« UFO少年アブドラジャン | トップページ | 通勤地獄 座りたがる青少年 »

2006年10月28日 (土)

キンキーブーツ

★★★★

 暗くなって川崎駅の改札を出ると、人の流れは全て右側に曲がっていた。そう右側の東口には、バスターミナルを始め、繁華街、映画館、地上・地下に百貨店やショッピングモールがひしめいているからである。そのうえ京急川崎駅やヨドバシカメラまであるのだ。
 これに対して反対側の西口には、もともと工場などが立地していたため、まともな都市機能が存在していなかった。これでは全く勝負にならないよね。
 という状況だったのは先月迄で、・・今は改札を出た途端に、人の流れは左右に大きくうねりをあげて分岐してしまったのだ。
 そう西口には、改札口と直結した巨大なエンターティンメントプレイス、『ラゾーナ川崎』が突如として出現したからである。

Kc240150 Kc240151

 この建物は、駅と結がっている2階から上が、巨大な吹き抜けのドームになっている。その中にはショッピングモールや飲食店、シネコンが入っている。さらにはビックカメラや丸善まで入っていて、東口同様の施設を集約している感じだ。そしてなによりも新しく綺麗で、夜は幻想的な雰囲気が漂っている。
 川崎の東口に出るには、長いエスカレーターで一階まで下る必要があり、これが結構苦痛だった。その点この西口のラゾーナは、改札を出て左に曲がると0分である。これは楽チン、まるで駅の中にいるようだ。
 これは凄い!首都圏の新名所が、またひとつ増えたと言ってよいだろう。これからの川崎は目が離せない。東口と西口の熾烈なバトルは、まだゴングが打ち鳴らされたばかりである。
 なんだかラゾーナ川崎の宣伝マンになってしまったが、実はここにある『109シネマズ川崎』が、今日のターゲットなのである。
 ここは東急系のシネコンで、このビルの5階に10スクリ一ンが、まるで迷路のように配置されている。まだ出来たてのホヤホヤなので、綺麗だし空いているのが嬉しいね。
 
 周辺事情に振り回わされて、肝腎の映画レビューがなかなか始められない。いい加減にしろと、叱られそうだね。

      Scan10145

 さてこの映画の妙なタイトルは、一体何なのかと思う人も多いだろう。『キンキー』とは変態とか、性倒錯という意味らしい。簡単にいえば、ゲイの人達が履くハデなブーツということなのだ。
 ジョエル・エドガートン扮する主人公チャーリーは、伝統ある手作り靴工場の後継ぎである。偉大な父が残したのは、なんと借金と在庫の山であり、しかも工場迄手放そうとしていたという。
 チャーリーはショックを受けるが、工場を復活させるため、それまでのオーソドックス市場を捨て、ニッチ市場に目を向けることにした。なんと新製品は、男の体重にも耐えうる、ゲイ専用のセクシーブーツだったのである。
 タイトルは奇抜だが、ストーリー展開は、教科書通りの起承転結を絵にしたような素直な流れで、簡単に先読み出来てしまう。だがこれが良いのだ。ゆったりとした気分でストーリーを追い、「やっぱりね」と安心して観れるからストレスが溜まらない。だからとても心が癒されるのである。
 この物語の主役はもうー人いる。キウェテル・イジョフォー演ずる、ゲイの「ローラ」である。彼女いや彼は、気は優しくて力持ち。靴工場のドンとの腕相撲シーンは、この映画のハイライトである。
 もちろんラストシーンは、最高の見せ場であり、「キンキーブーツ」もやっと日の目を見ることになるのだ。
 この作品は実話を素に作られたという。涙あり笑いあり、役者も音楽も良い。そしてハラハラ・ドキドキも揃っている、全てお約束通りの精密な作品である。ただ難点を言えば、あの我がまま女房の存在と、お色気が不足していたことかな。
 しかしながら、これぞイギリス映画という感じの、心温まる素敵な作品なので、決して観て損はないだろう。

↓を応援クリックしてくれると、もの凄く嬉しいです
人気blogランキングへ

|

« UFO少年アブドラジャン | トップページ | 通勤地獄 座りたがる青少年 »

