« もしも昨日が選べたら | トップページ | レディ・イン・ザ・ウォーター »

2006年10月 8日 (日)

鬼虫

 背景は平安時代、舞台は全員が半裸またはスッポンポンで暮す鬼島と呼ばれる小さな島。このマンガは、その鬼島で暮す人々と島に漂流した“都の女マナメ“とのいさかいを描いている。
 女達の裸が、この時代の日本人とは全くかけ離れ、肉感たっぷりのアマゾネスばかりなのである。とてもエロっぽくとゾクゾクするが、同時になにか違和感を感じるのだ。

鬼虫 5 (5) Book 鬼虫 5 (5)

著者:柏木 ハルコ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ストーリーのほうは単調で、都の女に死んだ姉の姿を重ね合わせるアマゾネスのトラゴ。そして彼女は村長の意見に逆らって、マナメを頑固にかばい続ける。だがマナメは、そのトラゴの好意をアダで返し始めるのだ。それでもトラゴは懲りずにマナメに奉仕してしまう・・・。
 いくら姉に似ているからと言って、仲間を裏切り命がけで彼女をかばうトラゴに、イライラが募ってくるのだ。
 またマナメのしたたかさ執念深さに、現代の都会人の姿がオーバーラップするはずである。
 結局これだけのテーマで、かつ舞台も狭い鬼島の中だけなのだが、不思議と飽きることがないのだ。たぶんイライラを早く解消させたいという願望だけで、全5巻をズルズルと読んでしまったのであろう。

↓を応援クリックしてくれると、もの凄く嬉しいです

人気blogランキングへ

|

« もしも昨日が選べたら | トップページ | レディ・イン・ザ・ウォーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/3736327

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼虫:

» 素麺箱 [小石のように]
「伝説集」で柔道の達人と出てくる例の剛力Sの家に行ってみる。 祭壇というのか,三段,真中に写真,その下に二段の八つ橋(だったか)生花は両側。これが本来の形であるとのこと。 供えられているのは素麺ばかりである。 後で伊津に戻り隣家の当主と話してみると,昔は..... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 22時52分

« もしも昨日が選べたら | トップページ | レディ・イン・ザ・ウォーター »