。 そこへ希望の光りとなる「存在」が誕生する。 ものすごく考えさせられる内容でした。 少子化が叫ばれてずいぶん経ちますが、この映画に描かれている21年後の近未来には、もう「無子化」状態が18年間も続いていると言うではありませんか! 冒頭、最年少の青年が「熱狂的なファンに殺害されました!」とい... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 18時16分

» トゥモロー・ワールド [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
子供が誕生しない未来〜人類だけが地球から消え去る〜このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 19時07分

» トゥモロー・ワールド [悠雅的生活]
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・ [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 19時26分

» トゥモロー・ワールド [八ちゃんの日常空間]
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 20時33分

» トゥモロー・ワールド [映画鑑賞★日記・・・]
『CHILDREN OF MEN』公開:2006/11/18(11/22鑑賞)製作国:アメリカ/イギリス監督:アルフォンソ・キュアロン原作:P・D・ジェイムズ    『人類の子供たち』/『トゥモロー・ワールド』(早川書房刊)出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 23時00分

» トゥモロー・ワールド [ジャスの部屋 -映画とゲーム-]
映画「トゥモロー・ワールド」の感想です [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 11時10分

» トゥモロー・ワールド [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声   [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 13時55分

» トゥモロー・ワールド☆独り言 [黒猫のうたた寝]
近未来、そう、今から20年ほど先の世界では、子供が生まれない事態が起きている。世界的な流れで、すでに18年間・・・出生の事実はない。そんな世界で、一人の少女キーと出会う。彼女は未来への希望・・・妊娠8ヶ月・・・ありえないと思っていた奇跡・・・別れた妻で革命家のジュリア...... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 21時02分

» トゥモロー・ワールド [ぷち てんてん]
今日から公開された「トゥモロー・ワールド」見てきました。ついでに「ソウ3」も見てきたんですが^^;)「プラダを着た悪魔」も見たかったんですが、さすがに時間が取れませんでした。この「トゥモロー・ワールド」は面白かったです。お薦めしちゃうな。近未来なんだけ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 00時07分

» トゥモロー・ワールド/Children of Men [我想一個人映画美的女人blog]
"子供のいなくなった未来"を観てきました〜{/kaminari/} ん??でも思ってたのと全然ちがうぞ、、、 SFかと思ったら、舞台は2027年というわりと近未来のお話。 そこでは、イギリス以外の国はほぼ壊滅していて、、、、。 凄まじい銃撃シーン。 爆発シーンのリアルさには目を見張るものがある。 そして、臨場感。 この作品が訴えるテーマ、重い今後の地球規模の問題などを考えたメッセージ性... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 02時14分

» ★「トゥモロー・ワールド」 [ひらりん的映画ブログ]
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00〜)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。 [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 04時18分

» トゥモロー・ワールド [PICO*THEATRE ]
唯一の希望を失えば、人類に明日はない お薦め度:.★★☆. 観た後何だかポカーンとしてしまいました。これだけ中身のない作品も昨今ありません。もしかして現代(近未来)のキリストのイメージ再現をしたかったのかもしれ... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 00時10分

» トゥモロー・ワールド [映画とはずがたり]
いかにも今日的な社会問題を重厚に描いた、 衝撃の近未来SF大作!! STORY:西暦2027年。 人類にはすでに、18年間子供が誕生していなかった。 この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう・・・。 エネルギー省官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は、 人類の...... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 00時19分

» 「トゥモロー・ワールド」見てきました [よしなしごと]
 SF映画かと思っていた「トゥモロー・ワールド」を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 02時15分

» 【劇場映画】 トゥモロー・ワールド [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 2027年。我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家的事業に従事するセオは、人類の未来はおろか、自分の将来すら興味のない絶望を生きる男。しかし、彼は人類存続に関わる重要な鍵(キー)に接触する運命にあることを、まだ知らない…。(goo映画より) 英国の作家P.Dジェイムズの原作。初期の頃の作品は好きだったけれど、最近はそうでもなかったので、本作は未読。こういうものも書くんだなあ、とち... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 22時51分