コメント

こんばんわ!コメント&TBありがとうございました。

確かにこの作品は女優が魅力不足...。
きっと女装したローラをより引き立てるためでしょう(笑)

投稿: moviepad | 2006年10月28日 (土) 21時56分

ケントさん
TB・コメントありがとうございました。
お返しにとTBさせて頂こうとやってみましたが・・・・反映せず?コメントにて失礼します。ローラはトランスセクシュアルであるがゆえ、男性の自分には違和感があるのでしょうね。またお邪魔します!では・・・。

投稿: mezzotint | 2006年10月28日 (土) 22時04分

ケントさん、TB&コメントありがとうございました~。

ケントさんもラゾーナで観たんですね。
ワタシも同じトコで観ました。

川崎は今やシネコンが3館もある状態で映画好きとしてはウハウハです(笑)

キンキーブーツおもしろかったですね。
ローラの歌がサイコーに素敵でした!

投稿: やちこ | 2006年10月28日 (土) 22時22分

コメント&TBありがとうございます。こちらからも、TBさせていただきます。

そうですね。確かに「お色気」には乏しかったかもしれませんが、それを生めて余りあるローラの迫力が印象的でした。

チャーリーを叱咤激励する工場の若き女性従業員、ローラに対し偏見なくフツ~に接するホテルのメイド、この辺り、なかなか魅力的に感じました。

投稿: MANAMI | 2006年10月28日 (土) 22時56分

ケントさん
こんばんは!
もじばけしてみえずにまたまたへんなじに
なっているとおもいますが、、、
コメノもありがとうございおあます。

明日お返事しますね☆

投稿: mig | 2006年10月29日 (日) 00時19分

ケントさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m

川崎は本当に映画館環境が素晴らしい都市となりました^^ 日本一と言っても過言ではないでしょう!

この映画はシャンテで観ましたが、機会あればもう一度観たい映画です! 黒人って女装しても違和感がないのは何でしょうね(笑)

投稿: cyaz | 2006年10月29日 (日) 00時29分

トラバ・コメントありがとうございます。
ひらりんも、109シネマズ川崎で見ました。
出来たてで空いてる気味・・・だけど、
この映画のときは、エグゼクティブシートが満席になってましたよ・・あらビックリ。
だからというわけではありませんが、
チネチッタとTOHOと109、
上手く使い分けて見るようにしています。

投稿: ひらりん | 2006年10月29日 (日) 03時31分

moviepadさん、仰るとおりです。ローラの魅力を引立たせるためでしょうね。

mezzotintさん、ありがとう。ローラに違和感を持つのが普通ですよね。キンキーでないなら(笑)

やちこさん、ラゾーナ行ったんですね。もしかして近くに座っていたかも(笑)川崎はシネコンが多すぎて、どこかが潰れないかと心配です。

MANAMIさん、確かにローラの迫力は凄かったですね。ああいう役をこなすには、かなりの練習が必要でしょうね。

投稿: ケント | 2006年10月29日 (日) 10時29分

migさん、いつも文字化けに見えるのでしょうか?こちらからは普通に見えますが。ブログ間の相性が悪いのでしょうか。

cyazさん、シャンテで観たのですか。以前は東宝の優待でよく行きましたが、最近行ってません。あそこは旧式シネコンというか、なかなかユニークな劇場ですよね。
ほんとローラの女装は、不思議なくらい違和感なかったですね。

ひらりんさん、109シネマズ川崎でしたか。もしかして近くの座席にいらしたかも?・・
僕もチネチッタとTOHOに時々行きましたが、最近は新宿が多くなりました。でも109シネマズが出来たので、川崎行きが復活するかもしれません。

投稿: ケント | 2006年10月29日 (日) 10時38分

ケントさん、TB&コメントをありがとうございました。
私もTBさせていただきますね。
ラゾーナは規模が大きいだけで、
ただ消費するだけの商業施設というのが不満。
これじゃあ没個性。ららぽーと豊洲のキッザニアのような
ユニークなテーマパークなどあったら良かったのに。

私も本作はシャンテ・シネで見たんですよ。
神奈川でも上映されることになって、
本作がより多くの人に分かって抱けるのは嬉しい限りです!

