« レディ・イン・ザ・ウォーター | トップページ | かもめ食堂 »

2006年10月12日 (木)

通勤地獄 網棚へのカバンの置きかた

混んでいる車内での、網棚(正確にはスチール棚だが…)へのカバンの置きかたひとつで、その人の性格が丸見えである。

Kc240137_2

 混んでいるのだから、網棚へカバンや荷物を置きたい人も大勢いることは確かであろうの。
網棚のスペ一スも限られているのだ。なるべく大勢の人が利用出来る様に配慮するのが常識人である。
まず一番心優しい人は力バンを立てて、縦に置くだろう。次にカバンを寝かせて縦に置く人。立てにくいカバンもあるのでしかたないだろうね。まぁこゝまでは常識的な人間のすることなのだ。
 ところがカバンを横に寝かせて置く人。確かに自分にとっては、カバンの柄の部分が自分のほうを向いているので、取り出し易いかもしれない。しかし自分だけしか乗っていない電車ではなく、満員電車であることを忘れているよね。ささいなことだけど、こんな人こそ他人のことなど全く無視した、自己中心的な人なのではないかと、確信してしまう秋の満員電車であった。

↓を応援クリックしてくれると、もの凄く嬉しいです

人気blogランキングへ

|

« レディ・イン・ザ・ウォーター | トップページ | かもめ食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/3783221

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤地獄 網棚へのカバンの置きかた:

« レディ・イン・ザ・ウォーター | トップページ | かもめ食堂 »