» 「トゥモロー・ワールド」どうしても未来は悲惨のようだ [soramove]
「トゥモロー・ワールド」★★★ クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 アルフォンソ・キュアロン監督、2006年アメリカ/イギリス 映画で描かれる未来はどれも 夢も見れないような 暗いものが多い、 第三次世界大戦で世界は崩壊した...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 13時30分

» 【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 22時48分

» ワールドトレードセンターからの手紙? [子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ]
救出活動に参加して生き埋めになった警官たち。その警官である夫の帰りを待つ家族。職業間を越えて生き埋めの人の救出活動を行う、消防官、警察、海兵隊たち。ストーリーは単調でしたが、それぞれの思いが伝わってくる感動ドラマがスクリーン越しに・・・... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 01時27分

» トゥモロー・ワールド Children of Men [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 2027年 ロンドンのエネルギー省に勤めるセオは人類で一番若い 18歳の少年が死んだ事をニュースで知ります この18年間新たな人類誕生をみない世界になっていました セオは突然 前妻で今は反政府の主導者になっているジュリアンに 拉致されてしまいます その目的は妊娠した少女を ヒューマン・プロジェクトに引き渡す為に政府発行の通行証を入手しろ と言う事なのです セオにはその力は無いと拒否しますが いつの間にか少女救出に力を貸すこと... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 12時55分

» トゥモロー・ワールド [It's Called Acting]
トゥモロー・ワールド (原題:Children of Men) 監督: アルフォンソ・キュアロン   出演: クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー ストーリー 西暦2027年、人類はすでに...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 01時22分

» アルフォンソ・キュアロン監督「トゥモロー・ワールド」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン  あらゆる映像がひたすら長い。1シーンが長いというのではなく、1ショットが長い。カメラが動くのである。人の移動にあわせてカメラが移動する。そういう映像が延々とつづく。その結果、どれだけ移動しても、別世界へ行ったという感じがしない。遠くへ行ったという感じがしない。... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 11時03分

» トゥモロー・ワールド (Children Of Men) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 クライヴ・オーウェン 2006年 アメリカ/イギリス映画 109分 SF 採点★★★ 赤ん坊ってのは、ホント不思議な生き物で。その顔を真っ赤にして泣き叫ぶ泣き声に一体どんな効力を秘めているのか分からないが、一旦その泣き声が響き渡れば..... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 19時58分

» トゥモロー・ワールド [ちわわぱらだいす]
これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。。 最近戦争映画ばっかり見てるような気がする。 最後のお船はねぇ。..... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 22時16分

» トゥモロー・ワールド  2027年に今のイラクを思う、英国以外全部崩壊 [もっきぃの映画館でみよう]
タイトル:トゥモロー・ワールド(原題 Children of Men) 製作国:アメリカ、イギリス ジャンル:近未来SF/2006年/114分 映画館:TOHO二条シネマズ(165席) 鑑賞日時:2006年11月26日 (日),14:00〜 70人ぐらい 私の満足度:70%  オススメ度:65% チラシを見たときは、どうもいまいちなタイトルだなあと あまり行く気にならなかたのですが映画館の予告でみて、 これはお金かけてそ... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 02時10分

» トゥモロー・ワールド−(映画:2006年153本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・アシティー 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) そろそろ何と....... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 01時25分

» 「トゥモロー・ワールド」 子供は希望 [はらやんの映画徒然草]
先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品 [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 19時11分

» トゥモロー・ワールド 07078 [猫姫じゃ]
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン キウェテル・イジョフォー クレア=ホープ・アシティ チャーリー・ハナム う〜ん、、、...... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 13時31分

« 椿山課長の七日間 | トップページ | プラダを着た悪魔 »