私は長いことチネチッタ・ファンだったのですが、
レディースデイにポイントが付かないこともあって、
最近は同じ映画が上映されているならTOHOや109に
行っちゃいますね。
すっかりチネチッタからは足が遠のいてしまって。
客の奪い合いで、チネチッタの観客動員数日本一の座は
危ういかも、ですね。

投稿: はなこ | 2006年10月29日 (日) 11時01分

スミマセン(^_^;)(^_^;)

以下の通り訂正させていただきます。

>本作がより多くの人に分かって抱けるのは嬉しい限りです!

⇒本作が、より多くの人に楽しんで頂けるのは、
ファン?としては嬉しい限りです。

せっかく確認機能がついているのだから、
ちゃんと使わないとね(反省m(_ _)m)

投稿: はなこ | 2006年10月29日 (日) 11時09分

こんにちは☆
コメント&TBありがとうございました!
お返しがうまく貼れていないかもです、、、すみません!

ラゾーナってそんな便利な立地なのですね!
駅近でもたまに行くのめんどくさくなるけど、それなら良さそう♪
川崎はシネコンもいっぱいあるみたいだしうらやましいです!
シャンテではこの映画終わってしまったので悲しかった、、、
もう一度みたい!と思える作品でした!

投稿: きらら | 2006年10月29日 (日) 11時23分

はなこさんコメントありがとう
ラゾーナは、消費するだけの商業施設でしたか。図書館とか、公共的なものもあるともっといいのにね。
チネチッタは遠いいので、僕もだんだん足が遠のいております。

きららさん、シャンテが便利なのでしょうか?たまに川崎へもお越しください。(^^♪

投稿: ケント | 2006年10月29日 (日) 19時20分

こんばんわ!TB&コメントありがとうございます!

睦月も109シネマズに足を踏み入れたことがあります。作品は観ませんでしたが・・・。
とってもキレイなんですよね。
川崎の駅前にはシネコンが3つもせめぎ合って・・・なんとも贅沢というか。

さて、この作品、とっても面白かったです。ドラマとしても素晴らしかったし、コメディとしてもとても楽しめました。魅力的なキャラクターがホントに素敵♪

投稿: 睦月 | 2006年10月30日 (月) 01時00分

こんばんは睦月さん
109シネマズは綺麗で漉いているので穴場ですよね。
ローラ役の人は、とてもよかったですね。

投稿: ケント | 2006年10月30日 (月) 22時49分

こんばんは。
私も試写会で早速ラゾーナの映画館利用しましたよ!
上映している映画もミニシアター系の作品が
結構あっていいですよね。

「キンキーブーツ」はローラは除いて
私もイマイチ魅力的な人を見出せませんでした。
でも最後のショーはすごく楽しかったです!

投稿: しましま | 2006年11月12日 (日) 21時17分

しましまさん、こんばんは。しましまさんも、ラゾーナにいきましたか。
綺麗で空いてて良いシネコンですよね。
たしかに、ローラ以外に魅力的な人物がいなかったかも。

投稿: ケント | 2006年11月13日 (月) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/3987153

この記事へのトラックバック一覧です: キンキーブーツ:

» 『キンキーブーツ』 [試写会帰りに]
『キンキーブーツ』試写。倒産の危機に陥った田舎の靴工場を継ぐことになったボンボン息子チャーリーが、一発逆転の再起を狙う為に思いついたのは、ドラッグクィーン御用達のSEXYキンキー(変態)ブーツだった! 映画のような本当のお話。突拍子もない事が、どうやって起こっ..... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 21時10分

» キンキーブーツ/ジョエル・エドガートン 、キウェテル・イジョフォー [カノンな日々]
前評判通り、とっても面白かったデス。劇場予告編の段階でも面白そうだったのでかなり期待はしていたんだけど期待以上の作品でおなかいっぱい。実話に基づいたお話ではあるんだけど、なんせ題材になってるのがドラッグクィーンのためのセクシーブーツ作りなもんですから、シ....... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 21時42分

» キンキーブーツ 〜オラが町に女王様ブーツがやってきた!〜 [映画のメモ帳+α]
現在、銀座のシャンテ・シネで公開中の「キンキーブーツ」が大ヒット中。「ブラス」(1996)や「フル・モンティ」(1997)、「カレンダーガール」(2003)らの流れを汲むイギリス産ハートウォーミングコメディです。確かに予告編は面白そうでしたね、ということで見に行きました。女性客が7割強。上映終了後は「面白かった〜」という声にあふれ、和やかな雰囲気に包まれておりました。 さて、タイトルの「キンキーブーツ」とは予告編によると履く人をセクシー・大胆にするブーツ 日本では女王様ブーツとして... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 21時49分

» 『キンキーブーツ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日はGTFトーキョーシネマショーで『キンキーブーツ』を観た。 《私のお気に入り度:★★★☆☆》 [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 22時01分

» キンキーブーツ(映画館) [ひるめし。]
幸せへと導くブーツ、お作りします。 製作年:2005年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:ジュリアン・ジャロルド 出演者:ジョエル・エドガートン/キウェテル・イジョフォー 時 間:107分 [感想] 実話+サクセスストーリー、この設定はベタだね〜。 フツーにおもしろかった! 「チャーリーとチョコレート工場」ならぬ、「チャーリーと靴工場」(笑) ドラッグクィーンのローラの歌がチョーカ... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 22時19分

» キンキーブーツ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
面白かったです。最初から最後まで楽しめました。 実話に基づいているということですが、そういわれていなければ、「こんなのあり?」という内容かもしれません。閉鎖に追い込まれようとしている靴工場がドラッグクィーン御用達の「キンキーブーツ」の製造で息を吹き返すなんて... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 22時57分

» 『キンキーブーツ』 [京の昼寝〜♪]
幸せへと導くブーツ、お作りします。 ■監督 ジュリアン・ジャロルド■脚本 ティム・ファース、ジェフ・ディーン■キャスト キウェテル・イジョフォー、ジョエル・エドガートン、サラ=ジェーン・ポッツ、ジャミマ・ルーパー、リンダ・バセット □オフィシャルサイト  『キンキーブーツ』 亡き父がのこした、倒産間近の靴工場を継いだ優柔不断な�... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 23時58分

» キンキーブーツ/Kinky Boots [我想一個人映画美的女人blog]
サンダンス映画祭で熱狂!本国イギリスで大ヒット{/star/} なかなか時間が合わないので劇場で観る予定はなかったけど、 ラムの大通りの えいさんにおすすめしていただいたのと、連日けっこうな人気だという事で観てきた♪ 評判通りの楽しい作品でした〜{/face_warai/} {/book/}突然の父親の死で、倒産間近の靴工場を継ぐことになったチャーリーは 社員のクビを切り、「どうしたらいい?」と悩んでいた。 �... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 00時19分

» キンキーブーツ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  チャーリーと変態ブーツ工場♪   [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 02時51分

» ★「キンキー・ブーツ」 [ひらりん的映画ブログ]
10/17の2本目は、ハシゴして・・・ 先月オープンした「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ハリウッド映画に慣れちゃうと、イギリスものってハズレるパターンが多いけど。 週刊誌のレビュー読んで、これは見てみようかなっ・・って。 あまり上映館多くないし、近くでやってるから助かったっ。 (こういう時しか利用しないシネコンなんだけど)... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 03時28分

» キンキーブーツ [Good job M]
公開日 2006/9/23(福岡県)監督:ジュリアン・ジャロルド出演:ジョエル・エドガートン/キウェテル・イジョフォー/サラ=ジェーン・ボッツ 他【あらすじ】チャーリー・ブライスは伝統ある靴工場の跡取り。突然の父親の死で靴工場を相続することになるが、実は工場が倒...... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 05時22分

» 傑作!『キンキーブーツ』 [水曜日のシネマ日記]
倒産寸前の靴工場を相続した青年と、それを取り巻く人たちの、再生を賭けた実話ベースの物語です。 [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 08時42分

» キンキーブーツ(Kinky Boots英国) [はなこのアンテナ]
まず、「キンキーブーツ」とは何ぞや?と思った。 Kinkyには〓変態の、性的に倒錯した〓奇妙な、変わり者の という意味があるようだ。 直訳すれば”変態のブーツ””奇妙なブーツ”となるが、 一般にエナメルにスーパーヒール (ヒールがとにかく高い!でも元々足が長いからバランスはOK!) のセクシーブーツを指すそうで、別名”女王様ブーツ”!! とにかくこの変態…もとい女王様ブーツが、 映画の重要なアイテムなのであ〜る。一言で言うとこの映画、個人のアイデンティティの問題に 『プロ... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 11時04分

» 「キンキーブーツ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「キンキーブーツ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー、サラ=ジェーン・ポッツ、ユワン・フーパー、ニック・フロスト、リンダ・バセット、ジェミマ・ルーパー *監督:ジュリアン・ジャロルド ..... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 20時51分

» 【ラゾーナ川崎】ラゾーナ川崎オープン! [【ラゾーナ川崎】ラゾーナ川崎オープン!]
2006年9月28日『ラゾーナ川崎』がオープン! 私も電車一本で行ける場所に住んでいるため、早速『ラゾーナ川崎』へ行ってみたところ、「新しい国」と銘打つだけあって多くの店と人で活気に溢れていました。 そんな『ラゾーナ川崎』の魅力を紹介したいと思います。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 22時59分

» 「キンキーブーツ」 [the borderland ]
派手なことはないけれども、実話を元に靴工場を巡る人間模様をしっかりと描く、ハートフルな物語です。この作品には、悪人は出てこない。今の生活が楽だから、無理して変えたくないという気持ちが強いだけ。主人公チャーリー(ジョエル・エドガートン)自身はもちろん、靴工場の従業員たちが、全く異質なドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)と出会うことで、前へ踏み出せるようになる姿は微笑ましく、観ていて思わず笑顔になってしまう。 【なんとなくネタバレ】  チャーリーをダメ男というのは言い過ぎかも... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 00時19分

» キンキーブーツ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「自分らしく生きたい」と奮闘する彼と彼女(♂)のトランス・カルチャー・ムービーに、泣いて、笑って、大絶賛!! 「どうしたらいい?」が口グセの優柔不断なチャーリーは、突然の父親の死で、倒産秒読み寸前の田舎の靴工場を相続します。悪戦苦闘する彼の前に、舞い降...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 17時09分

» キンキーブーツ [映画とはずがたり]
ドラッグクィーンの必需品、 セクシーなキンキーブーツがどうやって生まれたのか? イギリス職人魂とトランスベスタイトのショービズ魂の 運命の出逢い?から生まれた、 笑って泣かせる人情コメディの秀作!! 『キンキーブーツ』は、自分らしく生きようと頑張っている ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 17時17分

» キンキーブーツ [とんとん亭]
「キンキーブーツ」 2006年 米/英 ★★★★★ クリスマスなので、ちょいとHappyな映画が観たい気分だったのですが、 前から上映されたら観たいと思っていたコレにして正解! イギリスはロンドン北部の田舎町ノーサンプトン。 チャーリー(エドガート...... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 22時22分

» キンキブーツ [★しゃべりば ★]
第64回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(コメディ/ミュージカル部門)ノミネート  キウェテル・イジョフォー 「見ることできないのかな・・」と思っていたこの作品。レンタルショップ゚で発見しちゃいました〜!!やった〜。楽しかったよ!!たった1巻だけだったよ。なんでだ 父親の急死で赤字経営の靴工場を継ぐハメになったチャーリー。 経営手腕もい彼は工場閉鎖を考える「なにができる・・」�... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 22時25分

» キンキーブーツ [映画、言いたい放題!]
この作品、 私が参考にしている映画評論家のおすぎさんが褒めていたのです。 やっぱり観なくちゃ。 イギリスの郊外にある、 伝統ある靴工場の社長の一人息子、チャーリーは、 父親の突然の死により、工場を相続することになるが、 実は工場は倒産寸前だった。 婚約者のニ... [続きを読む]

受信: 2010年11月20日 (土) 01時37分

« UFO少年アブドラジャン | トップページ | 通勤地獄 座りたがる青少年 »